河野防衛大臣記者会見令和2年4月10日(金)における質問。

河野防衛大臣記者会見令和2年4月10日(金)におけるぼくの質問です。 https://www.mod.go.jp/j/press/kisha/2020/0410a.html Q:先日、海自の横須賀の佐官がパワハラで処分を受けたかと思いますが、これは以前に比べたら処分が重くなっていると聞いておりますが、海幕の方で官、姓名、性別も隠…
コメント:4

続きを読むread more

河野防衛大臣会見(令和元年12月23日)における質問に対する回答。

河野防衛大臣会見(令和元年12月23日)における質問に対する回答です。 Q1:自衛隊全体の医官の充足率ではなく、部隊における医官の充足率を教えてくださ い。 A1:自衛隊医官全体の充足率は平成31年4月1日現在で、85.2パーセントと、 5年前の76.3パーセントから向上しています。一方で、部隊の充足率は22.5パーセン…
コメント:9

続きを読むread more

防衛省の危機管理意識は大丈夫か?

昨日防衛省の河野防衛大臣の定例会見に行ってきました。 通常会見はA棟10階の会見室で行われるのですが、先週以来新型コロナウイルス対策のために、より広い11階の大会議室で行われております。 また、入室時の手指のアルコール消毒、体調の悪い者は参加を見合わせる、可能な限り、マスクの着用となっており、更に原則、各社1名の参加、隣の席と1…
コメント:8

続きを読むread more

日本の航空防衛産業は世界の先端という夜郎自大。

我が国の航空防衛産業は世界の先端を走っている、ある種のテクノナショナリズムを信じている人たちが少なからずいます。 彼らの頭の中では世界最先端の技術の我が国は次期戦闘機もなんでも実戦的で最高のものができると信じ込んでいます。 ところがこれは妄想に過ぎません。損用な妄想を元に、P-1哨戒機、C-2輸送機、US-2飛行艇、10式戦車、…
コメント:22

続きを読むread more

強欲資本主義の米国軍需産業大手に明日はない。

以前からご案内しておりますが、米国の軍需産業は行き詰まっております。 その原因は強欲資本主義です。 ボーイング、株主還元しすぎで債務超過の事情 持続不可能な「株価重視経営」についに終止符 https://toyokeizai.net/articles/-/340499 >主力の小型民間機「737MAX」が201…
コメント:17

続きを読むread more

防衛省の浮世離れした組織防衛ファーストの見解。

防衛省広報課報道室から来た、過去の大臣会見のぼくの質問に関する回答です。 大臣会見(R1.12.23)における質問に対する回答 Q:過日、19式自走りゅう弾砲についてお伺いした際に、事務方のほうから連絡があったのですが、今のOH-1とか、観測ヘリコプターがほとんど飛んでいないじ2、過去に言われていたUH-Xですけれども、これがあ…
コメント:13

続きを読むread more

老害高山正之の駄文をそのまま載せる週刊新潮の宮本太一編集長の見識

今週の週刊新潮で元産経新聞記者の高山正之氏がコラム「変見自在」で、「フリーランスは記者か」という駄文を書いています。 記者クラブ会員の記者こそが記者であり、フリーランスの記者は記者もどきだと。 まずは、記者は過酷な仕事で自殺者がでるほどだと「自慢」しています。 「水戸支局時代には読売新聞の記者が自殺し、本社に上がってからは同期…
コメント:11

続きを読むread more

河野防衛大臣記者会見(令和2年3月31日)おける質問

河野防衛大臣記者会見(令和2年3月31日)おけるぼくの質問です。 https://www.mod.go.jp/j/press/kisha/2020/0331a.html >Q:先ほど、コロナ対策ということで、今回こういう広い場所で行われましたが、例えばテレビ会議みたいなものを記者会見に導入するお考えはありますでしょうか。 …
コメント:5

続きを読むread more

ふるさと納税廃止とタバコ増税で浮いた金をコロナ対策に使えばいいじゃないの?

コロナウイルス対策で広範囲に所得補償などの予算が必要です。だからといって青天井国債を発行してばら撒いていいというわけにも行かないでしょう。それをやりすぎれば、いずれは誰も国債を買わなくなり、また円の価値が下がって、食糧やエネルギー、その他必要なものを輸入できなくなます。 緊急事態ですからある程度の赤字国債発行は仕方ないでしょうが、…
コメント:8

続きを読むread more

護衛艦に30ノット以上の速度は必要なし。

護衛艦「まや」の速力切下げは正しい https://japan-indepth.jp/?p=50848 >その特徴の一つは速力性能の切り下げである。「まや」は従来艦と較べて最高速力は1割ほど引き下げられた。おそらくは公式発表の額面通り30ノット丁度(54km/h)しか出せなくなっている。 >今日では30ノット超を出す必要は…
コメント:11

続きを読むread more

河野防衛大臣記者会見令和2年3月27日における質問

河野防衛大臣記者会見令和2年3月27日におけるぼくの質問です。 https://www.mod.go.jp/j/press/kisha/2020/0327a.html まず24日の会見におけるぼくの質問に対する回答です。 >3月24日の会見で、「海自ヘリコプターの訓練生について、全員が辞めてしまって民間に行った、また、…
コメント:6

続きを読むread more

イージス・アショアは必要ない。

陸自にイージス・アショアは必要ありません。寧ろ有害です。 アショア導入によってアメリカ様の歓心を買おうというのは、官邸特に和泉補佐官の独断専行であると思われます。安倍首相が軍事に情弱なことをいいことに、独断で話を進めたようです。 しかも海自の導入しているレイセオンのものではなく、全く別のロッキード・マーティンのものをいきなり…
コメント:19

続きを読むread more

防衛省、自衛隊の秘密主義が組織の劣化を招いている。

防衛省、自衛隊の当事者意識と能力の欠如の最大の要因はその民主国家の軍隊としてはありえない秘密主義にあります。 なんでもかんでも秘密にしていれば、外部から批判されません。それは換言すれば、外部からの厳しい視線にされされていないので、仲間内、組織内のでのナアナアが許されて、外部からは信じられないようなモラルは専門知識劣化を招きます。 …
コメント:13

続きを読むread more

河野防衛大臣記者会見(令和2年3月24日)における質問

河野防衛大臣記者会見(令和2年3月24日) https://www.mod.go.jp/j/press/kisha/2020/0324a.html >Q:防衛大学校の卒業式について2つお伺いをしたいのですが、首相の決断により小・中・高学校が全てお休みになっている中、なぜ防衛大学校は、規模を縮小したといっても、卒業式を行ったのか。…
コメント:20

続きを読むread more

コロナ経済対策ならば中小零細企業の負担軽減が有効。

さて政府与党はコロナ経済対策で国民一人に10万円バラ撒くとか気前のいい話をしております。いろいろな案がでておりますが単に国の赤字を増やすだけのもので終わりそうな気がします。 零細企業の経営者として言わせてもらえば、中小零細企業の経営者の負担軽減、特にボーナスと年金負担を軽減すれば消費はかなり活性化すると思います。 大企業…
コメント:4

続きを読むread more

陸自のオスプレイは空海自に移管すべき。

陸自がオスプレイを導入すると航空隊は壊滅状態になります。それを回避するためにはこれを海空自衛隊に移管するべきだと思います。 陸自が17機のオスプレイを導入する予算は初期費用含めて約3600億円。ざっと陸自のヘリ調達予算の12年分です。オスプレイ1機あたりの維持費が10億円と言われておりますから、17機ならば毎年170億円が必要です…
コメント:19

続きを読むread more

海自の中途半端なひゅうが級DDHの転用。

海自のひゅうが級DDHは駆逐艦とヘリ空母の中途半端な艦であり、実用性が低いです。駆逐艦としては武装やセンサーが貧弱であり、図体が大きすぎる。ヘリ空母としてはヘリ運用能力が低い。所詮、海自の空母保有の一里塚の役割しか担えないフネです。後は防衛産業への補助金みたいなものです。バウソナーは本来不要で、公試以来使用されたことがない。これが2隻合…
コメント:16

続きを読むread more

五輪選手は税金を食い物にする人間のクズ。

さて東京オリンピックが中止か延期が濃厚になってきました。 あえて批判受ける覚悟で申せば五輪に出場(その候補含めて)選手は公共心がまったくないクズの集まりです。そのクズのために3兆円も血税を投入すべきではありません。 ぼくはそもそもオリンピック大反対派です。たかだが一民間任意団体がやる営利目的のために巨額の血税を投入するのは犯罪的…
コメント:10

続きを読むread more

自衛隊にRWSがいらないというのは浅はか。

 世の中には世界中の軍隊、先進国だけではなく、途上国ですら標準装備となりつつあるRWS(リモート・ウエポン・ステーション)は自衛隊には必要ないという人たちがいます。それが自称軍事通ですから始末が悪いのですが、根拠はただひとつ。自衛隊が導入していないから必要ない、です。防衛省や自衛隊のやることは100パーセント間違いがない。全ては正当だと…
コメント:12

続きを読むread more