ATV産業振興のために、規制緩和をすべき。

陸自、「汎用軽機動車」の評価試験を水陸機動団で実施 http://www.tokyo-dar.com/news/7732/ 陸上自衛隊はV-22オスプレイに搭載する軽車輌として、川崎重工業製のATV(All Terrain Vehicle:全地形対応車輌)をベースとする「汎用軽機動車」の評価試験を行なっている事が、本サイトの取材…
コメント:14

続きを読むread more

戦闘機開発で大事なことは何を諦めるか決めること、身の丈を知ること。

F2後継開発、「日本主導」をどうしても譲れない理由 https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/60566 >経験が乏しい我が国(政府+業界)が“我が国主導”で国際共同開発を進めることは、無理なのではないか? それが、複数の識者が、“我が国主導”に異論を唱える理由です。 >正…
コメント:17

続きを読むread more

90式戦車、捨てるの?

陸自は本来90式戦車を改良して使い続ければいいものを、わざわざ大金かけて10式を開発、調達しています。戦車だけあれば戦争できるもんでもないでしょう。 それで金がないので戦車に随伴する歩兵戦闘車も更新できておりません。80~90年代に採用されたその他の装甲車輌も更新されていません。 10式を開発、調達する金があれば本来90式を近代…
コメント:15

続きを読むread more

防衛省、振興政策なき惰性の火器調達

昨日陸幕の報道向けの新小銃、新拳銃のお披露目にいっていました。 以下はその記事です。 以前からの兵器としての問題点、調達製は改善されていように思います。ですがどのように将来につなげた振興策持っているかというと何もない。今が良ければという戦略なき国産調達が続いています。またシステムとして火器の調達をするという意識もない。つまりは用兵、…
コメント:27

続きを読むread more

アパレルの不沈戦艦、レナウンの自沈

アパレル大手のレナウンが法的整理手続きに入りました。事実上の倒産です。直接の原因は親会社である山東如意科技集団への売掛金未回収でキャッシュがまわらなくなったことですが、それ以前に駄目な日本企業の典型な企業で変革ができないことが原因でした。 アパレル激震(上)「トップ不在」 レナウン漂流の末路 仲良しで固められた「部長級」経営…
コメント:21

続きを読むread more

夏場のCBRN環境下で戦えない自衛隊。

さてもう夏日が増えておりますが、自衛隊は夏場のCBRN(化学、生物、放射性物質、核兵器)環境における戦闘は不可能です。 温暖化のせいもあって、我が国では熱帯のシンガポールよりも高温多湿という日も少なくありません。ところが車輌、特に装甲車輌のクーラー装備率は極めて低いのが実態です。 NBCシステムが搭載されていてもクーラーが搭載さ…
コメント:18

続きを読むread more

外資の安全保障関連企業の買収制限強化で防衛産業撤退企業が増える。

外資の安全保障関連企業の買収制限強化で防衛産業撤退企業が増えるでしょう。 制限は安全保障上、特に中国などに対して必要です。 ですが例によって不透明です。 重点審査企業の選定など透明性課題 改正外為法 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO58881210Y0A500C2EA4000/ …
コメント:4

続きを読むread more

陸自の個人装備は昭和のセンスのガラパゴス。

陸自のガラパゴス規格と昭和なセンスはなんとかならんもんですかね? 40ミリ擲弾銃の弾薬だってわざわざNATO規格を採用せずに独自規格。 だからAAV7のMk19には使えない。相互運用性の確保ってなにそれ、おいしいの? という世界です。 5.56ミリ弾もNATO弾と違う。偽物なのでちょっと違うみたいな話です。こういう例を上…
コメント:50

続きを読むread more

イージス・アショアは現実無視の安倍総統府の思いつき。

イージス配備、秋田県内軸に調整 政府、現行案は断念 https://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2020050601001246.html >政府は地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」について、現行案の陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)への配備を断念し、新たな候補地として秋田県内の国有地を軸に選…
コメント:29

続きを読むread more

我が国ではコロナウイルス対策で民間の大企業には余力があるが、国にはない。

「この国にもう余力はない」 賃金8割支給がイギリスにできて、日本にできない理由 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200501-00000007-sasahi-soci&p=1 我が国ではコロナウイルス対策で民間の大企業には余力があるが、国にはない、というお話です。 …
コメント:26

続きを読むread more

夜郎自大な戦闘機開発で夢をふくらませるのは危険。

そもそも防衛省には当事者能力がありません。FXのときも国産生産基盤をどうするのかきちんとした構想がありませんでした。42機の調達でライセンスするなんてコストから考えれば無理な話です。しかもできもしないF-22が欲しいといってみたりして時間を空費して、その間にF-2の生産は終わってしまいました。 結果としてF35を導入して戦闘機生産ライ…
コメント:29

続きを読むread more

コロナ対策に商業用不動産の保証金の見直しを。

コロナ対策に商業用不動産の保証金の見直しをすべきです。これは以前から繰り返して申し上げております。 民間にある「埋蔵金」商業不動産の馬鹿高い保証金 https://kiyotani.at.webry.info/200810/article_6.html 保証金の減額が倒産や雇用止めを防ぐ有用な策となります。 保証金を…
コメント:7

続きを読むread more

岡村隆史の風俗発言は「悪か」

岡村隆史の風俗発言は「悪か」 https://digital.asahi.com/articles/ASN527T8SN51UCVL02D.html?iref=comtop_8_01 >岡村隆史さんがラジオ番組で「コロナが明けたら可愛い人が風俗嬢やります」などと発言したことが、「人の不幸を喜ぶのか」などと批判を浴びて炎上…
コメント:10

続きを読むread more

海外で売れないものを「我が国独自の環境と運用」を理由に開発する防衛産業には明日がない。

海外で売れないものを「我が国独自の環境と運用」を理由に開発する防衛産業には明日がありません。 これは国内開発するときの財務省を騙すための言い訳です。そのだましが、担当者が異動すると書類だけ残るので、引き継いだ人間が鵜呑みにして頓珍漢なものをつくります。 軽装甲機動車にしてもはじめのコンセプトは装甲ウエポンキャリアーでした。 …
コメント:42

続きを読むread more

【日経お前が言うか】ROE編重経営脆さ露呈

日経が本日の一面でROE編重経営を批判していますが、お前さんたちがそれを批判する資格があるかね? アメリカの報道を何の批判もなく、追従して来たのが日経です。株価さえ上がって投資家とストックオプションで儲かる経営者が甘い汁を吸えれば、それが「好景気」「経済は好調」と報じてきました。 まあ、そろそろヤバいから、アリバイ工作でこういう…
コメント:18

続きを読むread more

防衛大臣記者会見令和2年4月28日(火)における質問。

防衛大臣記者会見令和2年4月28日(火)におけるぼくの質問です。 https://www.mod.go.jp/j/press/kisha/2020/0424a.html  発表事項  アメリカの国防総省が、アメリカ海軍のパイロットがUFOを撮影した映像を公開いたしました。自衛隊のパイロットは今までUFOに遭遇したことはない…
コメント:28

続きを読むread more

自己評価だけが高くて、ガラスのようなプライドが肥大した軍ヲタは公害みたいなもの。

馬鹿につける薬はないです。 馬鹿が馬鹿なのは自分を見つめ直して、反省するという習慣がないからです。 若者は馬鹿者とよくいいますが、普通は通過儀礼を通じて大人になるのですが、それができないのが程度の低いオタクです。 自分のちっぽけなプライドを守るために他者を攻撃する。いわば公害みたいな連中です。 そうくるのね。なるほど…
コメント:23

続きを読むread more

知性が畜生レベルの頭の悪い軍ヲタには皮肉も通じない。

先日のブログですが思った通りのリアクションがありました。 冗談抜きでマジギレで草。お怒り過ぎて晒し行為しちゃってるよhttps://t.co/RXBS4uYXKA— スカイミラージュ (@sky12176) April 26, 2020 ご本人は精一杯の皮肉のつもりで飛行艇の例を出してるけど更に墓穴を拡げて…
コメント:24

続きを読むread more

陸自の火砲・戦車は各100両、第7師団は旅団に格下げでいいんじゃないの?

陸自の火砲・戦車は各100両、第7師団は旅団に格下げでいいんじゃないの、というと反論する自称軍事通の軍オタさんが結構います。 得てして彼らの反論は情緒です。自分の大好きな国産戦車や榴弾砲は大量に導入してほしい、その方がカッコいいというものです。 それは趣味の話であり、現実社会の国防では通じない話です。 それは都合のいい設定のラ…
コメント:48

続きを読むread more