河野防衛大臣記者会見令和令和2年4月24日(金)における質問

河野防衛大臣記者会見令和令和2年4月24日(金)におけるぼくの質問です。 https://www.mod.go.jp/j/press/kisha/2020/0424a.html Q:4月10日の会見の後に、大臣、そこの廊下で囲みの取材に応じられたと思いますが、あれ、結構密集されていましたよね。あれがオッケーだったらこういう距離を…
コメント:5

続きを読むread more

自衛隊は人民解放軍の5.8ミリ弾導入した方がいいんでないの?

ほんとに小学生レベルの読解力ない低知能の軍ヲタがSNSとかやらないほうがいいと思うぞ。そんな暇があれば小学校の国語の教科書1年ぐらい音読した方がいい。 #新小銃自動小銃と短機関銃の区別がつかなくても、ライターを名乗れる。本当に物書きになりたい人に謝ったほうがいい。あれか、短機関銃を小銃の代わりに採用するなら戦車に取っ手つけて普通科…
コメント:17

続きを読むread more

【防衛省でコロナ感染拡大の危機】三密大好き選民集団、防衛記者クラブって馬鹿なの?

4月10日の防衛大臣会見のあと、会議室の外で記者クラブ会員の記者たちが、いわゆる「囲み」をやっていました。大臣を取り巻いてあれこれ質問するわけですが、いわゆる三密に当たる行為です。 河野防衛大臣記者会見令和2年4月10日(金)における質問。 https://kiyotani.at.webry.info/202004/articl…
コメント:11

続きを読むread more

バカで情弱で軍事的な教養もなく、経済が理解できない軍オタはリアルワールドの軍事の話をしないほうがいい。

国防に関する議論は大いにするべきだと思いますが、バカで情弱で軍事的な教養もなく、経済、時間という概念が理解できない軍オタはリアルワールドの軍事の話をしないほうがいいと思います。 ゲームやアニメの世界と現実の区別がつかず、ネット情報だけを頼りにしているくせに自分は軍事通であると勘違いして、ウエメセで説教する人たちには理を説いても通じませ…
コメント:24

続きを読むread more

自衛隊の小火器に対する認識は昭和で止まっている。

弾丸が変える現代の戦い方: 進化する世界の歩兵装備と自衛隊個人装備の現在 - 龍, 二見, 資規, 照井 二見龍、照井資規氏の共著で主に小銃弾に関して書かれた本です。 オーストラリアで行われている射撃大会、AASAMの裏事情にも書いてありますP35)。 陸自は始めてこれに参加する際に、民間から訓練オファーを「俺達は専門…
コメント:9

続きを読むread more

河野防衛大臣会見(R2.1.28)における質問に対する回答

Q:護衛艦の艦橋の防弾に関する最新の状況を教えてください。 A: 防弾ガラスについては、これまで、海賊対処に派遣される護衛艦に対して取り付けを行い、派遣終了後に取り外していました。 これに関して、防衛省としては、安全保障環境の変化や任務の多様化を踏まえ、コスト面や隊員の安全確保の観点から、防弾ガラスの護衛艦への常設化について検討を…
コメント:7

続きを読むread more

またアメリカに騙される。日本にまともな戦闘機を開発する能力がないことを認識すべき。

《独自》F2後継機、日米企業で作業部会 共同開発へ最終調整 https://www.sankei.com/politics/news/200418/plt2004180010-n1.html >政府が航空自衛隊のF2戦闘機の後継となる次期戦闘機の開発に向け、日米両国企業で構成する作業部会(ワーキンググループ)を設置する方針を…
コメント:13

続きを読むread more

軽装甲機動車は完全な失敗作

軽装甲機動車は完全な失敗作です。その理由は陸自の無能です。 運用者としての知見が全くかけていたからこういう胡乱な装甲車を主力APCにしたんです。 専門家として落第です。あまりにもひどすぎる。 ○小さすぎる 4人乗りでカーゴスペースすらない軽自動車を主力APCにしたのが間違い。下車歩兵用装備もまともに詰めない。本来は装甲ウエポ…
コメント:25

続きを読むread more

自衛隊は新小銃の調達数を減らして、P90かMP7を導入すべきじゃないか?

豊和工業製の新型小銃が自衛隊に採用されましたが、お値段は89式並の30万円、しかも光学照準器などのアクセサリー類もなし、調達もこれまた89式と同じ30年はかける予定です。これに装着する40ミリグレネードランチャーの調達も未だ不明です。 完全に当事者能力と意識が欠如しています。30年も2~3種類の小銃と弾薬が混在します。その間の兵站…
コメント:33

続きを読むread more

河野防衛大臣記者会見令和2年4月10日(金)における質問。

河野防衛大臣記者会見令和2年4月10日(金)におけるぼくの質問です。 https://www.mod.go.jp/j/press/kisha/2020/0410a.html Q:先日、海自の横須賀の佐官がパワハラで処分を受けたかと思いますが、これは以前に比べたら処分が重くなっていると聞いておりますが、海幕の方で官、姓名、性別も隠…
コメント:4

続きを読むread more

河野防衛大臣会見(令和元年12月23日)における質問に対する回答。

河野防衛大臣会見(令和元年12月23日)における質問に対する回答です。 Q1:自衛隊全体の医官の充足率ではなく、部隊における医官の充足率を教えてくださ い。 A1:自衛隊医官全体の充足率は平成31年4月1日現在で、85.2パーセントと、 5年前の76.3パーセントから向上しています。一方で、部隊の充足率は22.5パーセン…
コメント:9

続きを読むread more

防衛省の危機管理意識は大丈夫か?

昨日防衛省の河野防衛大臣の定例会見に行ってきました。 通常会見はA棟10階の会見室で行われるのですが、先週以来新型コロナウイルス対策のために、より広い11階の大会議室で行われております。 また、入室時の手指のアルコール消毒、体調の悪い者は参加を見合わせる、可能な限り、マスクの着用となっており、更に原則、各社1名の参加、隣の席と1…
コメント:8

続きを読むread more

日本の航空防衛産業は世界の先端という夜郎自大。

我が国の航空防衛産業は世界の先端を走っている、ある種のテクノナショナリズムを信じている人たちが少なからずいます。 彼らの頭の中では世界最先端の技術の我が国は次期戦闘機もなんでも実戦的で最高のものができると信じ込んでいます。 ところがこれは妄想に過ぎません。損用な妄想を元に、P-1哨戒機、C-2輸送機、US-2飛行艇、10式戦車、…
コメント:22

続きを読むread more

強欲資本主義の米国軍需産業大手に明日はない。

以前からご案内しておりますが、米国の軍需産業は行き詰まっております。 その原因は強欲資本主義です。 ボーイング、株主還元しすぎで債務超過の事情 持続不可能な「株価重視経営」についに終止符 https://toyokeizai.net/articles/-/340499 >主力の小型民間機「737MAX」が201…
コメント:17

続きを読むread more

防衛省の浮世離れした組織防衛ファーストの見解。

防衛省広報課報道室から来た、過去の大臣会見のぼくの質問に関する回答です。 大臣会見(R1.12.23)における質問に対する回答 Q:過日、19式自走りゅう弾砲についてお伺いした際に、事務方のほうから連絡があったのですが、今のOH-1とか、観測ヘリコプターがほとんど飛んでいないじ2、過去に言われていたUH-Xですけれども、これがあ…
コメント:13

続きを読むread more

老害高山正之の駄文をそのまま載せる週刊新潮の宮本太一編集長の見識

今週の週刊新潮で元産経新聞記者の高山正之氏がコラム「変見自在」で、「フリーランスは記者か」という駄文を書いています。 記者クラブ会員の記者こそが記者であり、フリーランスの記者は記者もどきだと。 まずは、記者は過酷な仕事で自殺者がでるほどだと「自慢」しています。 「水戸支局時代には読売新聞の記者が自殺し、本社に上がってからは同期…
コメント:11

続きを読むread more