記者クラブはヤクザと同じごろつき、犯罪者の類

【「会見は知る権利実践の場」 質問制限で官邸前抗議】東京新聞の望月衣塑子記者に対する首相官邸による質問制限は国民の知る権利を奪っているとして、新聞労連や民放労連などでつくる日本マスコミ文化情報労組会議は官邸前で抗議集会を開きました。関連記事はこちら⇒https://t.co/o7ui7OdVD9 pic.twitter.com/eZv4…
トラックバック:0
コメント:43

続きを読むread more

防衛装備庁の開発費の使い方はリーズナブルか?

 先週の「朝雲」でジェイテクト社の作業用パーワードスーツ、「J-PAS」が紹介されていました。これは最大16キロの荷重を軽減できるものでその場合約半分に重さを感じるそうです。新型の「J-PAS LUMBUS]は重量を抑えて防水性を持たせて雨や雪でも使えるそうです。  既になんども主張していますが、装備庁が戦闘用パーワードスーツを開…
トラックバック:0
コメント:27

続きを読むread more

陸自に新型8輪装甲車は必要なのかね?

すでに周知のように陸自ではコマツが開発した装輪装甲車(改)を不採用として、仕切り直しをしています。現在ボクサーやストライカーの名前が上がっていますが、欧州の「あのメーカー」も名乗りを上げるようです。 それから、これもすでにご案内ですが高機動車と軽装甲機動車の後継を兼ねた車輌をこれまた開発、調達する予定です。三菱重工は困惑気味の…
トラックバック:0
コメント:21

続きを読むread more

国内ヘリメーカーは潰したほうが良い

観測ヘリ、飛行再開へ=エンジンの不具合解消-陸自 https://news.nifty.com/article/domestic/society/12145-205164/ で、これから34機すべてエンジンを改修するのに装備庁は、9年はかかるといっていたわけです それも順調に予算がついてです。 しかも、OH-1の偵察と通信シ…
トラックバック:0
コメント:15

続きを読むread more

IDEXとコマツの装甲車両撤退

昨日IDEX2019の取材より帰国しました。 とりあえず速報は東京防衛航空宇宙時評をご参照ください。 http://www.tokyo-dar.com/ さて今回はNEC及び川崎重工が出展しておましたが、なんで君たち来ているの? レベルの出展でした。両者の株主は余程鷹揚なのでしょう。 NECは一応、湾岸諸国で売れそうなダイ…
トラックバック:0
コメント:27

続きを読むread more

自衛隊がパワードスーツ導入するなら戦闘用より兵站用

空港の手荷物積み降ろし作業に「着るロボット」導入 負担軽減へ JAL https://trafficnews.jp/post/83418 > 国内主要空港で手荷物・貨物の搭降載作業などのグランドハンドリング業務を担うJALグランドサービスと、着用型ロボットを提供するATOUN(アトウン)は2019年2月12日(火)、空港グランド…
トラックバック:0
コメント:25

続きを読むread more

防衛産業から撤退する企業の挟持。

先のブログでコマツが装甲車両製造から撤退することをご案内しました。 軽装甲機動車に関しては整備などもやらんそうです。これは複数の業界関係者や機甲化OBに確認した話です。 コマツの売上は連結決算で2.7兆円、防衛省売上は約280億円、全体の1.1%に過ぎません。 以前は装甲車両の売上は1/3で後は砲弾や信管でしたが、昨今は軽装甲…
トラックバック:0
コメント:17

続きを読むread more

防大も防衛医大もいらない、廃止すべき。

防衛大いじめまん延 暴行訴訟で賠償命令 福岡地裁 元上級生らに95万円 http://news.livedoor.com/article/detail/15980464/ > 防衛大学校(神奈川県横須賀市)で「指導」と称して繰り返し暴行、いじめを受けたとして、福岡県内の元男子学生(24)が当時の上級生や同級生8人に慰謝料など計1…
トラックバック:0
コメント:48

続きを読むread more

岩屋毅防衛大臣に対する記者会見開放に関する公開質問状

昨年末 防衛記者クラブは我々フリーランスのジャーナリストに対しても防衛省における会見に参加を許可すると決定しました。ところが防衛省は事務手続や会見室のキャパシティを理由に先延ばしにしています。 これらの理由ならばいつまでにという期限も切れると思うですが、いくら問い合わせても期限は言えませんの一点張りです。そこでこの件に対する…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

体の不調は慢性上咽頭炎を疑ってみるべき。

ぼくは子供の頃から喉の違和感があって、耳鳴りもありました。 ちょっとしゃべるとすぐに喉が痛くなるし、常に喉にしこりがあります。 そんなときに慢性上咽頭炎というのを知りました。 つらい不調が続いたら慢性上咽頭炎を治しなさいあさ出版 2018-02-17 堀田 修 Amazonアソシエイト 上咽頭とい…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

日本の無人機出遅れの戦犯は防衛省、自衛隊。そしてメディア。

もうパクリとは言えない 謎の「ステルスUAV」から見た中国の無人機開発事情 http://news.livedoor.com/article/detail/15900108/ 海外の軍事や航空の見本市にここ15年ほどいっていれば中国の無人機の怒涛のような出典には目を見張るはずです。確かに昔はしょぼかったし、パクリばかりでしたが、…
トラックバック:0
コメント:40

続きを読むread more

空海自衛隊でそれぞれ別の電子戦機って必要なの?

中露に対抗、電子戦「無力化」狙う攻撃機開発へ https://www.yomiuri.co.jp/politics/20190112-OYT1T50113.html >電子攻撃機の開発は、昨年12月に閣議決定した防衛計画の大綱の内容を具体化するものだ。大綱は「(日本への)侵攻を企図する相手方のレーダーや通信等の無力化」を…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

陸自戦車、火砲削減の欺瞞。

前回陸自の戦車、火砲の削減が遅々として進んでないことをご案内しました。 https://kiyotani.at.webry.info/201901/article_4.html 25大綱別表の注釈では以下のようにあります。 >戦車及び火砲の現状(平成 25 年度末定数)の規模はそれぞれ約 700 両、約 600 両/門…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

中期防のお買い物。

中期防衛力整備計画の主要装備の調達単価に関する資料が公表されました。 http://www.mod.go.jp/j/approach/agenda/guideline/2019/pdf/soubi_tanka.pdf 恐らく防衛省が殊勝にもみずから公開を決定したのではなく、財務省あたりから 圧力があったのかと思われます。 …
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

自衛隊はNATO規格の弾薬を導入すべき。

自衛隊の89式小銃(とMINIMI)の弾丸はNATO規格のSS109と微妙に違っていて、実は互換性に問題があると現場の声をよく聞きます。 殆ど同じであれば同盟国やその他の国と同じ規格を導入してインターオペラビリティを確保するべきです。 64式小銃や74式機銃の7.62ミリ弾は基本NATO規格なので、弱装弾なのでこれまた互…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

駄目な軍オタが予測を誤る理由。

駄目な軍オタさんたちは将来の予測をよく誤ります。 それはニュートラルにものが見られないからです。 更に自衛隊など当局の言うことを丸呑みするからです。所詮は官僚作文であり、不利なことは認めません。 その裏を読まないといけないのですが、初めから信じたいという願望が入るのでそれができません。 つまり好き嫌いでしか物事を見る…
トラックバック:0
コメント:27

続きを読むread more

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。 今年も宜しくお願いします。 昨年の年頭には今年は防衛産業、終わりの始まりになるのではないかと申し上げましたが、新防衛大綱及び、 中期防は防衛産業により厳しい内容となっています。 当事者意識と能力のない企業は撤退を強いられるでしょう。ぼくは「血と涙」が必要だと申し上げました…
トラックバック:0
コメント:24

続きを読むread more

海上自衛隊は人手不足を本気で考えているのか。

自衛隊の人手不足が深刻化しています。 ですが、当の防衛省、自衛隊には危機感が薄かったし今も薄いと思います。 我が国の老齢化、少子化は20年以上前から分かっていたわけで、それに対してなんら手を打ってこなかった。 それはそのための改革が面倒くさいから見ないことにしきたからでしょう。 まず、拙著「国防の死角」でも述べていますが、長…
トラックバック:0
コメント:29

続きを読むread more