UGV、UAVの運用でAPCの乗員は増えるかもしれない。

UGV、UAVのAPCの乗員は増えるかもしれない。

常々申しておりますが、歩兵を乗せ、火力支援も行うという歩兵戦闘車という中途半端な車種は今後へ減る可能性があります。それは火力と防御の両立が難しいからです。RWSを採用すれば有人砲塔よりは重量の面で有利ですがそれでも限界があります。

火力支援はUGVに中口径の機関砲などを搭載したRWSを装備したものになるかもしれません。

さて、将来のAPCは、そのような火力支援型のUGVや、偵察用の小型のUGV、UAVななどを運用する必要があるでしょう。そうであれば従来の車長、操縦手、歩兵戦闘車であれば砲手の2~3名以外に、これらのUGVやUAVを担当する乗員が必要になります。
であれば下車歩兵以外に4~5名程度の乗員が必要かもしれません。

イスラエルのUAVメーカーでは40ミリグレネードランチャーや、76ミリの発煙発射筒で射出可能なUAVを開発しています。将来このようなUAVが標準装備になる可能性があります。


そのような任務は別途指揮通信車や専用車両を小隊や中隊に置くという手もありますが、その車両が撃破されれば戦力が大幅にダウンします。また電波妨害などに対して個々の車両で操作すれば視界内であればレーザーや赤外線で操縦が可能です。そういう観点でみれば個々のAPCで運用する方が宜しいかと思います。

乗員が増えるのであれば尚更歩兵戦闘車は容積や重量の点で存在が難しいと思います。


"UGV、UAVの運用でAPCの乗員は増えるかもしれない。" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。