事業統合すべきは水上艦艇事業だけではない

水上艦だけじゃなくて潜水艦建造も統合すべき。

海自向け水上艦艇は2社へ集約 三井E&Sの官公庁向け造船事業 三菱重工へ譲渡
https://news.livedoor.com/article/detail/19934803/

>三菱重工は2021年3月29日(月)、三井E&S造船株式会社の艦艇・官公庁船事業を譲り受けることについて、三井E&Sホールディングスと最終合意し、譲渡契約を締結したと発表しました。

>今回の事業統合により、防衛省/海上自衛隊向けの艦船建造は三菱重工、ジャパンマリンユナイテッド(JMU)、川崎重工の3社に集約され、さらに水上艦艇については前2社のみとなる見込みです。

日本の防衛産業で比較的まともに業界再編が行われているのが、造船業界です。これは完成品を世界の市場で売っている「産業」だからでしょう。それだけ危機感をもっているわけです。

ただ潜水艦事業も統合すべきでしょう。隣り合わせでMHIとKHIがそれぞれ建造している。統合すればベンダーも統合できて、もう少し効率的になるはずです。また開発費などもダブりがなくなります。基本的に交互に建造しているので競争原理も働いていませんから、二社が存在する必要はありません。


対して完成機を売る商売をしていなく、防衛省におんぶにだっこの航空産業は全然だめです。未だに機体メーカーは零細が乱立しています。本来一番世界の民間市場に打って出やすいヘリにしても機体メーカー3社、エンジンメーカー2社もあって全部、官需ではなく防衛依存です。警察や消防、海保ですら国産品を使っていません。

こういう寄生虫のようなメーカーから諸外国の製品の何杯も高いコストを掛けて調達する必要はありません。将来に産業として自立する気は全くなく、売上は尻すぼみですから、開発力も将来に渡って期待できません。税金を食い散らかしつつ、最後は商売をたたむでしょう。つまりは税金を浪費しているだけです。
いつもいうように、「ニート三兄弟」「子供部屋おじさん三兄弟」です。

固定翼機も同じです。MRJ=スペースジェットはやめるべきではありませんでした(公式には止めていませんが)。官需どっぷりの三菱の体質ではまともな「旅客機」という「商品」はつくれない、ということが骨身にしみただけでも勉強になったはずです。
この経験をもとに世界に通用する機体を開発していくことは何十年かかってもやるべきです。そうしないといつまでたっても「子供部屋おじさん」産業から脱却できません。

意識の改革は世界の市場に打って出ないと不可能です。
あわせて川重や新明和、スバルなどの事業は統合すべきです。それは実は簡単です。統合しなければ防衛省が買わない、と宣言すればいいだけです。

いまのままでは不要に税金を垂れ流して、最後はバンザイして終わるでしょう。コマツの装甲車ビジネスはそうなりました。


"事業統合すべきは水上艦艇事業だけではない" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。