老害高山正之の駄文をそのまま載せる週刊新潮の宮本太一編集長の見識

今週の週刊新潮で元産経新聞記者の高山正之氏がコラム「変見自在」で、「フリーランスは記者か」という駄文を書いています。
記者クラブ会員の記者こそが記者であり、フリーランスの記者は記者もどきだと。

まずは、記者は過酷な仕事で自殺者がでるほどだと「自慢」しています。
「水戸支局時代には読売新聞の記者が自殺し、本社に上がってからは同期と先輩が縊死した。死人が多い職だった」とオナニズムを展開です。全く何に酔っているんでしょうかね?

自殺者がでるのが偉い会社なら「和民」「電通」「三菱電機」などはエクセレントカンパニーですねえ。(笑
財務省も。

「本社に上がれた。上がっていいことは専門性の高い記者クラブに出られることだ」
ここ笑うとこですか?

記者クラブの記者なんて、そのほとんどはその分野の知識がなくて、単に辞令で配属されるだけですよ。防衛記者クラブでもぼく並みの専門知識や実績ある記者なんかいませんよ。

更に申せば、会見だけではなく、レクチャー、懇親会、視察旅行などあらゆる取材機会を記者クラブが囲い込んでいる(その割にはものを知らない)、フリーランスやその他の媒体の記者にはハンデがありますが、その元凶は記者クラブです。

「記者クラブは遊んで務まる場ではなかった」


これまた大笑いです。今でもクラブ経費で飲み食いしていますが、高山氏が現役のころだと防衛庁記者クラブは次官に自腹で寿司を奢らせたり、タクシー券までたかっていたじゃないですか。まともな記事が書けるわけがない。角栄のスキャンダルを立花隆氏が書いたときも政治部の記者たちは俺達だって知っていたとかうそぶいていたじゃないですか

「記者クラブとは研鑽を積んだ猛者が集い、会見は静かな戦場といってよかった」
おいおい、防衛省の会見でちょっと厳しい質問したら記者クラブ会員の記者(NHK政治部記者鈴木哲徹也記者)から恫喝されたんですけどけね。会見なんて当局と記者の八百長プロレスじゃねえか。いったいどこのラノベの異世界ものの話ですか?
会見が静かなのは殆どの記者が質問せずに、ラップトップでカタガタと大臣の言葉を書き写しているからでしょうや。これ、記者の仕事ですか?

「(記者クラブを)開放しろという声がでた。声の出どころは嘘しかかなない反日の外人記者会。それにフリーの記者も乗って騒いだ。
 彼らはクラブに入って一線の記者と切磋琢磨する気はなく、ただ記者クラブ主催の形をとる記者会見にでるのが目的だった
 戦場に新兵訓練もしていない素人が来る。冗談かと当時は思った」


へー、高山氏の後輩である産経新聞の記者のレベルは軍オタレベル、記事の書き方だけは知っているアマチュアですけねえ。

自衛官の敵、大日本大政翼賛会産経新聞の野口裕之記者は頭がおかしいの?
https://kiyotani.at.webry.info/201711/article_4.html
産経新聞は日経なみに経済オンチ
https://kiyotani.at.webry.info/201605/article_11.html
産経新聞大本営発表「軍事情勢」野口裕之記者の気持ちの悪い「ラブレター」
https://kiyotani.at.webry.info/201602/article_8.html
産経新聞論説委員 榊原智氏は「愛国者」か「支那・中共」の手先か?
https://kiyotani.at.webry.info/201603/article_2.html
産経新聞と杉本康士記者のメンタリティは国防婦人会のオバちゃんや韓国大統領と同じレベル
https://kiyotani.at.webry.info/201410/article_6.html

産経新聞の商売優先の「先軍報道」「愛国報道」は国益を損なうと思うけどねえ。
https://kiyotani.at.webry.info/201410/article_8.html
戦闘機開発、記事は起きたときに書けよ産経新聞。
https://kiyotani.at.webry.info/201811/article_11.html?pc=on
産経新聞大本営作戦参謀杉本康士記者発表、空自の救難ヘリは世界一(笑
https://kiyotani.at.webry.info/201611/article_4.html
産経新聞杉本大本営発表 オスプレイを絶賛中
https://kiyotani.at.webry.info/201505/article_13.html
産経新聞【防衛最前線】執筆者交代  90式戦車 「北の守り」の傑作、戦車不遇の時代もなお国防の要
https://kiyotani.at.webry.info/201507/article_3.html
産経新聞石鍋大本営発表 OH-1はサイコー
https://kiyotani.at.webry.info/201507/article_13.html
産経新聞、『ついに自衛隊が「高機動パワードスーツ」を導入へ』は誤報
https://kiyotani.at.webry.info/201502/article_6.html
パワードスーツのガセ記事を再掲載する産経新聞の見識
https://kiyotani.at.webry.info/201504/article_9.html

現実が見えない産経新聞の戦車を減らすと国が滅ぶ論のお粗末
https://kiyotani.at.webry.info/201312/article_8.html
産経大本営発表 陸自アパッチ、贔屓の引き倒し
https://kiyotani.at.webry.info/201512/article_11.html

産経新聞・杉本大本営発表:T7練習機のスキャンダルや問題は報道しません
https://kiyotani.at.webry.info/201505/article_12.html
「戦車と大砲減らすと国が危ない!」、2ちゃんねるの軍オタレベルの産経新聞の記事
https://kiyotani.at.webry.info/201502/article_8.html

いやあ、こんな記事が「研鑽を積んだ猛者」だ「一線の記者」が書くんですかねえ?ぼくがデスクなら灰皿投げつけていますよ(笑

それに防衛省でスキャンダルが起こると何で「研鑽を積んだ猛者」である「一線の記者」がなんで各社こぞってぼくのところに話を聞きにくるんですか?
本当は大した金にならないし(それどころかただ働きが多い)解説なんぞしたくはないんですが、素人同然の未熟な記者が読者、視聴者に誤った情報を送ると困るのでこれもお国のためと諦観して協力しているんですがねえ。


大体数年ごとに文化部から社会部に移ったりする人事体制で専門記者が育つわけがないでしょう。寝言は寝ていってほしいものです。

週刊新潮の社員の記者とフリーランスの記者も書いているわけですが、彼らも「立派な記者じゃない記者もどき」なので記者会見から排除されていいと、も宮本太一編集長は思っているのでしょうかね。

そんな胡乱な記者もどきが原稿書いている週刊新潮もクズ雑誌ということになりますが。
週刊新潮も他の週刊誌も2流3流の記者もどきがかいている、クズ媒体と言われていると同じですが、
理解できないんですかね?

当然ながらフリーランスと世界のジャーナリズムにも喧嘩をうっているわけです。

当然ながら高山氏自身も現在はフリーランスなんですけどもご自身は自覚がないのでしょうか?
だとしたら問題ですよね。

編集長は高山氏の個人的見解だと逃げるのでしょうが、編集権ってものがあるでしょう。
仮に高山市が北朝鮮バンザイ、首領様バンザイと書いたら掲載しますかね?

週刊新潮にはこの高山氏のコラムの撤回と謝罪記事の掲載を要求します。
それとこういう胡乱なコラムを無分別に載せる雑誌には協力できません。

"老害高山正之の駄文をそのまま載せる週刊新潮の宮本太一編集長の見識" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。