河野防衛大臣記者会見 令和2年1月28日(火)質問

河野防衛大臣記者会見 令和2年1月28日(火)16:49~17:03
ぼくの質問です。
https://www.mod.go.jp/j/press/kisha/2020/0128a.html



Q:外務大臣時代に、ガルフストリームのような、小さくて、長距離を飛べる政府専用機が欲しいというお話をされましたが、それは非常にリーズナブルな話かと思いますが、防衛大臣として、そのような御提案をなさる予定はないのでしょうか。

A:閣僚が海外出張に行くときに、そういった足の長い、また、短距離の離着陸距離という飛行機があるということは、リーズナブルではないかという考えは持っております。

Q:防衛省として予算を請求するといった予定はないのでしょうか。

A:それは外務省にお任せをしたいと思います。


Q:中東派遣に関してですが、過去10年程海賊対処に行っていますが、未だに海自の護衛艦はリモートウェポンステーションですね、機銃に遠隔で操作ができるというものがありますが、諸外国、途上国では持っていますが、近接戦闘では非常に有用なものですが、1台も積んでないのですよ。例えば海賊であるとかに接近された場合に、防御をする能力がないのですが、これが今までずっと放置されてきているのですが、何かあったらまずいんじゃないでしょうか。

A:防弾用の設備を取り付けておりますし、防弾ガラスの取り付けもしておりますので、近接戦の防御能力が低いということにはならないと思っております。

Q:世界中でつけているものを海自だけつけていないということで、海自のそういう現実的にないという、以前の湾岸戦争の機雷掃海に行ったときは、日本の掃海が世界一だと自称したわけですよ。ところが現地に行ってみたら、全然世界一でなかったと。周りが機械化しているのに、日本だけが人間で危険を冒して処理している。そこで青くなって新しい装備を導入したのですが、こういう近接戦闘で、例えば自爆であるとか海賊船対処、RPG20ミリくらいの機関砲を撃たれた場合に対処する能力が護衛艦にはありません。あとは防弾に関していうと、ブリッジに関しては少なくとも装備庁で研究している段階で、装備はしていないと承知しておりますが。

A:詳細は事務方にお尋ねください。

Q:事務方に以前、質問をしたのですが、未だに御回答いただいていないのですが。

A:回答させます。

Q:陸上自衛隊で、広域多目的無線機というのがあるんですが、これがほとんど通じないというふうに現場からずっと聞いています。改良しても改良してもこれが直らないと。原因というのは、周波数帯が適切ではないと。東日本大震災のときも陸自の無線機が通じなかったと、これの一つの理由が周波数が適切でなかったにもかかわらず、未だに国交省と協議もせずに、そのまま広多無を導入してしまったといういきさつがありますが、このような軍用無線機に必要な周波数帯を国交省と交渉するという意図はおありでしょうか。

A:いい御指摘ですので、調べてみます。

Q:記者クラブをケアしている連絡官に関して、去年から言ってて、それで再度またお願いをしていますが、全く末富課長から御連絡がありません。加えて、記者会見に対するフリーランスの参加について、まだいつになるか分からないですが、普通、お仕事というのは、何かしら締切があるかと思いますが、その辺はいかがでしょうか。

A:広報課から回答させます。

Q:回答はいただけるんですか。

A:回答させます。



長距離飛行が可能な政府専用機の調達は「おねだり」と言われましたが、いつでも使えてしかも機内で秘密会議もできますからぜひとも必要です。贅沢品ではありません。これは導入すべきです。


気になるのは護衛艦の防御に対する認識です。大臣は防弾装備があると認識していますが、事実ではありません。ブリッジのガラスの防弾化は現在装備庁で研究段階ですし、昨年装備庁の発表会で確認しましたがブリッジの防弾化はなされておりません。

海賊もそうですが、武装勢力はロシア製の23ミリ対空機関砲やRPGや多連装ロケットなどで武装しております。これが艦橋に命中すれば要因は全滅の可能性があります。

以前海賊対処開始当時、海自某ヘリ部隊から慌てて、既存のヘリに搭載できる防弾マットみたいなものはないか、との問い合せがありましたが、海幕には危機意識がないようです。
あいもかわらず華々しい「艦隊決戦」を夢見ております。いい加減日本海海戦の夢をみるのをやめたらどうでしょうか。

諸外国では重機関銃、中口径機関砲を装備したRWSを搭載するケースが多くなっています。
更には7.62ミリガトリングガンや、単装の12.7ミリ、あるいは7.62ミリ機銃も多数搭載しています。機銃搭載のRWSは停泊地含めての近接防御に、また中口径のRWSは相手の船を遠距離から攻撃したり、精密射撃で機関を破壊して停船させることもできます。更には交戦の記録もビデオに残せるので後々便利です。

 多くの護衛艦には20ミリガトリングガンを積んだファランクスが搭載されており、近年は改良されてより深い俯角にも対処できるようになっていますが、死角があり、また遠距離は十分な威力がありません。ファランクスだけで十分ならばどこの海軍もわざわざRWSを導入したりしません。

 更に申せば近年ではドローンによる脅威も増大しています。偵察用のドローンの他にグレネードランチャーや迫撃砲弾で武装したもの、また自爆型もあります。それがスォームで襲ってくる可能性もあります。

 機銃座も銃の防盾はありますが、諸外国で導入しているコンポジット製のモジュラー型の陣地などはありませんが、これも必要です。また将来は導入される予定のドローンジャマーも前倒しで調達すべきです。
 



 海幕や装備庁に当事者意識&能力がないのであれば、装備調達と運用構想は外部に丸投げするべきではないでしょうか。

"河野防衛大臣記者会見 令和2年1月28日(火)質問" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。