ロシアとウクライナの対立は本当に深刻か? それと日本政府の外交センスで

 ロシアとウクライナの対立はマスメディアで報道されているように、本当に深刻なのでしょうか。

 ジェーズ・デフェンス・ウィークリー誌4月2日号ではロシアとウクライナが航空エンジンでジョンとベンチャーを立ち上げると報じております。その元ネタは3月21日付けのイズベスチャ
 これはロシアとユナイテッド・アエロ・エンジン・コーポレーションとウクライナのモトール・シーチとイーウチェンコ-プログレースの三社でモスクワに新型エンジン開発のジョイントベンチャーを立ち上げ、クリモフTV-3-117 D-436、Al-222などのエンジンを生産する予定です。
 また、更に現在開発中のT-50(PAK-FA)のエンジンの開発も行う予定です。

 ウクライナとロシアの軍需産業の相互依存は非常に大きいものがあります。ウクライナ企業は多くのコンポーネントをロシアに輸出しております。ロシアもウクライナ製のコンポーネントがなくなれば製品が完成しません。ウクライナも同じです。
大きく、仮に両国が国交を断絶すれば、両国とも兵器の調達、維持に問題がでるだけではなく、兵器産業の輸出が大きく傾くことになります。

 日本はウクライナへの経済的な巨額な支援を表明していますが、いかにも脳天気です。支援の条件としてはウクライナの中国への武器及びその製造技術の移転の禁止を求めるべきです。
それが飲めないならばウチはゼニを出しません、中国様から助けて貰えば宜しいと言えばよい。対中武器輸出の自粛は関係諸国、ロシアにもEUにもアメリカにも利益があります。
 
 日本の外交当局はこのような発想がわかないのでしょうか。不思議でなりません。アメリカのATM代わりになるという「外交方針」はもう卒業すべきです。


NEXT MEDIA "Japan In-Depth"[ジャパン・インデプス]に以下の記事を寄稿しております。

<防衛産業も営利企業>政府は防衛産業の持続可能な利益確保の必要性を国民に説明すべき
http://japan-indepth.jp/?p=5052

<武器禁輸緩和>安倍政権は「防衛装備生産基盤の危機回避」という本意を国民に説明せよ
http://japan-indepth.jp/?p=5014

<200億円の海自P-1哨戒機>性能も怪しい高コスト機の開発ではなく現有機の近代化を
http://japan-indepth.jp/?p=4818

朝日新聞のWEBRONZA+に以下の記事を寄稿しました
ロシアとウクライナが簡単に刀を抜けない理由
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2014041500002.html

知られざる日本発のクールジャパン的ヒット商品「エア・ソフト・ガン」はなぜ市場を失いつつあるのか?
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2014032400011.html

月刊ZAITENに「防衛産業はやりたい放題」を寄稿しました。

ZAITEN (財界展望) 2014年 05月号 [雑誌]
財界展望新社
2014-04-01

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ZAITEN (財界展望) 2014年 05月号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




月刊WEGDE4月号に以下の記事を寄稿しています

先細る防衛産業 中小こそ輸出のチャンス 国はバックアップを

WEDGE 2014年4月号2014年4月号-【電子書籍】
楽天Kobo電子書籍ストア
※このコンテンツはカラーのページを含みます。カラー表示が可能な端末またはアプリでの閲覧を推奨します。


楽天市場 by WEDGE 2014年4月号2014年4月号-【電子書籍】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル











"ロシアとウクライナの対立は本当に深刻か? それと日本政府の外交センスで" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント