【単なる犯罪集団かカルトか?】 グリーンピース「形は窃盗だが違法性ではない」と宅配便を盗む?

 宅配荷物紛失で被害届=環境団体持ち出しの鯨肉か-西濃運輸
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080516-00000067-jij-soci

 西濃運輸が鯨肉の遺失物届 NGO提示の箱か
  http://www.asahi.com/national/update/0516/TKY200805160110.html


 報道によると顧問弁護士は
「形式的には窃盗かもしれないが、横領行為の証拠として提出するためで、違法性はない」
と述べ、グリーンピースは、青森市の西濃運輸支店から箱を無断で取ってきたことを認め、
「箱を開いて鯨肉を確認し、犯罪行為を確認した以上、元に戻すことは犯罪行為を助けることになる。私たちとしては正しいやり方だったと考えている」
とのべているそうです。

 捕鯨関係者の脇も甘かったわけですが、このような行為が法治国家で許されるわけはありません。
そのような主張が通るのであれば我々はグリーンピースやその顧問弁護士の犯罪を暴くためには事務所に押し入って書類を押収したり、グリーンピースのメンバーや弁護士を拉致監禁して、自白を強要することも「合法」ということになります。
 今回の騒動ではグリーンピースが環境テロリストかつ犯罪集団であることが明らかになったわけです。当局は破防法をこの団体に適用すべきです。極左暴力集団やオウム真理教と大同小異です。

 彼らの主張は「自分たちが正しいのだから何をしても良い」
かつてそのような人間達がロシア革命や文化大革命で多くの人間を殺し、抑圧しました。

 我が国で彼らのような活動が広い支持を得られないのは自分たちこそ正義である、という思い上がりが目に余るからです。そのようなふざけた団体を多数が支持するほどこの国の民度は低くありません。
 
 グリーンピースはHPで公開しているプレスリリース
「調査捕鯨鯨肉、調査団による横領発覚―― グリーンピース、証拠の鯨肉を持って東京地検に告発」
http://www.greenpeace.or.jp/press/releases/pr20080515oc_html
 において、「調査過程において証拠として確保した鯨肉1箱を提出すると発表した」と述べるに留まっており、自分たちが違法行為を行ったことにはほっかむりです。
盗っ人猛々しいとはこのことです。

 この顧問弁護士の氏名と発言の事実関係を確認し、報道が事実であれば懲戒請求を出そうと思っております。


"【単なる犯罪集団かカルトか?】 グリーンピース「形は窃盗だが違法性ではない」と宅配便を盗む?" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント