自衛隊は戦争する気がないので電波規制、法規制に唯唯諾諾と従って仕事をしない。

海外とあまりにも異なるドローンへの電波規制で、自衛隊のドローンが使い物にならない話です。

いまの日本の電波規制では、ウクライナのように民生用ドローンで戦えない !?
https://sakisiru.jp/34148

>日本で一般的に販売されている小型の民生用ドローンは全て日本仕様となる。これは海外メーカー製で海外で売られているモデルと外観も機種名も同一であるが、日本で販売する機種は基本的に日本の電波法に合わせて周波数帯を2.4GHzに固定されている日本向けモデルである。

>米Skydio社のSkydio2という機種がある。本来のスペックは飛行距離(操縦者の持つコントローラーからドローンが飛行できる距離)が3.5Kmあるのに対して、日本仕様のSkydio2(J)は電波法の規制によって2.4GHzを使用することにより300mにも届かない、という見解を取り扱い企業が公式に示している。

>海外(一部を除き)で一般向けに売られている民生用ドローンが使用する電波は5GHz帯が大半を占める(2.4から5.8GHzまでの可変式含め)。

>無線技士免許、一般的にはアマチュア無線4級以上の免許を取得し、ドローン一式を無線機器として申請することで一定の条件(飛行許可等)の下での使用は可能である。


「2.4GHz帯」はドローンが有事に使えない !? 日本の政治がいまやるべきこと
https://sakisiru.jp/34237

>日本でドローンの飛行に関する規制を定めた航空法では、原則として目視外いわゆるカメラの映像だけを見ながらの操縦は禁止されている。しかし身を隠して映像だけを頼りにドローンの操縦を強いられるウクライナの状況を見れば、有事の際には規制だ何だと言ってられないのは明らかである。

>警察や自衛隊では人手が足りない。「ドローンで捜索や被害の状況を把握するぞ!」となったら無線技士免許保有者やドローンレーサー限定で有志を募るのか?

>アマチュア無線の免許取得を目指して講習会やオンライン講座で勉強して試験を受けて、合格しても免許付与までは約1か月掛かるが、それを強いるのか?
>仮に5GHz帯ドローンの使用及び目視外飛行を有事に限ってOKしたとして、それまで規制で縛ってきたことをいきなり本番で出来るのか?

>日本と海外のドローン事情の差は平時にこそ改善する方向で動き出してもらいたい。政府の掲げるドローンの社会実装や活用に関する政策を進められても、今のままではビジネス利用が限定的に盛り上がり、一般ユーザーをも巻き込んだ災害や有事を見据えた環境づくりは後回しという雰囲気しか伝わってこない。

かつてはラジコン大国、ロボット大国と言われた我が国です、そうおうに無人機もヤマハやヒロボーなどが作っていましたが、国として法規制も含めてバックアップする気がありませんでした。自衛隊も既存の予算が削られるせいか、無人機、無人プラットフォームに無関心でした。

海外の見本市とか年に何回か出ていれば、これはまずいとバカでもわかるんですがね。


防衛省、自衛隊は装備開発や運用上問題があっても法改正はもとより、総務省との電波の割当の交渉ですらやりません。

面倒くさいし、戦争なんて起こらないとたかをくくっているからでしょう。
こういう組織ならば必要はないでしょう。戦争に使えないのだから。まして防衛費二倍なんて味噌汁で顔洗ってこいレベルの話です。

河野太郎氏が大臣だったときに、広域多目的無線機が通じないという話をしたら、同氏の肝いりで、陸自が「使えます!」とデモをしてみせました。河野氏はご満悦だったでしょうが、せっかくの改革の芽を潰しました。このデモは狭い範囲で「大臣を騙せるレベル」で通じるような条件でやって小芝居でした。

自衛隊への割当電波が諸外国と違うのは事実です。いくら改良しても広域多目的無線機が外国製並みになることはありません。千馬力の零戦が2千馬力出すことはできません。それと同じです。

そして通信速度は諸外国の常識の規格より遥かに劣った数分の一程度なので、動画を送ることもできません。つまり米軍とデータ通信で情報を共用することもできません。
河野氏がデジタル大臣で大丈夫かと不安になります。河野氏といえば、大臣時代に、自衛隊の施設や隊舎のアルミサッシを断熱サッシに変えてはどうかとお話しました。自衛隊の施設はそこそこ多いし、サッシ変えるだけならば、壁や建物自体を断熱化するより遥かに安価です。そして断熱サッシは外国製が多いのですが。自衛隊で相応の量を発注すれば国産化へのスプリングボードになって産業振興にもなります、とお話します。

その後自衛隊でそんな話も聞かなかったのですが最近サッシ業界の人と話をしたら、そのあとぐらいに河野氏がサッシ業界に断熱サッシに力を入れろとネジを巻いて大忙しになったということを聞きました。一言あっても良いんじゃないかと思いました。(笑


自衛隊を縛る法律は多いわけです。小泉内閣時代に有事法、国民保護法で随分変えた部分があるのですが、その後の内閣ではほぼ手つかずです。議員の先生方も憲法改正のシュプレヒコール上げるのは大好きですが、地道に法律変えようということはしません。これではまるでプロ市民と同じです。

道路法の規制で装輪装甲車の全幅2.5メートル以下も同じです。在日米軍は除外されていいるのに自衛隊は除外されていない。機動戦闘車の開発でも当初陸幕はそれで、2.5メートル以下で作れと主張していました。105ミリ砲搭載でそれは無理だという三菱重工とOBの説得で覆されたわけです。だって年に1回書類を国交省にだすだけですから。

横幅2・5メートルで作ればよかったと思います。
主砲撃つたびにひっくり返るでしょう。そうすれば規制の見直しもあったでしょう。

イージス艦のイージス用レーダーは電波法の規制で沖合50海里にでないと、火を入れられません。それで陸地にアショアを作るのはどうよ?と普通は思うでしょう。
アショアは論外としても、有事に際して港に停泊中のイージス艦が、システムを稼働させて射撃することもできないはずです。

国防のためであれば、例外規定を作って上記のような想定でも迎撃を可能とするべきです。それをやらないならば、現場の艦長は犯罪者になる覚悟でレーダーを使用するのか、遵法の精神で国民を見殺にするか、決断を迫られます。
これは政治の無策、無責任です。有事法ができるまで、野戦病院も病院法違反で実戦では使えませんでした。それと同じです。

毎度申しておりますが、無線は現在戦闘の根幹です。それは指揮通信だけでなく、無人機、無人車輌、無人艇などの運用上でも大切です。現在の規制のままではまともに機能するものができないでしょう。陸自でも無人車輌の評価を始めますが、まずはこういう法規制、総務省との話し合いをするべきです。

■本日の市ヶ谷の噂■
陸自装甲車両の同軸用7.62ミリ車載用機銃変更が予定されており、FN、ATK、H&Kなどの製品が想定候補、との噂。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

ミスターフリゲート
2022年08月22日 16:00
>面倒くさいし、戦争なんて起こらないとたかをくくっているからでしょう。
こういう組織ならば必要はないでしょう。戦争に使えないのだから。まして防衛費二倍なんて味噌汁で顔洗ってこいレベルの話です。

相変わらず必要ないって皮肉にしても口が悪いことで。
話を戻して、戦争なんて起こらないとは思ってないと思います。むしろ起こると思っていますが、今のままでも大丈夫だと甘く見てるってのが正解だと。
仮に例外化しようにも軍国主義の復活だの思考停止にタブー視するおバカさんは現れそう。
有事や非常事態に法律もクソもないですね。ホントに不安なので一日でも早く例外化してもらいたいもの。
ミスターフリゲート
2022年08月22日 16:13
こういう問題があるわけですが、我々みたいなここの読者や有権者らは、何かできることはないでしょうか。国会や防衛省に請願書や意見書を出したりデモをしたり…
偽陸士
2022年08月22日 16:30
選挙で革新政党に票を投じ、革新に政権を担当させ経験を積ませる。

保守は仕事はしてもロクな仕事をしない。(笑)

そして体質も変わらない。

ずっと本会議場の隅にでも居ればいい。

70年も政権担当してこれだ。

もう充分でしょう。
やれやれ
2022年08月22日 18:50
「海外の見本市とか年に何回か出ていれば、これはまずいとバカでもわかるんですがね。」
ホントこれです。UAVをはじめ何でもかんでも無人〇〇を作っています。見学する方からすると正直また無人機かよってつまらないのですが、なんでもかんでも無人機だらけだから仕方ないです。
それと衛星経由でも良いのでしょうが単価が高くなるので小型の簡単なものほど無線誘導が安くて簡単ですからね。無線が妨害されたり切れたら自立で良いわけで。
しかも海外製を買ってくると無線周波数を確認しないと使えるとか使えないとかの縛りが...

「面倒くさいし、戦争なんて起こらないとたかをくくっているからでしょう。
こういう組織ならば必要はないでしょう。戦争に使えないのだから。まして防衛費二倍なんて味噌汁で顔洗ってこいレベルの話です。」
これではせっかく海外からマトモな無人機を導入しても周波数縛りで使えませんでした、機能制限がありますとかになったらもう...
本当ならもっと早く防衛省がこの周波数はうちで使いたいからって前もってネゴしておくべきなのに。米軍と同じ電波で使いたい!と強く言えば意外と簡単に通ったかも?先見の明の無さが恨めしいですな。

「そのあとぐらいに河野氏がサッシ業界に断熱サッシに力を入れろとネジを巻いて大忙しになったということを聞きました。一言あっても良いんじゃないかと思いました。(笑」
ボンクラな安倍弟よりは少しだけマシだった事例ですね。
というかサッシ業界は世界の動向を知らないのでしょうか?
ここも目先のコストダウン、サッシの事しか考えず効率的に消費電力を抑える、SDGsな社会に貢献するみたいな考えで物作って無さそうですね。どこもかしこもこんなだから世界から置いていかれるんですよ。自分たちの目先の効率や金儲けしか考えないからもっと大きな魚を釣りそこねるみたいな。総合的な貢献という視点で考えたらそちらのほうが説得力があるだろうに。

「議員の先生方も憲法改正のシュプレヒコール上げるのは大好きですが、地道に法律変えようということはしません。」
ネトウヨとかと同じ思考なのでしょう。憲法9条を改定したらそれで全て防衛の法整備が解決すると。
そういった事は憲法云々関係なくどのみち必要なのにそっちの方には目を向けない。きっと憲法改正しても現状と何も変わらないでしょう。

■本日の市ヶ谷の噂■
やっとまともそうな7.62mmが手に入りそうですね。
豊和とか勘弁して欲しい。

ミスターフリゲート
2022年08月22日 19:22
やれやれさん
豊和はそんなもの作らないかと。話を戻して、FN MAGでいいかと。既にAAV7に使われてるし、兵站負担軽減にもなる。ヘリドアガンも全てこれにしたほうが尚良いです。
偽陸士
2022年08月23日 12:08
来年の概算要求出ました。

けど、アンビに装甲車ではなくトラックに防護材付け足しでお茶を濁すのは止めて欲しい。

装軌車なんて贅沢言いませんから、せめて16式転用位にはして貰いたいものです。



ブロガー(志望)
2022年08月23日 22:43
お邪魔します。
 戦後国際法学者の横田喜三郎が、日本はこれから平和国家として生きるのだから戦時国際法の研究など不要として潰したといった事を聞いた事があります。もしかしたら「戦時の想定すらしない」というのが国際法に留まらず法体系全般に行き渡ったのかも知れません。
 山本七平は旧陸軍には帳面上合っていれば実態は問わない員数主義が蔓延していたと述べていて、その根底にあるのは「目先の摩擦や軋轢の回避を至上とする態度」ではなかったかと推測していました。電波規制や法規制を変えようとしないのも「目先の摩擦や軋轢の回避を至上とする」からなのかもと思ったりもします。回避するのはあくまで「目先の摩擦や軋轢」ですので、目の間にいない人間の事などどうでも良いのです。現に先の大戦でも全然足りていなかった物資や補給等を足りている事にした結果、南方のジャングルで多くの将兵が餓死に追いやられました。また「目先の摩擦や軋轢」は時に「ノイジーマイノリティへの阿り」をもたらします。ノモンハン事件やインパール作戦がその一例でしょう。
 ウクライナ戦争でウクライナを"瞬殺"するかと思われたロシアのグダグダぶりを見て「明日の自衛隊」を見る向きがありましたが、もしかしたら「目の前で元首相をむざむざと殺されたSP」が「明日の自衛隊」かも知れないと思ったりもします。侵略者に「何で戦わないんだ」と言われて「戦わなければいけないんですか?」とか言い返すのかも知れません。それか戦おうとする現場に対して「絶対に何もするな」と厳命しておきながら、後から「現場の怠慢と無作為のせい」にするのでしょう。今の日本ではそういう事を平気でできる人間が「上」に上がれるようですし。