防衛省平尾和久報道室長の防衛省採用パンフレットのコメント信憑性

さて2022年度防衛省採用パンフレットに前回ご案内した、防衛省広報課、平尾和久報道室長が登場しております。

日本政府と防衛省、自衛隊の敵は「報道」と国民の知る権利
https://kiyotani.at.webry.info/202204/article_3.html
2022年度防衛省採用パンフレット
https://www.mod.go.jp/j/saiyou/ippan_senmon/e_pamphlet/Boueisho_Ippan.pdf
IMG_9239.jpg

>●現在の職務内容について
報道室では、 防衛省・自衛隊の各種施策活動の公表、 メディアから毎日、 数十 件以上も接到する問い合わせの受付・ 回答 また、 毎週2回実施される大臣会見及 び報道官会見のために、防衛政策に関する新聞、 通信及びネット記事を隅々まで 確認し、 想定問を作成するなど、 防衛省の発信窓口としての業務を実施しています。

>平尾 和久HIRAO KAZUHISA
●仕事のやりがいについて
防衛担当の各種メディアの記者さんと常に接することから、国民のみなさんや メディアの観点から、 改めて防衛省という組織を振り返ってみることができ、 新た な発見が見いだせること、 また、 常に最新のメディア情報や、 最前線の防衛政策に 触れることで、日々、自分自身が成長できることにやりがいを感じます。

>●仕事で普段心掛けている
「最後はやっぱり 「人」」 というのが私の持論です。 他人からの信頼がなければ、 いくら素晴らしい仕事内容であっても、 案件がスムーズに進まないことを見たり、 聞いたり、経験してきたからです。 八方美人になることはないですが、常日頃から パートナーとの信頼関係構築のため、 相手の懐に飛び込むことに努めています。

>Ⅲ種/一般事務 
>入省25年目
>特技: 風邪をひかないこと


「他人からの信頼がなければ、 いくら素晴らしい仕事内容であっても、 案件がスムーズに進まないことを見たり、 聞いたり、経験してきたからです。 八方美人になることはないですが、常日頃から パートナーとの信頼関係構築のため、 相手の懐に飛び込むことに努めています」

えっそうなんですか?
この内容通りに仕事しています、というのであれば実態と違いますよね。

自分が何者か名乗りもせずに相手に一方的にまくしたてて非難し、名刺をもって挨拶にいったら露骨に嫌な表情を浮かべて、シッシッとまるで畜生でも追い払うかのようなことをするのが「他人からの信頼」を得る方法だったり「信頼関係構築」「相手の懐に飛び込む」手法なのでしょうか。

それとも「パートナー」というのは自分たちのいうことを聞いてくれる、馴れ合い関係の記者クラブの皆さんのことであり、非記者クラブ会員の外国メディアの記者やフリーランスは「パートナー」ではなく、畜生扱いしていい卑しい奴ら、だと思っているのでしょうか。
これも防衛省幹部職員あるいは対報道の責任者以前に、社会人として問題あると思います。25年も防衛省にして何を仕事から学んできたのでしょうか。

このようなことがあるならば、防衛省を希望する学生諸君は、このパンフレットに登場している人たちのコメントを鵜呑みにすることは大変危険であるかと思います。入省して平尾和久氏の部下になった場合、自分がどのように扱われるか想像しては如何でしょうか?

まあ、風邪をひかないと自慢する理由はわかりました。

#平尾和久防衛省広報課報道室長

■本日の市ヶ谷の噂■
自衛隊病院有は事災害時は組織で動く必要があるが、チームとしての訓練は年に一度しかなく、人事異動で毎回メンバーが替わるのでチームプレイは不可能、有事災害時の対応能力は無に等しいとの噂。

Japan in Depthに以下の記事を寄稿しました。
根拠なき自民党の防衛費GDP比2パーセント公約
https://japan-indepth.jp/?p=65812

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

Y
2022年04月12日 06:55
仕事の心掛けにツッコミ満載ですね。内局ってこんな人ばかりなんですか?
報道担当者がこんな実態と違うことばかり言ってるんじゃあ、何も信じられないですよ。
Goodman80
2022年04月12日 07:59
岸防衛相「五里霧中でない」 ミサイル迎撃巡る批判に反論
https://www.kanaloco.jp/news/government/article-903241.html
「無為無策」から「五里霧中」に大出世してたんですね。さすが、お坊ちゃま君の岸大臣の手腕と言った所でしょうか。
篠原氏の「そう言うのなら、まずはしっかりと作ってください」は刺さるわ~。

youtube初!20式小銃射撃(スローモーション撮影あり)
https://www.youtube.com/watch?v=YyTLNY-IgHg&lc=UgzZVryX1tTQbyvFzat4AaABAg.9_fOTD6Ri7m9_gCWlOdGEd
やっと公開できる様には成ったようです。学校全面バックアップの発表会かな?19式が思い出される。”実戦レベル”には当分掛かりそう、但し成れるんだったらだけど。89式レベルで終わりそうな感じ満載ですね。調達は年3200丁程度なので89式の更新には45年ちょっと掛かりますから、その間には何とかなるでしょう。

この記事へのトラックバック