ノンフィクションの隘路

ノンフィクションというジャンルの書物が必ずしも「事実」を伝えるわけではない。 確かにノンフィクション作家は膨大な資料を読み込み、多くの関係者に取材を行って、膨大なメモを作って、それを書籍にするわけです。 それもスタッフを雇って、合宿を行って文献を読んで知識を共有したりします。 それが専門分野でやっているならば問題ないの…
コメント:17

続きを読むread more