財政制度分科会(令和3年11月15日開催)「防衛関連資料」読む。その4 調達改革その2

財政制度分科会(令和3年11月15日開催)の防衛に関する資料、参考資料を解説評論していきます。
https://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/proceedings/material/20211105zaiseia.html

「資料」と「参考資料」2つがあります。既に「資料」編が終わったので「参考資料」を解説していきます。

https://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/proceedings/material/zaiseia20211115/02.pdf

今回は調達改革についてその2です。


防衛装備庁におけるプロジェクト管理(P11)
これは防衛省作成の資料です。

1.目的
一定以上の整備規模を有する装備品等に関するコスト、スケジュール等を管理

2.ポイント
🉑 構想段階~研究・開発段階~量産・配備段階~運用・維持・廃棄段階まで各ライフサイクルを通じ一貫して管理
🉑 プロジェクト管理重点対象装備品等を選定し、専従のプロジェクトマネージャー(PM)を指名。その後、取得戦略計画を策定し、省内横断的な統合プロジェクトチーム(IPT)などにより管理
※ 準重点対象装備品は、取得計画を作成し、プロジェクト管理部各官で管理

🎆 国産開発装備品については上流(構想段階~研究・開発段階)からの検討(量産・維持整備段階におけるスケジュールやコスト抑制策など)が特に重要
🎆 FMS装備品については各段階における日米協議の場(PMR※等)での検討(まとめ買いを含むコスト低減策など)が特に重要
※ Program Management Review:FMSのプログラムごとに設置される日米会議


これは典型的な官僚作文であり、やっているフリだけです。
防衛装備庁ができてなにか変わったといえば何も変わっていない。むしろ悪くなっています。特に装備庁と幕僚監部の調整がつかずに、装備庁が輸入品、幕僚監部が国産品を推すなどしてまるで2つのプロジェクトに分離しているようなプログラムが多々あります。
状況はむしろ悪くなっているとすら言えます。

そしていつも申し上げておりますが、装備調達のグランドデザインを作り、ここの装備についても、その調達数、調達達成までの期間、総予算を明らかにして、コレを国会で承認後にサプライヤーと契約を結ぶ、という他国の軍隊ではごく当たり前にやっていることを装備庁が設立されてもまったくその気がないことです。
例えば陸自ならばフランス軍のスコーピオン計画のように装甲車両全体の新世代のポートフォリオがあり、個々の装甲車はその計画に沿って開発、採用、調達が行われます。こうすれば縦割りによる不合理も防げます。

ところが防衛省では未だに、そのような大きな絵を描いた計画も、個々の装備の調達計画すら国会にもださない。

国会は総額がいくらかもわからずに、戦車やらミサイルやら火の出る玩具の開発や調達初年度の予算にOKを出してしまう。

そしてなんのための調達かということも、幕僚監部も装備庁もわかっていない。
だからキャンセルになったコマツの8輪装甲車や19式155ミリ榴弾砲みたいな出来損ないの兵器を漫然と調達してしまう。路外走行もできず、装甲は防弾じゃなく、与圧をかけるためだからと小銃弾で穴があるような装甲のNBC偵察車をベースにして、僅かな開発費で戦闘用の8輪装甲車が開発できるわけがないのはシロウトにもわかる話です。
諸外国ではそのカテゴリーではどのような装甲車が必要か、また我が国の環境ではどのような装甲車が必要なのかまったく調査も考慮もせず、単にコマツ発注ができて、安い8輪装甲車が作れればいいや、程度の意識で作った結果がこれです。それでもそれを流石に採用しなったことだけは評価しましょう。
19式も同様でこんなに重たいのに、自動装填装置はない。装填手はキャビンではなく、車体中央に野ざらしで乗せる。予算がなく、専用の弾薬運搬車も開発できなかった。当初は三菱重工に仕事を振るために重回収車を選定、結局駄目だったのでMANの車体を採用するもキャビンの装甲化もしない。重量制限はC-2に搭載を考えてのことだが、戦時に最大でも22機しかないC-2で重火器を運べる余裕が本当にあるのかも検証しなかった。
そしてトライアルでは搭載されていた、12.7ミリ機銃すら量産型ではとってしまった。

つまり日本製鋼所に仕事が振れればいいや、外国で流行っている装輪型であればいいや、程度の安易な構想で調達したとしか思えません。そして今後もゴジラでも出てこないと不要で、維持費も掛かる99式自走砲も温存されます。

まったくもって装備庁には計画性、合理性、透明性もなく、諸外国の先端開発にも興味がなく、防衛省の組織の内部のご機嫌伺いと、既存の防衛産業に仕事を振れればそれでいいという安直なおもいで調達を行っているとしか思えません。


Japan in Depthに以下の記事を寄稿しました。
10式戦車の調達は陸自を弱体化させるだけ(上)
https://japan-indepth.jp/?p=63876
10式戦車の調達は陸自を弱体化させるだけ(中)
https://japan-indepth.jp/?p=63884
10式戦車の調達は陸自を弱体化させるだけ(下)
https://japan-indepth.jp/?p=63896

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

Goodman80
2022年01月15日 13:56
先生は90式の改修に熱心な様ですが、ドイツの欠陥品プーマ12億円を真面に動かすために14億必要な感じになります。10式でさえ重量過多な日本で戦車の常備は必要ありません。16式がやっとと言う所なので、後はチェンタウロに倣って155mm自走砲やIFV、兵員輸送車等を16式をベースに装備すればいい。個人的にはチェンタウロ一式をそのまま購入するか、AMVをベースに構築するのが望ましいとは思いますが。
外国の普通の戦車が上陸してきた時に備えて、外国から普通の戦車を購入して100両程度何処かで纏めて管理しておけばいいでしょう。唯、今の89式の様な貧弱な装甲の車両だと戦車を守る前に自分が遣られてしまうので、BMP-Tの様な車輛を随伴させる必要は有ります。移動の為に輸送艦や輸送機の拡充は当然必要になります。C-2などと言うゴミ飛行機はさっさといなくなってもらいましょう。
キヨタニ
2022年01月15日 16:49
ブログで紹介した記事を読んでください。

>Goodman80さん
>
>先生は90式の改修に熱心な様ですが、ドイツの欠陥品プーマ12億円を真面に動かすために14億必要な感じになります。10式でさえ重量過多な日本で戦車の常備は必要ありません。16式がやっとと言う所なので、後はチェンタウロに倣って155mm自走砲やIFV、兵員輸送車等を16式をベースに装備すればいい。個人的にはチェンタウロ一式をそのまま購入するか、AMVをベースに構築するのが望ましいとは思いますが。
>外国の普通の戦車が上陸してきた時に備えて、外国から普通の戦車を購入して100両程度何処かで纏めて管理しておけばいいでしょう。唯、今の89式の様な貧弱な装甲の車両だと戦車を守る前に自分が遣られてしまうので、BMP-Tの様な車輛を随伴させる必要は有ります。移動の為に輸送艦や輸送機の拡充は当然必要になります。C-2などと言うゴミ飛行機はさっさといなくなってもらいましょう。
>
Goodman80
2022年01月15日 17:35
>90式を改修すべきだった。
事は理解しました。
Goodman80
2022年01月15日 19:14
岸田政権は中国を「脅威」と言えるか 「米中二股外交」に米国が不信感 「国家防衛戦略」欠如が問題…自ら国を守る姿勢を示せ
https://www.zakzak.co.jp/article/20220115-L7QL4B4AZZJMNBLF34JJ4T3BUU/
米国は正義で、中国は悪党なのだから、米国の言う通り中国を敵として米国の対中戦用の手助けの為の軍隊に自衛隊を再編成しろと言いたいんでしょうか。
まあ、シビリアンコントロールが全く機能しておらず、丸投げ状態であることは理解できますが。まあ、あべっちの総理続投の為の米国兵器大人買いにも困りましたが。
米国べったりの戦略など有り得ないし、独立国家として強かに行動しないと戦国時代を生き残れはしないでしょう。植民地からせめて隷属国家位には出世して欲しいもの。インド、台湾、フィリピンだってそれなりに頭を使って外交を行っている。総督府の言いなりは楽だろうが、少しは考えないと搾り取る金が稼げなくなった日本を米国は見捨てることを一瞬も躊躇うことは無い。それなりに羽振りの良かった時代はとっくに過ぎ、発展途上国だった国達に追い越された今生き残りに必死にならないとぺんぺん草が生えた荒れ地だけの貧乏国に成るしか無い。
無名ミリオタ
2022年01月15日 19:39
鋭い角度からの記事今回も大変面白かったです笑
TwitterやYouTubeでのホルホルさん達もちゃんと現実を見てほしいですね
KU
2022年01月16日 06:54
>>>装備庁と幕僚監部の調整がつかずに

装備庁が発足して、それなりの月日が経っているのに、この有り様ですか。もはや盲腸と化しているんじゃないですか、装備庁って。かといって各幕に振ったところで、まともな装備品を開発・発注する能力があるようにも思えんし...。明治の先達に習い、お雇い外国人を大量に採用して彼らに開発から調達まで丸投げしたほうが...。少なくとも彼らは忖度だけはしませんよねw。官邸のご意向とやらも意に介さないだろうし。介されても困るけど。


>日本の航空技術、次世代戦闘機を開発する韓国には「及ばない」=中国

http://news.searchina.net/id/1704762?page=1

ぐうの音も出ないとは、正にこういう事ですねorz 。まともに海外でも売れる、まっさらな新型ヘリ1つ開発出来ない国ニッポン( ノД`)…。そら、韓国メーカーにしても全く問題が無いわけでは無いでしょうが、少なくとも、それなりに輸出に成功していることは事実だし相応の評価も得ていますものね。売る売る詐欺連発で口先だけ勇ましい国とは雲泥の差ですよ。
KU
2022年01月16日 08:11
>SeaRAMを露にしたもがみ

https://mobile.twitter.com/mashu1991/status/1482219386270195717?cxt=HHwWioCp3ber85EpAAAA

こうやって見ると、いかにRWSの後方射界が制約されているか、よく分かりますね(^_^;)))。特に右舷側のそれなんて、衛星ドームに射界を完全に塞がれているし...。それでもRWSを艦尾側に追加装備するつもりは皆無と。
KU
2022年01月16日 09:17
>次期戦闘機は超エコな「空飛ぶ発電所」!? 日英共同のエンジン開発が正式決定 その全貌

https://trafficnews.jp/post/114394/3

RRが共同開発を申し込んでくるくらい凄いモノを開発出切るなら、とっくに海外市場を席巻しているよね(^_^;)、てな事を大石さんのブログのコメ欄に書き込んだら、国家の安全に係わる製品は国産でいくべき!なんて噛み付いてきた方がおられましてorz。何でもかんでも国産に拘った結果が、今の惨状を招いているんでしょうに。特に、全ての機体に新しいエンジンが行き渡る日がいつになるか分からん、あんな国産観測ヘリとかw。
Goodman80
2022年01月16日 09:19
各国が別々に進めるタイフーン用レーダー開発、最終的な勝者はイタリアか
https://grandfleet.info/european-region/typhoon-radar-development-promoted-separately-by-each-country-is-italy-the-final-winner/
FFM、C-2やUS-2等の高価なゴミ兵器を販売するより、レーダー装置や送受信モジュールを販売する方が遥かに楽だろうに。東芝、NECや日本無線辺りならよっぽど性能の良いものを提案できるはず。これらのメーカーも某三菱に搾取されるよりよっぽど楽に商売が出来るだろう。
Goodman80
2022年01月16日 13:03
風呂付き、4LD“軽”!ダイハツ アトレー デッキバン キャンパーVer.…東京オートサロン2022
https://response.jp/article/2022/01/15/353174.html
自衛隊も隊員さんにこれ位サービスをすれば入隊希望者も少しは増えるだろうに。ゴミみたいなゴルフカートを定価の十倍で購入してる予算が有れば使用車両ももっとましに出来るはず。
KU
2022年01月16日 13:06
お手数ですが、本日8:06と9:11のKUのコメントは削除願います。
ブロガー(志望)
2022年01月16日 19:43
お邪魔します。
 旧軍は戦闘機では零戦・隼・紫電改・疾風、海では英米に先駆けて40センチ砲を搭載した長門型やその後継の大和型といった、至らぬ点は多々ありましたが欧米に対抗し得る兵器を作りましたが、戦車ではそういった物は作れずに終わりました。それは「中国大陸での権益防衛も抱えていた旧陸軍と島国防衛を主とする当時の国との温度差」「主戦場が中国大陸から機甲戦にはあまり向かない南方のジャングルに変わった」「工業力・技術力の差がスペック以上にコストを抑え品質を維持して数を揃えられる科否かに出た(車両ではより数の要素が強い)。」といった事が関係しているものと思われます。それで戦後になっても尚「機甲戦のための戦車」に固執し続けているのではないかと。戦艦大和はまだ「戦艦時代の終焉」に存在しましたが、今戦車に求められているのは「対戦車」よりも「歩兵の火力支援及び盾」であろうと思われます。中国やロシアといった大陸の大国及びそれと地上戦をやろうとする勢力にはまだ「対戦車」の要素が残っているかも知れませんが。そういった「戦車の使われ方の変化」なんかよりも「かつて作れなかった」事の方が頭を占めているのではないかと思ったりもします。いっそ半村良の『戦国自衛隊』よろしく先の大戦の敗戦直前の満州にでもタイムスリップすればとも。それか戦前戦中に作れなかった事(=失うものは無い)を逆手に取って「火力支援車への転換」を進めても良かったのでは。
Suica割
2022年01月16日 21:57
https://trafficnews.jp/post/114353
こういう面白そうなのがあるのに。
やはり、いろんな国家の固有な文化の差が影響あるのかもと思います。
アメリカなら、ホームビルド機を偵察無人機にしてみたらどうなるか?とかありそうに思いましたね。
Goodman80
2022年01月17日 13:12
米軍事専門家が懸念する日本の防衛費の「使い道」
日本が何を優先すべきかを専門家に聞いた
https://toyokeizai.net/articles/-/503148
米国は基地攻撃能力の向上を命令しておいて、実用化しようとするとストップを掛ける気の様です。まあ、射程が伸びればグアム、ハワイ、西海岸そして米国本土全部が攻撃範囲に入りますから。核弾頭の材料は国内に腐る程貯蔵してるし(どこにも捨てられないから)。H2ロケットのブースターは弾道弾用に改造可能な様だし(元々‥用に作った?)。
米国の専門家様は米国の為に金を使い、米国の盾として死ぬまで働け、と言う事のようです。米国が対中露で困っている今、この国が自国で戦える体制、装備をもぎ取るチャンスでしょう。先ずはロシアからブラックジャックかバックファイアでも購入しますか。
ミスターフリゲート
2022年01月17日 15:07
Goodman80さん
>この国が自国で戦える体制、装備をもぎ取るチャンスでしょう。先ずはロシアからブラックジャックかバックファイアでも購入しますか。

ロシアが売る保証がないですし、パーツ供給停止など嫌がらせもあり得ます。ただ、パーツの件はライセンス生産すればなんとかなりますが、ライセンス料がロシアに流れるのはあまりいいこととは言えないような。それに爆撃機飛ばす余裕はあるのかと思います。
ラピッドドラゴンなら安上がりですが、米軍のものだから否定するのでしょうが
Goodman80
2022年01月17日 16:21
ミスターフリゲートさん
ラピッド・ドラゴンは日本の技術の結晶で世界最高性能機C-2にピッタリかもしれませんが、未確定な要素が多いかと思いますので将来の楽しみにとっておきましょう。
長射程の対地ミサイルが搭載出来れば何処の国の機体でも良いので、米軍の退役用のB-2辺りを保有するのが現実的かも。ロシア製の機体は外皮やアビオニクスが交換されているので旧式のB-2辺りより性能は上かもしれませんが、中国製だろうがフランス製だろうがどれでもいいです。
KU
2022年01月17日 21:37
>>>防衛費の「使い道」

結局、国産開発なんざしないで、オレん家の商品を買え!というお話でしたね(^_^;)。そらね、国産開発に拘った挙げ句、箸にも棒にもならんガラクタが大半を占めているのが自衛隊の現状ですけどorz。かといって、米軍だってかなり欧州製の商品を買ってますよね。あと、かなり前ですがPANZERで国産誘導弾に関しては、現場の評価が高い、なんて話が載っていたな。SAMだかATGMかSSMかは分かりませんでしたけど。一方で戦闘機のハイローミックス化とか基地機能の強化とか、水機団の拡大やら、傾聴に値する話もありますね。
KU
2022年01月17日 23:16
>>>ロシアから

いろいろ買うなら、Ka-52も買ってほすいです!( ´∀`)。陸戦兵器ならBMDシリーズとかw。

あと、戦闘機のハイローミックスとなれば↓

>空自パイロット、イタリア空軍での訓練を開始

http://www.tokyo-dar.com/news/10583/

記事中に、ちょうど良さそうな機体が載っていますねえ( ^▽^)。もっとも、肝心の空自に買えるだけのカネがあるかは知らんけどorz
ミスターフリゲート
2022年01月18日 11:40
Goodman80さん
>ラピッド・ドラゴンは日本の技術の結晶で世界最高性能機C-2にピッタリかもしれませんが、未確定な要素が多いかと思いますので将来の楽しみにとっておきましょう。

すごい皮肉。

>長射程の対地ミサイルが搭載出来れば何処の国の機体でも良いので、米軍の退役用のB-2辺りを保有するのが現実的かも。

いやB-2は流石に荷が重いかと。あれ飛ばすのに数千億かかるとききますし。
やれやれ
2022年01月18日 20:57
KUさん、
「Ka-52も買ってほすいです!( ´∀`)。」
だんな良いところに目をつけましたね。
二重反転プロペラがいい音させるんですよこれが(笑)。
私は細身のKa50の方が好きです。

「>空自パイロット、イタリア空軍での訓練を開始」
ブルーインパルスもパイロット派遣してフレッチェ・トリコローリに鍛えてもらって欲しい。どうせコロナ禍で飛ぶことも殆どないのだから1年位行きっぱで。



偽陸士
2022年01月19日 10:06
Goodman80様。

ラピッドドラゴンはアイデア倒れに終わるのでは?

ミサイルを搭載してるであろう輸送機が接近してくるのを黙って指を咥えて見ている国なんて無いと思いますが。

しかも落下傘を開傘させるのに高度も必要だからレーダーにも捕まるし。

それならばB1-Bの方が安全かと。



偽陸士
2022年01月19日 12:52
やれやれ様。

>ブルーインパルスもパイロット派遣してフレッチェ・トリコローリに鍛えてもらって欲しい。どうせコロナ禍で飛ぶことも殆どないのだから1年位行きっぱで。

ブルーインパルスに限らず、スクランブル要員に当たってないパイロットを出来るだけ多く留学させて、見聞を広めてもらいましょう。

戦闘機の数を減らしても得るものは大きいはずです。
やれやれ
2022年01月20日 12:13
偽陸士さん、
たしかに防衛交流含めて色々な所に派遣して
修行や交流を深めるのは良い事ですね。
戦闘機だけでなく輸送機とかヘリとか救難でも。
米軍とは良くやっていますが米軍以外だと
あまり多くない。
見聞を広める意味でも何人かローテーションで
あちこち派遣するのは良い事かも知れません。
ただパイロットの余裕がどれだけあるのか分かりませんが。