日本政府は打ち出の小槌をもっているんですね(棒

選挙が終わった途端に、バラマキの大盤振る舞いです。
目的がばらまくだけでのようです。

「1900万円」でも支給「970万円」なのに…給付金に所得制限 関係者「さらにツッコミどころが」
https://news.yahoo.co.jp/articles/4efc4ab064ed92c4fa2719b2f3c6221c4f0f1785

>所得制限の対象「世帯主」を夫婦どちらかの年収の高い方とすると、子供2人の夫婦がそれぞれ950万円の年収があり合算年収1900万円の家庭には18歳以下の子供1人当たり10万円相当が支給される。だが、夫が年収970万円で妻の収入がない家庭では支給されない。一方で貯蓄や祖父母からの教育資金贈与など資産があっても「所得」の区分でなければ支給される。ネット上では「世帯年収1900万円なら10万円はいらないだろう」などの批判の声が続出。当初、公明党は一律給付を求めていたが、960万円なら全体の9割の子供が対象になることから容認。「バラマキ」批判を避けたい自民党との妥協点となったが「10%を対象外にする意味はあるのか」との意見もあがった。

>より教育費のかかる大学生のいる世帯には支援の手が届かないという問題点も残る。




GoToトラベル、再開は22年1月以降 政府が方針固める
https://mainichi.jp/articles/20211111/k00/00m/010/023000c

> 政府は、旅行需要喚起策「GoToトラベル」について、来年1月以降に事業を再開する方針を固めた。

そして官製脱税で毎年3千億円程度の税金がダダ漏れしている「ふるさと納税」も継続されます。これらの費用は30兆円を超えると見込まれています。
日本政府には打ち出の小槌があっていいですね、と嫌味の一つも言いたくなります。


言うまでもありませんが、これらのバラマキの原資は国の借金で賄われます。無論コロナで大変な業種や労働者の救済に公的資金が使われることに異論はありません。


ですが、これらの多くは理由が曖昧で効果が薄いものや、ばらまく段階で電通やパソナ、JTBなどの業者がごっそり中抜きをするのが目的であるかのように思えます。
国家予算を政権が私物化して、票を買い、その付けを国民につけるわけですが、日本も民度が低くなったせいか、そういうカラクリも知らずに諸手を挙げて歓迎する国民が多いわけです。ですから先の選挙でも与党だけでなく、野党もバラマキ政策のオンパレードでした。

得てして政府の経済対策支出は乗数効果が低いので、これらの資金を使っても税収は増えずに、国の借金だけが積み上がることになります。

当然ながらそれは将来の大増税や社会保障費用の負担増で納税者に返ってきます。
世にフリーランチはありません。実際に両方とも増えているのですが、知らない国民が多いようです。

いまや地方合わせると公的債務は1,600兆円と言われています。毎年1兆円ずつかえしても1600年はかかります。しかもそれが減ることなく、毎年増えています。来年度の予算も約100兆円ですが三分の一は借金です。それでいて防衛費も二倍にするとはいい度胸です。

国の借金は資産だという寝言は寝言でしかありません。何らその言説を担保できる事実はありません。

消費税を目の敵にするひとも多いです。消費税は法人税の穴埋めに使われているといいます。ですが、本来消費税は膨れ上がった債務を返していくためものものです。国民全員で返していかざるを得ないわけです。それは国民がバラマキ政党に票を投じてきた、あるいは選挙に行かなかった代償です。

ですから本来法人税や所得税は下げるべきではなく、それらに加えて消費税で税収内での予算を組み、あわせて借金を返して行かないといけないわけです。また金融資産に関しては20%の分離課税はやめて所得全体に課税すべきです。
また大企業の租税回避は封じて、その代わり法人税は20~25パーセント程度にすべきです。
またその方向では消費税の1千万円以下の事業者への免除廃止は当然です。これを弱者いじめと言う人がいますが、この制度は1千万円の売上ならば百万円はネコババしていい、という官製脱税です。これがいいならば低所得者は万引しても無罪というような理屈になります。

いままで借金仕放題だったから大丈夫だというのは楽観論です。どこかで終わりがきます。
その時になったら大変なことになりますが、政府はそういう都合の悪いことは言いません。

子供への給付金でも明らかになりましたが、所得960万円以下が対象ですが、9割の国民が対象となります。ところが所得1000千万円以上の4パーセントほどの人間が、所得税の5割を払っています。つまり殆どの勤労者は所得税をろくにはらっていない、ということになります。

国民には税金は一円も払いたくない。もらえるものは無制限にもらいたいという願望があります。ですがそれは白日夢に過ぎません。

その原因は勤労者の7割を占める給与所得者が自分で税金を払っていないからです。ですからどの程度税金や社会保障費用を払っているか、実感ができない。だから明確に支払っている消費税には敏感に反応するわけです。

故に政治家が頭の悪い納税者に消費税をゼロにしますとかいって歓心を買おうとするわけです。だれだって歯を食いしばって後ろ向きの借金を払いたくはないです。ですがそれをしないと将来大変なことになります。

個人的には年齢的に逃げ切れるだろうし、子供がいるわけではないし、いざとならば海外に移住する程度の資産も持っているのでまあ、どうでもいいのですが。

ちまちま防衛費の無駄使いを指摘しても虚しく感じる今日このごろです。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

やれやれ
2021年11月11日 16:39
海外に逃げられるのは羨ましいですね...
多分放蕩三昧も長くできないでしょう。
雀の涙程度の資産をどうにかしないと駄目かな...
いずれにしろ海外逃亡もできないし日本で朽ち果てて行くだけの
未来が待っているだけです...
たしかに山積みの国債の前には防衛装備品でゴミ買ったり防衛予算の些細な使い方の問題など簡単に消し飛んでいまい虚しさが倍増するのは分かるのですが、チマチマ嫌味のように指摘するのも老後の楽しみとして一興かと。
偽陸士
2021年11月11日 17:18
清谷様。


今回の選挙は投票率が26%で残りの有権者は、自国の将来を賎僚に丸投げしました。

ちまちま税金の無駄を指摘するのが、空しく感じられらるのも理解できます。

ですが有事にはそのチマチマが、大勢の生死を分けます。
必要なのは当てにならぬお上の情報より、海外からの軍事情報です。
言い換えればサバイバルに必要な知識でしょうか。
欧米人や中国人みたく家訓で戦時の生存術を伝えられない我が国ではなおさらです。

御大層な経済理論や作戦の神様や大戦略なぞ役にたった試しがありません。

それにここのブログ覗きに来るのは、兵器大好きっ子か、人殺しの手練手管を考えるのが日課になってる人達ばかり。
言わばチマチマ大好きの集まりです。

これからも人殺しとその道具、トレンドなど最新情報や日本の非常識(海外の常識)を紹介し続けて下さい。

その為に清谷様、どうぞご自愛下さい。
2021年11月11日 22:11
国民は一度痛い目を見ないと学習しないのでしょうか。自分もこのような人達と心中したくありませんが、一時期民主党政権や消費税増税を目の敵にしていた身ですので、そう言う意味での責任は取らなければいけないでしょうが…。
やはり終わりが来る時はベネズエラのようになるのでしょうか?
19190213
2021年11月13日 18:37
投票の権利を在日外国人に販売すればいいと思いますよ。
それなりに高い金額で一回のみ有効で売ればいいと思います。
そうでもしないと有権者は投票に行かないし危機感も覚えない。
ついでにお金も回収できるしどれだけの外国人が国政に興味を持っているかというサンプリングにもなる。
ブロガー(志望)
2021年11月14日 20:19
お邪魔します。
 ホッブスは『リヴァイアサン』で限られた富を奪い合えば(元々は異常者とかではなくても)人は他者に対して狼になるといった事を述べていました。また山本七平は旧陸軍では帳面上合いさえすれば実態は問わない「員数」というのが横行していて(例えば一雨降れば使えなくなる滑走路が、軍の地図では堂々たる航空基地として記載等)、その根源には「目先の摩擦や軋轢の回避を至上とする態度」があるのではないかと推測していました。中国とかなら兎も角、目先の摩擦や軋轢の回避が至上である日本人にはホッブズが言うような強大な権力で押さえつける事などできないでしょうから、今この場にいない未来の人間達を犠牲にしてバラマキを続ける事で摩擦や軋轢を回避するしか術はないのかなと思ったりもします。
 『ドラえもん』にのび太に宿題を押し付けられ、一人では一晩でできそうになかったので、二時間・四時間・六時間・八時間後の自分を呼び出して片付けたが、その後二時間・四時間・六時間・八時間前の自分に呼び出される破目になったという話がありました。近い将来日本国民は借金に関して上記のドラえもんと同じ目に合うのかも知れません。