退職金は全廃すべし

日本のビジネスの活性化をめざし、所得を増やすならば企業や公務員の退職金を全廃すべきです。別に退職金は有史以来ある制度でもありません。

退職金があるために、多くの給与所得者は会社や役所にしがみつきます。これが日本の労働流動性を低くしている要因の一つです。
しかもそういう人たちは、組織に忠誠を誓う(あるいは誓うフリをする)ことで、生き残ろうとします。つまりは現状維持しか考えない。
革新的なことを考えたり、現状を大きく変えるようなことを言う人間を排除します。

これは欧米に追いつけ追い越せの行動成長期では有効に機能しました。当時は経済は右肩あがり、でポストも売上も増えました。そして人では不足していました。
ですから、退職金をアメとして会社に対する忠誠心をもたせて長年に渡り会社に留めて、若いうちは安い給料でこき使うことができました。逆にいえば、早期に退職すると「損をする」というムチとしても機能してきました。

このような現状維持、革新の否定がバブル崩壊以降も世界の現状を把握して、それに合わせて組織や、その文化を変えることを否定して、ひたすら前例踏襲の銃剣突撃に明け暮れてきたのが、NECや東芝、パナソニックなど日本の大企業でした。

退職金は全廃して、その費用をいまの給与に当てるべきです。そうすれば労働者の所得は増えます。
そうすると若年労働者に対する教育などをしない企業が増えると懸念する人はいるでしょう。ですがコストを掛けてもその成果を活かせる企業であれば、社員の定着率が下がることはないでしょう。逆に教育をケチる企業に入社する人間は少ないでしょう。

つまり経営者には従業員をつなぎとめる魅力ある企業にしないといけない、そうでないと経営が成り立たない。ですが、これは普通なことです。それができないなら経営者になるべきではないでしょう。これは役所も同じです。

無論だめな社員でも首を切るのは大変困難だ、という現在の法体系も変えるべきです。駄目な社員を雇い続けるために、若年層を非正規雇用で使い捨てにするなどもってのほかです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 21

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

偽陸士
2021年09月27日 17:07
昔は退職金はご褒美みたいなものだったのかも知れませんが、今では保釈金になっているのかも。
Suica割
2021年09月27日 19:09
>無論だめな社員でも首を切るのは大変困難だ、という現在の法体系も変えるべきです。駄目な社員を雇い続けるために、若年層を非正規雇用で使い捨てにするなどもってのほかです。
ごもっともと思います。
その人たちは、福祉に任せていくべきです。少なくとも、生活保護を門前払いする現行の悪習を厳しく禁止することと引き換えですが。
私が思う日本の非正規の構造の問題点として、人員調整のバッファに使いながら、その分の割り増しプレミアムを企業が払っていないことですね。
同様のレベルの仕事をしているなら、賃金は同額であるべきですし、それに加えて、首切りプレミアムを企業が払うべきなのに、払わないどころか正社員より安く使えるという非合理的差別慣行があるのが現状です。
派遣等認めるにしろ、フランスはそこはキッチリ払わせる法制度ですから、是非とも野党には、その点を訴えてもらいたいものです。
日本企業が上手くいってないのは、安い便利使い人材を使うことで、便利なものは高いという常識的な経済観念が抜けたせいなのかもしれません。
Goodman80
2021年09月28日 13:05
>サントリーホールディングスの新浪剛史社長が、「45歳定年制を敷いて、個人は会社に頼らない姿勢が必要」と述べ、議論が沸き起こっている。
らしいですが、勿論社長を含む社員全員の事だと、まさか社長を含む幹部は別枠と言う事はないでしょう、当然。

45歳定年の波紋 「人材流動化」を生むのか、単なる「人材切り捨て」か
https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2109/28/news022.html

退職金廃止の話は月々の給料に乗せれば問題は少なくなると思いますが、早期定年の話になると入社当時から、年金の受領の期間迄を含めて詳細な計画が必要になり、出世を約束されている一部を除き仕事以外の副業にせいを出すことに。
一部の超能力な方々を除いて、今の様に子供の教育に膨大な収入を費やす余裕など全く無くなり、子供を作れないか、作りっぱなしで放置な親たちが増えて行くでしょう。
結婚など全く考えられない人間もその数倍出ることになる。自然淘汰された優秀な人材だけ残った日本は世界をリードする国家と成り君臨続けることになる。ホームレスやストリートチルドレンは巷に溢れては要る事でしょうが。
KU
2021年09月28日 19:56
19時から始まった緊急事態宣言解除に伴うガースー総理の記者会見を見ておりましたが、今日もまあ長々というかダラダラと20分orz。しかも最後の方は訪米の成果やらの話になっているし。いやそれ、宣言解除と何ら関係ないやん(^_^;)。まるで退任会見ですたね。アホらしいから幹事社(日テレ)の質問が始まるタイミングでBSプレミアムに切り替えましたよ。どーせ、いつも通り1社質問1つなんてルールなんざガン無視するんだろうし。毒にも薬にもならない馴れ合いな質問しかしないんだろうし。記者クラブ制度わ永遠に不滅です!あと何十年経っても、こんなバカバカしい光景は何一つ変わらないんだろうなあ...。


>菊池雅之のミリタリーレポート アフガニスタンに派遣 C-2って、どんな飛行機?【前編】

https://www.monomagazine.com/28206/

何で166億円と言われていた価格が、70億円も値上がりしたのか突っ込むのもジャーナリストの仕事ですよね?菊池さんもさ、何だかヨイショしている記事が多いですよね...
やれやれ
2021年09月29日 00:52
KUさん、

「しかも最後の方は訪米の成果やらの話になっているし。」
何か成果あったのでしょうかね?

「菊池さんもさ、何だかヨイショしている記事が多いですよね...」
業界で食っていこうとしたら雑誌社のご意向とかにも逆らえないし国にも防衛省にも毒のある記事を書けないでしょうね。数字が書いてあるだけ親切かもしれません。
そこは口に出せないから裏を読んで欲しいと言う願いが有ったりするのかも。
業界にいながら清谷さんのような方はレアケースだと思いますよ。

私の知り合いにもとある業界の専門家がいて雑誌にも新製品レビューや機械の使い方指南の記事を本業の傍ら書いていました。
とある有名大企業の最新機種のレビュー記事を前機種と比較してありのままを書いたら雑誌社から出入り禁止を食らって消えました。レビュー記事の編集の時にも色々やりあったそうですが結局説き伏せて出版したはいいがその大企業から猛烈な反発を食らって雑誌社がビビって仕事をくれなくなったそうで。正確なレビューはユーザーからは喜ばれたかも知れませんが泥を塗られたとおもった企業からは広告出さないぞ!新製品情報も出さないぞ!といえば従わざるをえない。
雑誌の記事書きはサイドビジネスだったとはいえそんな話が出たら他の業界誌も使いませんわな。
この手のものは辛口と言っても程々で止めてマイルドにしているでしょうから。ストレートに白いものは白と言うと角が立つ。しかし白いものを灰色、黒いものも灰色としか言えないのでは誰のためにもなりません。
オチとしてはやはり悪いユーザーレビューが沢山出て結局大企業側が手直しする羽目に陥ったようで。

批判的なことでも真摯に受けてくれるような業界でないとマスコミが大企業やお役所の顔色ばかり伺っているようでは困るんですけどね。
Goodman80
2021年09月29日 09:44
「誰一人取り残さない」社会の実現は、どこから始める?
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/67053

だれ一人残さず、死ぬまでこき使ってくれるそうです。ありがたやありがたやー。自分達上級様はコロナでも即入院、手厚い看護で軽く退院。下級は自宅待機で見殺し。50日で出荷されるブロイラー並みの扱いで、外国まで行って一生懸命に働いても、何か有ったら現地に置き座離。まあ、それなりに楽しく生きるしか有りません。
KU
2021年09月29日 18:17
>自民党総裁選 岸田氏を第27代総裁に選出 決戦投票で河野氏下す

https://www.tokyo-np.co.jp/article/133308?rct=politics

パワハラ総裁爆誕なんて事態にならなくて、本当に良かった( ノД`)…。けどねえ。岸田さんも早々に総裁選出馬を宣言し、二階さんに喧嘩を売ったまでは良かったですけど、その後の腰砕けっぷりが気に入らないですわ。しかも森友問題は再調査するつもりは無いんでしょ?河井夫妻の一件も有耶無耶にするんですかね。だとしたら、広島県連副会長たる県議会議長が黙っていないですよね。特に後者に関しては。幹事長人事もどうなることやら。これで二階さんに土下座して再任させますた、なんてなったら新内閣発足と同時に支持率急降下、なんてなるんじゃないですか。
19190213
2021年10月01日 21:00
退職金は国債、社債でいいんではないですかね。
雇用期間に給与とは別に積み増しをしておく。
自分の所属する企業や国家に対して責任を負うという側面からも社債、国債でいいと思います。
特に公務員は夏季か冬季のボーナスいずれかのものを含めて国債にするべきです(あまりに無責任なため)。
又、シンガポールのように公務員の給与はセクターごとに増減を管理し自分の所管する業界が伸びなければ其れに伴って減少するようにするべきです。
もちろん伸びれば増える。
人間の欲をうまく利用した給与体系に改めるべきです。
ブロガー(志望)
2021年10月03日 21:36
お邪魔します。
 ピケティの「資本収益率>経済成長率」から思うのですが、退職金を全廃してその分を給与等に上乗せしても、その多くは日々の生活で消えていくでしょう。また金が金を生む効率は意外に悪く、個々のサラリーマンが手にできる範囲内では、その多くは手数料等に消えるのではないかと思われます。年金を運用する団体といったものが小さくはない機関投資家である事を思えば、大多数のサラリーマンは「給料(+退職金)+年金」で報われるか否かではないかと思ったりもします。ですから「退職金の全廃」よりも「退職金を個々の会社から分離する」のが良いのではないかと。