日本の警察の致命的な組織的欠点

日本の警察の致命的な組織的欠点

サイバー捜査、国主導で
警察庁、来年度に直轄隊を新設 都道府県超え国際連携
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO74702750R10C21A8EA1000/

>1995年6月21日、羽田空港を飛び立った函館行き全日空機が男にハイジャックされた。当時、本格的なハイジャックに対応できる部隊を持つのは警視庁と大阪府警だけ。警察庁は警視庁に、部隊の派遣を要請する。

>後に特殊急襲部隊(SAT)と名付けられる隊員たちにとっては、連日の訓練の通りであったろう。闇にまぎれて機体の下にすべり込み、はしごをかけ、外から扉を3カ所外す。いよいよ突入――。だが機内へ踏み込んでいったのは、北海道警の機動隊員だった。

>この場面が国際的にも独特な日本警察の形を象徴している。自治体警察が大原則で、47都道府県警が各管轄区域内で職務を執行する。国の機関である警察庁はあくまで行政官庁。捜査などを行う実動部隊は持たない。

>だから函館が現場のハイジャックは道警が解決する必要がある。道警本部長が突入を決断したのは21日の夜。ところが実際の突入は翌22日の午前3時42分までずれ込む。

>国家の関与がうかがわれる大がかりなサイバー攻撃の急増がある。米国では連邦捜査局(FBI)、英国は国家犯罪対策庁(NCA)といったように、主要国では国が直接、捜査や対策にあたっている。

>かたくなに守ってきた自治体警察の壁に穴を開けたのは、従来の概念を一気に吹き飛ばすサイバー空間の脅威だ。そこでは管轄はもちろん、国境さえ意味を持たない。



日本の警察はいびつです。現場は地方警察に任せるといいながら、その実地方警察の幹部は警察庁の職員です。ですから都道府県警のトップは知事の言うことを聞かず、霞が関の方だけをみているわけです。このことは著作でも度々触れてきました。

しかも記事にあるように、全国を通じて捜査を行うようなFBIやNCAのような組織は存在しないわけです。ですから県境で不毛な縄張り争いが行われる。
また外国との共同捜査なども手足を持たない警察庁は一地方警察である警視庁に丸投げです。
21世紀にもなってこのような状態が続いているのは大変問題です。本来政治が改革を強制すべきなんですが、警察官僚が怖くてできません。実際に民主党政権時代に公安委員長が、警察のスキャンダルリークで失脚しました。
しかも長年に渡って防衛省は警察庁の支配下にあったわけです。国家の「暴力装置」である「国軍」とすべての地方警察が霞が関の警察官僚に握られていたわけです。
しかも権力を監視するはずの新聞やテレビなどの主要メディアは「記者クラブ」制度で餌をもらっている飼い犬です。
警察や検察からリークという餌をもらっているので、法治を警察や検察が犯しても報道も批判もしません。真面目に批判すると事件をでっち上げられて「国策捜査」が入るので反抗できません。
ですから厚労省の村木さんのような冤罪が多発し、また代用監獄や違法な職質が全くなくならないわけです。

こんな恐ろしい自称「民主国家」に我々は住んでいるわけです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 19

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

Goodman80
2021年08月12日 15:18
かの北朝鮮も朝鮮民主主義人民共和国ですから日本が民主主義と言っても何の問題も無いでしょう。
日本の警察は市民の自警団から進展した訳では無く、しょせん岡っ引きですから長い物には巻かれっぱなしです。検挙率も世界最低レベルに低く、評判の余り良くないフィリピン警察以下です。そのレベルの組織と考えれば問題無いでしょう。
一般市民には矢鱈に横柄ですが上級の方々にはコメつきバッタの様に成ります。この国で無難に過ごすにはこの方々と親密になっておく必要が有ります。”先進国日本”の実情などこの程度でしょう。
やれやれ
2021年08月12日 16:25
「霞が関に方をみているわけです。」
霞ヶ関の方をみて、ですね

私も予々疑問でした。個人的には県警でなく
全自治体纏めて警察でも良いと思います。
霞ヶ関しか見なくなると困るなら県のお偉いさんは県出身者で警官からの叩き上げのみとか縛り入れるとかで対策でしょうか。
でも組織が腐っているとどの道変わり映えしないかもですね。
あと県跨ぎで追跡や捜査がスムーズにいかない事に疑問はありましたが最近は良くなって来ている様です。パトカーも県超えて追いかけてくれますからね…途中で引き継ぐのかそのまま追いかけるのかはわかりませんが。
それでも最近になってからの話なので以前よりマシですが酷い事には変わりないですからね…

アメリカのドラマを見るとCIAだのFBIだの日本に無い機関が活躍するのが良くありますが、実態は知りませんけどこう言うのがあるといいなとは漠然と思っていました。
特に警察だと連邦捜査局みたいな州関係ない捜査できる機関が無いのは不思議で仕方ない。
あと政治家を専門に取り締まる機関も欲しいですね。どこかの安倍が警察庁長官の椅子を餌に自分への捜査が来ない様にしているのを見るとまず安倍捕まえた尋問しろよ、って思います。
政治家は余程決定的な消化でもない限り捜査もしないし悪いことやりたい放題なので、
三権分立の意味でも専門の捜査機関が欲しいですね。
キヨタニ
2021年08月12日 16:27
ご指摘ありがとうございます。訂正します。

>やれやれさん
>
>「霞が関に方をみているわけです。」
>霞ヶ関の方をみて、ですね
>
>私も予々疑問でした。個人的には県警でなく
>全自治体纏めて警察でも良いと思います。
>霞ヶ関しか見なくなると困るなら県のお偉いさんは県出身者で警官からの叩き上げのみとか縛り入れるとかで対策でしょうか。
>でも組織が腐っているとどの道変わり映えしないかもですね。
>あと県跨ぎで追跡や捜査がスムーズにいかない事に疑問はありましたが最近は良くなって来ている様です。パトカーも県超えて追いかけてくれますからね…途中で引き継ぐのかそのまま追いかけるのかはわかりませんが。
>それでも最近になってからの話なので以前よりマシですが酷い事には変わりないですからね…
>
>アメリカのドラマを見るとCIAだのFBIだの日本に無い機関が活躍するのが良くありますが、実態は知りませんけどこう言うのがあるといいなとは漠然と思っていました。
>特に警察だと連邦捜査局みたいな州関係ない捜査できる機関が無いのは不思議で仕方ない。
>あと政治家を専門に取り締まる機関も欲しいですね。どこかの安倍が警察庁長官の椅子を餌に自分への捜査が来ない様にしているのを見るとまず安倍捕まえた尋問しろよ、って思います。
>政治家は余程決定的な消化でもない限り捜査もしないし悪いことやりたい放題なので、
>三権分立の意味でも専門の捜査機関が欲しいですね。
ミスターフリゲート
2021年08月12日 18:55
内務省のままでしたら、極左のテロも防げたのかもしれませんね。でも今はその可能性は無くなってしまっています。一般的な刑事事件は従来の都道府県同士の連携で十分かと。ただ、スパイや工作員のほか、ゲリコマ、サイバーなどの高度な犯罪などの場合は警察庁直属の実働部隊にするという考えはありかもしれません。一応、公安については警察庁が司令塔になっているようですが。

Goodman80 さん
そこまでボロクソ言うのでしたら警察も解体しろと言ったらどうでしょう。と言う冗談は置いておいて、どうせ勉強不足だと言うのでしょうが、日本は比較的治安がいいため検挙率は低いものと見ます。ただ、政治家などの不正に関して逮捕されると言う話はあまり聞きませんので、そこはどうにかして欲しいところですがね。(特に現役の政治家などは)。
偽陸士
2021年08月12日 21:42
民主主義はタダてはありません。

自分で銃を所持し、自分の生命財産を自身で守る銃社会を受容出来ない日本人には過ぎたるものです。

役人と盗賊は自分の商店牧場農場に入ってくるな。
自分の事は自分でやる。
確定申告も自分の雇い主でなく、自分で依頼した税理士に依頼する。
教育委員、公安委員、州警察本部長、州検事全て公選。
文部科学省、総務省が地方行政に口だすのは内政干渉以外の何物でもありません。
連邦政府は関税のみで運営し、州政府は物品税、所得税、固定資産税で運営されるべきでした。
軍事力も民兵、州兵をメインにし州知事会議で調整すべきです。

CIAだのFBIなんて要りません。
もちろんフーバーも。


話しは変わりますが、
江戸時代の名主庄屋は藩の役人が年貢を横領すると、藩主の親戚スジに連名で直訴して役人を追放しています。

岡っ引きはそうした名主庄屋から代官、遠国奉行により任命されています。
明治維新後の政治体制は、江戸時代以下です。
女性の戸主だっていたのに。

廃県置藩で地方分権推進と薩長閥の追放。
刀狩りを止め半兵半農に戻す覚悟があれば、自由を取り戻せます。

拷問は明治維新以降なんの遠慮もありませんが、江戸時代は老中の許可が必要でした。
2021年08月13日 02:48
村木さん 厚労省では?
スタッドレスタイヤ
2021年08月13日 03:54
川路利良はフランスを範として警察制度を作ったそうですが、彼の国にあるような「国家憲兵隊」は現代日本にはありませんね。和製GIGNのような存在がいれば対テロ作戦の時なんかはさぞかし活躍してくれるだろう……と考えたところで、この国の根深いセクショナリズムと無責任の体系に思い当たりました。いざ出動!という事態になったとして、どの省の誰が命令を下すのか、事後処理は誰がやるのか、といった時には、毎度のごとく醜い擦り付け合いがなされるでしょうから、警察と軍(防衛省)に跨った組織のオペレーションなんてまぁ無理でしょう。そういう意味では、記事に出ているようなSATの組織体系も「我が国固有の事情(笑)」に馴染んだものかもしれません。
やれやれ
2021年08月13日 08:18
陸自の個人装備が心もとなさすぎて不安になる訳
https://news.yahoo.co.jp/articles/7ae9ff232a7bd8c4e7804c0166a58472b8d5f0de
ヤフコメ相変わらず酷い...かと思ったら同意するコメントが多くて驚きました。もうそんな事知ってるよ!などこれも清谷さんの啓蒙活動の結果でしょうか。
少しは良い方向になってくれればよいのですが。
Goodman80
2021年08月13日 08:40
ミスターフリゲートさん
>警察も解体しろ
が一番だとは思いますが、地方自治体と住民が共同で管理して真面な組織にしていくのが今の日本では最良かと思います。
日本が治安が良いと言うのは何処からの情報ですか?勉強不足だと少しでも思うのなら、ネットで調べてみて下さい。犯罪の発生件数など自分達の都合のいい様に、幾らでも操作できますよ。新型コロナウィルスでPCR検査をしなければ陽性者数が増えないのと同じ原理です。
キヨタニ
2021年08月13日 12:35
ご指摘ありがとうございます。
訂正しました。

>さん
>
>村木さん 厚労省では?
ブロガー(志望)
2021年08月13日 20:41
お邪魔します。
 日本人は軍事を「血と死と人の恨みに穢れたもの」と捉えていますが、警察とかに対しても同様に見ていたのではないかと思っています。江戸時代の江戸の治安担当者は江戸の人口に対して異様に少なかったばかりか、その末端にいたのは犯罪者に近いような人間であったと聞いた事があります(後被差別部落民とか)。本来治安担当は時の権力に最も近い存在のはずなのですが(軍の方が政権交代即内戦にならないため時の権力から少し離れている)、日本の場合は上記の歴史的事情のためか、ややアウトロー的な気風があるのではないかと思っています。この「ねじれ」及び日本が伝統的に治安維持を軽視している(平安中期以降の地方の治安維持を武士団に丸投げした他)事が組織的欠陥をもたらしているのではないかと。