アスリートは神聖不可侵なのか?

アスリートは神聖不可侵なのか?


池江さんに向かった五輪批判 やり場のない不満の表れか
https://digital.asahi.com/articles/ASP5C65S7P5BUTIL04L.html?iref=com_latestnews_02


>池江さんは7日夜、そんなあいさつから始まる計約600字のメッセージをツイッターに投稿した。自身のツイッターやインスタグラムに「辞退してほしい」「反対に声をあげてほしい」などのコメントが寄せられているとし、「中止を求める声は当然」としつつ、「私に反対の声を求めても、私は何も変えることができません」「非常に心を痛めたメッセージもありました。(略)選手個人に当てるのはとても苦しいです」と心情を吐露した。


> 「アスリートが非難されることが、そもそもおかしい」。1996年のアトランタ五輪に出場した元競泳選手で、国連児童基金の教育専門官、井本直歩子さんはこう話す。「多くの人は、アスリートが五輪を開催してほしいと願っていること、開催は難しい状況にあることを理解し、この現状をつらい気持ちで見守っているはずだ。ただ、ネットではどうしても『アンチ』の人の意見が目立つ。アスリートは振り回されすぎないよう願っています」

> 日本オリンピック委員会(JOC)の山口香理事は、「本来、発信すべき立場の人がきちんと発信せず、国民との対話が成り立っていないことが原因ではないか。政府や大会組織委員会は『安心安全な大会をやります』とだけ繰り返し、聞きたいことに何一つ答えてくれない。この人たちに言ってものれんに腕押しだから、顔が見えたり、反応が返ってきたりする選手に不満をぶつけるようになったのではないか。選手たちへの『怒り』という感情は薄いと思う」とみる。

> ただ、「選手は大会があれば出る、五輪があるからがんばれる。そこを攻撃されるのはかわいそうだ」と理解を求めた。

>男子テニスの錦織さんは10日、「これだけ死者が出ていることを考えれば、死者を出してまで行われることではないと思う」と発言した。女子テニスの大坂なおみさんも9日の会見で、「人々がリスクや大きな不安を感じるのなら、絶対に議論すべきだ」と述べるなど、開催の是非をめぐる発言も出てきた。2人は池江さんとは違い、プロ選手として世界で活躍するアスリートだ。

まず前提から話すと、この記事がオリンピックの「スポンサー」である朝日新聞の記事です。それから池江選手は電通系のプロダクションに所属している「スポーツタレント」です。彼女の発信は事務所の統制下にあると考えられるわけで「一選手」の発言とは言いづらいと考えられます。

無論池江選手が病気を押して復活したのは称賛すべきことでしょう。

その上での話ですが、だからといって選手にオリンピックに関する批判をするな、それは人権侵害だ、というのは思考停止です。

選手もオリンピックの関係者です。違うんでしょうか?
選手はオリンピックにどれだけ税金が注ぎ込まれてようと考える必要はないのでしょうか。
そうであれば、擁護派は選手を人間扱いしていないといことになります。

オリンピックをIOCが全部費用を持って開催するのであれば、それはご自由に、です。

ですが、オリンピックには多額の血税が投入されています。しかも我が国は財政的に余裕があるとはいえず、少子高齢化で将来の税収の不安が大きいわけです。
安倍政権、菅政権で株価だけ上がったが、税金も社会保障費も上がっています。そして貧困層は拡大しており、「一億総中流」は昔話です。

その上にコロナで更に国の借金は更に増えて、コロナで貧困が更に加速し、また医療もパンク寸前です。

そして当初は7千億円で済むとされていた開催費は3兆円以上になりそうです。そして新国立競技場などは、将来負の遺産となって延々と税金をつぎ込むことになりそうです。

しかもオリンピックは、かつてはアマチュアの祭典でしたが、今や単なる商業イベントです。それがあたかも人類の祭典であるかのように宣伝されて世間が騙されています。いわば「霊感商法」のツボ売のようなものです。
それに多額の血税が注ぎ込まれているわけです。

昭和の東京オリンピックとは全く環境が違います。

そこで参加するアスリートが「私運動バカだからお金のことはわからないですぅ。偉い費に聞いてくださいぃ。関係ないですぅ。いじめないでください」で無でしょうか。

決して少なくない税金が投じられているわけで、納税者がステークホルダーである選手に対して物言いするのは当然の権利です。無論個人攻撃は別ですが。

選手にしても一国民です。自分たちの「運動会」がコロナのリソースを奪い、
本来貧困家庭にいくべき予算をつまみ食いして行われることに疑問を持たないなら、そのほうが人間性の問題があると言えます。
カネの問題だけではありません。

「五輪派遣にNO!」看護師たちの厳しすぎる現実
日本看護協会への不満から、退会する人も
https://toyokeizai.net/articles/-/427633

>過酷な労働に見合わない待遇も精神的な負担になる。コロナ患者を受け入れている病院は、手術の延期、外来診療の抑制など感染予防対策をすることで赤字に陥っている。洋子さんの病院も赤字になり、残業代が支払われなくなった。業務は増える一方で、毎日、タイムカードを押してから2~3時間残業せざるをえない状況だ。休み返上で呼び出されることもある。

>感染予防のため患者の家族が面会できず、そのストレスの矛先が看護師に向き、看護師が罵声を浴びせられることも多い。コロナ患者の受け入れ病院だということを理由に、中堅以上でスキルのある看護師たちは辞め、美容関係や夜勤のないクリニックに転職していった。4月に新卒の看護師が入ったが、コロナの影響で実習を経験できずに就職したため、病棟に配属されても何一つできない。かといって洋子さんらには新人を指導する余裕もない。

>「こうして日々、耐えながら働いています。それなのに、オリンピックのためにボランティアで看護師を派遣してということの意味がわかりません。派遣を要請された看護協会が私たちを守ってくれると感じることができないのです」

>ツイッターデモが国内外のメディアからの注目を集めたことから、東京五輪・パラリンピック組織委員会が看護師500人の派遣を要請したことについて菅義偉首相が「休んでいる方もたくさんいると聞いている。可能だと考えている」と官邸で記者団に語ったことが、現場の看護師の怒りを増長させた。「なぜ辞めて、資格を持っていながら看護師として働かない『潜在看護師』になっているか、首相はわかっていない」と──。


こういう現実を前にしてオリンピック参加で利益を得ているアスリートが「自分は運動屋だから社会のことや税金のことはわかりません」というのであれば人間失格です。

繰り返しますが開催コストが開催決定に3~4倍になるような「詐欺」に加担して置いて自分には責任は一切ないと言い切るのであれば、そういう胡乱な人たちに一切税金や社会のリソースを割くべきではありません。

プロ野球やプロレスのように自分たちの資金で「興行」を行うべきです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 18

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

ミスターフリゲート
2021年05月12日 18:08
選手のみなさんには残念ですが、今回は諦めてもらうしかありません。何百しかいない選手より、数千万人の命を引き換えにできません
マリンロイヤル
2021年05月12日 19:22
池江=電通だ、と博報堂の人が言ってました。
KU
2021年05月12日 20:23
>回転翼哨戒機用磁気探知装置に関する情報提供企業の募集について

https://www.mod.go.jp/atla/rfi/rfi030510_04.pdf

輸入・販売に関する権利を保有する企業、ともありますから外国製品も対象のようですね。


>SH-60L、名古屋で初飛行 無事に終了

https://flyteam.jp/news/article/132679

例の60Kで問題になった振動は解決したのでしょうか?
ドナルド
2021年05月12日 21:42
1:オリンピックを中止すると、追加でいくらの出費になり、オリンピックをこのままやると追加でいくらの出費になるのでしょう?

言い換えると、開催費総額「3兆円」としたとして、すでにそのうちいくらはもう取り消さない出費なのでしょうか?


2:個人的には、スポーツとはそもそも、人が人に元気をもらい元気をあげる「人と人と」の関係で成り立つものなので、池江さんのコメントも、それへの批判も、そしてその批判への批判も、全てが正しいのだと思います。

私自身はオリンピックに何の幻想も期待もしていませんが、自分が好きだな、魅力的だなと感じている方がオリンピックへ向けて頑張っている姿を見ると、応援したいという気持ちになります。これは矛盾でも何でもないと思います。

「人は理想のために戦うのではなく、理想を掲げる人のために戦うのである」とはよく言われるもので、「ひと」が大事なのだと思います。これは「スポーツ」というものの本質ではないでしょうか?結局、その上で、それでもやっぱり、オリンピックに反対するのか賛成するのか、それだけなのだと思います。
ミスターフリゲート
2021年05月13日 00:38
テレ東は中国のハッカーについて取り上げたようです。
https://youtu.be/oCT2_jsc9sE
どうすれば防げるのでしょうか
ひゃっはー
2021年05月13日 00:44
「私に反対の声を求めても、私は何も変えることができません」

私はこの発言を評価しません。ケネディ曰く「国に何かを求める前に、国のために何ができるのかを考えてほしい」オバマ曰く「Yes we can.」まあ、電通の飼い犬には何を言っても無駄でしょうかね。
Goodman80
2021年05月13日 08:48
アスリートと言うのは個人起業家だと思っています。自己をアピールし、スポンサーを集め、その資金でスタッフを集めて、日々の練習、オリンピックの様な大会へ合わせての調整。それを個人で構築しないと世界に通用する選手にはなれません。
ゴルフの渋野日向子選手がいいスポンサーが決まった特、すごく喜んでいたことが思い出されます。彼らはその辺にいる唯の「ケダモノ」などでは無く、自己をしっかりと管理でき、常に戦う事を捨てない「ケモノ」なのです。一流のアスリートが国会議員になっても、二世・三世議員よりよっぽど真面に活動できるのは、常に戦い続ける立派な資質です。彼らの足を常に引っ張るのは時代遅れの協会と、必要資金でさえ渋る政府です。口は出すが金は出さない、渋った資金は自分達で豪遊、そんな連中が税金を食いつぶすのです。
オリンピックバブル、コロナバブルで予算たっぷりの各省庁は、オリンピックを開催しようが止めようが、大した関心は無いでしょう。膨れ上がった予算を「自分達の為にどう使うか」を一生懸命考えている至福の時です。開催するかの権限はIOCにしか無く、彼らも又、スポンサーの指示待ちでしょう。税金を食い潰すだけのシロアリ共(小役人)は非常にしぶとく、死に絶えることは有りません。せめた中国の小役人(漢民族)並みに成長してほしいものです。
19190213
2021年05月13日 19:32
看護師にせよ。ボランティアにせよ。
人員の供出をするに辺り買い叩き或いは金を払わない。
根本的にエッセンシャルワーカーを軽視しているのが良く解ります。
国民は塵霞を食って生きる超常現象生物なのでしょうか?
ブルシットワーカーを無駄に食わして増やし続けるクソみたいな構図がここにあります(委員会の方々って確か月額最大200万円、年額にして最大2400万円が支給されますよね。舐めてんですかね?)。
予算規模や配分は適切だったのでしょうか?
私は全くそうは思いません。
税金を投入すること。
それ自体は非難はしません。
単純に”結果”さえだしてくれるならばそれでいいと思います。
ところが蓋を開けてみればこの有様。
割とクソだなと。

内容自体はちゃんと精査して評価を行い後世に知見として残すべきですよ。

偽陸士
2021年05月13日 22:51
Goodman80様。

なかなか良いところ突かれました。

例えは悪いのですが、企業御抱え選手とプロゴルファーは、剣奴と傭兵くらいの差があるように見受けられます。

それ故、発言も方や定見の無いものから、開拓者精神に富んだ内容になるのだと思います。

オリンピックの運営の仕組みから変えないと、視聴者から見放されるのは時間の問題かと。
Suica割
2021年05月14日 17:48
やるにしろ、マラソンとかは止めた方がいいな。
沿道に市民が集まるのが目に見える。
1試合1施設で収まる競技、サッカーとかまでにすべきですね。
ブロガー(志望)
2021年05月16日 21:02
お邪魔します。
 元をたどれば、かつて東京オリンピック招致が行われて頃多くの国民は「一回やったのだからもういいだろう。」みたいに思っていたはずです。それでも「やりたい。」と言い続けた人達がいたので、「そこまで言うのなら。」と折れた途端、"温度差"に配慮するどころか「柔らかい土は掘れ。」とばかり「前の見積もりは何だったのか。」という見積もりを出してきました。またそこまでやりたいのならきっちりとした計画は作っているのかと思えば、エンブレムや新国立競技場のデザイン等でゴタゴタを繰り返しました。つまり「やりたいという自分達の"心情"が忖度された。」とでも考えているから、「忖度した以上自分達にとって良いようにするのが当たり前。」なのでしょう。「事実や論理など無く、心情と空気と目先の人間関係が全て」「なさねばならない事よりもしたい事」という日本人の特質が招いた事態であり、その点では池江選手に辞退や反対を求めるというのも「同じ穴の狢」ではないかと思ったりもします。バックに電通があるとはいえ池江選手にそれだけの権限や影響力があるとは言っている人達も思ってはいないでしょう。アメリカや日本がボイコットしてもモスクワオリンピックは開かれましたし。良く言えば自分達の恐怖や不安に寄り添いを求めている、悪く言えば恐怖や不安といった負の感情の捌け口として彼女を利用しているだけなのではないかと。マラソンを札幌に持って行った事を思えば、「日本・東京と共倒れになりかねない」とIOCが思えば中止になるでしょう。新型コロナウィルスは想定外といえ、首都直下型地震は十分予測可能である事を思えば、「ブレーキの無い車を走らせた事が間違い」という結果になるのではないかと。
敬一
2021年05月25日 19:03
 パオロ・マッツァリーノというものかきさんがブログで、オリンピック廃止論を展開しています。フツウというかマットウな意見と感じます。
 純粋に競技(わざをきそう)なら人目につかないところに集結し密かにやればいい。競戯なら派手に大金をかけるのはよくない。中途半端になると、悪いやつが入りこみます。