【下車戦闘だよ、全員集合!】「軽装甲機動車」から「小型装甲車」に引き継がれる宿痾



すでに何度もご案内のように世界で軽装甲機動車のような小型の4人乗りの装甲車を事実上の主力APCとして使用している軍隊はありません。
それは機械化部隊の利点を捨てているからです。
問題点は以下の通りです。
●分隊長が分隊を把握できない。
●固有の無線がない。
●固有の火器がない。
●全員下車して戦闘、車体は放置する。
●車内容積が不足。
●1個小隊で7両も車両が必要。

何故こんなことをやるかというと、要は車両部隊を作りたくない、ということでしょう。
分隊が乗車可能なAPCならば車長、操縦手の2名の要員が必要であり、後の8名は下車歩兵となります。つまり1輌あたり10名の人員が必要です。1個小隊ならば3両として6名が必要であり、更に上級部隊が必要です。

ところが、現在の定員ではそのような車輌部隊を作る人員の確保ができない。やろうとすれば、普通科の部隊数を減らさないといけない。
それが嫌だからでしょう。
陸自の社内事情を忖度した運用でしょう。

だから全員下車して、車輌を放棄して戦うという間抜けなことをやっているわけです。まるでドリフのコントみたいなものです。
ところが実際は、1名を留守番に残している。ぼくが敵の指揮官ならば下車歩兵とは交戦せずに、車輌を奪う、あるいは破壊します。

この「下車戦闘だよ、全員集合!」では当然ならばそのようなリスクがあるだけではなく、車輌が接近して下車歩兵を速やかに収容することも、弾薬などを車輌から補給することも負傷者を速やかに車輌に収容することも、車輌から火力支援を得ることもできません。ただでさえ低い普通科の火力はより低くなる。そして携行型より性能の高い通信機を積まないわけですから、指揮通信能力が低い。特に中隊レベルでは深刻でしょう。

こんな胡乱な運用するのであれば、むしろウニモグとかタトラのキャブだけ装甲化した、分隊と装備が十分に搭載できるトラックにRWS、ドローン、ナビゲーションシステムやバトルマネジメントシステムでも搭載し、固有の乗員を付けて採用するほうが余程ましではないでしょうか。

しかも軽装甲機動車は諸外国の同クラスの装甲車に比べて3倍も高い。そして排ガス規制の強化に適合するめに施したら、3千500万円が5千万円に高騰した。

これはそもそも冗長性が欠如していたわけで、メーカーの責任ではなく、当事者能力の欠如した陸幕の責任です。


そもそもスポールライナーを採用するなど、防御力を強化する案があったのに「高くなるから」とやめたわけです。しかも装甲は7.62×39カラシニコフ弾に耐えられるレベルで、7.62ミリのNATO弾や6.62×54ミリのロシアン弾に耐えられないので、敵の機銃で穴だらけになります。自分たちが7.62ミリ機銃を持たないからいいのだろう、という考えだったのでしょう。更に申せば当初は左右のドアのガラスは防弾ですらありませんでした。

しかも騒音がひどく乗り心地も悪く、車内が狭いために装備が搭載できない。
仮に同じような仕様で作るにしてもトヨタのランクルやハイラックスをベースに開発すれば余程まともなものができたでしょう。事実他国ではそのような装甲車が多数開発、生産されています。

コマツの作った8輪装甲車も採用されませんでしたが、それはメーカーよりもまともなコンセプトも作れず、まともな開発予算もださず、同じような8輪装甲車をコマツと、三菱重工を食わせるために発注した陸幕の当事者意識と能力の欠如でしょう。

陸幕には装甲車輌を開発指導する能力がないのですから、全て輸入あるいはライセンス生産に切り替えて、外国のコンサルタントに選択を丸投げしたほうが宜しいかと思います。










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 25

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

ミスターフリゲート
2021年03月25日 14:25
ともかく、LAVのようなやり方ではアレなので退役を進めるべきですかね。次期装輪装甲車はどうなんでかね。まだパトリアなどの選定も始まっていないので、様子見といったところですが。

>>こんな胡乱な運用するのであれば、むしろウニモグとかタトラのキャブだけ装甲化した、分隊と装備が十分に搭載できるトラックにRWS、ドローン、ナビゲーションシステムやバトルマネジメントシステムでも搭載し、固有の乗員を付けて採用するほうが余程ましではないでしょうか。

セキュリコの発表した装甲車もありかなと。
https://ameblo.jp/kamemane/entry-12515370046.html

Goodman80
2021年03月25日 19:47
LAVの替わりで良いなら輸送防護車を輸入すれば良い。陸自の装輪装甲車は恐ろしく装甲が薄いので、此れでも十分でしょう。但し搭載機銃は輸入品を使わないと全員死にます。小銃も極めて繊細で戦場では使えない89式は、早急に真面な物(AK等)に交換しなければなりません。
下車戦闘する場所にはストライカー装甲車等の重装甲、重武装の装甲車を使えば良いでしょう。
マリンロイヤル
2021年03月25日 19:48
>>普通科の部隊数を減らさないといけない

一番やりたくないのコレですから(笑)
Masaya Hariu
2021年03月25日 20:48
ハイラックではなくハイラックスですね。

私は、「何故自衛隊はジープとパジェロは採用したのに、ランドクルーザー、ハイラックス、サファリ、トライトンを採用しないのか?」と疑問に思った事があります。

大人の事情があったのでしょう…。
偽陸士
2021年03月25日 22:45
清谷様。

下車ヨーイ、下車!
そして誰も居なくなった。

これは上質なミステリーです。(笑)

キヨタニ
2021年03月26日 08:29

ご指摘ありがとうございます。


>Masaya Hariuさん
>
>ハイラックではなくハイラックスですね。
>
>私は、「何故自衛隊はジープとパジェロは採用したのに、ランドクルーザー、ハイラックス、サファリ、トライトンを採用しないのか?」と疑問に思った事があります。
>
>大人の事情があったのでしょう…。
ミスターフリゲート
2021年03月26日 10:43
Goodman80 さん
AKじゃないとダメなんですかね?SIGやh&kとかもあると思うのですが

装甲車についてはまだ選定が行われていないので結果次第です。それにストライカーは選定の対象外では。何でもいいのですが、三菱も真面目なもの開発していることを願うばかりです。パトリアでもいいですけど
ミスターフリゲート
2021年03月26日 11:31
マリンロイヤルさん
そもそも日本は海自空自がメインである故、陸自は多すぎるという感じでしょうかな。自走榴弾砲部隊や戦車然り
19190213
2021年03月26日 14:16
車載用無線機自体はあるんですがね・・。
ただ、数はそんなにってのはありますな。
他国軍、例えば米軍だけが猛烈に完備されている類なのか仏軍とかもやっている類なのかというのは解らない所ではありますね。

その辺やはりアフリカで仏軍に訓練に誘われた時にやっておけばね・・。
そういう交流があれば多少は眼が肥えるのでしょうけども。
19190213
2021年03月26日 14:39
生産性というのは軍隊にはあまりなじみがないのですが、恒常業務や有事の負荷を考えてボトルネックになるだろうという部分は大まかに想像できます。

例えば整備や衛生、こういったモノはもっとマンパワーがあっても良いはずです。
現在技術陸曹枠というのがありますが、衛生・・特に救急救命士というのが准看がなければ効力がないような扱いになっています。
ですがかつての救命士と違い今では、メディカルコントロール下でできることも増えています。
実際新隊員の一部には専門卒で救命士資格者もいたりするのでこういった人々や資格習得者には救命士(3曹)→准看(2曹時に入校)でも良いんじゃないかと思うのです。
又、別に有資格だが技術曹ではないという人でも平時から活用しそれを資格手当などを付けて推奨していくべきなんじゃないかと思います。

(例えば整備資格の推奨とDSへの支援勤務とか、力量が担保されないんであれば実技試験を行って力量を図るとか)


後は、戦死割合を見れば失血死が多いというのが一目瞭然なのですがそれを防ぐには止血コントロールと”輸液”が必要です。
輸液を中隊救護員(陸士でも)ができるように国は法を見直すべきですしその付加特技課程があってもいい。
その辺りは見直して欲しい物です。
Goodman80
2021年03月26日 15:24
ミスターフリゲートさん
ストライカー装甲車はピラーニャIIIのアメリカ陸軍仕様、LAV6.0のベースとなったLAV IIIはカナダ陸軍仕様なので、同じようなものです。

>AKじゃないとダメなんですかね?SIGやh&kとかもあると思うのですが
真面な物(AK等)なので、その程度です。市街戦に最適な9X39mm弾が使えるのでAK系列が良いと思います。海水や埃等にも強いですし。国内は9X39mm、海外は7.62X39mm弾を使用するのが理想的です。
ミスターフリゲート
2021年03月26日 23:04
Goodman80 さん
ストライカーとLAV6.0そんなに変わらないのではLAV6.0でいいと思うですが
ひゃっはー
2021年03月27日 16:30
軽装甲機動車ってNBC防護装置すらも無いんですよね。
まさに「化学攻撃だよ、全員ポア!」です。
CR警報機を搭載するラックだけは、一部の車両には車内に付いているんですけど。
Goodman80
2021年03月27日 21:42
ミスターフリゲートさん

>ストライカーとLAV6.0そんなに変わらないのではLAV6.0でいいと思うですが

別にそれなりの性能が確保されていれば、どこの車体でも構いません。ストライカーA1が必要なので、ストライカー装甲車と言ったまでです。
偽陸士
2021年03月28日 12:09
ひゃっはー様。

>軽装甲機動車ってNBC防護装置すらも無いんですよね。
まさに「化学攻撃だよ、全員ポア!」です。
CR警報機を搭載するラックだけは、一部の車両には車内に付いているんですけど。


夏に車内で防護服に防毒面なんていったら、熱中症は必至。
汚染地域からすぐに移動するからと、高を括って居るのでしょうが。

それならセキュリコが20トントラック(陸自の10トン相当)のキャブも手掛けているので、これに小隊とドライバー、車長、砲手、通信手、ドローン操作員、と小隊を載せれば良いのかなと思います。

路外走行は少し心配ですが、某化学防護車輛よりマシかと。
発電能力も期待できますし。
使えない広多無の中継車にもなり得ます。
もっとも無線はラファエルのB-NETに乗り換えた方が早いでしょうけど。
ひゃっはー
2021年03月28日 16:29
偽陸士様へ

なるほど。これなら3千500万とか5千万もしないでしょうね。路外走行性能が低くそうなのは、まあ仕方がない。
ブロガー(志望)
2021年03月28日 19:48
お邪魔します。
 かつて写真雑誌フォーカスで元F1レーサーの中島悟が、日本人は自動車を理解していないのではないかといった事を言っていました。例として登坂車線を「坂道を登るのがやっとの車に車線変更を強いている。余裕のある車に追い抜かせるような仕組みにすべき。」といった事を。軽装甲機動車も日本人の自動車への無知・無理解の産物ではないかと思ったりもします。「隊員をその場所まで行かせる。」ぐらいしか頭に無く、「車両を如何に戦闘で使うか」といった視点が欠落しているのではないかと。余談を言えば土木建設機械や農業機械と同様の「戦う機械」である戦車を「大砲を積んだ自動車」とでも思っているのでしょう。土木建設機械や農業機械は基本作業現場に「自走」しては行かないと思いますが。
 それから例の方はある意味典型的な"日本人"で、事実などどうでも良く、目先の人間関係で優位に立つ事にしか興味は無いのでしょう。海外の大学を持ち出したりセレブな生活を見せびらかしたりするのは「そうすれば目先の人間関係で優位に立てる」と思っているからで、清谷様の発言等もその内容など見ておらず「あいつ(清谷様)は俺にマウンティングを仕掛けている。」ぐらいにしか感じていないのではないかと。
19190213
2021年03月28日 22:13
ブロガー(志望)さま
軽装甲機動車も日本人の自動車への無知・無理解の産物ではないかと思ったりもします。「隊員をその場所まで行かせる。」ぐらいしか頭に無く、「車両を如何に戦闘で使うか」といった視点が欠落しているのではないかと。

その通りだと思います。
まず全員下車というのは(やっているのは見た事はないですが)、恐らくLAVが直接戦闘に耐えられないことを承知しているからなのでしょう。
当てにくいとはいえRPGが跋扈する戦場では走る棺桶か悪ければ火葬場。
故にLAVは榴弾砲下でも多少はマシな第一線地域に兵隊を送り込めるタクシーなんでしょうね(高機は無理なケースもあるんで)。
つまりは戦闘加入速度を上げただけの車両であって付随して戦う性能はもとよりない。
そういう意味だと思います。

BTRでも無理なのに確かにそりゃ下車しますよねと。
接敵するような最前線では私も乗りたくないです。
Suica割
2021年03月28日 23:15
ブロガー(志望)様
中嶋悟氏の話はなるほどと思います。
基本、船も航空機も機動力ある方が進路を変えて事故が起こらないようにしてますから、機動力がないであろう重量物乗っけていたりしている車に進路を変えさせるのは間違った対応ですね。