コロナ失態の遠因は有事法、国民保護法の深化。改善を怠ったから。

コロナ失態の遠因は有事法、国民保護法の深化を怠ったから。

我が国のコロナ禍対策の最初のつまずきは、中国からの春節旅行客と、習近平訪日を諦めたくなかった、という安倍政権の助平根性が国境封鎖を遅らせたことでしょう。

ただその後の対応は私権の制限が法的にできなかったことが大きいと思います。それは小泉政権において成立した有事法制、国民保護法をその後の内閣が深化、改良してこなかったためです。これらは戦時だけではなく、今回のコロナのような事態でも必要です。
今回のコロナ禍でも日本の病院のベッド数は世界有数ですが、それがコロナの治療に使えない。政府ができるのは病院にお願いするだけ。
外出禁止や飲食店の営業自粛も法的にはできず、国民にお願いするとか、協力しない店舗名を晒して世論にリンチさせるぐらいしかできません。
このような有事に際しての私権の制限の議論を嫌い、有事法制、国民保護法の改善を怠ってきたつけが回ってきた感じです。


毀誉褒貶ある小泉政権ですが、ぼくは有事法制、国民保護法成立だけでも評価します。
戦後我が国では戦争が起きた事態を想定してこなかったわけです。自衛隊は戦時に戦えるだけの法的な裏付けを持っておらず、空理空論の演習だけの「戦争ごっこ」が仕事の役所にすぎなった。

だからこそ、これでは戦争になったときマズい。自衛隊は法的に戦争できないから、戦争になったとき、法律を守るならば国民を見殺しにしなければならない。
逆に国民を守るために行動すると「犯罪者集団」になってしまう。その判断は自衛隊首脳、そして現場の隊員たちに押し付けられてきたわけです。

それが法治国家といえますか?

それ故、栗栖統幕議長がこれでは戦えません、きちんと法整備をしてくださいという意味で発言したら頭悪い政治家やメディアが「軍人の超法規発言」ととりあげて、辞任に追い込まれました。以後自衛隊を縛る法的な束縛に関する議論ができない雰囲気が出来上がってしまいました。

それを変えたが小泉政権の有事法制制、国民保護法です。これらの法律は私権を制限することが含まれています。だから国民の受けが悪い。強い抵抗も予想されたはずです。それをあえて行ったことは小泉内閣の大きな手柄だと思います。

実際問題、戦時において私権制限ができなければ自衛隊も国家もまともな、対策をとれません。ところが私権制限=前の戦争というイメージが未だに強く、観念的な反対が世論には多いわけです。どこの国でも普通にやっているのですがそれが理解できない。 


有事関連法制について
http://www.kokuminhogo.go.jp/gaiyou/yujikanrensei/index.html

国民保護法とは
http://www.kokuminhogo.go.jp/gaiyou/kokuminhogoho.html
これが成立するまで自衛隊は実戦で蛸壺、塹壕ひとつ掘れませんでした。そのためには地主と相談し、補償を話し合って合意することが必要でした。また自衛隊の演習は布陣したところから「状況」が始まりますが、それはそれまでの輸送や移動などに大きな法的な制約があったからです。本来は「状況」以前の部分を演習で行うことが必要です。

また、野戦病院も使えませんでした。病院法に違反することです。陸自は野戦病院をもっていましたが、これは演習では使えましたが、実戦で使えば「モグリの病院」となり、使えません。使うならば犯罪者です。自衛官の命を救うと犯罪者になるわけです。
ですから衛生の訓練も装備も空想的なものになります。ファーストエイドキットなどはその典型例でした。

仮に今回自衛隊の野戦病院をコロナ専用病院に使用しようとしても、有事法制が施行されていなければ使用できなかった、といういとです。


ですが小泉内閣の有事法制、国民保護法も万全ではありません。あの時期にこれらの法整備をなんとか形にすることだけで手一杯でした。当時の防衛大臣の石破茂氏も昨年お愛したときはやり残したこと多々ある、特に民間防衛だ、と仰っていました。

ところがその後、東日本大震災を経験した民主党政権も含めてどの政権も有事法制、国民保護法のさらなる改善を怠ってきました。
特に第二次安倍内閣は問題です。8年近くの長期政権で圧倒的な国会の議席数を維持し、「戦後レジームからの脱却」をスローガンにしながら何もしませんでした。憲法改正を喚くだけでした。ですが憲法を変えればすべての問題が魔法のように消えるわけではありません。事実小泉内閣では憲法を変えずとも有事法制、国民保護法を成立させました。

有事法制、国民保護法を改善し、東日本大震災や今回のようなコロナ禍において、有効にワークする法整備をしてこなかった。私権制限は国民やメディアが脊髄反射的に反対し、世論の同意を得にくいですが、圧倒的な議席数を持った長期政権だった第二次安倍政権が全く手をつけなかったのは、安倍晋三総理には「戦後レジーム」とは何なのかという理解がなく言葉遊びをしていただけではないでしょうか。

今からでも包括的な有事法制、国民保護法の見直しをして、戦時のみならず自然災害や、疫病に対する有効な対策を取れるように改善を図るべきです。現在であれば多くの国民の同意も得られるのではないでしょうか。


Japan in Depth に以下の記事を寄稿しました。
海自FFMと隊員減対策(前編)
https://japan-indepth.jp/?p=56206
海自FFMと隊員減対策(後編)
https://japan-indepth.jp/?p=56255

自衛隊機のコスパを検証する(前編)
https://japan-indepth.jp/?p=55801
自衛隊機のコスパを検証する(後編)
https://japan-indepth.jp/?p=55809
官庁の情報開示は途上国以下~記者クラブの弊害~
https://japan-indepth.jp/?p=55598

東洋経済オンラインに以下の記事を寄稿しました。
来年度の防衛予算5.3兆円が実はもっと多い訳
実際は5.7兆円、過小に見えているのはなぜか
https://toyokeizai.net/articles/-/398559

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

ミスターフリゲート
2021年01月16日 13:10
昔は国のために死ねとありましたが、今は憲法9条教による「世界に誇る平和主義を貫いた素晴らしい憲法9条(笑)」、つまりその素晴らしい憲法9条(笑)のために死ねと言われているようなものですかね。やはり早急な改善が必要かと
Suica割
2021年01月16日 14:44
風俗営業法に新規開業組にはコロナのような実態になったときに、営業休止命令に従うことというのを認可条件に入れておけば良かったのに。
あくどい手を使う人なら、休業中の保証なしという条件も入れます。
まあ、問題あっても、読まないお前がアホですみますし。
やれやれ
2021年01月16日 15:23
コロナ失態の本番はこれからですよ。
本日(1/16)の東京の陽性者数は1809人。
昨日は2001人、一昨日は1502人と先週と比べて
大幅に少なくなっています。他の府県を見ると
順調に増えているのに最も多くなる水木金(今週は
月曜が祭日なので木金土)が先週より少ないのは異常。
緊急事態宣言の効果で減っていくのは約1月後で
早くても3週間後のはず。今週から1日あたりの
PCR検査数がぐっと少なくなった上に濃厚接触者への
PCR検査を止めてしまったのも大きいかも知れません。
無症状感染者ほどウイルスを撒き散らすというのに
どうも野放しにして水面下で感染拡大を狙っている
としか思えない愚考。いずれ日本中で数値が操作されて
実質効果の薄い今の緊急事態がさも成功した様に
見せかけるようにするかも知れません。
そうまでしてオリンピックをしたいのかと。

NYタイムズも日本も世界も感染拡大で今年のオリンピック開催は悲観的になっていると報じています。IOCも安全に実施できる可能性が低くなったと諦め気味。
日本もさっさと諦めてほしいものだ。
19190213
2021年01月16日 16:12
本来ならば国民の意志で選ばれた代理人たちが命令を発することで間接的にでも国民が選択の責任を負うというのが大事なのですが、実際は現場に全部押し付けるという実態になっていたと思います。
その点で言えば小泉政権下の有事法制は有意義なものだったと言えます。

皆が皆、責任を取りたがらないというのが極めて顕著なのは、この国が失敗に厳しい国だからなのでしょうか。
再起を許されない。勿論しぶとくやる方も中にはいますが、米国と見比べた時に彼らは時として元犯罪者も共同体の役に立つ活動をして皆に必要とされる存在になったりしてます。


又責任を取るというのは端的に職を辞すれば良いというのものではなくて様々なやり方があると思います。
例えば政治家ならば、問題の解決の後筋を付けると同時に彼らは立法のプロなわけですから法改正をして犠牲に報いないといけない。
軍人ならば乃木大将(批判はありますが司馬さんが悪く書きすぎていた。)のように或いは今村均氏や安達二十三氏のように終生士官たる振る舞いをし戦後も慰問に務めるなりその姿をみればこそ兵やその遺族は少なくともある程度納得して前を向いて生きていけるものと思います。



これから日本がどう在るべきかというのは私個人としてはとても興味があります。
出来る事ならば、ネトウヨだとか極左だとかそういった狂信者が少しでも減りもっとフラットで融通の利く共同体になっていて欲しい物です。
私自身としても極端に傾く事のないように気を付けなくてはいけないと肝に銘じ続けないといけないです。
Goodman80
2021年01月16日 16:40
ま、まさか日本がこの様な事を!
無人航空機に関する実戦データ入手が狙い? 日本がアゼルバイジャンとの軍事協力を推進
https://grandfleet.info/japan-related/japan-promotes-military-cooperation-with-azerbaijan/
>もし管理人の推測通りなら日本も「無人航空機が戦場でどのような役割を果たしたのか?」について積極的に情報収集を進めているのかもしれない。
そうあって欲しいと自分も思います。
Goodman80
2021年01月16日 16:58
インドの国産戦闘機「テジャス」改良型が納入されるようです。
インド 独自開発の国産戦闘機「テジャス」改良型を調達決定
https://trafficnews.jp/post/103762
T-4の後継に練習機型Mk-1を、基地間の連絡とかちょっとそこまでの迎撃任務等の軽作業用に戦闘機型のMk-1Aを調達すれば、維持管理費も安くなり、F-2等の新型機への更新も早く出来ると思うのですが、真面な考えとは思えないF-3が完成する頃には時代遅れの機体になっているでしょう。ちゃんと国民を守る自衛隊になって欲しいものです。
KU
2021年01月17日 09:05
>あ
KU
2021年01月17日 09:17
>東京五輪、コロナ猛威で暗雲 高まる中止論、春がヤマ場ーワクチン頼みも見通せず

https://www.jiji.com/sp/article?k=2021011600400&g=pol

外堀が確実に埋まりつつありますね。ガースー総理も、どこまで意地を通せることやら。
偽陸士
2021年01月19日 00:52
Goodman80様。

ま、まさか日本がこの様な事を!
無人航空機に関する実戦データ入手が狙い? 日本がアゼルバイジャンとの軍事協力を推進

経産省も防衛省を見限ったのかも。
これは省から庁へ格下げも近い?
Goodman80
2021年01月19日 13:28
偽陸士さん
戦前の日本海軍の亡霊とガンダムのアニオタの世界を行き来するアホな防衛省と対照的に、地に足を付け、現実に真摯に目を向けて国民の安全を守ろうとするオーストラリアとの差に眩暈がしてきます。
開発中の技術を信用しない豪州、ティーガーを見切り「AH-64E」導入を決定
https://grandfleet.info/indo-pacific-related/australia-decides-to-abandon-tiger-and-introduce-ah-64e/
普通に考えればF-35を140機保有(予定)し、F-15Xを100機保有(予定)する国がF-3の様な超絶高価な制空戦闘機を開発、調達する為に数兆円を浪費する無駄に気づくはずなんですが、アホな防衛省の人間には現実は必要無いのでしょう。
防衛省は防衛庁に格下げして、防衛省は各省庁から出向して省内の防衛庁を管理監督が行えば良いと考えます。
偽陸士
2021年01月20日 01:07
Goodman80様。

>偽陸士さん
戦前の日本海軍の亡霊とガンダムのアニオタの世界を行き来するアホな防衛省と対照的に、地に足を付け、現実に真摯に目を向けて国民の安全を守ろうとするオーストラリアとの差に眩暈がしてきます。

自分もアニオタの一人なのですが。(笑)

>開発中の技術を信用しない豪州、ティーガーを見切り「AH-64E」導入を決定
https://grandfleet.info/indo-pacific-related/australia-decides-to-abandon-tiger-and-introduce-ah-64e/

アパッチの導入を取り止めた陸自って何を考えていたのか・・・・・

>普通に考えればF-35を140機保有(予定)し、F-15Xを100機保有(予定)する国がF-3の様な超絶高価な制空戦闘機を開発、調達する為に数兆円を浪費する無駄に気づくはずなんですが、アホな防衛省の人間には現実は必要無いのでしょう。

F-35もF-15も50機位で充分です。
インドからF-21かFA-18買いましょう。
ついでにアパッチも。


>防衛省は防衛庁に格下げして、防衛省は各省庁から出向して省内の防衛庁を管理監督が行えば良いと考えます。

とりあえず海上幕僚長への下克上に加担した役人には元の所属にお帰り頂きましょう。
役に立たないだけならまだ可愛げもあるが
制服と一緒になって加担するとは。

その上で財務省や経産省、国交省に入ってもらい立て直すのが宜しいかと。
Goodman80
2021年01月20日 07:08
KUさん
MQ-9が対潜攻撃出来るのは、発見した物位で、発見して攻撃することはセンサの性能から無理だと判断します。MQ-9に高度なレーダー装置を搭載することは無理です。P-8Aが発見した物を攻撃することが精々と思います。
MQ-9の機体を使用するのであれば、小型のASM等を搭載して哨戒等の軽い任務が適当と考えます。
ミスターフリゲート
2021年01月20日 14:21
偽陸士さん
F21はインドじゃなくてイスラエルの間違いでは?
FA18はアメリカかと
偽陸士
2021年01月20日 22:56
ミスターフリゲート様。

>偽陸士さん
F21はインドじゃなくてイスラエルの間違いでは?
FA18はアメリカかと

F-16のインドでの生産が始まりますが、この時の名称がF-21になる筈です。

FA-18もテジャスやラファールとインド次期艦載機の座を争っていますが、FA-18が採用されればインドで生産がされるそうです。

ロシアのSuも導入予定だそうですから、何でもありな国ですね。(笑)
やれやれ
2021年01月21日 10:43
偽陸士さん、
マレーシアもそうですが、どちらの陣営とも密接にならず程々の距離で外交する国は片方から見限られた場合にも良いようにどっちもそれなりにお付き合いしていますね。東西あれだけ色々な数の航空機を運用する技量も凄いと思いますが。
トルコが苦労するのも元々旧西側なのに旧東側から防空ミサイルとかヤバい?兵器を買ってきたからでしょう。後から等距離と言うのはなかなか難しいですから、自国の都合に臨機応変に対応と言う所でしょうか。
ミスターフリゲート
2021年01月21日 12:34
偽陸士さん
普通にロッキードから買えばいいはずですが、なぜインドで?
やれやれ
2021年01月21日 15:19
ミスターフリゲートさん、
横から失礼します。
ロッキードじゃ無くてボーイングですね。
インドでFA18をわざわざ作る意味は日本がF4やF15を製造したのと同じく技術習得、技術移転目的と思います。
US2も契約できれば最初は日本からの輸入で途中からインドでの生産への切り替えを要求されています。
そして魔改造した?FA18とかUS2とかを運用したり許可が出れば外販しようと考えているのではないかと。

とにかく沢山作って経験値を上げないと独自で開発するにも生産基盤も開発基盤も不十分では無理ですからね。
インドがそのためのコストをどう見ているのかというもあるでしょうけど、インドとしての戦略が自国でも生産という考え方があるのでしょうね。
偽陸士
2021年01月21日 15:21
ミスターフリゲート様。

>偽陸士さん
普通にロッキードから買えばいいはずですが、なぜインドで?

これは説明不足でしたね。
F-16にせよAH-64にせよ生産拠点がアメリカ本国からインドに移転してます。
人件費や為替のマジックが原因でしょう。
FA-18もF-2の後継機になっていたら日本に生産ラインが来る筈でした。

それにFA-18のスキージャンプ台での発艦が始まればそのノウハウ、あわよくば通常動力型空母での運用を学べる可能性があります。

それにダイヤモンドに更に磨きがかかるかと。(笑)
偽陸士
2021年01月23日 00:28
やれやれ様。

>トルコが苦労するのも元々旧西側なのに旧東側から防空ミサイルとかヤバい?兵器を買ってきたからでしょう。後から等距離と言うのはなかなか難しいですから、自国の都合に臨機応変に対応と言う所でしょうか。

実はギリシャも冷戦時代から東や西をふらふらして、その度にアメリカが特使を派遣してご機嫌を取っています。
昔読んだ小川和久氏の仮想敵国ニッポンにそんな事が書かれていたのを思い出しましたね。
実に羨ましい。(笑)