財務省歳出改革部会(令和2年10月26日開催)参考資料を読む。その1

財務省の歳出改革部会、防衛関連の資料を検証します。これとは別に「参考資料」も存在します。今回はこの参考資料をみていきます。
https://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/proceedings_sk/material/zaiseier20201026/06.pdf
06_page-0001.jpg
P1~3までは我が国周辺諸国の動向をまとめています。

06_page-0002.jpg06_page-0003.jpg06_page-0004.jpg

財政審議会におけるこれまでの指摘事項(防衛装備品調達関係)(P4)
06_page-0005.jpg
○ 平成27年の防衛装備庁発足以降、防衛装備品の調達改革に関して累次の指摘を実施。
○ 各指摘に対し、具体的な対応が行われ成果が出たものもあれば、対応は行ったが成果
が出ていないもの、対応を検討中のものも存在しており、調達改革は未だ道半ば。

令和元年度
後年度負担の適切な管理
調達改革
・調達コストの削減
・ライフサイクルコストの削減
・次期戦闘機の開発
平成30年度
中期防衛力整備計画
・新規後年度負担の適切な管理
・装備品のメリハリ付けと計画単価の提示調達改革
・防衛省全体の能力・体制の更なる強化
・防衛産業の強靭化

平成28年度
装備品の取得方法の効率化・最適化
装備品のライフサイクルを通じたプロジェクト管理の強化
「防衛装備移転三原則」を踏まえた装備品の海外移転等
知的財産権の活用
国内産業の再編・連携
原価の監査の徹底
GCIP率の見直し
契約時における価格上昇リスクの抑制

平成27年度
調達改革
一般物件費の見直し(在日米軍駐留経費負担)

平成29年度
調達改革
FMS(Foreign Military Sales)に基づく調達

ぼくもこれらの改革に関しては点数をつければ30点程度です。原因は当事者意識と能力の欠如。そもそもやる気が無いことが大きいでしょう。米国の制度を真似ても巧妙に骨抜きされています。装備庁が新設されて何か変わるかと思いましたが、幕僚監部や内局などの他の組織との連携も悪い。しかも防衛省に政策官庁としての自覚がないために、俯瞰的かつ実効性のある政策が立案されていません。

プロジェクト管理重点対象装備品等及び準重点管理対象装備品等(P5)資料作成防衛省
06_page-0006.jpg
プロジェクト管理重点対象装備品等の候補の選定基準
(1) 構想段階及び研究・開発段階の経費が300億円以上
(2) 量産・配備段階の経費が2,000億円以上
(3) ライフサイクルコストが3,000億円以上


プロジェクト管理重点対象装備品等の選定
プロジェクト管理重点対象装備品等の候補とした装備品等について、下記の防衛力の整備の観点からの重要性を満たす場合には、装備取得委員会の審議を踏まえ、防衛大臣の承認を得て、プロジェクト管理重点対象装備品等に選定
(1) 統合運用 (2) 技術的な成熟度 (3) 国際共同開発・生産
(4) 防衛生産・技術基盤の維持・強化 (5) 装備品等を取り巻く事情
(6) その他防衛力の整備に関し長官が必要と認める観点
金額が大きすぎます。そしていつも申し上げているように、そもそも国会にどのような理由で、何を、いくついつまでに戦力化し、総予算はどれだけかという計画すら出していません。これでは独裁国家と同じです。

プロジェクト管理(取得プログラムの分析及び評価)(P6)資料作成防衛省
06_page-0007.jpg
● 分析評価
取得(戦略)計画に記された項目((1)ライフサイクルを通じて考慮すべき事項等の取組状況、(2)移行管理、(3)取得プログラムの目標達成状況、(4)スケジュール、(5)コスト、(6)リスク)について状況や差異を分析し、必要に応じて計画の見直しや中止を検討する。

これは米国の制度を真似したもんですが、完全に骨抜きにされています。UH-2などはコストが高騰していますがお咎めなしです。
また防衛省は平成26年度まで公表していた「ライフ・サイクル・コスト報告書」を以後は公開していません。公開すると不都合があるのではないでしょうか。

企業のインセンティブを促す契約制度の内容(P7)防衛省作成

06_page-0008.jpg
確定・準確定等の契約方法の適用の考え方(P8)防衛省作成

プロジェクト管理の状況(ライフサイクルコストの詳細)(P9)
06_page-0009.jpg
○ 令和元年度時点においてプロジェクト管理の重点対象となっている18の装備品のうち、
ライフサイクルコスト(LCC)が設定されているものは15。そのうち9のプロジェクトに
おいて、設定当初の見込みよりもLCCが上昇してしまっている。

上昇したものは、03式中距離地対空誘導弾(改善型)、水陸両用車(AAV7)、新多用途ヘリコプター(陸自UH-X(陸自UH2))、新哨戒ヘリコプター(SH-60K能力向上型)、固定翼哨戒機(P-1)、輸送機(C-2)、 戦闘機(F-35A)、空中給油・輸送機(KC-46A)、早期警戒機(E-2D)。

コスト管理は甘いとか言いようがありません。これは防衛省、自衛隊に民間企業でコスト管理や調達を担当していた人間がいないことも大きいと思います。防衛省ではそのような人材を中途採用する案もありましたが、実行するつもりはないようです。
もう一つ問題は、諸外国の実例をきちんと勉強してないこと、また調達関連の人員が圧倒的に少ないことも挙げられるでしょう。
であれば尚更「ライフ・サイクル・コスト報告書」のような情報開示を進めて、納税者、国会、メディアの監視を強化することで第三者の視点での批判なり、問題提起がなされるべきところを、責任を取りたくないからひたすら隠します。情報を隠蔽し密室でやっているフリだけすから効果が上がらないのも当たり前です。

【参考】アメリカにおけるLCCコスト分析の例(P9)
06_page-0010.jpg
○ アメリカでは、国防総省が行うコスト・プログラム評価(CAPE:Cost Assessment & Program
Evaluation)の一環として、コスト評価データ公社(CADE:Cost Assessment Data
Enterprise)が、各装備品に関するコストデータの収集・分析・公開等を実施している。
○ CADEの収集するデータのうち、CCDR(Contractor Cost Data Reporting)においては、一定
額以上の契約を担う企業(下請け含む)から、装備品の部品単位で詳細なデータ(原材料費、人件
費、加工費等)を収集している。

<CCDRの概要>
🎆 5000万ドル以上の契約を伴う装備品本体や主
要部品の調達、FMS等を対象とする。
🎆 リスクの高いものや高度な技術を伴う装備品・ソフト
ウェアに関しては、2000万ドル~5000万ドルの契
約でも対象とする。
🎆 WBS(Work Breakdown Structure;作業分
解構成図)の考え方に基づき、装備品の製造工程
や部品等の内訳をレベル1~レベル5に区分した
上で、レベル3までの情報について、製造企業側に
報告を求めるもの。

Japan in Depth に以下の記事を寄稿しました。
海自FFMと隊員減対策(前編)
https://japan-indepth.jp/?p=56206
海自FFMと隊員減対策(後編)
https://japan-indepth.jp/?p=56255

自衛隊機のコスパを検証する(前編)
https://japan-indepth.jp/?p=55801
自衛隊機のコスパを検証する(後編)
https://japan-indepth.jp/?p=55809
官庁の情報開示は途上国以下~記者クラブの弊害~
https://japan-indepth.jp/?p=55598

東洋経済オンラインに以下の記事を寄稿しました。
来年度の防衛予算5.3兆円が実はもっと多い訳
実際は5.7兆円、過小に見えているのはなぜか
https://toyokeizai.net/articles/-/398559

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

やれやれ
2021年01月19日 19:47
情けない話ですが、もう財務省に防衛省の予算関係の事は一切合切やってもらった方が良いのでは?呆れるばかり。
制服組も背広組もトップは財務省職員の方が素人?ながらよく分かっている気がします。防衛大綱もポートフォリオも全て策定してもらった方が良いのでは?
専門家気取りの素人集団と化しているようではどうしようもない。
これではただの利権団体ですよね。国防を考えているようには見えないのが何とも。
Goodman80
2021年01月19日 21:11
やれやれさん
防衛相の予算を財務省に管理させる案より、複数の官庁を参加させ、お互いを監視させる方が良いと愚考します。官僚とは利権に群がり、予算を食べ、無限に繁殖する生き物です。
後、オブザーバーとして米軍を参加させる必要が有ると思います。日本人だけの組織は時として、極めて無能な集団になります。
民間参加をと言っても防衛省のプライム軍団やOBの天下り企業になる可能性が極めて高く、存在意義は極めて薄くなります。ここも利権に群がる点では官僚と同じです。
偽陸士
2021年01月20日 09:15
Goodman80様。

オブザーバーには商社の人にも参加を願いましょう。
今まで輸入障壁で割を食った分頑張っていただけるのでは?
やれやれ
2021年01月20日 09:32
オーストラリア 次期武装偵察ヘリとしてAH-64E「ガーディアン」を採用
https://trafficnews.jp/post/103822

実際はどうなのかよく分かりませんがタイガーはライフサイクルコストが良くないようです。
でAH64Eにするようで。
性能なのかコストなのかどちらもなのか。
わずか20年程で交代ですから想定より10年?程度は短く退役させるのかな、と。
もう長いことオーストラリアに行っていませんが、初めて行ったオーストラリア国際航空ショーではAH64Dとタイガーが採用を巡って激しくバトルしていましたね(遠い目)。
この記事を見て当時のことがフラッシュバックしました。
やれやれ
2021年01月20日 09:34
Goodman80さん、
そうできればその方がいいかも知れません。
少なくとも防衛省単独よりはマシになると思います。
専門の省庁がこれではね...

Suica割
2021年01月20日 12:33
武器等製造法を見直し、武器関係の用具で民間のものを作るのはいいとするルール(すいません。ネット記事で読んだ記憶なんで、正確かどうかは各自、条文を確認ください。)にしたりとか、もう少し踏み込んだ提言もあっても良かったのでは?
自衛隊仕様への改造方針も整備性の向上、煩雑性の排除、安全性向上、稼働率向上を優先するを決めても良いかと。
F2を褒めるとすれば、APUをヒドラジン系統から、ジェット燃料系統に切り替えたことですね。
これにより、安全性と整備性の向上がされた良い原型からの改造と考えます。
部品もなるべく種類を統一(ネジ類等)できれば、これにこしたことはないでしょう。
管理も楽になりますし。
ミスターフリゲート
2021年01月20日 14:24
やれやれさん

https://japan-indepth.jp/?p=55809

清谷氏はアパッチみたいなタイプにこだわる必要はなく、H145みたいな小型ヘリに武装を施したものでも大丈夫と言っているようですが。自分は清谷氏の意見でも構わないと思うんですが、どうでしょう?
Goodman80
2021年01月20日 17:02
ロシアの企業が妙な空母(洋上飛行場)を発表したようです。
Nevskoe Design Bureau is crafting new aircraft carrier concepts for Russian Navy
https://defence-blog.com/news/nevskoe-design-bureau-is-crafting-new-aircraft-carrier-concepts-for-russian-navy.html

World is Shocked! Russia Unveiled New Aircraft Carrier Design
https://www.youtube.com/watch?v=M0F2JV7Wzzg
空母では無く洋上飛行場なる物らしいのですが、よく判りません。
なんとなく使い易そうな気はするんですが。
KU
2021年01月20日 21:30
>本格的に空母化され、憲法違反の「敵基地攻撃兵器」となる「護衛艦いずも」のプラモデルのCMが報道ステーションの間で流されていました。F35B戦闘機まで搭載できるとPR。

https://mobile.twitter.com/kojiskojis/status/1351532521339592706

ここまで来るとビョーキですよね(((^_^;)。空母ガー、と他人の趣味にまでケチを付ける前に、現在進行形で他人の健康を損なう喫煙を止めりゃあ良いのに。
Suica割
2021年01月21日 08:35
KU様

マスコミもオリンピック招致に反対しとけと思います。
各国の経済統計で見ても、オリンピックやると必ず経済があとに沈むし、理論的に考えると、ホテル余り問題も起こるし、ろくな事がなさそうですから。
ただ、オリンピックはマスコミ的に盛り上がる話題で儲かるものだから、なかなかヤメロとは言いづらい。
やれやれ
2021年01月21日 11:12
ミスターフリゲートさん、
要するにポートフォリオの問題だと思います。
しっかしした戦略の上に戦術上どのような戦闘ヘリは必要か(或いは不要か)を考慮して機種や調達数を考えるべきと思います。
日本にどれが一番あっているかと言われるとよく分かりませんが、
もう一方の問題として無人機との相互運用が今後必須と思われるのでそれらを補填する形にするのが良いかと思います。
日本もいつまでもベトナム戦争時代の脳みそでは困るんですよね。
現代の地上戦、島嶼防衛に即した戦略、戦術で準備しないとアゼルバイジャンの様な事が簡単に再現されてしまします。

KUさん、
ツッコミどころ満載ですが、私はディアゴスティーニに別の意味で突っ込みます。F35Bを載せるなら前方デッキは今とは異なる四角形(改修工事が終わった版)にするべきかと(爆)。
ヘリだけなら現行でも良いと思いますが(下らない拘り)。
この御方が喫煙者かどうかは存じませんが、緑の党で喫煙者はまずでしょう。まず真っ先に禁煙するべきかと(むしろ非喫煙者、非薬物依存者でなければ入党できないとかにするべき)。

Suica割さん、
「マスコミもオリンピック招致に反対しとけと思います。」
少なくともオリンピックに関しては利権側なので、どのマスコミも率先して止めろとは言えない立場でおっしゃる通り自ら率先は難しいでしょう。。
だれも政府や東京都と喧嘩してまで悪者には成りたくないですからね。
せいぜい反対派を人を矢面に立たせて代弁させるか、危機感を煽るかがせいぜいでは。
まあ3月頃がデッドラインと言われていますからその頃に中止か延期が決まるでしょう。IOCも悪者になりたくないので国連にぶん投げているし、人間欲が絡むと適切な判断ができない好例かと。
ミスターフリゲート
2021年01月21日 14:25
ご参考に

http://blog.livedoor.jp/sekaiminzoku/archives/55413481.html

韓国は無人原子力潜水艦なんかを考えているようですが、一体何に使うのやら。日本も他人をバカにはできませんが、そもそも通常動力潜水艦ですら無人化できていないのに原子力なんてアホかと
偽陸士
2021年01月21日 15:59
KU様。

杉原こうじ氏の呟き面白すぎます。(笑)

反戦が売りの報道ステーションのCMでミリタリーもののプラモの宣伝なんて、素敵過ぎるブラックジョークです。

しかもリアルの武器輸出反対を唱えるリアリティーの無い主張をする御仁が、モデラーの空想に依存するの製品に喧嘩を売る。
アメリカンジョークやアネクドートすら問題にならぬ面白さ。

氏にはこれからも是非御活躍頂きたいものです。
やれやれさん
2021年01月21日 16:14
ミスターフリゲート
2021年01月21日 16:17
やれやれさん
個人的のはこんなイメージかと
・バイラクタルやガーディアン、リーパーでISRと対地ミサイルや対艦ミサイルで攻撃あるいはハーピーで自爆攻撃、ヘリはISRと無人機により制圧した陣地の撃ち漏らしを撃沈する
とこんな感じかと。
19190213
2021年01月21日 23:07
確かにドローン戦争であったことは間違いないのですが、防御側の隠蔽がかなり不十分であった事は否めません。
もっとも、植生を見るに偽装が難しい場所も混在していたことは事実ですが車両の偽装、陣地の偽装どれをとってもまだ現場努力(露天陣地がやられるのは致し方がない所もありますが・・陰影を考えていないことや上空から見て分かりやすい風にしているとか(廃土処理や掘った土のまま))が足りないように見えます。
私らだったらもっと陣地も巧く作るし偽装や偽陣地作成ももっとやれるなと思ったりもします・・・。

一方で本邦における偽装網所謂バラキューですが、この製品自体はとても有能なものなのですが車両に付けるとなると少々難しくなってしまいます。
実は車体から少しばかり離さないとしっかり機能しないそうなので本邦の多くの前線部隊は正確に言えば偽装の不備が散見される状態に成らざるを得ないのです(車両に縛着するというのは本当は向いていない。)。

このまま偽装網を旧来のように車両に縛着して満足していると戦場では情報資料を取られ殴打される可能性は十分にあります。
従ってモジュール式の偽装を何処かのメーカーさんは開発しつつあるそうなのでそう言った物も視野に入れて見てはどうかなと思ったりもします。
実際に準備するのも楽ですし効果も高ければ御の字です。


近年の鎮西を見まして、まぁウチの方面よりは良いもんだなと感動しました(今は解らんけども)。
防御構築にボックスカルバートやヘスコ擁壁、等を使って工期短縮を図っている点やドローンの活用などもやっているようで悪くはないなと思ったりもしました。
一方で島嶼防衛としてはどうなのかは少しばかり疑問です。
ハイブリット戦の元では旧来の正規戦よりも認知しにくく事態を対処しようとするときには現地は交戦状態か敵の工作部隊によって失陥している可能性はある訳です。
果たして悠長に防御構築する余暇なんてあるのかと。
その余裕を作るには先ずは現地部隊が工作部隊を撃退出来る事とそもそも現地に重器材のデポや構築の為のコンクリート既製品等がなければ間に合わないだろうと。

南西諸島においてはいずれも足りない。
当然スクラップ&ビルドをしシフトを強化していくべきですがそれには北方を含め部隊を統廃合していく必要性があります。
本邦は見せ拳で守ることを是としてきた訳ですが、そういった準備も見せ拳の一つです。
状況に応じてというのは確かではありますが、あくまでも一部資器材のデポというのは本腰をいれるべきですしコンクリ擁壁やヘスコなんてのは別に周辺国を刺激するようなものでもないので災害時の民生支援品とでも考えてデポして置いても良いのではないかと思ったりもします。
19190213
2021年01月21日 23:34
予算で言えば部隊で廃棄される戦闘糧食も問題だろうと思います。
そもそもではあるが不味い旨いに拘わらず余ってしまうことはあります。
そういった余りは廃棄されるか小規模な単位で員数外で備蓄され災派等の急ぎの際には出されたりする。
しかしロスはロスに関わりないので是非防衛省は実態調査でもやってみるべきだと思います。
そうすれば、回収が利く火を通さないでもいい乾パン系やビスケット類(口がパサパサになるから嫌だけども)にも光が当たるのではないかと思います。
直ぐ出せる(ボイル要らず)そして、回収ができる。
そういう意味では今の二型よりも経済的で応用が利く。
もちろんアルファ米という手もあるがあれは高いのでボイル要らずで回収が利く戦闘糧食を応急食として検討して欲しく思います。
またコスト低減を考えれば別に専用の付随の缶詰を作る必要性はなく民生品でも良いわけです。
多くの場合飯類はOD塗装をして視認性を下げているわけですがそもそも飯を食う時に見つかるような場所では喰わないし最悪ポンチョでも被ればいい。
飯の包装に絶対に塗装が必要という事はないです。

そして、余る戦闘糧食というのは程度が良い物は民間に放出してでもコスト回収に努めるべきだとおもいます。
余りにも勿体ない。
偽陸士
2021年01月22日 01:32
19190213様。

バラキューですか。
懐かしいですね。

あれは本来、巨大な傘の骨組みに装着して、バラキュー傘を幾つも組み合わせて森を作り其処に装備を隠すのだそうです。

ただ実際にはバラキュー自体少なく、傘の骨組みも少ないので、車輛のボンネットやルーフに毛布を縛着しガラス面には布を垂らしその上にバラキューを被せていました。
今なら赤外線対策にエマージェンシーブランケットかな?
ただ空から撮影すると、木々の枝からロープを伸ばしバラキューを宙に浮かせた方が遮蔽効果は高かったと聞いて居ます。

糧食も懐かしいですね。
よく酒の肴や夜食にしてました。
懺悔します。(笑)
状況中にはドライフルーツやチーズ、乾燥肉を食べてましたね。
あとはビスケットの類いです。

ゴミは隠れる際に囮にしてました。
不用意に近づくとワナに嵌まるか敵を見逃す。

あと意外に厄介なのが水でしたね。
油断するとすぐ凍る。
水は満水にしない。上着の中にいれるのがベスト。
水筒よりペットボトルの方が使い勝手が良かった記憶があります。
Suica割
2021年01月22日 12:14
ミスターフリゲート様

ヘリはせめて、きちんと飛ぶのにはしないと。
これが冗談にならないのが、我が国の怖いところ。
Suica割
2021年01月22日 12:18
19190213様
ビスケットとかは、変に色をつけずに透明なビニール包装しとけばいいでしょうね。
純粋に民間にも流通してもおかしくないパッケージですから。
偽陸士
2021年01月22日 17:41
Suica割様。

>ヘリはせめて、きちんと飛ぶのにはしないと。
これが冗談にならないのが、我が国の怖いところ。

横から失礼します。

全く同感です。
ところで誰か陸自アパッチの最終事故報告書を見た人はいませんかね。

最新のヘリであっても使用履歴の分からない中古部品が大量に出回っているなら、駆動系は民間と共通のモノが良いかと

19190213
2021年01月23日 01:36
偽陸士様
ウチの部隊には車両定数分+a(a分は車両本体だけじゃなくて停車位置に設置)バラキューは在りました。停車位置に仰るように円盤と支柱を使ってやっていましたね。毛布は遮光で多用しておりました。
割と手間ではありましたが上空の眼を考えるとやらざるを得なかったですね。


北海道ともなると水筒の処置は大変そうですね。
積雪地だと飯関係は温めないときつそうですね。
誤解して欲しくないのですが、私は隊員がちゃんと食べるならばそれで良いんですよ。
例えば帰ってから喰うとか酒のつまみにするとか。
それは支給された側の自由ですし問題はありません。
かく言う私も食ってました(ウィンナーは神です。)。
ただ、私の原隊では廃棄する量が著しく多いということ(不人気なメニューは特に)と、実際に他部隊ではこれら廃棄物品をネットで販売して懲戒を喰らった方もおります。

であれば、元より廃棄するぐらいならば公に民間に流した方が良いと考えたのです。
であるならば、ボイルは不要の方が好ましいし(ボイルすると消費期限が迫りますからね。)、ボイル要らずは即応性が高い上にクラッカー、パン類は温めなくても欧米のレーションのようにパテを乗っけて食えます。仰るところ干し肉、チーズ類も悪くはありません(価格を考えると民生品輸入一択になりそうですが。)。
食べれて且つ放出品として価値のある物になるんじゃなかろうかと・・・。

というか防衛装備の輸入の税金ってどうなんですかね・・・。
課税しない方がよさそうなもんですが誰か知っていらっしゃいますか?


Suica割様
そうですね。包装は透明でもいいかもしれません。
ボイルするとなると多少の分厚さは求められるでしょうが非ボイル製品であれば簡易なもので構いませんからね。


話は変わって。
ボイル製品というのは実際ボイルする側は大変です。
多くの炊事車というのは決して新しくないので故障も多いし使える車両の中には使えない釜と使える釜が混在してます。
その中で限られた時間と人員でボイルをするだけで結構な労力になります。
それを考えると第一に三食全部調理の余地(ボイルを含め)がある食品を提供するのは不効率でありますし団列を圧迫します。
温食にしてもその労力たるや大変なもので既製品を可能な限り使う方が良いでしょう。
その為には冷凍コンテナなどがあっても良いかもしれません。例えば揚げ物は冷凍のまま油に突っ込んでも美味しく揚がりますし楽です。
サラダなども解凍するだけで楽に仕上がります。
わざわざ包丁を持ち込んで必ずしも調理する必要性は皆無です(現地調達を考えるならば予備で持っていてもいいですが。)。
大量の給食を早く楽に届けるという観点で考えれば既製品を多用していくことが望ましいです。
既存の車両を使い倒すならば現場の負担が大きい炊事は減らし本格的な炊事は偶にするぐらいにしていくべきかと思います。

もしそれで炊事の練度を心配するならば、例えば再雇用者又は、言い方は悪いですが部隊からはみ出した者を本管補給小隊に配置して炊事班を固定していくべきかと思います。
私の同期は部隊に良いようにこき使われ酷い目に遭っていましたのでそれならば、そういう環境よりも補給小隊の方がお温和で融通の利く方も多い。
専属でやれば仕事も覚えやすいしなんでもこなすのが苦手な子も習熟しやすい。
縁の下の力持ちを軽視する風潮を無視している訳じゃなくて専属にした方が練度は絶対に伸びるし技能があれば不当な扱いは減る。
ましてや一線部隊であれば炊事に廻されれば自分の価値を考えてしまう者もいる。
その中で炊事要員として一線中隊にいると碌な事がない。影響の及ばない専属の場所にいた方が絶対に良い。
何度か炊事に行きましたがやはり炊事にくる子は全部が全部ではないですが理由がある。
本人固有(怪我、仕事の出来)のものであったり、単に折り合いの問題だったりと。

一緒に仕事をしいざ中隊に帰ってふとその子らにまた会うとあまり調子が良さそうではない・・・・・そういう所をみると幾分悲しくなるものです。
幹部方は適材適所をネガティブに使うんじゃなくてもっとポジティブに使っていて欲しい物です。
Suica割
2021年01月23日 12:43
19190213様
ビスケットの中身の個別の包装を考えると、銀は光の反射で目立つ。
赤も目立つ。
かといってOD色では民間で売るのが難しい。
透明なパッケージなら、目立ちにくく軍用として妥協できる。
民間でも受け入れやすいパッケージであるし、事実、透明なパッケージもたくさんある。 
そうなると、透明はいけるかなと考えました。
偽陸士
2021年01月23日 14:58
19190213様。

>(ウィンナーは神です。)。

全く同感です。

>ただ、私の原隊では廃棄する量が著しく多いということ(不人気なメニューは特に)と、実際に他部隊ではこれら廃棄物品をネットで販売して懲戒を喰らった方もおります。
であれば、元より廃棄するぐらいならば公に民間に流した方が良いと考えたのです。
であるならば、ボイルは不要の方が好ましいし(ボイルすると消費期限が迫りますからね。)、ボイル要らずは即応性が高い上にクラッカー、パン類は温めなくても欧米のレーションのようにパテを乗っけて食えます。仰るところ干し肉、チーズ類も悪くはありません(価格を考えると民生品輸入一択になりそうですが。)。
食べれて且つ放出品として価値のある物になるんじゃなかろうかと・・・。

戦闘糧食は放出を認めて欲しいですね。

一般の方にも食べて貰って意見を頂きたいものです。

>というか防衛装備の輸入の税金ってどうなんですかね・・・。
課税しない方がよさそうなもんですが誰か知っていらっしゃいますか?

これ確か関税法や関税定率法では優遇されて無かったと思います。
それどころか輸入障壁で入ってこれなくなるカラクリすら有っても驚きません。

分野は変わりますが、民間では電子機器を輸入する際は完成品そのままでなく、ばらして部材にして関税を安くする手法すら有りますが、どこぞの戦闘機は組み立てるだけで輸出国の定価より何割も高くなるとか。(笑)
偽陸士
2021年01月23日 15:39
19190213様。

連投失礼します。

少し気になって調べてみました。
弾薬や迫撃砲なんかは基本12.8%で貿易協定では8.4%になってますね。

発電所関係なんかは無税ですが。
やれやれ
2021年01月23日 17:17
戦闘食の話で盛り上がっているようなのでちょっと横入り。

昔は横田基地の近所に済んでいたのでR16沿いのサープラスショップをよく見て回りました。MRE(期限切れ)があれば期限切れから若いものを何個か買ってきて1,2年非常食として取っておいてから食べていました。オークション等ではどこから持ってきたのか期限切れ少し前のMREが一箱とか自衛隊の缶飯などの戦闘食料が少量ですが時々出ていました。
駐屯地祭では期限切れ間近の戦闘食料を使った体験喫食が時々あって缶飯が思ったより量があり意外と美味い事、たくあんとウインナーの缶詰が美味しい事を知りました。今の2型は市販のレトルト食品そのものですね。
まあそのような物を食べて分かったのはMREが食べやすいかと言うとそうでもないし思った以上にゴミが多いこと。
缶飯は温めないと素人には食えない事。缶飯にしろパック飯にしろレーションヒーターがあっても最前線向きとは思えず一歩下がった所か炊事車が持ってこれる所で食べるような感じですね。MREはパックのケーキやスニッカーズの様なお菓子やコーヒー、紅茶、ジュース(飲み物は当たり外れあり)など粉末で水に混ぜる飲み物も付属。これらは鉄砲撃ちながらでも食べられて良さそうです。おにぎりとかなら別ですが、ごはん類はどうも木に隠れたり寝そべってだと食べ辛い。そういった本当の最前線や装甲車の中でちょっと休憩しながら小腹を太らせるような食物が自衛隊には少ないと感じます。定番の乾パンと金平糖とか。
カロリーメイト+ポカリスウェットみたいなお菓子とジュースのようなエネルギーの補給に向きそうな物とか数種類あっても良いと思うんですよね。オヤツ扱いでもいい。
1食分パックになってポケットの中に入るような
ものなら非常食としても良いかと。
自衛隊謹製とか萌柄でも書いておけばアホな酷使様が買い集めてくれますよ。

あとパッケージは透明でも良いですが、むしろゴミを効率よく隠すとかなら昔ながらの黒い(オリーブ色でも)ビニール製のコンビニ袋を付ければ良いのではないかと。個別の包装が何色であっても中に入れれば目立ちません。
MREが茶色の分厚いビニールパックの中に入っているのもそのためなのかな、と。
偽陸士
2021年01月23日 21:16
やれやれ様。

>駐屯地祭では期限切れ間近の戦闘食料を使った体験喫食が時々あって缶飯が思ったより量があり意外と美味い事、たくあんとウインナーの缶詰が美味しい事を知りました。今の2型は市販のレトルト食品そのものですね。

駐屯地祭でのご利用ありがとうございました。
自分も現役時代に売り子をしていましたが、外部の方との交流は数少ない楽しい思い出です。
ただこの缶詰、体調の良いときに食べると美味しくいただけるのですが、弱ってる時に食べるとかえって体力が落ちます。
かといってMREも御世辞にも旨いとは言えず結局自分で買った保存食に頼っていました。
この手の商品はN商店やK商事に任せた方が良いかもしれません。(笑)
19190213
2021年01月24日 01:17
ゴミの始末ですが基本的に外装の中に戻して外装を丸めるように圧縮しつつ黒テープで巻き巻きすると匂いも漏れず少しコンパクトにしまえます(陣地内だとその後ゴミ袋に纏めます。)。

匂いって結構厄介で斥候やっていると野外で無防備になりがちで時として野生動物(野犬、熊)も来ますし陣地にいるときとは別の配慮が必要です(食う時もポンチョ被ったりするとすこしマシ)。

と話は逸れたんですが、仰るように戦闘間特に警戒を要する時に食べるならば私も米軍の糧食のような形が望ましいと思います。
缶詰というと日本のやつは冷たいとあまり食い物らしくないですが欧州軍によく見られるパテタイプだとクラッカー類に塗って喰えば食えるものだと思います。
勿論本当に戦闘を重視するならば米軍のような飯がいいと思います(特に重量は良好です。比較的に米や缶詰は重いですから。)。
そういうタイプのレーションは必要だと思う所です。
やれやれ
2021年01月24日 20:20
偽陸士さん、

「ところで誰か陸自アパッチの最終事故報告書を見た人はいませんかね。」

今の所これ以上新しい情報を知りません。
https://www.mod.go.jp/gsdf/news/press/2019/pdf/20190927.pdf
根本原因については良くわからないから有耶無耶でしょうか。或いは政治的判断で隠しているか、中の人しか分からないですね。

この記事の図が分かりやすいですかね。
陸自ヘリ墜落事故 原因は腐食防止剤劣化で摩擦
交換前にボルトの亀裂可能性も
https://www.saga-s.co.jp/articles/-/416488

もっともこの様な記事もあるので部品の欠陥かも。
米陸軍、最新型アパッチ攻撃ヘリの調達中止 ローターヘッド部品に「深刻な問題」
https://www.sankei.com/world/news/180420/wor1804200027-n1.html

思うに交換部品を使用する直前に非破壊検査などでしっかり検査してヒビや劣化が確実に無いことを確認するのが一番良いかと。
やれやれ
2021年01月24日 20:39
偽陸士さん、

「ただこの缶詰、体調の良いときに食べると美味しくいただけるのですが、弱ってる時に食べるとかえって体力が落ちます。」
そうなんですか?非常食としてSUNYOの缶飯買ってるんですよ。いざと言う時ヤバいかな?(汗)。
やばくなったらアルファ米の方を主力にするかな。

19190213さん、
「匂いって結構厄介で斥候やっていると野外で無防備になりがちで時として野生動物(野犬、熊)も来ますし陣地にいるときとは別の配慮が必要です(食う時もポンチョ被ったりするとすこしマシ)。」
熊ですか?ヤバいですね。近年人里近くまで降りてきて被害が出てたりしますからね。ちょっと田舎行くと猿も出てくるし狸も出るし。
匂いまで考えると本当にスティック状の携帯食を食べて凌ぐ感じでしょうか。炊事車でキャンプよろしく作っていると動物たちに宿営地を占拠されたり(汗)。
Suica割
2021年01月24日 23:18
19190213様
レトルトご飯は重い。それは認めます。
ただ、米飯は水分が多量に含まれているので、その分はクラッカーよりは飲料水の量が少なくて済むと考えることもできます。
クラッカーと米飯の水分量の差分の水を持っていくならば、最終的な重量が変わらないこともあります。
クラッカーやバーは戦闘中に食べやすいのは認めます。
そういった様々な条件を踏まえて携行食料を決定していくことは大事ではないかと思います。
その意味で、ゼリーはなかなか優秀な食料ではないかとも思います。
19190213
2021年01月25日 01:40
Suica割さま
確かに甘味としては持っていくことは偶にあるんですが確かに飯として考えたことはなかったですね(私はグミ派ですが)。

ゼリー寄せとかならば意外といけるかもしれません。
まぁあとはメーカーさん次第で魔界の食べ物となるかどうかってところですが・・・。
巧くいけば美味そうです。


やれやれさま
私は動物好きだから良いんですけどね。その状況は・・・ご褒美です(野生だと寄生虫とかアレですが)。

動物と遭遇は頻繁に起こる訳じゃないですが、実際に一度会うと中々に怖いですよ。
やっぱり藪漕ぎして奥まで行くときは多少は気を付けないといけないなと。
衣食足りて礼節を知るじゃないですがやはり人の手で飼われているモフモフとは違いますね。
その点ポンチョ被って食ったり地図見たりは強いです(匂い&遮光)。
Suica割
2021年01月25日 10:10
19190213様
ウィダーインゼリーとか、封を切れば、片手ですぐに食べられる。
ゴミも空気抜いて、蓋すればコンパクトになる。
あの形状のものは戦闘糧食としてかなりの可能性を感じます。
偽陸士
2021年01月25日 15:08
やれやれ様。

ありがとうございます。
ですが、これ結局原因が不明なんですね。
アメリカ製品も徐々に減らした方が良さそうですね。


19190213様。

穿った見方をすると、海外製品に対する関税障壁とも取れます。
財務省の考えに興味があります。(笑)
やれやれ
2021年01月25日 15:33
Suica割さん、
あの手のゼリー飲料は良いですよね。食欲が無くても栄養分を流し込めるので。それと今は経口補水液のゼリーもあって暑い時期の航空祭やエアショーには持ち込んでヤバくなる前に流し込みます。水だけだとどうしても汗でミネラルが抜けてくるので飯が食えない時用に補水液とエネルギーの2つは持ち歩いています。

戦闘食のおやつに羊羹もあった気がしますが、歯ごたえの欲しい人向けに羊羹とか硬めのゼリーの細長いバー状のエネルギーバーみたいな物もあると良いですね。むしろ一般にお菓子としても売れそうな気がします。

それと常に柔らかく食べられるお餅があると腹持ちが良さそうですね。ちょっと無さそうですが。さとうの切り餅は今の時期お世話になっていますが温めないと食べられないのが残念。水で戻す非常食のお餅もありますが、携行食には不向きですね。誰か改良すれば需要ある?
19190213
2021年01月25日 21:26
やれやれさま
餅は積雪地戦闘には良いらしいですよ。
北方から来た人曰く雪山には個人として大福を持っていくらしいです。
懐に入れておけば凍りにくいし餡子は短期的なエネルギー餅は長期的なエネルギー源になるらしいです。
季節ものとしてはありかもしれません。
どの季節でも保存出来て出して直ぐ食える餅なんて開発されれば季節ものすら脱却しそうですが・・

ウィダー+カロリーメイトみたいなやつだと良いかも知れないですね。
+aが欲しくはありますが。
偽陸士
2021年01月26日 03:39
19190213様。

調べてみたところ、固くならない餅は日本全国にあるようです。

戦闘糧食も全国一律でなく御当地物を連隊ごとに採用した方が、地域経済に貢献できますし何より気候風土に合わせた方が保存する上でも有利かと。

また転地訓練の際には受入れ先へのお土産に。(笑)