海自隊員2000人以上増員は絵に描いた餅、か.

政府、海自隊員2000人以上増員へ ミサイル防衛など要員確保
https://mainichi.jp/articles/20200818/k00/00m/010/228000c

>政府は弾道ミサイル防衛などに当たる人員を確保するため、海上自衛隊の自衛官を2000人以上増員する方針を固めた。陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」配備断念を受け、海自の体制強化が必要と判断した。現在の採用の仕組みを見直し、早ければ2021年度当初予算案で人件費を増額させ、現在約4万3000人の海上自衛官を数年かけて約4万5000人以上に増やす。

>実際の定員から一定数を減らした人数の分だけ人件費を確保する「充足率」を廃止する。充足率は1950~60年代に自衛官の募集が難航し、定員を埋められず予算を返上するケースが相次いだため導入したが、安全保障上必要な装備・人数から算出した定員が有名無実化するとの批判も出ていた。今年3月の海自の定員は4万5356人だが、20年度当初予算ベースで人件費を確保したのは93・71%分だった。政府は充足率を廃止することで実際の定員まで採用する仕組みに見直す。


とまあ、この時期のこの手の新聞記事って当局の思惑ありの、観測気球が多いのでそのまま鵜呑みはできません。
問題は海自純増で、自衛隊全体の人員を増やすのか。あるいはアショアやらないから陸自減らしてもいいよね?という話なのか、です。

それからアショアやめてイージス艦増やすから純増ですというのはあまりにも短絡的です。増員するにしても、旧式艦やFFM、警備艦を減らす。あるいは不要な部署の人員を乗組員に回す、海上哨戒はUAVを多用するなどの努力、工夫をすべきです。

それに海自はいままで戦闘艦だって十分な乗員を確保できかった、あるいは高価な玩具を買うほうに予算を回してきたわけです。護衛艦に定員に入っている医官も殆ど乗っていない。乗員をフルに乗せて戦えるフネを揃えるよりも高いおもちゃ揃えてニヤニヤしている方を選択してきました。


そもそも船乗りがそんなに集まるのか?
という問題があります。今でさえもリクルートに苦労しているわけです。
辛い船乗りになろうという奇特な若者はそう多くはありません。

その上陰湿ないじめ体質です。それなりの階級の幹部ですら、いじめで自殺に追い込まれ、
それを海自は組織的に隠蔽してきました。そのような陰湿な組織に娘、息子を殺される可能性あるわけで親御さんが歓迎はしないでしょう。

まずはこのような陰湿な閉鎖体質を改めることが必要です。
また、2クルー制度の本格的な導入です。そのために2組のクルーが必要ですが、それを満たすためには増員は2千人では済まないでしょう。

まずは、先述のような旧式艦やFFM、警備艦を減らして、その人員をイージス艦などに集約する。それから陸自から転籍させて、基地警備などを担当させて、浮いた人員を艦艇にまわす。女性自衛官の職務拡大。航海手当などの船乗りの手当の拡充。
陸自の人員をバッサリ減らして、その分海自の人員を増やす。
それから幹部含めて予備役を充実させるように予備自衛官の制度を抜本的に改革する。

不要な国産装備の調達をやめて人件費を捻出する。哨戒ヘリなんぞ全部海外製にすればよろしい。国内メーカーには整備やインテグレーションだけをやらせればいい。調達コストやLCCは半額になります。あとコンピューターやジャイロなど他国の製品の方が安くて高性能で、メンテ楽なものは外国製に切り替える。

思い切った方策を取らないと、絵に描いた餅になるでしょう。

■本日の市ヶ谷の噂■
防衛装備庁の武田博史長官続投で、防衛産業からは嘆息が多数、との噂。
以下の記事をJapan in Depthに寄稿しました。
陸自 開発実験団評価科長の尊皇攘夷
https://japan-indepth.jp/?tag=%E6%B8%85%E8%B0%B7%E4%BF%A1%E4%B8%80

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 17

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

通りすがりの名無し
2020年08月19日 18:52
久しぶりです。確かに少子化や余りお金かけられないのを踏まえると、工夫は必要ですね。
海上哨戒にUAVですが、確かに艦艇に比べ見える範囲が広がるでしょうが、艦隊戦闘を踏まえると、艦艇の減らしすぎはやや不安もあるので、旧式の置き換えにイージス艦2、3隻、汎用護衛艦最大4隻とし、かつ清谷氏が前おっしゃったように、トライトンかガーディアンをライセンス生産すれば売れる可能ありとおっしゃったわけですが。
加えてトライトンやガーディアンの対艦戦闘を考慮して国産ミサイルの装備ができるよう改良するというのはどうでしょう?
TEE
2020年08月19日 19:56
海上自衛隊に限らず、自衛隊は全体的に人員不足です。で、充足率を廃止して海上自衛隊に人員が確保出来るか?まぁ無理でしょうね。まず艦艇要員の適性検査である程度は落とされるでしょうし、さらに厳しい潜水艦適性に至っては・・・約3週間~4週間海に潜りっぱなしに耐えられる程の適性があれば、多分民間でも通用するでしょうし、民間の方が手当もいいしわざわざ自衛隊には行かないと思います。。なので、各種手当等の充実と、旧軍からの腐った伝統である、いじめと称する暴行傷害の絶無でしょう。まあそれもどこまで解消出来るか分かりませんが、お隣の国のように徴兵制を取っている訳では無いので、人員の確保は非常に難しいと思います。陸自も同様に人員不足ですが、無駄な装備の早急な廃止を進め人員確保をするべきかとは確かに思います。それと陸自については無駄な国産装備品開発に拘らずに海外輸入もしくはライセンス生産に切り替え、少人数での効率的運用を進める事と、将来的に人員確保が出来るのであれば非現実的な指定充足制度は廃止するべきかと思います。あと陸自に出来るのは全師団の旅団化と部隊配置の見直しくらいでしょうか???
Goodman80
2020年08月19日 21:43
海自の艦船は海外の物に比べ省人化が遅れています。それに他人の持っているものは全て欲しがる悪い癖は海自も持っていて使えもしないミサイル艇など建造し、乗員は3Kや4kを耐え忍んでいます。
潜水艦も本来原子力潜水艦の任務をやらされている為、乗員の確保に苦労しています。無駄にデカいDDGやDDになってなっと2段ベットに成りました。今後、建造予定のFFMや哨戒艦は省人化をうたっていますが、多様な任務をこなす為、多くの人員、機材を載せられるように計画されている為、DDと同レベル程度でしょう。
こんな海自が増員を募集しても、誰も応募しようとは思わないでしょう。
先ずは陸自を大幅に減らして、減らした隊員を取り込む方が確実でしょう。今の方面隊を師団にして、下部は旅団にすれば7万5千人程度に減らせます(英国はこの人数で海外へも派兵している)。優秀な隊員が多いらしい空挺隊は特殊部隊等に編制すればいい。
空自も新型機が導入され、人員が必要だから基地の警備等に増員を行えばいい。
先ずはここに登場した無能な1佐連中の大量リストラが最初と思いますが、自浄能力ゼロの自衛隊には無理か。
まあ河野大臣の間に少しはいい方向に向かってほしい物です。
マリンロイヤル
2020年08月19日 23:13
現役兵力だけで戦おうとしてるなら、ただのバカでしょうな。
山銅
2020年08月20日 02:32
2000人分の旧型艦を潰して定数も減らせばいいのにねというか現実問題こうでもしないと無理ですわな
ぬこちん
2020年08月20日 02:45
ミサイルで核ミサイルを撃ち落とすMDにこだわりすぎてませんかね?結局飽和攻撃やらオトリ弾頭やら考えると際限のない事になりいろいろとリソース的に実現性の無い事になってるのではないでしょうか?数十兆円かけても機能が集中している首都に一発でも着弾したらアウトなので分が悪いですね。

日本の核保有論も国際国内世論的にハードルが高く非実現的かもしれませが核保有してSLBM原潜を太平洋の海中に常時展開し自前の核抑止力を持つほうがコスパ良さそうに思えます。(イギリス、フランスを見るとコスパはそーでもないか?)

副次的ではありますが大型原潜であれば居住性もよく潜水艦乗り隊員の福利厚生も向上するのでは?

何にしても若者と減少と国家財政の厳しさという現実から目を逸らした話は何にしても絵餠なんでしょうね。
匿名希望
2020年08月20日 06:21
陸自を減らす、まず無理だと思います。それはつまり、今ある高級幹部のポストを減らすということ。海空へ移ったりしたら、冷や飯喰わされるのがわかりきっている、多数派の陸自が飲むはずありません。
そもそも、総隊だの水陸だの新編したくせに、ろくに現有部隊の統廃合ができていませんから。(前線部隊の現充足率は、8割程度ですかね?)
Goodman80
2020年08月20日 11:00
匿名希望さん
陸自が減らせないとなると、陸海空の自衛隊の中で人員を貸出すという手が有ります。陸自の水陸起動団は単独では移動できませんから、海自に貸出、昔の陸戦隊の様な運用をする。空自のパイロットを貸出し、いずも型でF-35Bを運用する等、自衛隊内で一般の企業で行われる出向的に柔軟な運用が出来れば、過不足する人員の有効活用が出来ます。
19190213
2020年08月20日 11:28
第一輸送隊は陸自に投げるべきだと思うんですよね。
海自独自の輸送力が無くなるのが嫌ならば三自衛隊統合の兵站組織でも作れば良いし陸自の要らないポストを減らして兵站組織に充てればその分空回りはしないだろうなと。
船舶工兵と言った兵科はかつて存在し、昨今海を隔てて戦場にどうアクセスするかという分野は陸上戦闘部隊にとっても課題です。
人員を割く根拠はあるのですから優先的に割り振るべきです。
又、陸自新教にも海上要員の適性を受けさせ道を示してやるのもありかもしれません。
飽く迄も志願から始めていくか、それとも人員のトレードも視野に入れていくかしないといけないかも知れないですね。

陸においてはこれから実員が減る事を予想し比較的少ない人数でもこなせるようにMOS教育の拡充をするか第二職種を設けて元々人数の少ない分野をカバーするべきです。
それこそ普通科の衛生要員であったり、ファストフォースを担う本管の情報小隊であったり、整備要員であったりと。
そして要らない仕事は減らしましょう中央、方面、師旅団、駐屯地・・・こういった重複する単位で何回も式典をやるのは時間と金と労力の無駄です。
もう真に戦えるとか謳っているのですからパレード軍隊を辞めるべきです。
特に広報活動なんかは創隊以来力を入れてきた訳ですが、災派などを通して国民に一定の理解を得る事が出来たのですから徒にその方面に執着する必要性はないのです。
そういった観点からも式典の削減や無駄に多い音楽隊の統廃合も考えていかないといけません。
偽陸士
2020年08月20日 15:33
海自の人員を増やすよりも、無人潜水艇・無人哨戒艇を導入するのが早いかと。

比較的小型の兵装はこれらに搭載し、大型の物はドローンに運用させるか、コンテナ船を改造したアーセナルシップに任せるのが安上がりに思えます。

船乗りをいきなり増やすのは無理が有ります。
これを機にドローンの導入を進め、その運用の一部を陸自にも割り振れば丁度良いのではありませんか。
KU
2020年08月20日 20:12
>>>哨戒ヘリ

大人しく、MH-60Rとかを買えば良かったんですよ。トランプさんは喜ぶだろうし一石二鳥( ´∀`)。それをわざわざ国産化...。例によってソノブイはN社製を使うのでしょうねorz。で、リムパック参加時は自前のソノブイは持っていかずに、米軍さんに融通してもらうと...。


>自衛隊施設で射撃訓練を検討 県警離島警備隊 自民議連が提案

http://ryukyushimpo.jp/news/entry-1176884.html

たしか、海保は石垣島に自前の射撃訓練場を整備していましたか。
2020年08月20日 21:40
身内がDE乗り込みの身としては、将来どういった部署に割り振られるのか気になるところです。
幸い?現在の部署はそこまで厳しくなく(艦によっては隊内で帝国海軍と揶揄されるような所もあるようですが)気楽にやってるようですが。
匿名希望
2020年08月21日 14:18
Goodman80さんのおっしゃる通り、柔軟な運用ができたら何よりだと思います。
ただそれができるのか、ちょっと無理なのかと思います。
偽陸士
2020年08月21日 15:24
19190213さん。

正にこれです。
無人哨戒艇なら数も揃いますし、自身の出す騒音、磁気、漏電の影響も最小限に済むので、小型の潜水艇を捜すのに打ってつけです。
但し兵装の量も限られてくるので、ドローンか大型の艦船、地対艦の加勢が必要ですが。
Goodman80
2020年08月21日 20:07
匿名希望さん
自衛隊内部での人員のやり取りが出来ないと、2000人なんて増員は夢なので、旧式DD(ゆき、きりクラス)の早期3900FFMへの更新を行い内部で人員を確保するしかない。女性専用船と外人部隊の登用を真剣に考える時期に来ている。
此の儘だと防大出のお坊ちゃま軍団、弱年おバカとロートルの集団で真面な活動は出来なくなる。米軍の兵隊のレベルを見れば判ると思うが、将来の自衛隊もああなる。そこら中に注意の絵が(字が読めない為)氾濫することに成るだろう。

19190213
2020年08月21日 22:18
偽陸士様
正直な話これまとめ買いするなら別に文句言ったりはしないですけれどね。

この手のAI兵器の海洋利用は中国や米国が一歩先んじているので先駆者と提携していくことは理に適っているとは思います。
一方で水産庁だったり海保のような部局でも根強い需要はあると思うのですよ。
日本以外でも勿論。
これを機に輸出や技術提供も視野に模索をしても良いのではないかと思ったりします。
19190213
2020年08月21日 22:35
人員増というのは待遇を良くしようが環境を改善しようが限度はあると思うのですよ。

それは他の一般職と違って国家に本当の意味で奉仕しないといけないというこのご時世に似つかわしくない側面があるからです。
実際自衛隊の募集に対して志願した割合が増えた時期って311の直後だったんじゃないかと(うろ覚えですが)
ある意味、金銭的な側面よりも精神的な側面がとても大きく左右するもんじゃないかなと思ったりもします。
中国にはこういう言葉があるそうで
よい鉄は釘にならず、よい人は兵にはならない。(儒教的側面を除いたとしても当たっている側面はあります。古来より兵役は苦役であって決して喜んでする物じゃないです。そういった所に来るのは何か目的があるか飯を食うのが目的(言い方は悪いですが・・他からあぶれた形)だったりします。)

つまり兵員を劇的に増やすには、センセーショナルな出来事が必要です。
こういった事を興す為に米国を始めとする国家は大々的にプロパガンダを打ってきた訳ですから、内実扱いを良くしてもそれには限度があると思うのです。

私は偽陸士さんの意見に賛成しますね。
兵員増をむやみに狙うよりも兵員が必要な監視などはAI化による無人化を図っていくべきだとも思います。
キサツ隊
2020年08月22日 12:16
FFMも哨戒艦は海上戦力のポートフォリオを構成するための具体策でしょう。安価で多用途の艦艇を揃えるという目下の目標に体温する。

FFMは100名代乗員の省力化と3隻4クルー制も行う。

海軍は戦争だけでなく平時の警戒も含めたトータルよしての戦力構成が必要です。
ニ読者
2020年08月22日 14:42
先般ポシャったイージスアショアですが、調達や配備先選定の不手際を除くと、
①MD対応にあたるイージス艦の負担を減らせる
②長年海自が運用してきたイージス艦の教育体系・技術体系・武器体系が応用可能
という点では最適だったと思います。
まあ、早急な戦力化を目指すなら海自の元イージス乗りを再任用すればいいのに、わざわざ陸自隊員を一から教育、しかも導入決定には海自は一切ノータッチだったという時点で、防衛省は本気度を疑われても仕方ないですね。
片や、地域住民様も同胞に向けられる核やミサイルの脅威を減らすことより、ブースターの落下の方が心配らしいので、政府も防衛省も国民も所詮その程度、ということですかね。(嘆息)

>陰湿ないじめ体質
本当に情けないですよね。「帝国海軍の後継者」を自称する組織の話題で、陸空を押しのけて真っ先に出てくるワードが「いじめ」ですからね。(火のない所に煙は立たぬ)
数年前に某補給艦のバ艦長が初級幹部をパワハラで死なせて以降、海幕もさすがに重い腰を上げたため、今では一応上から下までパワハラという概念が浸透しているようです。
むしろ、上の言動をあげつらって引きずり下ろす逆ハラが流行ってるとか。それはそれでどうなのかとは思いますが。

あと、海の元艦艇乗りで基地警備やってる連中は、心身の故障や服務事故等で降りた連中が多いです。本人の意思は別ですが、船の方でお断り、というケースも多く、単純に陸自に警備やらせて戻しゃいい、というわけにはいかないようです。

>女性専用船
それはそれで、浮かぶ大奥になって男社会よりも陰険な(以下略)
アニメだったら男どもから羨望の眼差しで見られるかもしれませんが……。(苦笑)

>中国にはこういう言葉があるそうで
よい鉄は釘にならず、よい人は兵にはならない。
いつぞやの、自称・元陸軍士官ドノも好んで使ってましたね。自分も(あくまで自称)かつてはその一員だったくせに。
おっと、誰か来たようだ。

まあ、ブラックで人が入らない、金が足りない、色々あるでしょうが、海自の戦力アップはやるしかないですよ。某国の名前だけ自治区に落とされ、民草を屠殺を待つ家畜にさせないためには。
マリンロイヤル
2020年08月22日 16:57
艦艇乗組員に限らず、歩兵だって急に増やすなんて無理、そのために予備役が必要なわけで、予備役を拡充しないで現役増員なんて意味がない。現役1に対して予備3が理想ですが、せめて1対1を目指すのが妥当でしょう。現役増員なんて全く無意味。これは政治家と官僚の軍事無知に付け込んで、現役の連中に使う「掴み金」を増やす話ではないか。
匿名希望
2020年08月22日 20:09
陸自が減らせる減らせない、陸海空の編成の柔軟性、こういったことは、水陸の現状を見ればわかると思います。
部内に対する政治と、部外に対する面子しか考えていませんよ、自衛隊は。ちょっと前の広多無のくだりなんか、そのままずばりですよ。
Goodman80
2020年08月22日 21:40
今の海自には使えない艦船ばかり。ヘリが買えないでドンガラのヘリ空母、無駄にデカい汎用DD、近距離だけに強いDDG、深く潜れるだけのSS等なので、イージス艦とSSNに統一。海自のイージス艦は旗艦能力が有るので、普通のアーレイバーク級とバージニア級を調達、イージス艦3隻、SSN1隻で1個戦隊を造れば、今の4個艦隊分で8個戦隊が作れる。3900FFMは中止にして、地方隊は哨戒艦のみ配備して今の海保の警察任務を継承、海保は国内向けのみにする。第一輸送隊は陸自に移管。この程度はやらないと自衛艦に乗ってもいい若者は増えないだろう。
元自衛隊の話だとのいじめで自殺する隊員は陸自だけで年間数十人はいるらしいので、女性士官、隊員を増やせば減るのではないか。
キサツ隊
2020年08月22日 22:06
そもそもFFMが少子が対策の先鞭かと。

旧式艦艇の更新を4000トン近い艦を100人程度で動かす省力化と3隻4チームのクルー制も導入すす。

何より低い頂戴価格に抑えている。

いわゆるポートフォリオの低強度任務を引き受ける艦艇でしょう。

哨戒艦もそうですが。英国海軍からも提言を受けた話です。
19190213
2020年08月22日 23:12
二読者様
皆何処かしらに自覚はあるでしょうね。
後天的にそうなったのかそうでないのかは兎も角。
大体の軍隊ってそういうモノだと思います。
19190213
2020年08月22日 23:33
Goodman80様が仰る外国人部隊ってのはアリだとは思いますよ。
いろいろ大変かも知れないですけれども、私は公共機関として機能する事が何よりも大切と考えますので血や肌の色は問うべきではないとも思います。
現に仏では巧く運用している訳ですから前例がないわけじゃないですしね。

それとは別に陸に関して言えばある程度使える予備を確保は出来るんじゃないかと思います。
例えばですが、退職を決定してから半年から丸一年は即応予備自扱いになって原隊から切り離し活動させるとかすれば、離職者は求職する時間を確保出来ますし自衛隊は予備を確保出来る。(時期は要調整ですが)
新卒でもないのに会社に移るまで何か月もあるとかなると就活の枠が狭まります。(一方で原隊は次の就職先を催促しまくるので早めに決めないとうるさいです。従ってパソナ経由が無難になってしまう。)
しかも、悪い部隊だと隊員に嫌がらせを行うとか訊いた事がありますね。(同期はやられました。)
原隊から切り離す(隊員個人のメリット)一方で予備役を増すというのは悪くはないのかなと思います。

人数参考
http://fuuseisha.com/wp-content/uploads/2015/06/3e0ff3913e2a3db3dffc60ad770e4240.pdf

余談ですけれども、パソナがやる企業説明会の中には偶にヤバい企業が混じってます(笑)
やれやれ
2020年08月23日 08:17
〈独自〉輸送機C2、UAE輸出へ未舗装離着陸テスト 10月実施
https://www.sankei.com/politics/news/200822/plt2008220016-n1.html
政府が航空自衛隊の最新輸送機C2のアラブ首長国連邦(UAE)への輸出に向け、10月に初めて未舗装地で離着陸試験を行うことが22日、分かった。

これでC2の不整地運用能力がどの程度あるのか分かりますね。と言うかこの程度の試験を今頃行うの?って感想しかありませんが。本当に平時しか想定してないんですね。
いきなり脚がへし折れて使い物にならなくなるような事にならないと良いのですが。
通りすがりの名無し
2020年08月23日 15:51
Goodman80さん
イージス艦含めて全部役立たずと?なら全て廃棄して国産も調達せず海外製にしろと?
キサツ隊
2020年08月23日 20:18
海軍と沿岸警備隊の仕事も所属も分けるのは当然です。

軍隊と警察ですから。

ブログの管理者様も理解して無い時がございますが。
ブロガー(志望)
2020年08月23日 21:30
お邪魔します。
 日本人には論理が無いので「関連付けて考える」という事ができません。自分の目先にある問題に対し「個別で」対応しようとします。例えばGoToキャンペーンを決めた人の頭の中には「このままでは観光業が壊滅的打撃を被る。」しか無いので、「感染収束後の反転攻勢」であるはずのGoToキャンペーンを収束もしていない状況で強行する事に何の疑問も持ちません。日本ではなまじ根拠なんか示すと「そんなものは根拠にならない」と一蹴されます。「根拠が根拠たりえるのか否か」など関係無く、そう言えば一蹴できるからです。でもって根拠も示さず(時には無く)「何々しか無い」と言い合い、それで折れなかった方の言う事が実現するのです。これで問題が解決したら「奇蹟」か「見えない大きな代償付き」かでしょう。
 旧海軍はロンドン条約で補助艦艇が制限されたために「空軍志向」みたいなものが生じ、陸攻の開発とかをしました。それは英戦艦二隻を航空攻撃のみで葬るといった成果も出ました。ですからある種の「発想の転換」といったものが有用ではないかと思ったりもします。例えば「正規軍同士のデスマッチ」は今ではアメリカを含めてあまりに高コスト・高リスクです。中国の海洋進出も「睨み合いや小競り合いで押し込む」事を狙っているようにも見えます。となればそれに対応するようにした方が良いのかも知れません。尤も伝統墨守・唯我独尊の海自にそれは期待できないでしょうから、海上の民間防衛隊でも作った方が良いのではないかと。
Goodman80
2020年08月24日 12:20
通りすがりの名無しさん
イージス艦x3とSSNx1で一個戦隊を造ると書いたんですが。これが8個戦隊あれば、かなり使える状況になると思います。地方隊は、旧式艦(DD,DE等)を哨戒艦と3900FFM(輸送隊に付けて陸自へ)に変更できれば使い勝手の良い状態になると思います。今の護衛艦隊(米国空母用)では、米国機動部隊の体のいい盾に使われるだけ。護衛は日本の商船群の護衛を行うのが本筋と考えます。更に言えば、今の米国の機動部隊は海自の護衛の必要が無い程、強固な編成。練度の低い海自では、かえって邪魔になるだけ。
通りすがりの名無し
2020年08月24日 19:35
Goodman80さん
否定はしませんが、SSNは居住性はいいが静寂性に欠けるとの意見もあります。

しつこいようですが、私からは今ある全ての艦艇を廃止してアメリカの艦艇を輸入すべきと聞こえたのですが。
Goodman80
2020年08月25日 09:59
通りすがりの名無しさん
日本のSSの運用はSSNを使うべき長い日程で有る事です。居住性の悪いSSで長期間拘束されるのは拷問以外の何物でもありません。SSを22隻運用するのは乗組員の確保が問題になるでしょう。
今の自衛隊の艦隊編成は独立して行動する物では無く、米国機動部隊の護衛艦隊で有る事が問題です。今の米国機動部隊の編成は非常に強力で自衛隊の護衛艦隊など、足手まといでしかありません。
米国の保護下から離れ、独立した艦隊編成を行わなければならない程、日本は成長しているのです。
通りすがりの名無し
2020年08月25日 15:01
Goodman80さん
SSNの話はわかりました。
自分が聞きたいのは、「海自は使えない艦艇ばかり」ってことについてで、イージス艦艇含めて役立たずだから全てアメリカ艦艇に置き換えてそれらで艦隊を組むべきということなのですか?
Goodman80
2020年08月25日 19:56
通りすがりの名無しさん
艦隊の中心となっているヘリ空母ですが、攻撃型空母の制海の下でしか運用出来ません。イージス艦は旗艦応力が付与されている為、艦橋が1段高くステルス性が疑問視されています。DDは対潜に能力を集中し過ぎ、自艦の防空能力がおざなり。あきづき型DDGは短距離の防空能力しかない。艦隊全体としては米海軍のおまけ、弾除けでしか使えません。
本来であればヘリ空母では無く、イタリアのカブール級の様な軽空母を装備した独立して行動できる艦隊にすべきだったと思います。漫画の第五艦隊の様に。
通りすがりの名無し
2020年08月25日 22:08
Goodman80さん
しつこいようですが、それらが本当ならどうすべきと?
偽陸士
2020年08月26日 09:36
Goodman80様。
通りすがりの名無し様。

SSNやSSに拘らず、水上、水中ドローンで既存の装備体系を補強されては如何かと。

それでも足りない部分は、輸入か既存艦艇の改修で凌ぐのが効果的と思われます。
通りすがりの名無し
2020年08月26日 11:56
偽陸士さん
それは艦艇を輸入しろと?
偽陸士
2020年08月26日 15:12
通りすがりの名無し様。

どうしても足りない部分があれば輸入するまでです。

ただドローンの大半は輸入でしょうけれど、艦艇は改修で能力向上を図るのが良いでしょう。

ヘリ空母に付いてはドローン母艦を兼ねたアーセナルシップにするのも一つの選択肢です。
Goodman80
2020年08月26日 16:09
通りすがりの名無しさん
最初に書いてありますが、今のイージス艦を旗艦にして旗艦能力の無いイージス艦を2隻、バージニア級SSN1隻で一個戦隊で8個戦隊にします。地方隊は哨戒艦と3900FFMにして、輸送艦隊と3900FFMは陸自へ移管。このレベルの戦力が有れば十分日本を守れると思います。
通りすがりの名無し
2020年08月26日 19:22
Goodman80さん
なるほどです。

旗艦能力なしのイージス艦は国産でもいいが、SSNはすぐに作れないので輸入ということですね。
ただ、疑問点として3900FFMは中止にすべきとおっしゃいましたが?
あと、今ある汎用護衛艦はどうすべきと?
Goodman80
2020年08月28日 08:08
SSNはライセンス生産が可能と思っています。VLS部を通常の魚雷室にした劣化版にすれば議会の承認も得られるのでは。高張力鋼を日本製に変更すれば今のSS並みの深度迄潜れるようになります。
輸送艦隊は陸自に押し付けるので3900FFMは陸自に建造させるべきかと。
地方隊は哨戒艦を配備して、現在の海保の海外警察任務を担当させれればと想定。海保は大型艦は海外へ売却または廃艦で、国内のみ担当。
今ある汎用護衛艦+SSは外国に売れれば売り、売れ残りはモスポールか廃艦にすればいい。