IAIがATVメーカーを買収。

5月20日付けのJane’s Defence Weekly によるとイスラエルのIAIは、ATV、Zファミリーの製造権を買い取る計画のようです。

最近川重もやっと自社のATVの軍用目覚めてきましたが、民間用を軍用にするためのノウハウがありません。でればIAIのように専業メーカーを買い取るが、提携をするべきだと思います。
提携するならば個人的には英国のジャンケル社あたりがよろしいかと思います。同社は、試作は英国、生産はヨルダンのKADDBとの合弁で、ヨルダンで行っています。同社はこのため中東に拠点があって製造コストも安い、という強みがあります。

すでに川重のバイクは世界の軍警察で相当使用されています。「汎用車輌」を売るのだからあまり世論からも叩かれないでしょう。何よりすでにセールスとアフターサービス網が世界にあるわけです。またC-2やP-1といった航空機を売るより遥かに容易です。

最近は偵察目的でATVに電動バイクを搭載する提案が増えています。電動バイクは静粛がメリットですが航続距離が短い。
これを補うためです。またバイク用のガソリン燃料が必要なくなるという兵站上のメリットもあります。
またバイクと味方部隊への無線の中継も期待できます。

ATVに合わせてマイクロUAV(無人機)やマイクロUGV(無人車輌)を搭載すればISR能力は更に上がるでしょう。

陸自ではバイクの充足率もかなり引く状態が続いてきました。それが近年改善されたかどうか不明です。
とてもATVを導入できる環境ではないかもしれません。

ですがATVの導入は世界の軍隊の趨勢です。きちんと海外の動向を調べるべきです。



Japan in Depthに以下の記事を寄稿しました。
 
陸自新小銃に多くの課題
https://japan-indepth.jp/?p=52127

防衛省、陸自の新小銃と新拳銃公開
https://japan-indepth.jp/?p=52014

19式自走榴弾砲を安価に調達する方法
https://japan-indepth.jp/?p=51931

日本に最先端戦闘機開発の能力無し
https://japan-indepth.jp/?p=51870


防衛大臣囲み取材は「三密」
https://japan-indepth.jp/?p=51726

European Security & Defence に以下の記事を寄稿しました。
https://euro-sd.com/2020/04/articles/exclusive/17070/bulldozer-contract-win-for-hitachi/


東洋経済オンラインに以下の記事を寄稿しました。

培養肉がこの先「有望」な食材になりうる事情
環境負荷や食料自給の観点からも期待集まる
https://toyokeizai.net/articles/-/342551

防衛記者クラブの「台所事情」何とも厳しい実態
不要不急の支出、財政破綻の危機を迎えていた
https://toyokeizai.net/articles/-/343696


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス

この記事へのコメント

やれやれ
2020年06月04日 11:13
ジャンケル社はこちらの事ですかね。
http://www.jankel.com/home

ちらっと見た感じでは車両の爆発物テストが目に付きました。
自衛隊車両もテストして結果を国民に見せてあげたい(笑)。

「最近は偵察目的でATVに電動バイクを搭載する提案が増えています。電動バイクは静粛がメリットですが航続距離が短い。」
そうなんですか。電動バイクと言うと出川哲朗の充電させて頂けませんか、と言うTV番組をまず思い出してしまいます。
後は中国でお馴染みの電動自転車ですかね。
まさか途中で電池が切れたからと言って充電させて下さいと
3時間も居座るわけにもいかないし(笑)。
冗談ですがバッテリーパックも予備も持っていくとなったら
結構嵩張るし重いしで途中まで予備バッテリ込でATVに載せると
言うことになるのでしょうか。

のりものクラブの記事に自衛隊の偵察バイクマンセー記事が
書いてあって辟易していますが、偵察バイク+小型ドローンという運営ならありかも知れませんね。

「陸自ではバイクの充足率もかなり引く状態が続いてきました。それが近年改善されたかどうか不明です。」
そうなんですか?割とどこでも見かけるのでそんな意識はありませんでした。
偵察にしてもヘリもそうですが色々見直さないといけないですね。
KU
2020年06月05日 07:43
>>>マイクロUAV

そう聞いて真っ先に思い付くのは↓

http://www.flir.jp/products/black-hornet-prs/

各国での採用実績もあるし、何より軍研に広告が載ったこともあるしw、導入するのに何ら問題ないと思いますが。



>陸自、第15ヘリコプター隊のUH-60JAがドアガン射撃訓練を実施

http://flyteam.jp/news/amp/125226

早いとこ、これらの部隊にもミニガンを供給してもらいたいですね。



>河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/274115

こんな人が、次期総理候補...。
やれやれ
2020年06月05日 21:45
兵士の後をついてくる「個人装備運搬ロボット」イギリス陸軍が導入
https://otakei.otakuma.net/archives/2020060508.html

自衛隊にはこのような自動はおろか運転する小型支援車両も無いですなあ。
中国だって山のように輸出モデルがあると言うのに(しかも水陸両用)。
2020年06月06日 06:22
承認されないコメントは表示されないようですし、Facebookをやってないのでこちらに失礼します。

https://japan-indepth.jp/?p=51931
>これに加えて、島嶼防衛用として30門程度超軽量「法」のM777を調達して合わせて180門程度とする。

他の記事もそうですがネトウヨへの嫌味を毎回付け加えるぐらい暇なら、誤字脱字がないかしっかり確認すべきです。
せっかくの素晴らしい記事が台無しですよ。
やれやれ
2020年06月06日 10:58
KUさん、

野暮とか...国が空自に依頼した「税金を使った事業」を誰の発案でどういった経緯で飛ばしたのか、と言うのは国民に説明されるべき事案だと思いますがね。オリンピックに五輪の輪だったとしてもIOCなのかJOCなのか森元なのか首相なのかは明らかにされるべきでしょう。そっち側だと嬉々として自分の手柄だと言いそうですが今回はそうでは無かった。むしろ隠そうとした事が問題。
野暮とか言っていい人は政権でも国会議員でも政治家でも無い一般国民が政治と無関係に医療従事者の為だけに自腹で金だすからブルーに飛んでくれと陳情して受けた場合だけでしょう。まああり得ませんが。
心底そういう方がいらしたら室屋さんにでもお金払って依頼して空にニコニコマークでも描いてもらった方が余程良いです。依頼者にその事を取材すると野暮は言いっこ無しと言えばカッコよく決まりますが、河野大臣の場合は私的利用と謗られても文句言えないでしょう。なんせ防衛大臣ですからね。それが分かってないからかっこ悪い(じゃ済みませんが)。

室屋さんは自腹か支援者がいるのか知りませんが福島で描いています。
粋とはこういうのを言うと思いますよ。河野大臣の場合は野暮ではなく醜悪ですね。政権を庇うために泥をかぶったのかも知れませんが同じこと。
https://yoshi-muroya.jp/topics/topics-180/