河野防衛大臣記者会見令和2年4月10日(金)における質問。

河野防衛大臣記者会見令和2年4月10日(金)におけるぼくの質問です。
https://www.mod.go.jp/j/press/kisha/2020/0410a.html

Q:先日、海自の横須賀の佐官がパワハラで処分を受けたかと思いますが、これは以前に比べたら処分が重くなっていると聞いておりますが、海幕の方で官、姓名、性別も隠していると、結局、例えば実際の階級も分からず、性別も分からずということになっているということですが、これは何なんでしょうか。ほかの自衛隊、空・陸自ではどのように対応しているのでしょうか。

A:現時点では、旧ルールで起きているものが発表されているんだと思います。新ルール、3月1日から適用していますので、それ以降に起きたものは新ルールでやりますが、私も若干フラストレーションがたまっていますが、今、起きているのが旧ルールですので、旧ルールが適用されると思います。

Q:それは、最近世間で話題になったデリヘルを経営していた1佐が、これは1佐で、しかも氏名も公表されていますが、ほぼ同じ時期に公表したのにこんなに差があるんだと思います。それはやはり、起こした事件、処分の時期によってこれはそういう差が出たのでしょうか。

A:処分の時期ではなく、事件が起きた日付によるんだと思います。1等海佐の件は、これは重いものですから、別途色々あろうかと思います。


これは処分自体の話ではなく、海自の隠蔽体質が問題だという話です。身内からおん出たものは官姓名を晒していいか、パワハラで中に残る人間は守るという姑息なあり方は問題だと思います。何しろ幹部をいじめで殺しておいて、組織的にそれを隠蔽する組織ですから。
こういう隠蔽をすればこの佐官はまた同じようなパワハラを起こすでしょう。
こういう体質では海自を志望する人は更に減るでしょう。であれば海自は自ら自滅への道を歩んでいることになります。



Q:大臣会見はいつもwebサイトの方に、ログが公開されるかと思いますが、その他の次官、各幕僚長、報道官の会見については、公開されていないと思いますが、これは公開しようという意図はございますでしょうか。

A:特にありません。

Q:どういう理由でしょうか。

A:大臣が会見するんだったら、他はどうかなと思っていますが、これまでもやっていましたので、そこはざっくばらんに色んな人がメディアと意見交換ができる、あるいは情報発信ができる場として良いのではないかと思います。


大臣以外の会見でもぼくはログを公開するべきだと思います。記者クラブとの内輪の馴れ合いのような会見をやっても納税者の利益にはなりません。透明性の確保が民主国家の軍隊では最優先されると考えます。



Q:諸外国ではいわゆる准将という階級がありますが、自衛隊ではないんですね。特に陸自の場合ですと、旅団に二つ星の将補が指揮官として配置されていますが、普通は准将であるとか大佐がやるような仕事じゃないかと思いますが、そういういわゆる階級インフレと言われていますが、こういったものが実際の部隊よりも高い階級の人間が指揮している、これを大臣は問題とは思いませんでしょうか。

A:諸外国をみると、一つ星という将官がいる国もあります。自衛隊の場合には、将補は二つ星、将が三つ星ということで、また、それぞれ陸海空の1佐が1佐として在職期間が長いということもあります。色んなことをこれから総合的に考えていきたいと思います。


旅団を少将が指揮するのは問題かと思います。そもそも陸自の師団が諸外国の旅団レベル、旅団はフランス陸軍の昔の准旅団みたいなものでしょう。東北方面隊なんて2個師団しかないのに「軍」を名乗っています。部長や課長を役員にするような階級インフレです。

それに現在一佐は1~10までカテゴライズされており、多すぎます。既存の将官の数を減らして准将の階級を導入すべきです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

やれやれ
2020年04月14日 16:46
海自は開示にでも名前を変えて心を入れ直した方が良いと思いますよ。本当に変身しないと信用される組織にはならないでしょうね。


准尉はいても准将はいませんね。最初は○将補が准将だと
思っていました。後で階級が将補で少将、○将で中将、
陸幕長で大将だと知りました。将補が多いのも分かる気が
します。将官も大幅に見直しした方が良いと思います。

「それに現在一佐は1~10までカテゴライズされており、多すぎます。」
凄く細かいですね。
昔、知り合いの幹部が3佐に昇進したのでその時に色々話を聞いたことがあるんですが、同じ3佐でも俸給でクラス分けされているそうでそこで上下関係ができるんだとか。それ以外に防大の卒業年度や実年齢、自衛隊入隊からの期間など俸給以外にも微妙な上下関係の元があるとか何とか。
近いことは会社の中でもありますが、やはり声のデカイとか活躍が凄いとか頼りになるとかの方が一目置かれますね。
Suica割
2020年04月14日 18:34
いっそ、准◯将、3等◯将(少将相当)、2等◯将(中将相当)、1等◯将(大将相当)にして、すっきりさせた方がいい。
幕僚長クラスが大将相当、空自なら、方面隊クラスが中将相当、航空団クラスが少将相当位でいいのかなと思います。
インフレ是正で下げるのはありですが。
19190213
2020年04月16日 01:31
歩けば一佐にぶつかるじゃないですけども、多いですよね。
結局は普通科連隊を基に戦闘団を組もうとするから多いんだと思いますよ。
言うて普通科連隊は大隊規模しかないですが他職種の諸隊を統制するには如何せん団長として一佐クラスが良いと。。
しかしね、戦闘団を実際には組めないような部隊もある訳です。
それはコア部隊であったり・・将来的に言えば特科や機甲科なんかが無くなるか少なくなって実際には団として戦闘をできる水準にない部隊なんかも出てくるかもしれません。
先ずはこういった部隊(特にコア部隊)は、最初に大隊に改めるべきですし、後者の場合は旅団戦闘団として運用していかなければならないのですから、当然ながらこれも将来的には大隊にして旅団に直接指揮させると(それだと一佐は減るでしょうけど旅団本部の人員は幾分増やさざるを得ないかもしれませんが、露軍でも上の首を切って下の幹部を増やす処置を取っていましたのでさほど問題ではないかと)いいかもしれません。

尤もこれら特に後者なんかはドクトリンとか色々噛んでくるので少し時間はかかるでしょうとは思いますが、実際に今戦闘団を組めない部隊(方面や旅師団の増援が足りなくて編成できない)・・・コアなんかはすぐにでも大隊にするべきだと思います。
准将も作ってクラス分けするべきですし将クラスも多い。
もしポストがどうこう言うならば、それは今後営門2曹が多くなると言われている君らの部下に”出世できなくなるから嫌だ”とでも言えるのならばそのままにすれば良い。

公務員の原動力(忠誠心)というのは、社会的な名誉と報酬だとマックスウェイバー辺りが言っていたような気がしますが、それが階級だけであるならば少々度が過ぎています。
勲章を制定し階級だけでは足りない原動力を補うべきではないかなとは思います。
勲章ならば、手当を幾分加算する例もありますし階級に関わらず与える事も出来ます。

後は地本、地連改革ですかね・・・。
専門性の高い職員を雇用しなおかつ人件費を下げる方法と言えば・・・やはり民間に投げる&再雇用枠として使い慣熟させる。
ですかね?
予備役の招集や地方自治体との調整なんてのは、別途要員を設けた上でやるべきなのかなと・・災害時に手空きな教育団・・・今は混成団ですがそこから人員を振るべきかと・・。
ブロガー(志望)
2020年04月19日 11:38
お邪魔します。
 河野大臣は割と「普通の人」ではないかと思われますので、事実や論理を無視「し切る事」ができず、日本の中でも「建前と本音及び実態の乖離」が著しい国防・安全保障関連にはその内耐えられなくなるのではないかとも思ったりもします。PTSDは「強烈かつ断片的な記憶を本人の中で統合できない事が脳機能の低下をもたらす事で引き起こされるので、辛くてもそれを統合する努力をする事が改善に繋がる」と聞いた事があります。それからすればカルトの洗脳は「矛盾だらけのカルトの教義を無理やり押し込まれる事による脳機能の低下」なのかも知れませんし、今の日本の防衛当局も矛盾だらけの実態(「日本に原爆を落としたアメリカに守られ、その核の傘の下にいる」「憲法の戦争放棄・戦力不保持と自衛隊」他)の下で、しかもそれを批判したり解決したりするどころかそれを支えなければいけない立場に置かれ続ける事によって、ある意味「思考停止」に陥っているのではないかとも思っています。河野大臣は仲良く「思考停止」できるのでしょうか。