感染症予防の面からも人工肉の開発と生産を急ぐべきじゃないのかね?


さて相変わらず、世界中はコロナウイルスの感染問題で大騒ぎです。今回やエボラは野生動物を食べたことからという話もありますが、得てしてこの主の疫病は家畜から広がることも多いわけです。一旦広がると人間への感染はもちろん、家畜の大量殺処分も必要となってきます。また今回のように工業のサプライチェーンや旅行客の減少などで経済的なダメージも生じます。

防疫という面でも肉を人工的に培養する人工肉の開発や生産を進めるべきかも知れません。
工業的に作る人工肉は感染症を起こすリスクを極限できるはずです。

人工肉は環境負荷も減るでしょう。生き物を肥育するよりも遥かに小さな資源(土地、材料、手間)で可能です。大豆の9割は飼料に消費されていますが、それも減れば熱帯雨林を潰して大豆畑をつくるというような環境破壊も大幅にへるでしょう。また飼料として取られるイワシのような海洋資源も必要なくなります。クジラはもちろん、マグロなどの大型の魚の肉も製造が可能でしょう。
また肉や革などの必要部位を取った以外の不要な部位、糞尿の廃棄も不要になります。

ことに中国やインド、アフリカ、アラブなどの途上国の所得が増えれば増えるほど肉食が進み、その分炭酸ガスの増加や環境破壊が進みます。炭酸ガスや環境破壊の抑制という意味でも人工肉は必要不可欠になってくるでしょう。

人口培養が可能なのは肉だけではなく、ミルク、比較、卵などでも可能です。恐らくは内蔵などの部位も製造が可能でしょう。数十年後にはリアルな動物からとった肉や、革は贅沢品となる日が来るかも知れません。

安全保障上でも我が国はメリットがあります。国内に人造肉の工場を立てれば食料の自給率は上がり有事の食料供給の面では有利になります。それどころか畜産物の輸出国になれる可能性があります。
軍事的は相応の部隊や艦艇に人工肉の製造工場を作ることも可能でしょう。「宇宙戦艦大和2199」ではありませんが、艦艇のクルーの糞尿を原料に肉を作ることも不可能ではないはずです。そうすれば出港時に搭載する食品を減らして、館内のスペースを有効利用できるはずです。

そういった意味でも、我が国も人工肉の開発に力を入れるべきだと思います。

ただ米国、オーストラリア、フランスなどの畜産国には大打撃でしょう。国内でも同じことが言えると思います。畜産業者にダメージを与えずに、以下に人工肉を普及させるかの政策が重要となってくるでしょう。


クリーンミート 培養肉が世界を変える - ポール・シャピロ, ユヴァル・ノア・ハラリ(序文), 鈴木 素子
クリーンミート 培養肉が世界を変える - ポール・シャピロ, ユヴァル・ノア・ハラリ(序文), 鈴木 素子
■本日の市ヶ谷■
防衛記者会は財政危機で数年否に財政破綻する可能性があり、との噂。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い
ナイス

この記事へのコメント

偽陸士
2020年02月26日 18:01
清谷様。

食料としての人工肉ですか。
アルドノア・ゼロみたいにオキアミとクロレラが未来の主食だと思っていたので、驚きです。
アメリカ穀倉地帯の化石水の涸渇に間に合って欲しいものです。

色糸さん。
風邪引きで満員電車出勤は、褒められた振る舞いではありません。
ですが、やむにやまれぬ状況なのは気の毒に思います。
どうか御自愛下さい。
SSAO
2020年02月26日 18:14
人工肉はアメリカだと少し前から本格的に研究が始まって商品化されてるようです。製造会社は日本でも発売予定だったらしいのですが、延期になったそうです。
今後、遺伝子組換え技術が発達して安全性が確保できたら、大豆や麦を高い収穫効率で大量生産を行い人工肉や卵に割り当てたら自給率はかなり改善しそうです。

遺伝子組換えの元ネタはPSYCHO-PASSのハイパーオーツの麦です。作中設定だと99%の食料が麦の合成加工食品で、昔はありえないと思ってましたが最近の技術向上を知ると大豆の合成加工食品って有り得そうですよね
aaa
2020年02月26日 18:34
いいことよね

しかし、コロナは騒ぎすぎじゃ・・・

肺炎では15万くらい毎年だし。

あまり肉食もよくないと。
ヴィーガンだとかも人気だけど。
ミドリムシの培養も有望視されてるけど。

昆虫食だとか、かなりなゲテモノかも遡上になっちゃってるけど。

ただ、これは実は、貝食を進めるのが本来なのでは?

タンパク源として貝は肉に劣らないと。

貝の養殖が、ベストだと思うけどね。
魚の養殖は、環境負荷だとかを見ても、あまり好ましくないと。

淡水湖や、後はどこの人工海水でも現状の一割のコストで養殖できるのがいいかと。

海の酸化が進んでて、かなり危機的だけど。
KU
2020年02月26日 19:48
今や、野菜も工場で作られる時代ですものね。人工肉が普通に食べられるようになるのも、そう遠くない日なのかもしれません。それと防衛記者会、財政破綻しそうなんですか?清谷さんたち、フリーランスを長年に渡り排除し続けた報いでしょうかね。
やれやれ
2020年02月27日 14:03
人工肉の事は米国のバーガーキングが人工肉バーガーを売り出した事がニュースになった事位しか知りませんが、考え方には一理ありますね。
ただしそれでも中国は政府が厳しく取り締まらないと怪しい?野生動物を食べるだろうし(法律は正確に知らないのですが毒蛇は売ったらいけないはずですが海鮮料理屋の入口に(選べる素材の活魚、活亀、活蛙、活蛇等)で毒蛇やコブラいましたよ...)、ジャングルが近い地域はやはり地物を食べることが多いでしょう。全世界的には難しいのでは?

個人的には豆腐とかも肉代わりに良いと思います。豆乳も牛乳代わりにしている人もいるし。菜食主義者やビーガンには喜ばれるかも。
後は魚肉ソーセージやかまぼことか。魚は養殖か獲ってくるしかないのですが。


「■本日の市ヶ谷■」
喜ぶべきことか悲しむべきことか分かりませんが、破綻するとどのような事が起こるのでしょうか?大本営発表が無くなる(或いはWebだけになる)?
19190213
2020年02月27日 21:23
人工肉・・良いと思いますよ。
防疫でもう罪なき家畜を殺さなくても済む。
個人的な負担は無くなりますね。

話はそれますが、この国が民主主義や資本主義を謳いつつもどうも何か社会主義チックな面を見せるのは仕方がないことなのかもしれません。
何故ならば、戦後において発足したこの国はGHQの下に置かれた過度な情報統制を行っていましたし教育においても(良いか悪いかは別として)厳しい統制を行いました。
経済にしても当初は物価統制や公社での専売、70年代の45/47体制そして護送船団方式の金融業界・・というか社会全般が護送船団方式。
そんな感じであればこそ皆国におんぶにだっこしそして癒着する。
良い面もあったとは思いますが、現代になってそれはどうなのでしょうか?
民営化も進みそもそも国家による庇護が薄くなったグローバル経済下では余所の国に食い物にされつつある。(自由競争なので仕方がないですが)
当然、今までのように落伍者を出さないようにしていく訳にはいかない。
昔であれば、周りを見て空気を読むことが大切だったでしょうが今はそれだけではやっていけない。
それは、軍事においても同様です。(未だに解っていないのは自衛隊が如何にぬるま湯かということになりますが)
ですから、政治家は自衛隊を信用せずに米国に外注する。これは間違いではないです。
それほどまでに頼りない。
報道においてもそうです。
結局はマ将軍からの脱却ができず旧来のやり方の味を占めているからこそ記者クラブがあるわけで・・。
文化が違う以前に時系列を見れば何故ここまでに日米において同じような民主主義というシステムを取っているのに”モノの考え方(特に政治)”に隔たりがでるのかと言えばやはり戦後に神様(皮肉です)が作ったシステムに乗っかり教化されているからなのかもしれませんね。

彼らが作ったシステムを全て悪だとかは言いませんが日本人が合理主義的になっていくには彼らのシステムを改めなければならないかもしれません。
マッカーサーは日本人をやたら媚びてくるやつらだとか評していましたがそれは、戦前そして自身が作った環境のせいであって・・今の官僚や報道そして社会全般にも少し似たようなところが引き継がれているような気もします。
成るべくしてなった・・・悲しいですね。
どうすればいい物やら。
濡れネズミ
2020年02月28日 14:06
シリアでトルコ軍がロシア軍所属のSu-24から空爆された際に、反撃でFIM-92スティンガーミサイルを発射した様です。

https://www.youtube.com/watch?v=mHw7VHhegqU&feature=share

また、トルコ軍はシリア政府軍に対する空爆作戦を実施しているようで再び混迷を極める状況になってしまったようです。

https://www.youtube.com/watch?v=vKIhlhtx0no&feature=share

武漢肺炎にはイランの副大統領やローマ教皇も感染したと囁かれていて実に不安です。
ブロガー(志望)
2020年02月29日 18:18
お邪魔します。
 お言葉ですが人工肉の研究は必要とは思いますが、既に相応の歴史がある精進料理をベースに、それに動物由来でないと摂取し難い栄養素を添加する方が「近道」なのではないかと思ったりもします。後世界の様々な食文化を調査研究し、例えば「昆虫食を必要な栄養素の抽出元と用いる」とか、「タロイモだけで筋肉隆々のサモア人の腸内細菌を研究し応用する」といった。