財務省、財政制度分科会(平成30年10月24日開催)の防衛予算に関する資料を読む。その2

財務省の財政制度分科会(平成30年10月24日開催)において防衛予算に関しても討議されまた。その資料を財務省がHPで公開しています。

https://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/proceedings/material/zaiseia301024/03.pdf

引き続きこれについて重要な指摘とその解説を行います。
今回は次期中期防衛力計画についてです。

論点は>「調達改革の一層の強化に向けて、更に何を行うべきか。その際、次期中期防を含め、装備品のメリハリ付けについてどのように考えるか」です。

>調達改革の一層の強化に向けて
○ 調達改革は、防衛装備庁はもとより、防衛省の各部局が一丸となって進めていくことが不可欠。
○ 内部部局、各幕僚監部、防衛監察本部等においても、装備品の優先順位の明確化、個々の装備品に盛り込む性能の精査、監察の強化などにより、調達の一層の効率化・合理化を実現することが必要。
○ 平成29・30年度においては、これまでの調達改革の取組に加え原価の精査などの新たな取組により、年2,000億円程度の合理化効果を出しており、次期中期防衛力整備計画期間においては、この水準は達成したうえで、更なる上乗せを目指すべきではないか。

と、指摘しています。そして、更に踏み込んだ指摘がなされています。
各幕僚監部は、
>● 装備品の選定・調達にあたっては、統合運用の観点を踏まえ、優先順位を明確化するべき。
● 装備品に必要な性能の具体化・明確化を徹底し、企業提案の内容について、要不要を峻別すべき。その際、防衛計画部門と調達・補給部門が連携し、ライフサイクルコストの観点から最適な仕様・数量とすべき。
● 装備品の稼働率向上を図るうえで、最も費用対効果が高くなるように、部品の調達や改修を行うべき。

防衛装備庁は
>● プロジェクト管理対象装備品の対象を拡大するほか、データに基づくコスト管理の質の向上を図るべき。
● 量産段階の装備品については価格逓減を前提に適切に予定価格を算定するよう、予定価格訓令を見直すべき。
● 量産段階の契約でも原価監査を行うなど、原価監査の対象を拡大するべき。
● 「装備品調達のプロ」の育成や外部人材の活用を行うべき。

内局は、
>● 次期中期防衛力整備計画は、各装備品のライフサイクルコスト等を踏まえた合理的な単価に基づいて策定するとともに、単価が上昇した場合には各装備品間の優先順位を付けて調達することとすべき。
● 情報システム分野は特注が一般的で、市場価格が存在。原価計算方式をやめ、適切な価格水準で調達すべき。

防衛観察本部は、
>● 特定企業による一者応札などが続くシステム調達等について、独立した立場から厳しくチェックすべき。
このため、防衛監察本部の技術的知見を抜本的に高めるべき。

(13P)

これらは一言でいえば当事者意識をもって当事者能力を高めろということです。財務当局から言われるようなことではないと思います。
この中で特に注目すべきは装備庁に対して外部の調達のプロを入れろという指摘です。民間企業の調達のプロをいれて、彼らに相応のポストと権限をもたせるべきです。そうでないとアリバイ工作で終わります。
それから防衛監察本部の装備調達に対する活用です。何度も指摘していますが、ブラックに近い官製談合が平然と行われており、これを監察本部は看過しています。監察本部の能力と権限を強化して装備品の取得を適正化すべきです。


■本日の市ヶ谷の噂■
陸自の新型戦車10式はモジュラー装甲システムが売りだが、予算の都合か軽量化のためか、知らないがモジュラー装甲は外壁のブリキだけで、砲塔側面は中口径機関砲で簡単に貫通。ブリキの棺桶と現場では不評との噂。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

濡れネズミ
2019年10月26日 15:52
予算の件はやはり国内独自の性能要求、国内メーカーの生産が限界を迎えている事を示していると思います。

小銃弾一つとっても独自規格のゴミにして無駄に高値にする余裕はうちの国には最初っからない筈です。

ましてやレーダーやら無線機は絶対に失敗したらダメでしょう。

でもやらかした、これで一体全体下手っぴトラック教習所(陸自)、JALやANAパイロット養成所(空自)、ロープもまともに結べない船員養成所(海自)の蔑称をどう跳ね除けるんですかね。

10式の件は「お前ら経済援助している国以下の製品しか作れないとか無能じゃねーか!」と臆面なく言えますね。

https://www.youtube.com/watch?v=MVliHChJAMk&feature=share


https://www.youtube.com/watch?v=zKWWHZ7xEmE&feature=share

https://www.youtube.com/watch?v=SJmuhd7FS_Y&feature=share

折角モジューラー装甲にした主力戦車がまともな装甲がなくて側面装甲とは言え30mmに耐えられないとか、「戦後第二世代型以下じゃねーか。T-72以下なんて、どんな冗談だよ。」しか言えません。

本当に何の冗談でしょう😞
aaa
2019年10月26日 18:05
財務省、動いたか。

よかったけど。

キヨさんからも、働きかけを続けては。
aaa
2019年10月26日 18:07
あと、既に5兆くらいツケ払いがかさんじゃってるわけで。

そういう債務整理にも、プロの会計士やCFOの人を頼むしかないはずですけど。

防衛省には、そういうノウハウはかけらもないでしょう。
ガネット
2019年10月26日 22:36
かつての61式はM36を参考にした待ち伏せ用の戦車でしたから
装甲ペラペラでしたけど、10式って開豁地で戦う主力戦車ですよね。
やれやれ
2019年10月26日 23:34
「陸自の新型戦車10式はモジュラー装甲システムが売りだが、予算の都合か軽量化のためか、知らないがモジュラー装甲は外壁のブリキだけで、砲塔側面は中口径機関砲で簡単に貫通。」
実は本日陸上装備研究所(相模原市)の一般公開に初めて行ったのですが、10式の試作車両の展示の時に、初めて砲塔の増加装甲エリアを開けた瞬間中がチラッと見れました。ただの小物入れでした…本当なら増加装甲のユニットが入るんだと思いますが、配属部隊のも何も入ってないとしたらブリキも同然の薄い鉄板の扉だけです。砲塔の本当の装甲は鋼板だけなんですかね?徹甲弾、形成炸薬弾の餌食ですよ。増加装甲が入って無いならもっともな文句だと思います。

それと今日も会った知り合いのマニアが言うには90式の複合装甲もチャレンジャー2の複合装甲の半分位の厚みしか無いように見えたそうで。私も英国のRIATに持ち込まれた同じチャレンャー2を見たんですが当時は飛行機しか興味無かったので、外観だけ見て満足してました。砲塔と車体の隙間から覗き込むと複合装甲の厚みは見えるんですね。今度90式を間近で見る機会があったら見てみます。
横浜の黒豚
2019年10月27日 04:13
ブリキの棺桶は、もはや伝統芸能ですね。戦争にならないことを祈るのみ。
KU
2019年10月27日 11:01
>>>10式

中口径機関砲となると、30ミリ以下ですよね...。側面ですら20ミリクラスの弾に耐えられない主力戦車ってorz。軽量化、軽量化と言いながら結局は、まともな装甲材すら用意出来なかったわけですか。相変わらず調達の優先順位が滅茶苦茶ですよ。この様子じゃあ、10式の最後の車体が引退する日まで改善されることは無いのでしょうね。

>>>調達改革

財務省に、ここまで言われて何もやろうとしなければ、ただのウマシカの集団ですね。それでも一応はF-35を輸入に切り替えたりとか、変えようとする動きはあるのでしょうけど、まだまだ鈍いとしか。