防衛省、航空自衛隊に戦闘機調達能力はない。

戦闘機F35A、1機40億円割高で調達 検査院が報告 
https://digital.asahi.com/articles/ASMBK3RG7MBKUTIL00Z.html?pn=6

>米国の有償軍事援助(FMS)による防衛装備品の調達状況について、国会からの要請を受けて検査をした会計検査院は18日、検査結果を国会に報告した。米国の最新鋭戦闘機F35Aの調達で、日本政府が国内企業を製造に参画させるなどしたため、1機当たりの調達価格が米国より40億円前後高くなっていたことなどが判明した。

> 防衛省によると、日本企業の参画は、戦闘機を生産・運用する技術の育成、高度化が目的で、F35A42機の取得とともに12年に閣議決定された。調達価格の上昇分について、同省は「この目的に資する支出」としている。三菱重工業、IHI、三菱電機の3社が参画するのに必要な施設整備などに約1465億円も負担している。

>検査院は、調達が増えているF35Aについて、1機当たりの日本の調達価格を契約内容から算出し、米国が公表した自国向けの調達価格との比較を試みた。

>日本が完成品を調達した12年度の価格は約1・2億ドル(当時の円換算で約97・7億円)で米国より約1270万ドル(同10・3億円)高かった。それが日本企業が製造に参画した13年度には約1・5億ドル(同129・6億円)に跳ね上がり、米国との差は4倍の5610万ドル(同46億円)に拡大。翌年度以降も米国より4千万ドルほど(14年度は同38・8億円、15年度は同47・6億円)高かった。


>しかし政府は今年度、この参画をやめ、F35Aの完成品の調達に切り替えた。同省は昨年の概算要求までは、参画を維持し、6機を916億円(1機当たり約152億円)で調達しようとした。切り替えたことにより、6機で681億円(同113億円)と235億円(同39億円)減額された。


>検査院は今回の報告で、FMS調達で1・2%加算される契約管理費について、韓国などの諸外国が米国と協定を結んで受けている減免を日本が受けていないこと▽約20年前に拠出金約4800万円が返還されたのに気付かず放置していたこと▽海上自衛隊の舞鶴弾薬整備補給所で約12億円分の弾薬整備器材の取得価格などが物品管理簿に記録されていなかったこと、なども指摘し、同省に対応を求めた。



 率直に申し上げれば防衛省、航空自衛隊ともに戦闘機を調達する当事者能力がないということです。

 そもそもFX選定では国産開発及び生産基盤を維持するか、しないかということが問題でした。米国製ステルス戦闘機を導入するならば生産基盤を放棄するということです。しかもステルス機を導入するならばウェポンベイに国産兵器は搭載できませんから、ミサイルなどの兵器も外国製になります。するとその他の戦闘機で使うミサイルを国産で賄うにしても、調達数が減りただでさえ高い調達数が高騰します。常識で考えれば搭載兵器の国内開発や生産も諦めざるを得ない方向になるでしょう。

 
 しかも調達機数は42機というライセンス生産をするには少なすぎる数でした。これでコンポーネントの多くを国産すればとんでもなく高い戦闘機になったでしょう。

 マトモにものを考えていない、ということです。
 それで、F-22が駄目だからとF-35Aを導入したわけですが、FACO生産することで構内生産基盤は維持できると強弁したわけです。
 ところがそれが虻蜂取らずになったわけです。F-35Aの取得コストは高騰。FACO生産は殆どが単なる組み立てですから技術移転もなく、日本に落ちる仕事も少ない。アメリカのために税金でFACOの施設を作ってやったようなものです。

 こうして日本の戦闘機生産基盤はなくなりました。多くのベンダーも撤退しました。再度生産基盤を立て直すならば相当な苦労と税金の投入が必要です。しかもより高い金を払って防衛費を無駄遣いしているわけです。まさに虻蜂取らず、です。

 ぼくは一貫してFXではユーロファイターを推していました。それは日本の戦闘機生産基盤を残すことができるからです。もう一つの候補のスーパーホーネットは米国機ですから、技術開示が極めて限定されています。
 ユーロファイターならば正式なポートナーとして定期的なアップグレードの会議にも参加できるし、日本独自の改良も可能でした。そうすれば国内企業の技量を磨けるとともに、国際共同開発のノウハウの蓄積にもなります。それは次期戦闘機開発のための大きなアセットとなったでしょう。現状の国産戦闘機開発は児戯にすぎません。
 実戦の経験もなく、市場で揉まれたこともないのにマトモな戦闘機が作れるというのは夜郎自大の誇大妄想です。そして実際に空自でさえも「国産戦闘機」F-2の調達数を減らしました。自分たちの間違いを認めることを極めて嫌う組織がそのような決断をしたということは深刻な問題があったということです。


 そしてステルス機が必要ならば性能が定まった段階でF-35Bを2個飛行隊ほど導入すればいい。その場合は英国のハリアーのような海自の「空母」での運用を考えるべきだとも主張しました。

 またどうしてもF-35Aを導入するのであればFACOではなくて、輸入にして調達コストを下げるべきだと主張しました。当時この主張をしていたジャーナリストや「識者」は極めて少数であったと記憶しております。

 結果としてF-35Aは輸入に切り替わり、いずも級でF-35Bの運用することになりました。

 所謂「識者」も程度の低い軍オタもF-35AをFACOで導入すれば戦闘機開発&生産基盤が維持でいると夢想していましたが、繰り返しますがそれはイリュージョンに過ぎません。

>変更の理由について、同省は「昨年105機の追加取得が決まり、安く早期に調達する必要が高まった。国内企業は計30機の製造に参画して習熟は進み、今後も整備を担う」と説明している。

この防衛省の言い訳も無様です。本来輸入で済ませるべきを、わざわざ高いFACOで調達し、42機の内30機の生産は決まっちゃったから、42機のままでは輸入に切り替えられなかったよ、といっているわけです。整備をするのにFACOの施設は必要ありません。

こういう言い訳をして検証もしなければ誰も責任を取らない。そして同じような間違いを延々と繰り返す。それが防衛省、自衛隊の体質です。

それを助長しているのが記者クラブです。本来防衛省は他の民主国家並に情報を開示すべきです。ところが装備や予算に関心がなく、防衛省の馴れ合いの関係維持が最大目的である記者クラブが専門媒体や他の媒体、フリーランスを会見を含む取材機会から排除しているので納税者や政治家が得られる情報が極めて限定されています。
記者クラブが文民統制を危うくしている下手人です。記者クラブの開放、あるいは解体こそが文民統制への道であります。

■本日の市ヶ谷の噂■
陸自伊丹駐屯地では5年前に問題ありと言われて外された売店がまた舞い戻ることになった。が、選定が不透明で恣意的であり、隊員の利益を損なうと部隊の隊員が反対署名を求める事態に発展しているとの噂。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 18

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい

この記事へのコメント

やれやれ
2019年10月19日 23:13
戦闘機選定の迷走はまずステルス機ありきで他を一切考慮していない所から出発していると思います。F22が買えたとしても輸入しかありえない。次世代戦闘機とか戦闘機製造基盤とかは二の次三の次。F4の後継はステルス一本しか考えてなかったからいきなり開発中のF35に決まったのでしょう。数はとりあえずF4の減少分だけあれば後はどうでもよい。最初から100機以上ならライセンスもあったかも知れませんがそこまで考えてなかったから最終組立だったのでしょう。
これは悪手ですが製造基盤を活かすためにあえて少量でもライセンスに踏み切る手もありました。もちろん三菱に金を払わせるわけではなく政府が金を出すと言う方法で。そうすれば将来のF15初期型交換も対応できたでしょう。最初からそこまで考えとけよって事ですが。今となっては全ては最悪の方向に向かっていて手遅れですが。まあF3(仮)も独自開発できないでしょうし製造も厳しいでしょう。知り合いの話だとステルス実証機X2の開発も装備庁と防衛産業に仕事を回すためとなんか研究やってますよと言うフリの為に予算獲得(要するに予算を削減されない為)が主な目的だそうですから。ウソかホントか分かりませんがトホホな話も聞いています。だからX2には最初から冷めていたんですがね。
どこまでデータを取れなのかも疑問が残るしそろそろスクラップにするような話もあるそうで例え黒歴史?でも博物館に展示するべきだと思いますが壊すとなると証拠隠滅ですかね?情報漏洩といっても技術力の無さが露呈しないようにでしょうけど。アメリカでも試作機公開していると言うのに。

>■本日の市ヶ谷の噂■
どこかの議員か陸将補から口添えでもあったのでは?
利用している隊員から信用されてない時点でもう...
濡れネズミ
2019年10月19日 23:23
そもそも、上層部関係者(全自衛隊)にはあまり技術の導入に積極的では無いんでしょう、機甲科にアクティブ防御装置とレリークト爆発反応装甲、護衛艦の乗組員にプロテクター無人哨戒艇、空自防空部隊に対空レーザーについて質問したら答えられませんでした(逆に質問されたくらいです。)。

そもそも本当に国防考えるならエンブラエルやらアントノフから輸送機を購入したり、イスラエルなどに資金を提供して技術導入を図るべきでした。
しかし、現実にやったのはアメリカ、西ヨーロッパ旅行です(せっかくならボスニア、南オセチアやらクリミアに行けば良かったのに。それこそ正しい派遣武官でしょう?)

導入を図るべき技術を見ないで役に立たない古城見物に予算を使うマーヴェリックもどきらしい話ではありませんか。

噂の話で勇気を貰いこのエピソードを書きます。
基本的に私のいた部隊では盾桜か戦人の製品を購入するのが強制でした、コンドル、ブラックホークなどは禁止です。

理由は使用者が増えると売店の受注企業が2社の製品を扱わなくなる、そして妻帯したベテランが使えないのがかわいそうだと思わないのか(新隊員の迷彩服が規定数まともに支給されていない部隊の言い分です。)という腐ったものでした。
aaa
2019年10月20日 11:43
産業基盤は壊れたと。

どうしようもないか。

当然のこととして、この結果にアメリカは喜んでるよね。
産業、軍需植民地化を進めてると。

アベアレあたりはそういう手先と化してることも分からないのだろうね。

日本を取り戻すだとか、やってることはまるで逆なのだけどね。

ネトウヨだとか、自民支持者だとかはどうしようもないけど。
KU
2019年10月20日 19:45
結局、清谷さんが何度も指摘されていた通りになっていますね。何かと清谷さんの話にケチをつけていた方々、息をしているでせうか?(^_^)。


>国連PKOで期待される日本の「教育」

http://news.tbs.co.jp/sp/newseye/tbs_newseye3809089.htm

国連も頼る相手を間違えていますよね...。こと、戦場医療に関しては。
ブロガー(志望)
2019年10月20日 22:13
お邪魔します。
 先の大戦で有力な高高度戦闘機が無かったために、B29に焼野原にされた挙句原爆まで落とされた事が、優秀(と思われる)戦闘機への異常なまでの執着を生み、その事が「戦闘機に何のために何をやらせるか」とか「将来を見据えてどのような種を蒔くか」といった合理的な思考を妨げているのではないかと思われます。
兵器は「それ以前の兵器への優越性」から生まれ、「同種兵器同士の競争」で成長し、やがて「新たな兵器に脅かされる」になっていきます。戦艦は完全に消え去りましたが、戦車は「陸戦では歩兵で占領制圧しないと決着がつかない事が少なくない」ので「歩兵の盾」としての役割が得られました。戦闘機も(携帯型も含む)ミサイル等に脅かされるようになりましたが、汎用小型戦術機というかある種のセンサー(レーダーだけでは物体が具体的にどんな航空機か分からない。アメリカの駆逐艦がイランの旅客機を撃墜した事例もある)としての役割があるので消え去る事は無いでしょうが、リーガルジェット機のような「市場が拡大しているので、新参者にも入り込む余地がある」ような事は無いものと思われます。ですから将来的に無人機とかに繋げるのでなければ、日本に戦闘機の開発及び生産基盤を構築する意味はあまり意味が無く、欧米の老舗の支援にでも回った方が良いのではないかとも思ったりもします。余談ですが将来的には「F35で最も多く作られたのは無人機タイプ」になるかも知れません。
aaa
2019年10月21日 06:56
ただ、戦闘機はF35も国際開発だしタイフーンもだし、テンペストもそう。
もう、F35が最後の有人戦闘機なんじゃないですかね。
昔から繰り返されてたけど。

戦闘機はあきらめて、ミサイルを純国産にすると。

それで軍事機密を固めると。
アビオニクスも純国産と。
これがまともなやり方では。

ただ、防衛省にそういう能力はやはり疑問だけど。

お役所能力としても三流さがさらけ出されちゃってるような。
やれやれ
2019年10月21日 11:58
KUさん、
ほとんど茶々ですがYahooニュースのコメント欄などを見ると彼らは大本営にはむかう正論に文句を言いたいだけでそれが当たっているか外れているかは気にしてないようです...つまり普通に息をして同じことを繰り返すだけ。ストレスの発散さえできれば自衛隊や日本がどうなろうと良いのでは?税金の無駄遣いに怒りを覚えても、最初に問題点や無駄だと言った反論者への謝罪や反省、リスペクトの気持ちは無く、たまたま結果がそうなった位にしか思っていませんよ。

それにしても
>国連PKOで期待される日本の「教育」
これ自衛隊が一番不得手な分野では?
山銅
2019年10月21日 13:02
別に輸入だろうが国産だろうが明確なビジョンの基に実行されてれば問題ないんだけど国営飛行機クラブの連中は
ステルス戦闘機欲しい!国内生産基盤なんぞもういらん

F-2後継は国産で^^
とか知恵遅れの行き当たりばったりな行動だからね
KU
2019年10月21日 19:11
>>>Yahoo

やれやれさん

結局、そういうことなのでしょうね。清谷さんや文谷さんの記事にケチを付ける人達の心理ってorz。自衛隊パイロットの飛行時間が減ろうが、装備品の稼働率が下がろうが、まともなエアコンが未だに装甲車輌に付いて無かろうが我関せず、と。


>市長の中止呼びかけも「無視」、学校が「組み体操」をやめない理由

http://www.bengo4.com/c_23/n_10276/

現実問題として負傷する児童生徒が続出しているのに、教育効果もクソも無いでしょうに。

Suica割
2019年10月21日 23:16
Suica割
2019年10月21日 23:25
間違えた。
ここを見ているみなさんは、F2のWikipediaを見るといいと思います。
Wikipediaは信憑性が低く信頼出来ないと言われているとはいえ、書いてある事が酷すぎる。
ようこんなので開発しようと思ったと悪い意味で感動できます。
エンジンをアメリカがダメなら欧州からしれっと買って来たらボディは国産でもなんとかなるとは思えない。(フランス辺りならセコくエンジンを売って自国利益にする位はする。)
そうしないところに何かあると思いますね。
昔は、アメリカ邪魔しやがってと思ってましたが、エンジンは他でも売ってるし、アメリカのエンジンを売って貰えないだけで諦めるのは何か不思議だと思った時に呪縛から逃れはじめました。
CPR
2019年10月22日 08:56
KU様の取り上げた記事ですが、恥さらしもいいところでしょう。
陸自衛生ドクトリンは「時代遅れとなった」「平時の」救急医療の考え方を元にしています。
戦傷医療の研究担当(衛生学校)が胸を張ってそれを打ち出す体たらくなので、隊員に対する標準化教育も薄っぺらいもの止まりです。
私物装具のように、自腹で部外の教育を受けた方がましというのが残念でなりません。

伊丹駐屯地の売店
自腹を切る隊員のためにと、現在のお店は真摯に商品を提供していると聞いています

この件で誰が得をするのでしょうか。
少なくとも、装具に私費をかける士気の高い現場隊員ではありません。

濡れネズミ様の事例は酷いものですね。
官給品の統制ならばまだしも、私費の使用先まで統制するのは権限逸脱ではないでしょうか。
理由も「かわいそう」という指揮官にあるまじき感情論です。
濡れネズミ
2019年10月22日 12:49
いやー、予想通りの展開ですね。

https://www.youtube.com/watch?v=QHgsSiPodbE&feature=share

怒り狂ったトルコを筆頭にした周辺諸国、口先だけの西ヨーロッパ諸国、目的を達成して悠々と引き上げる超大国。

結局クルド人は裏切られてお終いという歴史を繰り返しました。(世界史のしっかりとした教育って大事ですね。)
KU
2019年10月22日 22:04
ツイッターのアカウントがブロックされていますね。今度は何が気に入らないのやらorz。
Masaya Hariu
2019年10月23日 13:50
あの〜、清谷氏のTwitterまた凍結されたので、自分の主張する手段をTwitterからYouTubeへ変えてみてはどうでしょう?

ネット左翼とネット右翼から「あ〜でもねぇ、こ〜でもねぇ」とコメントでケチつけられるでしょうが、清谷氏は過去に本を出してますし、テレビ番組に出た経験があるので、もしかしたら短期間で動画の収益を得られるかもしれません。

YouTubeでは自衛隊の変な動画が目立つので、自衛隊の問題点を指摘する動画を投稿すれば、自衛隊を正すきっかけになるハズですよ(英語の字幕を付けたらいいかもしれません)。

ただ度が過ぎた動画を投稿すると、シバターみたいにチャンネルを凍結されたり、ステハゲみたいに収益化出来なくなるので注意してください。
濡れネズミ
2019年10月23日 18:37
Twitterアカウント停止の件は非常に汚らわしい話です。

臭い物に蓋をしてもどうしようもない筈です。死人や重傷を負う人間が出ても大丈夫だと断言するのには限界がある筈です。

実際に装備の性能が不足し、資金、人材面でもあまりにも問題が多い。
黙れと言おうがその事実は揺るがないのです、これは決して黙り込むべき問題ではない。

CPRさん、私の迷彩服はツギハギだらけで半長靴は半分くらい底が抜けていました。
お陰で富士の裾野の長雨で塹壕足になりかけ、酷い目に遭いました。

官給品の迷彩服はポケットの隅から穴が開いた上に縫製がすぐにほつれるので陸自迷彩柄のシャツを切ってツギハギにしなければいけませんでした。(作業中に下衣の股のところが裂け、行軍の際に股ずれで酷い有様になった服を着て25キロ歩いても支給されませんでした。)

上司からたとえ補修でもミシンは陸曹以上しか使うなと言われました。
お陰で手で縫って穴を塞いでもすぐにダメになりました。

支給された官給品の雨衣は防水性をすぐに失いました。防水コートのスプレーを吹き掛けても無駄です。

私たちにポンチョは支給されていませんでした(陸上自衛隊は偉くないと傘を駐屯地、演習場等で使えません。しかし支給品の雨具の品質は悪く、演習で雨が降ると最後までびしょ濡れです。このためニックネームにしました。)
穴が開いた半長靴はいつまでも乾かず小石が入って不快どころか何時も靴ズレや血豆に水虫に苦しみました。

余りに惨めでS&Grafの半長靴と私物迷彩服、ポンチョを購入して使い始めました。

するとベテラン陸曹に「ぶっ飛ばすぞ」と叱られました。
彼に自分の新隊員教育からのボロ服と靴を見せると渋い顔で申請を出したか確認され、一年近く前に申請した上に支給定数が揃っていないので「余り使用しない様に」の一言です。(格闘教官で強面の方が何とも言えない顔になりました。)

3等陸曹以上はゴアテックスの私物雨衣や作業着代わりの私物を何着も持っていたのにです。
彼らはケラケラ笑っていました。

アメリカ海軍の中佐と通訳の陸自幹部が駐屯地を訪れた際に私物が使えずボロを着ていた為に彼らに質問されて、渋い顔の補給陸曹に申請から1年3か月でようやく更新、支給されました。

ただし、更新された時に支給されたのは私が被覆更新申請をした迷彩服と半長靴を補給陸曹に掛け合って自分の物にした先輩のお古です。
(現場で笑って話していました。今でも忘れません。私が待機していた中隊宿直室まで響く会話でした。補給陸曹(当時2等陸曹)「濡れネズミの申請の奴だけどいいだろーww」先輩(当時3等陸曹、教育に行く事になった)「あいつはどうせすぐに辞めるし大丈夫っすよww。教育に行く時は新品で行きたいっす。」私「・・・やっぱりか。諦めて私物買おう。」。 この後2年在隊し、任期満了時に裏門を出る時「自由だ!」と叫んで駅まで笑いながら走った時が本当にそれまでの人生で一番幸福な瞬間でした。)

以上により断言出来ますが気を遣わなくていいと判断された人員へ対応する時の奴らに良心などありません。かけらほどもないです。

是非とも陸自の不正を否定する人間が居たらこのエピソードを紹介してください。
KU
2019年10月23日 22:25
>>>ヘリ

こんな有り様でも、まだ、OH-1をAH化しようという夢を追い求めている方々がいるんですよねorz。そうした事があるからかは分かりませんが↓

>財政審、防衛装備品調達の改善要請「徹底した単価削減が大前提」

http://mainichi.jp/articles/20191023/k00/00m/010/239000c

あんな、ステルス戦闘機並みのお値段な国産輸送機とかを平然と買い続けたりするから...。
キヨタニ
2019年10月24日 11:37
コメントをフェイスブックで公開させて頂きました。

>濡れネズミさん
>
>いやー、予想通りの展開ですね。
>
>https://www.youtube.com/watch?v=QHgsSiPodbE&feature=share
>
>怒り狂ったトルコを筆頭にした周辺諸国、口先だけの西ヨーロッパ諸国、目的を達成して悠々と引き上げる超大国。
>
>結局クルド人は裏切られてお終いという歴史を繰り返しました。(世界史のしっかりとした教育って大事ですね。)
やれやれ
2019年10月24日 11:39
濡れネズミさん、
戦闘服他あまりなお話、涙が出てきそうです。
ボロいと文句が出て自費で何とかって話をよく聞きましたが、
知り合いが曹以上ばかりだったからか一般隊員の劣悪さまで
知りませんでした。これは酷い。こんな実態を知っていたら
士クラスは誰も募集に応じないでしょうね。
せめて普通の軍隊(基準をどこに置くかによりますが)並の
働ける環境と待遇でないと今後も大幅な人員不足(特に士クラス)
は解消しないでしょうね。

KUさん、
新型戦闘機のYahooニュースのコメントが記事内容とは裏腹に
意外と冷静な見方の書き込みが上位を締めている事に少々
驚いています。清谷さんはじめ啓蒙活動の結果でしょうか?
記事の内容ほどお花畑でなく現実的に厳しいとの認識が
広がりつつあるのは喜ばしいかも知れません。
理想的には記事の内容なんでしょうげど現実との乖離が
激しすぎてもう。それとF35が110億円に高騰というところは
笑うところなんでしょうか?40億円も安くなったのに。
ひゃっはー
2019年10月24日 23:34
せっかく射撃検定で特級を取っても、特級のき章を申請してから交付されるまで1年近くもかかるんだってさ。
あのー き章って補給処に一括して保管してあるものじゃないのでしょうか? もしそうなら、なんで1年もかかるんでしょうか? ひょっとして申請を受けてから注文して作っているのでしょうか?