財務省、財政制度分科会(平成30年10月24日開催)の防衛予算に関する資料を読む。その7

財務省の財政制度分科会(平成30年10月24日開催)において防衛予算に関しても討議されまた。その資料を財務省がHPで公開しています。

https://www.mof.go.jp/about_mof/councils/fiscal_system_council/sub-of_fiscal_system/proceedings/material/zaiseia301024/03.pdf

引き続きこれについて重要な指摘とその解説を行います。
資料では米国防総省の調達ポリシーについて説明、防衛省の有るべき調達姿勢を示唆しています。

>次期中期防の策定に向けた論点の整理(P25)
本資料では以下のように論点を整理しています。
>≪論点①:次期中期防や防衛関係費の水準≫
○ 実効的な防衛力の整備は、国民の確かな信頼と理解の下、健全かつ持続可能な財政を含めた総合的な国力を背景として初めて可能となるもの。次期中期防においても、社会保障など他の主要経費とのバランスを図りつつ、財政の持続可能性を踏まえた合理的な水準とする必要があるのではないか。
≪論点②:次期中期防策定に当たり、改善すべき点≫
○ 近年、新規後年度負担が増加しており、予算の硬直化を招くとともに、平準化されない形で歳出規模の増大を招きかねない状況。防衛関係費を適切にマネジメントするためには、次期中期防においても、新規後年度負担に一定の歯止めをかけていく必要があるのではないか。
○ 中期防別表において、国民に対する説明責任の観点から、計画単価を明示した上で、ライフサイクルを通じたプロジェクト管理等を通じてこれを遵守するとともに、企業側のコスト削減努力を促し価格低減を図っていくべきではないか。その際、単価が上昇する場合は、優先順位に従った調達数量のスクラップ&ビルドを徹底するべきではないか。
≪論点③:調達改革の一層の強化≫
○ 調達改革は、一時の取組ではなく、民間企業同様、永続的に取り組んでいくべき重要な課題。次期中期防においても、装備庁の能力・体制の更なる強化や防衛産業の再編などを通じて一層の効率化・合理化を図り、現中期防における達成額(7,700億円程度)を大きく上回る努力を行うことが求められるのではないか。
○ 装備品について、島嶼防衛や弾道ミサイル防衛を重視する観点から、必要性が認められても優先順位が低いものについては、調達時期の先送りなど適確なメリハリ付けを行っていくべきではないか。
特に、宇宙、サイバー、電磁波といった新たな領域において能力強化を図るのであれば、既存の装備体系の徹底した合理化・効率化が不可欠ではないか。


これには取り上げてられていませんが、重大な要素があります。それは首相官邸やNSCからのトップダウンで高価な装備を押し付けている、という現状です。かつてのナチス第三帝国時代、ヒトラー総統は自分の思いつきで、兵器の採用や、不採用を国防軍に押し付けましたが、それと同じことが現在の我が国でも行われています。グローバルホーク、オスプレイ、AAV7、イージス・アショアなどはその典型例です。
内局官僚はそれに異を唱えることなく、官邸の意向を忖度しています。

これらの高額な米国製装備が自衛隊の予算を圧迫し、その他装備の調達や、維持費、訓練費が削減されて稼働率や練度が大幅に下がっています。結果として自衛隊が弱体化して、米国の兵器産業が儲ける構図となっています。これは由々しき問題です。行政のプロセスを無視しています。

また旧式化した装備をいつまでも維持しているのも問題です。旧式化した護衛艦が多数維持されていますが能力が低いのに、多数の乗員が拘束されています。これらが行っている哨戒活動は無人機に置き換えたほうがよほど効率が上がるはずです。

またかつてはローターブレードの欠陥で2年、現在はエンジンの欠陥で3年以上全機飛行停止、ネットワーク能力も皆無はOH-1は全機飛ばすならば、あと10年の年月と400億円以上の多額の予算がかかります。本来AH-64Dで更新されるはずだったAH-1Sも老朽化、旧式化が進み戦力外ですがこれまた多くの人員が貼り付けられています。当然維持費もかかります。
すでに現代の戦闘に耐えられない旧式装備は廃棄し、その予算と人員などのリソースを他に振り向けるべきです。

更に申せば、来年度の防衛予算+事項要求+[当年度の補正予算での「お買い物」]が合算して本来の来年度の防衛予算という不透明な構図はやめるべきです。事項要求も一昨年度までは概算に含まれていました。また何度もご案内のように補正予算は本来予算編成時に想起しえなたった災害とか為替の変動などによって必要となった金額を手当するものであって、装甲車だの航空機を調達する予算ではありません(災害などによる損失は別)。

このような不明瞭をほとんどの記者クラブメディアは勉強不足なのか、政権に忖度しているのか知りませんが、とりあげず、「来年度要求分」だけを「防衛予算」であると報じ、解説や社説を書くのは一種の詐術であります。

■本日の市ヶ谷の噂■
防衛医科大学校では学生にEmailアドレスを与えない、夜に空調が切れるためにとても暑い、寒い、居室に鍵がない、粗大ゴミ業者とのやりとりや自転車の管理など、指導官の業務を学生に押し付けるなどの人権侵害が多数との噂。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

この記事へのコメント

やれやれ
2019年10月31日 11:10
「本来の来粘土の防衛予算」
来年度ですね。
それにしても不透明な兵器の買い付けに誰も文句を言わないのが不思議。忖度だけの問題なんでしょうか?自分達も密かに欲しい(何の戦略も考えず格好いいから)とかあったりしません?
イージスアショアは押しつけられた感がたっぷりですが、本気で欲しいのなら戦略的に導入するべきで設置場所も考えるべきなのに
いきなり導入と設置場所がセットで降ってくるあたり不自然極まりない。
しかも新型レーダーで実績も無い物を導入とか狂ってる。試験も日本で金出してやるのも狂ってる。全くヒトラーそのものですね。
もっともヒトラーの思いつきで怪しい新兵器が沢山出て結果今に繋がる物もあるだけマシだったのかも?日本の場合は自国開発では無く米国からのお買い物ですけらね。何も残りません。買った兵器が使える事を祈るだけです…
やれやれ
2019年10月31日 11:31
護衛艦の件はいい物?を長く使っていると言う感覚なんでしょうか。確かに旗風とか古いのが未だに現役ですからね。外観からもろくなアップグレードもしてない様に見えます。
そもそもステルス艦が皆無。ヘリ空母4隻位でしょうか?見た目だけが昔ながらの風情で格好良いのかも知れませんが、今はのっぺりで見た目がスッキリし過ぎていて面白くも無い艦が最新なんですけどね。とは言え急に増産するにも金もドックも多く無いので更新には時間が掛かりますよね。戦略的に更新をしていればもう少し早く切り替えて行けたのに。せめて秋月型からステルス艦にすれば良かった。一部それっぽい所は有りますが全体では普通ですよね。見栄えだけに注力しているのかな?コルベット的な艦種も無いし。中東に護衛で派遣するならディーゼルのコルベットでいい様な気がします。30FFMがちょと大きいけどその様な任務向きかも。
キヨタニ
2019年10月31日 12:51
ご指摘ありがとうございます。
訂正しました。

>やれやれさん
>
>「本来の来粘土の防衛予算」
>来年度ですね。
>それにしても不透明な兵器の買い付けに誰も文句を言わないのが不思議。忖度だけの問題なんでしょうか?自分達も密かに欲しい(何の戦略も考えず格好いいから)とかあったりしません?
>イージスアショアは押しつけられた感がたっぷりですが、本気で欲しいのなら戦略的に導入するべきで設置場所も考えるべきなのに
>いきなり導入と設置場所がセットで降ってくるあたり不自然極まりない。
>しかも新型レーダーで実績も無い物を導入とか狂ってる。試験も日本で金出してやるのも狂ってる。全くヒトラーそのものですね。
>もっともヒトラーの思いつきで怪しい新兵器が沢山出て結果今に繋がる物もあるだけマシだったのかも?日本の場合は自国開発では無く米国からのお買い物ですけらね。何も残りません。買った兵器が使える事を祈るだけです…
やれやれ
2019年10月31日 14:39
Twitter、政治的なツイートの広告を排除へ
https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1215926.html

清谷さんの書き込みが該当するのか知りませんが、
ツイッターには期待しないほうが良さそうですね。
濡れネズミ
2019年10月31日 18:08
やれやれさんのおっしゃる通りで当時はオールスター戦か何かに熱が入っていてまともに話を聞いていませんでした。

そして意識は対して変わって居ません。

https://www.youtube.com/watch?v=ISgdJWVUEEI&feature=share

https://www.youtube.com/watch?v=dca9WTu1syY&feature=share

民兵に普及しつつあるタンデム弾頭の対戦車火器、大口径の新型機関砲をまともに彼らが検討していると思えません。

旧式化した兵器の更新は急務だと思います、たとえその兵器の事しか知らないベテラン勢を切る羽目になってもそれは彼らの勉強(今日もミサイルを発射した仮想敵国の脅威にオールスター戦、Jリーグ、ギャンブルがなんの役にたちますか?)不足です。

もしこの意見に反対なら役に立たないものに投資し続けた自分たちが無能だっただけです。

噂の件はこれでよく志願者が増えると思うなとしか言えません。

 私の知る「学校」も結構入校した学生が揉めていました。
 陸曹、幹部問わず下手すると睡眠時間が2時間など非人道的な事をやっていました。
 その結果、私が知る限り2人自殺者が出ています。

私が勤務中にものすごい騒ぎが官舎で起きたのです、それが自殺された方が発見された時だった事が分かりました。

2人とも酷いノイローゼを起こしていたそうです、それを2回も正月頃に経験したので、私は警衛が大嫌いになりました。

なお、最初報告した際はどちらの時も信じて貰えず、後で警務隊に拘束されて話を聞かれました。
今でも忌々しい思い出です。
やれやれ
2019年10月31日 20:46
濡れネズミさん、
思った以上に凄まじいですね...これじゃ応募が減っても仕方ない。

オールスターに熱中するのも悪いとは言いませんが(余暇や娯楽は必要)、例えばたまにでも「軍事研究」誌でも読んでいれば少しは濡れネズミさんの話が分かったのではないかと思います。
少なくとも士官はちょっと位業界の事を調べるもんでしょう。業界の同行位知らないでは下に指導も教育もできないでしょう。
ムチでしばくだけなら猿でもできますよ。軍ヲタの方が最新動向の知識があるかも知れませんよね(汗)。

「民兵に普及しつつあるタンデム弾頭の対戦車火器、大口径の新型機関砲をまともに彼らが検討していると思えません。」
陸上装備研究所の展示にタンデム弾頭のミサイル用弾頭モデルがありましたから全く考えてないという事はないでしょうが、実用化まではされてないのであまり深く考えてないかも知れません。こんな弾頭もあるよ程度かも?

「陸曹、幹部問わず下手すると睡眠時間が2時間など非人道的な事をやっていました。」
これは例えば武器学校、需品学校の様な専門知識を学ぶ学校ですよね?レンジャー訓練でもするのでしょうか?って感じですね。死人が出ても不思議では無い。レンジャーの場合は必要だから過酷な訓練があると思いますが、学校でそこまでスパルタなんですか(怖)。それとも単なるイジメや嫌がらせの類でしょうか?必要な訓練と無駄なシゴキは違うと思っています。
aaa
2019年11月01日 07:17
これだけきっちり資料にまとめられてるワケよね

財務省は能力あるけどね。

あの仕分けの時も事務方は財務省だったというし。

これは

「装備品」

仕分け、防衛メーカー仕分けにつなげるべきでは?

天下り先の再編も、きちんとした方が、五月雨式に旧弊な装備の運用終了につながるのでは。

先例がどうのだとかでムダを繰り返してるわけでしょう。

天下りも効率化を図らないと。
そこらを仕分ける、と。

脚光を浴びたい議員先生も多いのでは?
もるひねお
2019年11月04日 17:29
>防衛医科大学校では学生にEmailアドレスを与えない、夜に空調が切れるためにとても暑い、寒い、居室に鍵がない、粗大ゴミ業者とのやりとりや自転車の管理など、指導官の業務を学生に押し付けるなどの人権侵害が多数との噂。


 捕捉させてください。内部のEmailアドレスのようなものは与えられていた気がしますが、その辺を含めたシステムを一度も使う機会が無く、授業でも使わない実質、無いに等しいです。
 空調は強、中、弱の調節しかできず。空調が使える季節は基本的に夜の0時に一律停止します。たまーに、切り忘れたのか0時以降も付いているときがあったりしました。
 居室に鍵はありません。
 並木祭(学校祭)のときの業者とのやり取りは基本的に学生がやらされていました(テストが近い時期なんですけどね)。自転車の管理は学生です。
 個人的な補足すると、学校行事、3年に一度の観閲行進などに対して、少なくとも私の在学時は一切の代休は付与されませんでした。防衛医大の事務は働かないことで(学生の間では)有名でした。
 ちなみに入学試験の手伝いもさせられます。

 補足を終わります。