清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 水陸機動団より空挺団の方が島嶼防衛に役立つんじゃないのかね?

<<   作成日時 : 2018/10/15 17:17   >>

ナイス ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 28

さて、本年度から水陸機動団が発足したわけですが、本当に必要だったんですかね?

そもそもまともに英海兵隊含めて、参考になりそうな海外の部隊をリサーチもしないで「ぼくのかんがえたかいへいたい」作ったわけです。控えめに言ってもあまり当事者能力があるとは感じられません。


政府が「島嶼防衛」といっているのは、尖閣などの離島の小島であり、沖縄本島や宮古島ではなかったはずです。

ところがAAV7は3年の評価期間を陸幕長が「アメリカ様に言われましたと」半年に端折って導入しました。おそらくは「官邸の最高レベル」から押し付けでしょう。とても主権を持った独立国じゃないでしょう。安倍首相は総理ではなくて総督なんですかね?
これが「新しい国」とか「日本を取り戻す」とか「戦後レジームからの脱却」というやつらしいです。

ですが、AAV7なんぞはビーチでしか揚陸できない代物で、尖閣なんぞでは使えず、沖縄本島とか宮古島など広いビーチがある場所じゃないと使えない。離島のリーフや防潮堤なんぞ超えられません。
そもそも強襲揚陸なんぞ現在では不可能ですが、AAV7はそのための装備です。それが現実的ではないから、米海兵隊もAAV7の近代化をキャンセルしたわけでしょう。


政府と防衛省は民間人巻き込んだ沖縄本島の奪回作戦をやる、「あの素晴らしい第二次大戦の沖縄戦をもう一度」と、いっているのに等しいわけですが、沖縄のメディアですからこれを問題にしない。不思議な話です。あれほど基地に反対しているのによくわかりません。

本来の島嶼防衛で、相手が上陸してくる前、あるいは増援部隊が上陸してくる前に水陸機動団を投入するのであれば、九州よりも沖縄に少なくとも一個中隊とその輸送手段をおいておくべきでしょう。

戦争に発展する大規模な戦闘は想定しない、相手の動きを察知したら上陸前、あるいは小部隊が上陸した段階で水陸機動団を投入するというのであれば、ですけども。

で、そのためにクソ高いオスプレイも導入したわけです。その巨額の導入及び運用費用で陸自のヘリ部隊の運用を危機に追い込みながら。
離島への兵力投射は既存のチヌークやブラックホークに給油機能をつければ可能ですが、それでは遅い、オスプレイは2倍速いと導入賛成する人たちはいいます。それだけ磯くのであれば沖縄本島あたりに部隊を配備するべきでしょう。


また、そういう目的であれば、水陸機動団を編成するまでもなく、空挺団の活用で良かったんではないでしょうか。空挺の一個中隊程度とオスプレイを沖縄に配備しておけば迅速に展開できるはずです。
あるいはチヌークやブラックホークでもいい。本土からオスプレイで運ぶよりもよほど早く現地につくことができます。

ところがオスプレイも佐世保界隈に配備(予定)、水陸機動団を佐世保界隈でのせて、おっとり刀で駆けつける。一刻を争うというのにのんびりした話です。

場所にもよりますが、オスプレイよりもC-130HやらC-2に空挺団を載せて、投入した方が速いでしょう。所詮オスプレイの速度は固定翼機よりも遅い。九州からでもC-2で輸送する方が確実に速い。しかも車輌か重火器も投下できます。C−1もまだ現役です。
実戦に投入できるオスプレイはせいぜい12機程度でしょう。運ぶのは兵隊だけじゃなくて、弾薬から対戦車、対空装備、陣地構築の装備や食料なども必要です。ですが車輌は懸吊しないと運べませんし、検量輸送すればご自慢の速度はかなり遅くなります。

輸送機からの空挺作戦の場合、仮に尖閣のように狭くて落下傘降下が難しい場所でも、セミリッジボートを投下することも含めて、水上に降下することも不可能ではないでしょう。
また車輌や重火器も投下が可能です。

エアボーン作戦を主力として敵が本格的な侵攻をする前に展開するのであれば、空挺団を使えばいいわけです。わざわざ大カネかけて水陸両用を編成して役に立たないおもちゃを買う必要はなかったはずです。そういう事を考えたのでしょうか。

逆に申せば、せっかく存在している精強部隊の空挺団がお茶を引いているのはもったいない。もっと空挺団の活用を考えるべきです。

もっと根源的な話をすると、敵が上陸しそう、した場合には特殊部隊を投入して情報収集をするのが常套手段です。ところが尖閣などに特殊作戦群を投入する手段はありません。ブラックホークでは航続距離が足りません。諸外国のように潜水艦による潜入手段もありません。輸送機で近くに海に可潜艇などを投下して、それで侵入するような手段もありません。
以前から申し上げておりますが、オスプレイをどうしても政治的(自衛隊も導入しましたよ、これを本土に配備しますよ、だからオスプレイは安全ですよ、沖縄皆さん)に導入する必要があるならば特殊部隊用にCV-22を数機導入すればよかった。そうであれば特殊部隊の投射能力が獲得でき、調達・運用コストも抑えられたはずです。

現状、偵察もしないで相応の部隊を丸裸のMV-22で送り込むならば、無責任な投機的な作戦となり全滅する可能性もあるでしょう。オスプレイに随伴できる攻撃ヘリはありません。


それから昨今空挺部隊用の装備があまり更新されていませんが、消防では結構導入されているアルゴ社の水陸両用の8×8なんぞよろしいかと思います。低圧タイヤで不整地走行力が高く、牽引力も強いのでトレラーを牽引して物資を運んだりもできます。無論、落下傘降下した部隊の隊員を迅速に集合させることにも威力を発揮します。南アの空挺部隊のゲッコーはその派生型です。実はその一輌が日本の輸入元が持っているそうです。

画像

画像


画像


http://www.tokyo-dar.com/news/4712/
http://www.tokyo-dar.com/news/4718/

まあ、優先順位と必要性の怪しい装輪自走155ミリ榴弾砲なんぞ導入するならば、これの方が遥かに役に立ちますよ。自走砲1輌のお値段で全空挺部隊の車輌が揃うでしょう。
しかもAAV7と違って水害などの災害派遣でも有用です。


水陸両用部隊を編成するにしても初めは1個中隊程度の普通科を中核にした部隊を編成して、それで研究をしながら経験を積んで旅団規模の部隊を作ればよかったはずです。であれば畳の水練で貴重な予算を無駄使いしなくて済んだはずです。


思いつきとか、思い込み、軍事音痴で米国のご機嫌取りしか頭にない「最高指揮官」の権力維持、保身のために軍備を整えようというのは税金の無駄使い以外の何ものでもありません。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 23
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(28件)

内 容 ニックネーム/日時
こんな有様で戦争なんかやったら確実に負け確定ですネ。取り返しがつかなくなった後で気づいても遅いんですがね。
AAC
2018/10/15 17:36
清谷さん、
全く個人的な推測ですが水陸機動団は島嶼部の防衛が第一では無いのではないでしょうか。任務の一部でしょうが主たる任務は米海兵隊と一緒に派遣するとかではないかと勘ぐっています。目的としては北朝鮮上陸作戦とか。仰るように尖閣のような小島の防衛には、特に海岸が岩ばかりの島ではAAV7は使用できません。それにAAV7自体も遅いですし。敵を急襲するなら海からよりも空からのほうが良さそうだとは思います。九州からAAV7を輸送艦で運びって事をしているだけで1週間位掛かりそうです。それとAAV7だったらRPG7程度でも穴が空いて沈没して全滅そうです。第1空挺団は降下訓練始めで島嶼部の奪還作戦ってシナリオを好んで行っているし落下傘降下でも海装備で降りてくる隊員もいますから想定はしているのでしょう。それにしても装備からだと尖閣防衛作戦がまるで分からないのは何故でしょうね?何も知らなかった大昔はAAV7の様な水陸両用装甲車があれば、とか思っていたのですが実際の性能を知ったら何故高い金払って新品を沢山買ったのか不思議な程です。水陸両用ってだけで素人受けするのかなと。あと沖縄本島の人は米軍がいるのにのこのこ上陸する奇特な軍隊はいないと考えているのではないかと。
やれやれ
2018/10/15 18:29
> 仰るように尖閣のような小島の防衛には、特に海岸が岩ばかりの島ではAAV7は使用できません。それにAAV7自体も遅いですし。敵を急襲するなら海からよりも空からのほうが良さそうだとは思います。

> あと沖縄本島の人は米軍がいるのにのこのこ上陸する奇特な軍隊はいないと考えているのではないかと。

やれやれ様、沖縄生まれの沖縄育ちの芥川賞受賞作家で、辺野古移設反対運動に参加し、大阪府警の機動隊員に「土人」呼ばわりされた目取真俊氏は、数年前に新潟日報のインタビューに対し「尖閣諸島に中国軍が上陸したら、徹底的に空爆すれば良いじゃないか。オスプレイに自衛隊員や海兵隊員を乗せて急派するなんてリスクが高過ぎる」と答えていました。反戦左翼らしからぬ率直かつ合理的な発言で驚いた記憶があります。

貴方の予測通り、自衛隊は「島嶼防衛」と言いながら実際は「米海兵隊の子分」として水陸機動団を使いたいんじゃないかと思います。だから装備品は米海兵隊と同じ、一緒に訓練する相手も米海兵隊だけ。
被本塁打大王
2018/10/15 19:11
沖縄が重要だと言うなら空挺とか水陸じゃなく、最初から本隊を置いとくべきでしょう(笑)沖縄は地下鉄を建設した方が良いですよ、イザとなったら地下鉄を防御陣地として利用して戦えるように造ればいいんです。
マリンロイヤル
2018/10/15 19:18
被本塁打大王さん、
そういえば尖閣諸島って米軍の演習場でしたね。すっかり忘れていました。なので爆撃するって方が効率的かも知れませんね。どのような方法で上陸しどのような方法で占拠するのかもあるかも知れませんが、制空権があり航空優勢なら兵糧攻めにしつつ嫌がらせで空爆し全滅を待つのが効率的かも知れませんね。住民もいませんし。余りにも当たり前過ぎて目からウロコですよ。なんか上陸作戦しないといけない幻想に囚われてました(汗)。制空権がある限り占領され増員され要塞化されるまでなんて簡単に短時間にできる訳も無いですから。
やれやれ
2018/10/15 23:49
> 沖縄は地下鉄を建設した方が良いですよ、イザとなったら地下鉄を防御陣地として利用して戦えるように造ればいいんです。

マリンロイヤル様、平時は普通に住民の通勤通学の足として活用してもらうわけですな、分かりますw

沖縄は沖縄県営鉄道は1945年に運航停止になって以降、すっかり車社会になってしまい交通渋滞が常態化しています。2003年に沖縄都市モノレール線が開業しましたが、まだまだ不十分。地下鉄作って、さらなる脱クルマ社会を目指しましょう。
被本塁打大王
2018/10/16 06:41
> 政府と防衛省は民間人巻き込んだ沖縄本島の奪回作戦をやる、「あの素晴らしい第二次大戦の沖縄戦をもう一度」と、いっているのに等しいわけですが、沖縄のメディアですからこれを問題にしない。不思議な話です。あれほど基地に反対しているのによくわかりません。


沖縄本島のメディアは米軍については熱心ですが、自衛隊配備についてはあまり取り上げていません。
しかし配備先の地元メディアでは住民避難について取り上げていますし、住民もまた国や自治体の態度を追及しています。


一例ですが・・・

■有事の住民避難は困難
http://www.y-mainichi.co.jp/news/28892

住民説明会事前質問回答
http://www.mod.go.jp/rdb/okinawa/07oshirase/kikaku/kikakubu-info/280610IshigakiJizenshitumonkaitou.pdf


「危機管理」という言葉が大好きな右派首長や市議達は、住民避難にもちろん「我関せず」で、陸自を配備さえすれば安心安全だという態度です。

かといって左派が住民保護に熱心というわけでも無く「戦場になれば逃げ場所は無い→戦場にしなければ良い→基地があるから戦場になるので無防備に」といういつもの反軍思想に基く論法なので、「軍民混在の沖縄戦」「戦争マラリア」をネタに配備反対運動(選挙活動)をしているだけです。
あああ
2018/10/16 09:55
やれやれ様
被本塁打大王様
>目的としては北朝鮮上陸作戦
>実際は「米海兵隊の子分」

戦後の米国の思惑を踏まえると、日本を米国の防波堤と化して、日本において戦う戦力として整備されたのが陸上自衛隊です。
陸自が現在まで一貫して規模を縮小することなくあり続け、ドクトリンは冷戦時代から変化がなし、演習の想定は国内のみ、米軍の来援前提といった諸々の現状を鑑みれば、これは今でも変わっていないのではないかと。
とすると、水陸機動団の役割もお二方がご推察の通りであり、佐世保に配置されているのも辻褄が合います。
有事において朝鮮半島から撤退する際、朝鮮半島南端を確保する役割を負うのではないでしょうか。

https://nationalinterest.org/blog/buzz/commanders-complete-chaos-5-worst-generals-american-history-33486
米国5大悪将
我が国は5大で済まないですが……。
CPR
2018/10/16 11:58
でわ手始めにドイツとかロシアの、あんなそんな空挺戦闘車を大人買いしませう(^_^)。だいたい機動団を編成するったって、既存の部隊を大幅に整理統合するわけでなし、単に、あちこちから人員を引っこ抜いて頭数を揃えたわけですよね。いつまで、そんな小手先な策が通用するやら。

KU
2018/10/16 12:35
あああ様、私は下地島空港への空自戦闘機部隊の配備や平良港への海自艦船の配備には賛成ですが、今回の陸自配備計画は見直すべきとの立場です。自分で水源を絶とうとするなんて徳川家康や武田信玄ら戦国武将もビックリですよ。

地下水保全が最優先 陸自配備計画 宮古島市民が討論会https://ryukyushimpo.jp/news/entry-237487.html

二俣城の戦い。武田軍が水源を破壊したことで徳川の守備隊は降伏に追い込まれた。
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%8C%E4%BF%A3%E5%9F%8E%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84

それとも宮古島の警備隊は雨水を貯めたり、海水を淡水化したりして飲料水を確保するつもりなのかな?効率悪くないか?(汗)
被本塁打大王
2018/10/16 12:57
空挺団といえば、以前文谷氏は空挺大隊に改組すべきとブログに書いてました。実戦力はそのままでお偉いさんとそのお世話係をカット♪

http://schmidametallborsig.blog130.fc2.com/blog-entry-790.html
被本塁打大王
2018/10/16 15:15
被本塁打大王様

>自分で水源を絶とうとするなんて徳川家康や武田信玄ら戦国武将もビックリですよ。

>地下水保全が最優先 陸自配備計画 宮古島市民が討論会https://ryukyushimpo.jp/news/entry-237487.html

宮古島については、防衛省が予定地とした「大福牧場」は宮古島市地下水審議会学術部会の報告の結果「配備断念」となり、島内の別の場所での駐屯地建設となっています。
https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/60359

山が無く地下水に頼る宮古島とは異なり、水源が豊富な石垣島では、駐屯地から流れ出る廃水等により例え水質汚染があったとしても別に水源を求めれば良いとの市長の判断から、地下水への影響調査はしないことになっています。

防衛省及び配備推進派は、住民保護はおろか島の実状(水源確保など)を顧みずに配備計画を進めており、軍事的・防衛的な意義よりも、別の何かを重視している様子が見え隠れしています。しかしこの「裏事情」に触れるメディアは現状見受けられません。「ソ連脅威論」に続く「中国脅威論」や「自衛隊の必要性」といった戦後長く続いている単なる「保革の二元論」に矮小化され、「軍民混在の沖縄戦」を省みた防衛論に至ることはありません。
あああ
2018/10/16 17:33
沖縄に来たらやるからな。というスタンスなのは間違いないですよね。
 それだったら1個増強中隊か1個大隊でも置いておけばより効力は増しますよね。
完全に同意できます。
有事の際、沖縄に対して中国がどれぐらい打撃を加えるかは分かりませんがそれでも抑止の観点から言えば動けない米軍よりも動ける部隊が居る方が脅威になるのかなと思います。
cv22は・・・・何でもないです。あの手の物は危ない気がするので何も言いません(笑)
19190213
2018/10/16 19:29
※新拳銃

http://mobile.twitter.com/jpg2t785/status/1052020910012547072

グロック17とベレッタAPXの一騎討ちですか···。デザイン的にはAPXが(ry。
KU
2018/10/16 22:25
あああ様、情報提供ありがとうございましたm(_ _)m

>防衛省及び配備推進派は、住民保護はおろか島の実状(水源確保など)を顧みずに配備計画を進めており、軍事的・防衛的な意義よりも、別の何かを重視している様子が見え隠れしています。

白竜「でかいシノギの匂いがするな!」
被本塁打大王
2018/10/16 23:17
19190213様

>沖縄に来たらやるからな。というスタンスなのは間違いないですよね。
 それだったら1個増強中隊か1個大隊でも置いておけばより効力は増しますよね。

平成24年7月の時点では、宮古島石垣島への自衛隊配備は「先島周辺の初動を担任する部隊(1個連隊規模)」となっていました。
http://www.kokuta-keiji.jp/wp-content/uploads/2018/04/kokutagennponn.pdf

それが翌25年の離島奪還を想定した統合演習を経て「地対艦ミサイル部隊・地対空ミサイル部隊・初動を担任する警備部隊(普通科)」の配備となりました。
https://www.sankei.com/politics/news/131106/plt1311060006-n1.html
http://www.y-mainichi.co.jp/news/23666/

柳澤協二氏は、地対艦ミサイル地対空ミサイルも配備するという変更については当時の西部方面総監番匠氏の意向が働いた旨の発言を某講演会にてしました。

防衛省は離島への陸自配備を「力による現状変更を許容しないとの我が国の意思を示し島嶼部への攻撃に対する抑止力を高めるもの」と説明していますが、「その目的のためならば当初の計画通り1個連隊規模の普通科部隊のみでも十分ではないのか?」といった国民的議論も、島嶼防衛を考えるならば本来必要だったかもしれません。
あああ
2018/10/17 10:11
ハリスとL3テクノロジーズが合併合意−米6位の防衛請負業者に
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-10-14/PGM02I6K50XT01

日本の防衛産業も早く統廃合を進めるべきでしょう。
CPR
2018/10/17 11:34
>30FFMはバッチ3まで計画されてるんで、もう従来型のDDは当面作んないのよ。

http://mobile.twitter.com/otfsx1228/status/1052349615754829824

竹内さんのことだから、ガセの可能性は低いでしょうけど、やはりと言うか、大量生産するんですかね。

>泣き叫んで血を流す!リアルすぎてトラウマになりそうな医療訓練ロボット(動画あり)

http://wired.jp/2018/10/17/hal-robot/

最近でこそ、日本の防災訓練でもリアルさが追及されるようになりましたが、こうした、よりリアルなロボットも必要ですね。


KU
2018/10/17 12:54
> 防衛省は離島への陸自配備を「力による現状変更を許容しないとの我が国の意思を示し島嶼部への攻撃に対する抑止力を高めるもの」と説明していますが、「その目的のためならば当初の計画通り1個連隊規模の普通科部隊のみでも十分ではないのか?」といった国民的議論も、島嶼防衛を考えるならば本来必要だったかもしれません。

密室でコソコソ決める防衛省の体質、何とかなりませんかねえ(防衛省に限らず、他の中央省庁も同じかもしれませんが)。
被本塁打大王
2018/10/17 21:49
お邪魔します。
 日本人には論理が無いので、国防・安全保障を「体系的に」考える事ができません。「北朝鮮の核ミサイル」「中国の海洋進出」といった問題に対し、個別かつ思い付きで対応するばかりか、それの指摘に対しても「不安を煽ろうとしている」としか受け取れないのです。
 日本人が求めているのは「具体的な安全保障」などではなく、「心情的な安心」です。安全保障を現実的かつ具体的に考えれば、限界というか「ここまではできるが、それ以上はできない」といったものが見えてきますが、日本人はそういったものには耐えられません。余談ですが現首相への支持も、政策やその成果というよりも「自信ありげな姿に安心を感じる」というのがあるのではと思われます。尤もそれは「自信」ではなく、「周囲に守られ続けてきたが故の危機意識の低さ」かも知れませんが。ですからいっそF35もオズプレイもAAV7も"ハリボテ"で良いのではないかと思われます。攻撃ヘリも実質「放置状態」なのでしょうから。それか国内だけを考えれば、核ミサイルの"サイロ"だけを作って、その中に核ミサイルがあると思わせれば良いのではないかと思われます。尤もそんなことをしたら国際的には、「先の大戦直前の状態」になるかも知れませんが。
ブロガー(志望)
2018/10/17 23:38
ブロガー(志望)
同感です。
張りぼて防衛力を誰かが望んでいる事は事実だと思います。
敵策源地を叩けない手前もあって抑止力を高価な正面装備に頼らざる得ないのもあるとは思いますが結局の所、南西諸島においては機械化した部隊の存在は沖縄本島ですら限定的です。
 南西諸島に限って言えば、重視すべきは、高射特科と地対艦の増勢、普通科の移送手段や火力の増勢だと思います。
現有装備や編成を地道に続けるのは理解できるのですが普通科火力に関して言えば、未だにM2を対空火器として用いるの(確か重迫と何処かの小隊は対空火器扱い)は無理があると思いますし(寧ろ陣地に据えた方が攻撃側は嫌かと)対空火器でPSAMをより多く運用されると敵方はヘリボーンなんかは躊躇ってくれるのではないかと思います。PSAMが高いなら(訓練もあるので)部隊を絞れば良いとも思いますが。
(上記は普通科ではない私が思う事なので誤りもあるかと思います)
前回、部隊配置について述べたのですが誤りですね。
”駐屯地”の意味を考えれば脅威が増せば配置換えもありますしそれが普通ですね。
19190213
2018/10/19 01:02
部隊配置に関して言えば、攻撃側がどのような規模と目的をもって攻撃するのかが不明瞭な事を踏まえれば配置を見せる事は敵方の計画を有利にするのかなとは思います。
攻撃側の有利を打ち消すにはこちらの意図を若干暈かして見せた方が良いのかもしれません。
脅威度次第では部隊を移駐させるのかと思います。
それでも、沖縄に作戦行動可能な部隊を置くことは大きな抑止となる事は変わりないとは思いますが・・・・。
19190213
2018/10/19 01:09
> 対空火器でPSAMをより多く運用されると敵方はヘリボーンなんかは躊躇ってくれるのではないかと思います。PSAMが高いなら(訓練もあるので)部隊を絞れば良いとも思いますが。

19190213様、以前清谷氏が「オスプレイはヘリと比べ着陸に約3倍の時間がかかる上にローターブレードが短くヘリモードでの空中機動性が低い。敵の対空砲火に対しては回避性能が悪く、脆弱である」と言って、オスプレイの大量導入に反対してました(https://toyokeizai.net/articles/-/47070)。

自軍の対空火器を強化するどころか、敵の対空火器に弱そうなオスプレイを導入するとは。陸自のお偉いさんって、対空火器を軽視しているんですかねえ…orz
被本塁打大王
2018/10/19 20:05
あああさん
私は既存の部隊から引き抜いて新設するので南西方面への地対艦や高射特科の配置は賛成です。

被本塁打大王さん
ヘリボン訓練自体は空挺や12旅団(限定的ながらも陸士も参加して技能はあるようです。訓練展示を見ると120hmや機動車等も空路から投入可能なくらい練度はあると思います。ただしヘリは足りていませんが)などで盛んに行われているのですが実際の所、敵対空火器を排除しなければ空中機動自体を行いません。(ノウハウが0ではないです)
まあ実際は歩兵の持つ対空火器まで殲滅するのは困難ですが。
対空火器を軽視している訳ではないのですが、実戦が迫る前まではM2でも許容できるという考えだと思います。(理由は、PSAMの訓練コストやM2が完全に使えない訳ではないので費用対効果を見て優先しなかったのだと思います。これは誘導弾全般に言える事ですが砲と比べるとどうしても継続してコストが高くなります)
個人的に言えば”これからの話”であって対空火器を一線級の部隊(全部じゃないです。)には増強したほうが良いとは思います。
減らす分野で言えば”制服”とか”お高い火器”とか沢山あります....が既に遅いか。
19190213
2018/10/19 23:24
 既存の火器で有用なものを集めれば普通科の火力は底上げできますし戦術も増えると思います。軽迫なんかは増やしても良いと思いますしライフルグレネードよりも(あんまり見ない使ってたらごめんなさい)使いやすい物はあるのではないかと思います。
これまた話が逸れるのですがFTC等では戦車の車載機銃が歩兵に猛威を振るう話を耳にしましたのでやはりM2は普通科ナンバー中隊にこそ必要と思います。(フォークランドも踏まえると猶更)
話が逸れまくりましたが総じて言いたいのは、費用を安く抑えながらもかなり有益に普通科火力を増強出来たのではないかという事です。

CV22とか訳わからん物体とかは、陸自が望んで欲しかったのかは私には分かりません。
ちゃんと運用する側がトライアルとか要求を設けたのとか、上の方が良かれでやったのかそれとも大きなピザデブの国が持ってきたのかは一切分かりません。
残念ながら。
しかしながら、ヘリの増勢(特にCH,UH)を望んでいた部隊の身内からは数が揃うのかとか使いやすいのかとかの不安や疑問はあったようです。
19190213
2018/10/19 23:26
>CV22とか訳わからん物体とかは、陸自が望んで欲しかったのかは私には分かりません。

>ちゃんと運用する側がトライアルとか要求を設けたのとか、上の方が良かれでやったのかそれとも大きなピザデブの国が持ってきたのかは一切分かりません。

19190213様、大きなピザデブの国から買わなきゃいけないのなら、オスプレイよりS-97レイダーやSB>1デファイアントを買ってほしかったです。二重反転ローターという「枯れた技術」を採用しているので、オスプレイより調達コストもランニングコストもずっと安いと聞いております。

二重反転ローターとプロペラの推力で高速飛行も可能なヘリコプター「S-97 RAIDER」
https://gigazine.net/news/20151014-sikorsky-97-raider/

ロッキード・マーチンが次世代型軍用ヘリ「SB>1デファイアント」のCGアニメーションを公開
https://news.militaryblog.jp/web/Sikorsky-Boeing-SB-1-DEFIANT.html
被本塁打大王
2018/10/20 07:47
>しかしながら、ヘリの増勢(特にCH,UH)を望んでいた部隊の身内からは数が揃うのかとか使いやすいのかとかの不安や疑問はあったようです。

19190213様、オスプレイは米海兵隊員から「ダッハウ(強制収容所)行貨物列車」と揶揄されている模様。隊員たちをこんなものに乗せてはいけませんね。

>>実際にオスプレイの飛行性能はまったく余裕がない。「カタログ性能」を維持するため、当然必要な安全対策も犠牲にされた。狭いキャビンは一切内装材がなく複雑な配線配管がむき出しのまま。複合素材+エポキシ樹脂のモノコック構造の貨物室は、重量増加を嫌って窓すら省略された。重量軽減のため冷暖房も与圧装備もなく真っ暗な、わずか幅1.74m×高さ1.67m×長さ6.34m(注:Wikipediaの寸法データは誤り)の狭い貨物室に完全装備で互いに膝を突き合わせて押し込められる海兵隊員たちはこれを「ダッハウ行貨物列車」と自嘲している。操縦席と貨物室の視界の欠如により着陸時の誘導の障害となることが、イラクでの戦訓でのオスプレイの欠陥の一つと指摘されている。

http://www.liveinpeace925.com/us_base/series_osprey3.htm

「沖縄県民に安全性をPRしたい!」と言うのなら、1機だけ買ってVIP輸送機にすれば良かったのに。アッキーは自ら変態好きと公言してますから、嬉々として乗ってくれるのでは?(小並感)
被本塁打大王
2018/10/20 07:55
> 陸自が現在まで一貫して規模を縮小することなくあり続け、ドクトリンは冷戦時代から変化がなし、演習の想定は国内のみ、米軍の来援前提といった諸々の現状を鑑みれば、これは今でも変わっていないのではないかと。

CPR様、アジア太平洋戦争終結から73年、ソ連崩壊から27年を経過したのに未だに「米軍の子分」と言う立場に甘んじている陸自を見るとやり切れなくなります。

無論、中国の軍拡や北朝鮮の核開発等、東アジアの軍事情勢はきな臭いものがありますが、いいかげん米軍べったりはやめようよ。
被本塁打大王
2018/10/20 17:34

コメントする help

ニックネーム
本 文
水陸機動団より空挺団の方が島嶼防衛に役立つんじゃないのかね? 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる