2018年6月ロンドン日記 その1 ケツを喰う。

画像


さて日曜日にパリからロンドンに移動。パリ最後の食事は、常宿ちかくのカフェ、メトロのサーロインステーキとボルドーの赤ワイン。

画像

ヒースロー空港の入管は相も変わらずで、やく2時間待ち。

画像

コベントガーデンで見かけた少年。いったいどこでこういう間抜けなTシャツを買ってくるんだろう?

画像

例の和食チェーン、WASABIでは七夕フェスティバル。

画像

短冊も飾ってます。

画像

ソーホーの公衆電話のエスコートガールのチラシは相も変わらず。

画像

近年よくいく、ソーホーのディーンストリートで夕食。アスパラのリゾット(麦)。

画像

メインはリブアイステーキ。気功の後なのでお酒はなし。

画像

最後はダブルエスプレッソ。


画像


パリでの飽食のせいか(それで朝はショウガ紅茶、昼は人参ジュース)のせいか、デヴをこじらせたようなので、昼夜人参ジュースなるもちょっと、さみしいの夜は近所のパブで更にアイルランド産の「液体のパン」を摂取。


画像

ASCODの最新型ICV。エルビット社の30ミリ無人砲塔を採用しています。昨今ICVでは軽量化のため、ストライカー、ボクサーなど無人砲塔を採用するケースが増えています、更にこれもそうですが装軌式だと40トンクラスでもゴム製の履帯の採用も多いです。これらは軽量化のためです、これだけで数トンの軽量化が可能です。また砲塔バスケットがないので無人砲塔を採用すると車内容積に余裕がでます。無論車長がハッチから顔をだして、状況把握ができない欠点がありますが、それをトレードオフとしてベネフィットが多いと考えるユーザーが増えているようです。
エルビット社のアイアンビジョンのような、車内にいて360度の状況把握ができるシステムも普及してくるでしょう。音やこまかな、感覚までないでしょうが無人砲塔の欠点がかなり解消されます。中間的なものだと、1人乗り砲塔という選択もあります。現在はあれこれ過渡期であると思われます。


サトリでは陸自は●○○からの視察もありました。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い

この記事へのコメント

KU
2018年06月20日 09:57
>>>Tシャツ

当の本人は「こんなシャツを着こなしている俺ってイケテる!」と思っているに違いまい!···違いまい(汗)。いやあ、若さって怖いですねえ(((^_^;)。あとロンドンというと、先日に見掛けた記事ですが↓

>ロンドンで治安悪化“スクーターギャング”が襲来

http://txbiz.tv-tokyo.co.jp/wbs/newsl/post_157185/

清谷さんのことだから大丈夫かとは思いますが、気を付けてください。


>>>ASCOD 新IFV

同じ島国なんだし、1から国産開発するにも、それなりに時間が掛かるわけだし、世界のトレンドを肌で感じるためにも派生型のこんな車体

http://en.m.wikipedia.org/wiki/Ajax_(armoured_vehicle)

とかと一緒に大人買いして欲しいです!
マリンロイヤル
2018年06月20日 21:33
最近はラムチョップが出現しませんね(笑)
名無し
2018年06月20日 21:42
清谷さん、攻撃ヘリの役割を無人機に置き換える事はかのですか?後、ティーガーやマングスタは陸自で導入しても使えますかね?
2018年06月21日 03:09
攻撃ヘリに何を望むかです。
ISRや火力支援では有用だと思います。運用思想によってはハインドのようなヘリだって有用でしょう。問題は陸自が攻撃ヘリに何をやらせたいのかよくわかっていないところだと思います。
2018年06月21日 03:11
最近はステーキがマイブームです。
名無し
2018年06月21日 07:27
>清谷さん
ありがとうございました。
はて?
2018年06月21日 20:05
>ケツを食べる

 たぶん、「糞食らえ!」的な英文の直訳。

 ケンカ売るなら~ fuck off ♪

 (近所にBookoffがあるのだが、買取価格がケンカを売っているようにしか感じられんな)




 

 

 
KU
2018年06月22日 21:15
>イージス、住民理解ないまま入札公告 知事「非常に不愉快」

http://this.kiji.is/382671695363753057

地元の要望をガン無視しておきながら、話し合いをしましょうって···。
やれやれ
2018年06月23日 13:51
空自C2輸送機、価格高騰に疑義 1機あたり70億円増
防衛省が今年度2機の調達を予定している航空自衛隊の国産C2輸送機の1機あたりの価格が、2011年度の調達開始時と比べ70億円(約40%)も高くなっていることがわかった。部品高騰などの影響とされるが、価格算定のあり方への疑義や、別機種への切り替えを求める意見も出始めた。
調達を始めた11年度は1機あたり166億円。12年度は165億円で微減となったが、その後は上がり続け、18年度は236億円と見積もられた。
https://www.asahi.com/articles/ASL6N2VH5L6NULZU003.html

ネトウヨは円安の影響で納得している様です(笑)。C-2は大部分が海外部品でできている様ですね(呆)。

清谷さんが予てからご指摘の通り財務省も疑義を抱いている様です。どうなることやら。
名無し
2018年06月23日 21:01
清谷さん、また質問ですけど、2次大戦後に甲標的やゼーフントのような潜水艇が無いのは何故ですか?単純に効率が悪かったからですか?役割が小型の潜水艦に移り変わったのか、それともUAVの存在や、対潜兵器やソナーが発達したからですか?
2018年06月23日 23:48
結構ありますよ。みほんいちでみます。売れているかどうかしりませんが。潜入用だとダイバーが乗り込むタイプが多いですね。
名無し
2018年06月24日 11:35
ありがとうございました。
KU
2018年06月25日 21:35
>海自・航自はボルトアクション小銃でよい

http://japan-indepth.jp/?p=40600

早く安く数を揃えられるなら、何ら文句はありません。



>オスプレイ木更津に2機目

http://jp.reuters.com/article/idJP2018062501001836

いくら普通のヘリとは勝手の違う機体とはいえ、整備入りしてから1年半近くも経って整備が終わりません、なんて有り得ませんよね。まさか、これがあんな機体の開発にも影響しているなんてことわ...。
やれやれ
2018年06月28日 13:20
C2輸送機のJV製造検討へ 防衛省、コスト管理に甘さ
https://www.asahi.com/articles/ASL6W6T55L6WUTFK02C.html
門外漢の私はてっきり各社に機体を分担製造しているので「企業共同体(JV)による製造に発注方法を改める検討に入った。」に驚愕しました。今更なんですか?表向きはともかく1機種あたりでは共同体構造になっていると思っていました。もう日本航空機製造でも復活させた方が良いのではないでしょうか。エアバスならぬジャパバスだかニポバスだかで子会社に社名+ディフェンスとかつけて。もう戦闘機やヘリも含めて1社だけで良いですよね。競争入札の時は日本と海外各社って形で。

この記事へのトラックバック