【訂正改稿】民主・長島昭久議員 インタビューに応じる時間はない、か。【追記】長島事務所から謝罪があり

 【追記このブログが公開された後、長島氏の事務所から謝罪がありました。秘書の交代時に引き継ぎがうまくいかなかったとのことでした。また、四月一四日に長島昭久氏にお会いしてきました。

 実は昨年11月4日に民主・長島議員の事務所にインタビューの依頼を出しました。

 取材内容は以下のものです。

来年度防衛省予算、次期防衛大綱、次期中期防について。
防衛産業振興のあり方ついて。(自衛隊機の民転機の実現性、陸自のUH-X、空自のUH-X、空自のFX、防衛産業の再編などについて)
海兵隊的な部隊編成の是非
防衛省の装備調達のあり方全判
防衛省・自衛隊の人件費の抑制について
民主党の防衛政策について
など

 ところが依頼した時期を過ぎても長島議員の事務所は何の連絡はありませんでした。
 そこで確認の電話をしたら、「取材の件は受けたまっております。もう少しお待ちください」と秘書氏の弁。

 で、正直に待ち続けて今日に至っております。申し込んでから既に既に5ヶ月を経過しております。

 しかも以前長島氏は防衛省の政務官時代、ぼくのインタビューを受けると約束しておいて、質問内容を送ると取材を拒否したという「前科」があります。
 
防衛省 長島昭久政務官  予算がらみの質問にはお答えできません、でいいのでしょうか 
http://kiyotani.at.webry.info/200911/article_2.html

 でしたら、インタビューに応じる時間も工面していただきたいと思います。
 インタビューを拒否するのであれば、その旨を理由と共にこちらに告げるべきです。

 

 このようは「手違い」はご本人の問題なのでしょうか、事務所の問題なのでしょうか。


お詫び
本エントリーは当初長島昭久議員と長島一由衆院議員を混同し、以下の記事を引用して批判しました。
関係者および読者の皆様にお詫びいたします。
また合わせてエントリーを訂正しました。
震災対応中にボート 民主・長島議員 「横暴、なぜ」住民批判
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110406/dst11040601300005-n1.htm


 
WEBRONZA+に以下の記事を寄稿しております。
自衛隊のNBCスーツ(防護服)装備は十分なのか?
 http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2011040500003.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 14

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

この記事へのコメント

五郎
2011年04月07日 00:45
キヨタニさん!この長島議員は長島一由議員であって長島昭久議員とは別人ですよ!何やってんですか!

名誉棄損ですよこれ。

[このようは「手違い」はご本人の問題なのでしょうか、事務所の問題なのでしょうか。]ってキヨタニさんの問題でしょうが。

謝罪すべきです。

ホント
2011年04月07日 06:56
私の大好きな防衛専門の長島さんと思っていたら神奈川四区の長島でしたね。
2011年04月07日 10:15
お詫び
本エントリーは当初長島昭久議員と長島一由衆院議員を混同し、以下の記事を引用して批判しました。
関係者および読者の皆様にお詫びいたします。
また合わせてエントリーを訂正しました。
震災対応中にボート 民主・長島議員 「横暴、なぜ」住民批判
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110406/dst11040601300005-n1.htm

元友店長
2011年04月07日 19:43
大手ジャーナリズムで即座に清谷氏のような対応が出来る所がいくつあるのか?
名無しさん
2011年04月14日 12:54
長島センセイのブログはかなり前からコメント拒否になっているのですが、なぜか2011年02月21日 21時30分02秒のエントリーだけはコメントが書きこめます。
このエントリーの内容があまりにも香ばしいので、いろんなコメントが書かれていますが、次エントリーはコメント完全無視&コメント拒否の設定が復活。

自称「本気の政治家」でいらっしゃる長島センセイの本質が良く現れてると思います。

この記事へのトラックバック