中国に更なるODAは必要か

丹羽大使が対中ODA強化要請 関係改善めざし外務省に
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101219/plc1012190129002-n1.htm

 泥棒に追い銭ですから、ぼくは反対です。

 我が国からODAでつくったインフラも日本から協力とはアナウンスせず、挙げ句の果ては売り飛ばすようなヤクザな国に金を出す必要はありません。

 それならむしろインドへのODAを更に増やすべきす。

 これにはメリットが多数あります。第一にインドのインフラが整えば、進出する日本企業の役に立ちます。
 第二にインドの経済が拡大します。これまた日本企業の市場が広がるので我が国にとって得です。
 第三に空港、港湾、鉄道、道路などが整備されればこれらはインド軍の動員力、戦略移動や運用の柔軟性を高めます。
 第4にインドはその分の費用を軍事費に充てられる。となれば、中国はそれに対抗するために対インド向けの軍事支出を増やす必要があり、これまた我が国にとって歓迎すべきことです。

 
 とはいえ、中国の環境問題は深刻です。黄砂や河川の汚染は我が国にも影響してきます。これは何とかしなければなりません。

 そこで、中国からの輸入に関して一定の環境税をかける。その金を基金としてODAに使用します。用途は環境分野に限定、機器類はすべて日本製限定。機器類は分解不可能のブラックボックスにする。
 その上で、対象となった施設には一定以上の大きさのプレートに「この設備には日本からのODAが使用されています」という文言を入れさせ、更に共産党のウェッブサイトでも公表を義務づけます。

 どうせ中国から取った金ですから、回収できなくても諦めがつきます。しかも使用する機材は日本制限ですから日本企業が儲かります。
 また日本への輸入品が高くなりますから、中国に進出している日本の製造業の他国への移転を促す効果もあります。


 
WEBEONZに以下の記事を寄稿しております。
条例改正案から小説・映画を対象外とする東京都知事の見識
http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2010121300036.html

武器禁輸緩和(4)「オフセット」をなぜ導入できないのか http://astand.asahi.com/magazine/wrpolitics/2010122000005.html?iref=webronza

おかげさまで拙著「専守防衛」が重版になりました。
専守防衛──日本を支配する幻想 (祥伝社新書 195)
祥伝社
清谷 信一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 専守防衛──日本を支配する幻想 (祥伝社新書 195) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





防衛破綻―「ガラパゴス化」する自衛隊装備 (中公新書ラクレ)
中央公論新社
清谷 信一

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 防衛破綻―「ガラパゴス化」する自衛隊装備 (中公新書ラクレ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

マタンゴ
2010年12月20日 18:09
輸入環境税に賛成です。
名称は、「環境ダンピング税」として課税すべきです。
環境破壊による低コストは、ダンピングですからね。
カッコ
2010年12月20日 19:16
民主党の中にも、このくらい読みの深い人がいてくれればねぇ。とにかく執行部は目先の事しか考えていませんものね。先日の防衛大綱やら武器輸出三原則の取り扱いも然り。小沢さんの件も然り。そりゃ一時的には内閣支持率も上がるでしょうよ。でも、その先の事は、な~んにも考えていないんだもの。そんな政権下で、このような戦略的な行動は期待するだけムダですよね。かといって、菅さん以外だと・・・・前原さんも最初は勢いは良いんだけど無責任だし(><)長島さんなら、多少なりとも良いアイディアを出してくれそうですけど、どうなんでしょう?
何かおかしいですね。
2010年12月20日 20:17
1972年時代。私の知ってる沿海部の中国はそりゃ貧しい国でした。男も女も皆ピーポーユニホーム。ヘアスタイルも未婚の女性は三編み。既婚はオカッパ。シーメンズクラブなどで外国人に対応する人達はそれなりの人民服でしたが、一般の労働者は本来は何色だったかも判らないほどの見事なパッチワーク。当時の北朝鮮の方が食べ物はともかく身なりに関しては勝っていました。
それが今や経済的にも世界トップでしょう。ODAだの朝鮮学校への補助金問題など、この特アにはプライドみたいなものはないんですかね。
中国様に小日本へODAを
2010年12月21日 00:08
今や、世界「第二位」の「経済大国」なんですから、ODAは不要、っていうか、不況にあえぎ衰退する哀れな小日本に中国様からODAを、と要求するべきでしょう。
 あと、中国企業は不況にあえぐ日本の地方に工場進出し、地元民を雇用し、日本経済に貢献していただきたいものですね(公害をまき散らす恐れがあるからダメか?)。
 かつて米国との自動車摩擦が華やかなりしころ、トヨタやホンダはアメリカに工場を建設、現地人を従業員として雇用し批判をかわしました。
 世界第二位の経済大国なら、それくらいやらんかい!
Aki
2010年12月21日 03:05
そうですよね。第三位から第二位へ援助をする必要はないわけで。まだまだ発展途上国というなら、軍備でも切り詰めて金を回したらいいんだし。

中国を完全に切るのは難しいとは思いますが、とりあえず、同じ価値観の国(少なくとも選挙はやってないと)と、そうでない国とは、差別ならぬ区別して扱っていいはずだと思います。

インドって、毎回すごいことになってるらしいですが、とりあえず、選挙で議員を選んでますからね。あの人口で。大したもんだと思います。もちろん問題がないとは言いませんが。選挙と自由な報道、そこがやっぱり最初の第一歩かと。
日本ガンバレ
2010年12月21日 21:27
すごい発想ですね。感動しました。
腰抜け菅内閣にできますでしょうか?
それにしても中国駐箚大使は何を考えているのか?
名無し戦車神教徒
2010年12月22日 14:51
不可能です。
ありとあらゆる面から。
やれればいいでしょうが、やれない提案に意味はありません。発想はいいんですがね。まあ100点満点で20
点って所でしょうか。

この記事へのトラックバック