東京都の青少年保護育成条例改正案 都側の説明を鵜呑みするメディアの危うさ

 さて、東京都の青少年保護育成条例改正案の審議が継続されることになりました。

 といっても、先延ばしになっただけで安心できる訳ではありません。

 メディアの多くはこの条例改正の問題点を理解していません。
 条文を読んでいないではないかと思われる例も多々あります。

 しかも東京都側が反対派の挙げる理由に対する反論をそのまま鵜呑みにしている例がこれまた少なくありません。
 例えばテレビ朝日の19日放映の「スーパーモーニング」では18以下のキャラクターの裸や、見た目が若くても、設定が18歳以上だったら取り締まりの対象になることはないと報道していましたが、典型例です。
 
 条例を読めば都側の主張が条例の内容と乖離していることは明白です。

 平たくいえば、都側嘘をつき、テレビ屋さんがそれに騙されたということです。

 
 この条例案の最大の問題は都側が主張と条例案の内容の大きな乖離にあります。

 取り締まりの対象は極めて限定されているという主張とはまったく裏腹で解釈次第では何でも取り締まれるような内容になっているわけです。しかも警察出身の副知事はじめ、警察利権の臭いがプンプンします。
 
 刃物の取り締まりで銃刀法の取り締まりの対象とならないような、アーミーナイフや爪切りまでも取り締まれる「軽犯罪法」とどうような運用をされる危険性があります。

 また主張や取り締まりのねじれや、木に竹を接ぐような主張が多いのも問題です。
 児童(18歳未満ならば、1歳でも17歳でも児童です)の目に有害な図書が触れないようにするといいつつ、オトナがそれを見ることも、所持することも禁止しています。これは明らかに主張がねじれています。

 「青少年」と「児童」という言葉の使い方も混乱しています。
 例えば小学生未満は幼児、小学生は児童、それ以上、18歳未満は青少年とうように定義を行って議論をおこなうべきです。

 実際問題としてすべての「すけべえ」は青少年の目にはいるから規制すると条例では読めます。

 18未満のあらゆる性交に関する描写が規制の対象と読めます。それは青少年の保護以上の思想統制とも言える内容です。


 また都側の主張は単なる担当している役人の見解にすぎません。
 役人は2年ぐらいで異動しますから、次の担当者が違う解釈をすれそれまでです。

産経新聞の何故小説が規制の対象ににならないかというと都側は以下のように答えています。
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/game/100318/gam1003180500000-n1.htm

「文章による表現は受け手の能力を要するが、漫画やアニメは視覚的に年齢問わず、認識してしまう。小説に比べ、知識のない子供が影響を受けやすい」

つまり東京都は18歳未満のガキはバカだから、まともに文字を読めないと言っているわけです。

 かつては知事閣下と同様に小説を書いていた「文学者」(笑)の端くれとしてしていわせて貰えば、むしろ小説の方が遙かに有害です。ビジュアルはそれ以上の妄想を生みません。

 対して活字は妄想を無限に生みます。
 たとえばマンガやアニメの内容が100として、それが生み出す妄想が1.2倍とか、1.5倍に対して、小説の生み出す妄想は5倍にも十倍にもなります。

 優れた映画監督が映画やビジュアルしか見ないということはありません。殆どの監督は読書家です。漫画家にしても同じです。妄想や想像が限定されているビジュアルだけみていてまともな作品はできません。そのことからも活字文化の影響力がいかに大きいかわかります。

 実際問題としてその昔「太陽の季節」にかぶれた若い衆が「太陽族」となって「性風俗の乱れ」が日本中に巻き起こって、社会問題になりました。都側はそのような事実はなかった、「太陽族」は修道士や修道女のような清らかな生活をしていたと主張するのでしょうか。

 この条例案を肯定するならば、小説も含めるべきです。
 その場合、当然ながら知事閣下の「太陽の季節」は勿論、村上春樹や村上龍といった日本を代表する作家の多くの作品が規制となります。

 また源氏物語や好色一代男のような古典も同様です。

 故大藪春彦やフランス書院の女教師ものや女子高生ものはほぼ全滅でしょう。


 小説を除外するのは二重基準以外のなにものでもありません。

 都側の主張が「事実」であるならば、これらの多くの作品は対象にはならないわけですから、安心して小説の規制を行えば宜しいかと思います。

 この規制が通るのであれば次は暴力が規制の対象になることは明らかです。


 
「白河の清きに魚も住みかねて、元の濁りの田沼恋しき」
という江戸時代の狂歌があります。白河藩主松平定信が老中首座となり、極めて厳しい風紀粛清を含む、寛政の改革をおこないまいしたが、改革は破綻し、財政も悪化、それを揶揄した歌です。

 文化とはだいたいいかがわしいものから生まれます、歌舞伎だってそうです。
 ウィーンにしろパリにしろ、退廃した都市生活から現在「優れた文化」と評されるものが生まれています。
いくら立派な建築物を造っても平壌では文化は生まれません。

 つまり、「いい文化」と「悪い文化」に二分するとはできないし、時代によっても、「いい文化」と「悪い文化」の基準は変わります。






【参考】
アニメ、漫画の児童ポルノ規制で都議会が混乱
http://sankei.jp.msn.com/politics/local/100318/lcl1003182323010-n1.htm

青少年健全育成条例改正案の成立に関する緊急要望書を提出
http://ptatokyo.jugem.jp/?eid=179

「東京都青少年の健全な育成に関する条例の一部を改正する条例」について(要請)
 社団法人日本図書館協会理事長  塩 見  昇
http://www.jla.or.jp/kenkai/20100317.html


専守防衛──日本を支配する幻想 (祥伝社新書195) (祥伝社新書 195)
祥伝社
清谷 信一

ユーザレビュー:
皆が口にする「専守防 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



防衛破綻―「ガラパゴス化」する自衛隊装備 (中公新書ラクレ)
中央公論新社
清谷 信一

ユーザレビュー:
間違いだらけの清谷信 ...
FXを巡る議論につい ...
間違いだらけの兵器選 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 28

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

シロ
2010年03月20日 22:56
無関係ですが・・・
http://sankei.jp.msn.com/topics/world/1741/wld1741-t.htm

暗礁に乗り上げるF35整備計画 日本の選定作業にも影響
3.20 21:20
 【ワシントン=佐々木類】米国が、英国など8カ国と共同開発を進めてきた次世代戦闘機F35ライトニングIIの配備計画が暗礁に乗り上げている。調達価格が当初予想の1機約5千万ドル(約45億円)の倍近くに達し、導入時期も2年ほど遅れるとの予測が示されたためだ。F35は、中国との制空権争いを想定する航空自衛隊が次期主力戦闘機(FX)の最有力候補としているだけに、日本政府の選定作業への影響は不可避だ。【記事詳細】
クマのプータロー
2010年03月21日 06:37
いかがわしさの無い文化には厚みがありません。
SNK22
2010年03月21日 08:22
いつもこういう論議が起こるたびに思うのですが、一般のマスコミを含む多くの情報を伝える人たちの中で「文化」というものをきちんと理解している、自分なりの考えを持っている人はどれだけいるんでしょうか。ほとんど皆無な気がします。だから有害=即時撲滅だったり、絶滅しそうだと言われると手のひら返して保護しようとしたり、どこぞの鯨保護団体と同程度な考えしか持てないのではないでしょうか。清谷氏の著書にずっと以前から書かれているように文化とは何ぞや、何故保護する必要があるのか、何故大切なのかをそうした人たちが自分なりに考えてみるようでないといつまでたってもこうした問題の本質を伝えることはできないと思います。
「ル・オタク」などで以前から書かれていた「文化」についての見識は自分が清谷氏を高く評価している部分です。
黄昏の男爵
2010年03月22日 05:36
 何かの記事で都側の人間が、「ハレンチ学園は、(この条例では)取締りの対象にならない。」とコメントしていたけど、まさに運用者次第でどうにでもなると、自ら言ってるようなものですね。
 あれだけのビッグネームが反対を表明したのは、都側としては想定外だったようですが、「実績のある作家の作品は対象外」とか条文の改定をして、取り込みを狙いそうな気がしますう。(まあ、それに応じたら作家生命は終わりでしょうが。)
Null_Devices
2010年03月22日 12:32
「気にくわないから規制しろ」と声高に叫ぶ人、それを利用して利権を図る人、もういい加減にして欲しいですね。
表現の自由は思想信条の自由につながると思うんですが、どうしてこう人の内面に踏み込もうとするんだか。

「公益」を叫ぶなら、せめてデータの一つや二つも示せばよい物をそれも無しですからね。

既存のマスコミも問題に気付いていないどころか後押しをしている雰囲気さえありますし。
(ご存じかもしれませんが一応URL示します)
http://news.livedoor.com/article/detail/4660859/
北極28号
2010年03月23日 18:20
個人的に気になるのは、今回の改正案が実に用意周到に計画され、文字通り電光石火の速さで審議、採決に向かって動こうとした、と言う点でしょう。

こんなのを通してしまったら、もっとヤバイ法案が同じ手口で私達の与り知らない状態で勝手に採決されかねません。

今回の改正案廃案に向けて継続的な働きかけが必要なのは勿論のこと、個人的にはこの改正案の、
草案者
審議を含めたスケジュールを決めた担当者
それを認めた責任者
これ等のスタッフの名前を晒し挙げて、全部最初から出来レースを組もうとしていたんだ、と言う事をはっきりさせないと、今まで以上に拙いことが今後起こりかねません。

一体何時から都の議会運営はこんなデタラメがまかり通ろうとしているのでしょうか?
イル
2011年01月09日 14:43
やっぱり…漫画とかアニメって印象悪いのかな…;
周りの人に条例について言ってみても(あるいは既に知ってる人も)、なにやら冷めた反応ばかり返ってきたし。
やはりこの条例の施行で、拡大解釈したひどい規制が横行するんだろうか?
それとも、拍子抜けに、都の主張通りの狭い範囲の規制しか起こらないんだろうか?
白川
2011年01月14日 23:29
小学生でも買える様な少女漫画にフェラシーンや男性が女の子の性器を
舐めたり、男子児童の目の前で女子児童に性的虐待を見せ付けて「これ
はこの子が喜んでるんだよ」(女子児童はがちに嫌がっている)とのた
まっている父親が登場するシーンとか、嫌がる男子児童の肛門に笛を突
っ込むシーンとか(何故か知らんが突っ込まれた男子生徒は気持ちよく
なってくる)「今日は安全日だからゴムしなくても大丈夫よ」とか「好
きなら避妊するなんて可笑しいよね」と中出しを奨励する未成年(小学
生、中学生、高校生)が、健全で小学生が読む漫画だとは知らんかった

この記事へのトラックバック