防衛省 長島昭久政務官  予算がらみの質問にはお答えできません、でいいのでしょうか 

 現在クルマ雑誌、「マガジンX」で連載をしております。クルマ雑誌なのにクルマのことを殆ど書いておりません。しかもあたしゃ四半世紀以上ペーパードライバーです。

 さて、この連載で防衛省の長島昭久政務官にインタビューを行うという企画が持ち上がり、内局の広報課を通じてインタビューのアポを取りました。日時もきまり、先方からは事前に質問リストを出して欲しいといわれました。

 大抵この種の質問リストは箇条書きで出すのですが、ぼくは優しいので、民主党は与党初心者ですから、回答がし易いように懇切丁寧に質問リストを作りました。
 
 ところが政務官ご本人からNGが出たそうです。
 これらの質問には答えらないそうです。う~ん、政治家には無理な質問で、内局の然るべき官僚に聞かないと分からないのでしょうか。でも、民主党は極力官僚ではなく、政治家が発言するといっていますよね。別に全部は無理でもこれとこれはOKという話もありませんでした。

 予算と人事は役所のキモです。政策も突き詰めれば予算ということになります。シビリアン・コントロールも然りです。

 それについて答えられないというのであれば、民主党は防衛省を掌握していない、ということになると思うのですが、如何でしょうか。

 別に政務官からインタビュー自体は拒否されなかったので、もっと答えやすい質問に替えて欲しかったのでしょうか。
 せっかくご多忙な政務官に広報レベルで答えられる緩い質問をするもの失礼だと思うのですが、記者クラブの記者会見のような当たり障りのない質問とか、天下国家を論じるような形而上学的な質問を望まれていたのかもしれません。

 だとすると、いずれにしてもぼくがしたい質問では無くなります。読者も清谷信一の連載で、そのような原稿は望んでいないでしょう。

 というわけで、残念ながら今回のインタヴューは辞退させていただきました。

 こんな状態では記者クラブの解体など先の先の話でしょうね。

 ついては、もったいないので質問リストを以下に公開します。



● 22DDH
○ 22DDHが概算要求では残されたが、政府、民主党はあれを護衛艦=駆逐艦と認識していると認識していいのか。それともいわゆる多目的空母と認識しているのか。いずれにしても防衛省が駆逐艦と偽って空母を保有することを黙認することになりはしないか。
仮に空母と認識しているのであれば、護衛艦ではなく空母として運用を練り直す必要が
あるのではないか。
昨年の横浜航空宇宙展で海自の海上自衛隊幕僚監部防衛部の装備体系課長、内嶋修1等海佐(当時)は講演で将来多目的空母でF-35のような固定翼機を運用するような構想を披露した。22DDHでは固定翼機を運用する能力が付加されるか。
○空母を空母として建造するならともかく、護衛艦と称してなし崩し的に空母を建造することは近隣諸国に不必要な不信感と警戒感を招くとは考えないか。

●「新戦車」と「機動戦闘車」
○ 防衛省が公開している新戦車のLLC(ライフ・サイクル・コスト)の文書では、新戦車を今後30年にわたり、600輛調達することになっているが、政府、民主党はこれをどのように考えるのか。
○ 新戦車は軽量で諸外国の3.5世代戦車に比べて防御力が弱い、装備も劣っている。また特に重量の制限があるため近代化も困難である。早々に陳腐化するのではないか。
○ 本年度予算では新戦車調達が58輛から18輛に減らされたが、認められた。だが新大綱の策定が延期され、戦車の定数も変動する可能性がある。仮に戦車の定数が大幅に減らされる、例えば300輛程度に減らされることになっても新戦車の調達は行われるのか。そもそも戦車の調達数も決定されていないのに、調達を決定していいものか。
○ 北海道と内地で法律に変わりがないのに、何故90式戦車は北海道でしか運用できないのか。だとするならばそのような欠陥戦車を何故採用したのか。
○ また内地で90式が運用できないならば米軍のM1戦車や横幅2.5メートル以上の装輪装甲車は有事に運用できないはずである。それとも有事に際して米軍の戦車や装甲車は日本本土で運用できるのだろうか。
○ 新戦車を採用するよりも既存の90式戦車などを改良したほうがコストが安く上がるのではないか。
○ 財務省と防衛省の間では現在開発中の「機動戦闘車」を戦車に含めるか否かで、議論があるが政務官はどのように考えるか。また財務省が主張するように「機動戦闘車」が戦車の枠に含まれるのであれば、原稿の戦車の定数600輛でも実質的に削減になるが如何か。
○ 「機動戦闘車」の調達数は明示されていない。調達数が少ないならば輸入の方がいいのではないか。「新戦車」および「機動戦闘車」の調達は三菱重工に対する補助金ではないのか。そもそも「機動戦闘車」はコマツが開発していた8輪装甲車のバリエーションとして開発される予定だった。何故にまったく別の三菱が開発した車体になったのか。また今後開発されるであろう8輪装甲車はコマツの開発した車体になるのか、それとも「機動戦闘車」がベースになるのか。
○ 兵員輸送車や歩兵戦闘車、自走火砲などはNATO諸国に比べて数分の一しかない。これでは近代戦を戦えない。戦車だけ調達してまともな戦闘ができるのか。

●初度費、オフセットについて。
○平成20年度から装備の調達単価および、その合計金額とは別に初度費が計上されるようになった。防衛省の公開している概算要求などでも初度費の金額が明示されていない。だが防衛省は国民に説明していない(記者クラブでも然り)。
これは装備調達のコストを実際よりも安く見せるためのものではないか。政府、民主党はこの件に関して如何なる見解を持っているのか。
○ 初度費が導入されたのは、アパッチのキャンセルで防衛省が防衛産業の信用を失ったことが原因となっていると承知している。ところがアパッチの調達のトラブルではまともな原因の究明も、関係者の処罰もない。今後も同じようなトラブルが起こる可能性は無いのか。
○ 新装備の調達に際して初度費が別途要求されるために、装備調達費がより硬直化するのではないか。
○ 装備調達に関しては諸外国のように、調達数、調達期間、調達予算額を明示しそれを国会で承認してから調達を行うべきではないか。
○ 民主党の政策インデックスでは外国製装備の調達に際してオフセットを導入する意向であることが述べられているが、これはどの程度の真剣に検討されているのか。

● FX
○FX選択において戦闘機の国内生産基盤は維持するのか、しないのか。基盤を維持するにしても機体、エンジン、レーダーなどの搭載機器やアビオニクスおよびそのインテグレーションの全部を残すのか、一部は諦めるのか。
○ 仮に生産基盤を諦めるからならば、産業側は既存の戦闘機の整備体制も衰え、整備コストも高くなり、また戦闘機の稼働率も低下すると警告しているが、これをどのように受け止めるのか。
○ 仮に生産をやめるのであれば、「心神」の開発も必要ないのではないか。また産業界には早めに通告を行い、業務転換などのリードタイムを与えるべきではないのか。結論を先延ばしにすれば戦闘機だけではなく、防衛産業界の信頼を失うのではないか。更にそれは特に下請け企業の防衛産業離れを加速するのではないか。
○ 現在防衛産業から撤退する企業が相次いでいる。

●宇宙基本法
○ 宇宙基本法により、防衛省が直接人工衛星を保有、運用することが可能になったが、そのコストは現在の防衛費の枠内から賄われるのか、それとも追加の予算が手当されるのか。前者であれば装備調達費が削減され、更にMDの予算によって更に通常の装備調達が削減されている。衛星関連の予算に通常装備調達予算が圧迫されるのでは。


● セーター支給など
○諸外国の軍隊で当然支給されているセーターなどの基本的な衣料が、予算不足を理由に官品として支給さいれてない。このような現状をどう考えているか。

● 医療部隊
○ 衛生部隊では医師法に縛られてまともな救護活動が出来ない。このため医療関連の装備調達が後回しにされている。例えば装甲救急車も医療用専用ヘリも保有数がゼロである(我が国からODAを受けているトルコは相当数を保有している)。また、各隊員に配布すべき対NBCキットやモルヒネなども支給されていない。このまま実戦を行えば、他国に比べて何倍もの死傷者が発生すると思われるが、これは放置していいのか。

●防衛産業と武器輸出規制について


● 定員などについて。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 42

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

この記事へのコメント

アイゼンシュタイン
2009年11月06日 08:42
大変、興味深い質問内容ですね。是非、政府(防衛省)の公式見解を聞きたいところです。が、失礼ながら、長島昭久政務官殿には、この質問に答えるだけの知識がないと思います。キャンセルになってホッとしているかもしれません。
あっくん
2009年11月06日 09:28
「おおすみ」がボケをかます前振りみたいな感じですね。
漫才じゃないんだからハッキリさせてほしいです。
M14
2009年11月06日 09:28
>もったいないので質問リストを以下に公開します。
キヨタニさん、よくぞ書いてくださいました。
私は久々に、気分痛快!です。
質問内容については、私もアイゼンシュタインさんと同意見です。

こういった具体的な個々の質問に答えられないのならば、どうやって実務を現実的に処理していくのか、私は疑問に思いますし、また、国家安全保障上の重大案件が発生した際に適切に対応出来るのか、一国民として極めて大きな不安と不信感を抱きます。
矢野
2009年11月06日 18:36
防衛は二の次三の次で、外国人への参政権付与が優先されるのが民主党の「友愛」なのでしょうか。
真剣に国防を考えているとは思えませんね。清谷氏の質問内容を熟読して、真剣に対策を練ってもらいたいです。
カバ
2009年11月06日 20:37
何これ、日本の国防の足を引っ張るつもりか。
民主党以下かよ。
 相変わらず、日本の国防の解体を目論んでる。
天雪
2009年11月07日 01:44
民主党の無知無理解ぶりを突っ込みたかったのでしょうが・・・質問内容、というかその質問の前提条件になっている憶測や思い込みが痛すぎる・・・。
この質問内容公開で恥をかくのはキヨタニさんの方でしょう。

10式の防御が弱い? 装備が劣ってる?? 90が内地で運用不可能???
無知な民主党がこんな戯言を信じ込んで、その対策などとられた日には目もあてられません。
・・・頭いたいわ
まずは前戯から
2009年11月07日 08:11
見るだけで目まいを起こしそうですね。若葉マークの長島さんに、この質問はきついと思いますよ。まずは「好きな才能(タレント)は」などの当たり障りのないものから入らんと。挿入の後の前戯なんて編隊非行です。
カド
2009年11月07日 21:39
もっともな質問ですね。公開、ありがとうございます。
独自な進化を続けている自衛隊は有事に動く事が出来るのかと疑問符を持ってます。
有事には超法規的な活躍や負担なんてのを期待してる感が国家、自衛隊無謬的支持者には見受けられます。
統制と秩序が極限まで維持されるのが強い軍隊の一面ではないかと思います。
他国のコピーと揶揄されても法整備は急ぐべきではないかと。
Null_Devices
2009年11月09日 23:56
僭越ながら質問内容を勝手に評価:-P

22DDH:
Q1: ○
Q2: △

TKXと軌道戦闘車:
Q3: ○
Q4: × 質問の前提条件について、根拠が薄いです
Q5: △ 末尾の質問は○だと思いますが、前半は何を聞きたいのか意図がつかめません。途中で調達数が変更になることは日本に限らずよくあることだと思います
Q6: △ 前半と後半の論理が少々飛躍しているような。
Q7: × 米軍の運用について防衛庁に聞く意味がどれだけあるか疑問。そもそも米軍は国内で戦車を運用する計画があるのでしょう?
Q8: △ 清谷さんなりの根拠を示さないとちょっと弱いかも。何らかの根拠はお持ちとは思いますが
Q9: ○
Q10: ○
Q11: ○ いびつな装備形態についてはもっと突っ込んで欲しいところです

初度費、オフセットについて:
Q12: ○ この程度の質問には答えて欲しいですねぇ>防衛省
Q13: ○
Q14: △ 「硬直化する」と予想する根拠がよくわかりません
Q15: ○ それ以前に、装備品に関する長期計画はあるんでしょうかねぇ。その辺も突っ込んでいただきたいところ。
Q16: ○

FX:
Q19: ○ でもこの辺の質問は政権についたばかりの民主党に答えられるとは思えない(^^;
Q20: ○
Q21: ○
Q22: ○

宇宙基本法:
Q23: ○

セーター支給など
Q24: ○ 質問の趣旨はよいと思いますが分類が…

医療部隊
Q25: ○



こうしてみると、自衛隊の問題点は正面装備よりも調達とか運用環境とかの方が大きいことがよくわかりますね。

勉強になりましたm(__)m

でもやっぱりこの質問は今の民主党には荷が重いでしょう:-)
anto
2009年11月10日 23:05
>天雪さん
良くも悪くもキヨタニさんは新戦車不要論(新戦車をやめて既存戦車の改良をせよ)が持論ですから。だからまあ、多少結論ありきになるのは仕方が無いかと…

ただ、それ以前に600両って純粋に少ないし、その上戦車じゃないものを戦車の枠に入れて実質削減とかおかしく無いですかね?
アイゼンシュタイン
2009年11月11日 16:49
素朴な疑問なのですが、現在、日本の置かれている状況を考えた場合、戦車は600両も必要なのでしょうか。また、大量の戦車をどのように使うことを考えているのでしょうか。少なくとも北海道の原野で、上陸してきた正規軍と戦車戦を繰り広げるとは考えにくいのですが。

このあたり、キヨタニさんはご意見があると思うのですが…
2009年11月11日 17:21
我が国本土で機甲戦が行われる可能性は現状きわめて低いと思います。
 個人的には戦車は200~300輛もあれば充分だと思います。
 むしろ、島嶼防衛関連の装備を充実させるべきです。また、歩兵戦闘車や暗視装置、ISR関連、衛生、通信などの装備の充実を図るべきです。
 現在の600輛体制に合わせて諸装備を調達するのであれば陸自の装備調達予算を2倍にしても足りないと思います。要は限られた予算のなかで、何に重点を置くのか、何を諦めるのかということです。
 
通りすがり
2009年11月11日 17:49
>>新戦車は軽量で諸外国の3.5世代戦車に比べて防御力が弱い、装備も劣っている。

断言できる根拠はなんですか?
清谷さんの希望・推測にすぎないのでは。
一応ジャーナリストという肩書きがあるのですから断定的な物言いには慎重になるべきだと思います。
 
2009年11月11日 21:21
キヨは頭おかしいからしょうがない
????
2009年11月11日 23:06
んー…、よく分からないんですけど
戦車って基本的に相手の戦車部隊を迎え撃つために置いてるんですよね?
それって逆説的に考えると戦車を持っていない国に対して戦車で攻めることは超有効ってことなんじゃないですか?

あんまり削るのは危ないような…
2009年11月12日 11:14
では、600輛を維持するとして、相応に相応しい、歩兵戦闘車、機械化された砲兵部隊、その他支援部隊を構成するに必要な装備がありますか、ということです。

歩兵戦闘車、自走迫撃砲、装甲野戦救急車、戦車用トレーラーなどがいったい何輛陸自にありますか。戦車だけで戦争ができますか。

しかも600輛といっても旧式化した74、90式共に金が無いから近代化されずに放置されてきたわけです。

 防衛省は新戦車の調達と平行して現用戦車の近代化も行うといっています。その金がどこからでるのでしょうか。また当面、恐らく今後20年以上にわたって3種類の主力戦車が混在することになり、訓練、整備、兵站の負担が更に増え、非効率になります。それが陸自の戦力強化になるのでしょうか。

 
アイゼンシュタイン
2009年11月12日 13:15
本テーマと直接関係がないのですが、現在、行政刷新会議で行われている事業仕分けに「自衛隊の装備」が含まれているという話があるのですが、キヨタニさまは、本件はご存知でしょうか。
また、国土防衛の基本指針がはっきりしない中で、事業仕分けで、議員や「有識者」と呼ばれる人の考え一つで、装備品をカットするのはどのようにお考えでしょうか。
できれば、新しいエントリーでご意見を伺えれば幸いです。
2009年11月12日 15:33
行政刷新会議に関して確固たる情報がないので
あれこれはいえません。
ですが、民主党自身に確固たるあるべき自衛隊の姿が描けていないように思えます。「識者」の質も問題でしょう。その質によって結果は大きく変わります。

何か情報が入ったら改めてエントリーします。
 
2009年11月13日 00:16
>防衛省は新戦車の調達と平行して現用戦車の近代化も行うといっています。

初耳だな。近代化の対象は?
ripper
2009年11月13日 17:06
>個人的には戦車は200~300輛もあれば充分だと思います。
多めに見積もって、300輌として、5コ大隊ですよね。
配備は、北海道に2大隊、九州に1、本州に予備の戦車教導団1を含めて2コ大隊ですか?
2009年11月14日 11:05
配備はドクトリンや運用思想によって変わってくるでしょう。
個人的には四国あたりに相応の戦車を配備でき、これを海路で機動でれば、西部、中部への
迅速な展開が可能で有用ではないかと思います。
あのー
2009年11月15日 00:21
>>では、600輛を維持するとして、相応に相応しい、歩兵戦闘車、機械化された砲兵部隊、その他支援部隊を構成するに必要な装備がありますか、ということです。

7D以外の師団or旅団での戦車の役割は普通科の直協支援なんだから自走砲や歩兵戦闘車は必須ではないでしょう。機動戦をやる7Dにはそういう装備がちゃんと集中配備されてるんだから問題ありません。

>>しかも600輛といっても旧式化した74、90式共に金が無いから近代化されずに放置されてきたわけです。

古い装備の改修に金をかけるより新しい装備と入れ替える方がコストパフォーマンスが良い場合だってあるでしょう。そういった考察もせずに防衛研究所とはよく言ったものです。
74式と3G戦車では特に防御力で隔絶した性能差があります。いくら改修してもどうなるものではありません。国産105mmAPFSDS弾の導入で比較的低コストに攻撃力の強化を図るのみに留めた現状の判断は妥当だと思います。
10式は軽量化により戦略機動性の向上を図っており、キヨタニさんは90式の改修、改修と言いますが、やはりこの特性は90式を改修しても得られるものではありません。
以上の事から改修よりも10式の導入を優先する事には十分な合理性があると考えます。
anto
2009年11月15日 00:42
結局、対戦車戦以外でも陸では戦車の役割は極めて重要(特にその装甲は他では代替不能)だから「上陸してきた敵戦車と戦う」ってのが無くても必要だとは思うんですが
2009年11月19日 14:02
キヨ=アイゼンシュタイン?w
の自演が酷すぎる件wwww
へろ
2009年11月28日 18:38
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009112700225
>北沢俊美防衛相は27日午前の記者会見で、行政刷新会議の「事業仕分け」で自衛隊の制服購入費が海外調達などによる縮減を求められたことについて「軍服を海外に依存するなんて話は世界中で聞いたことがない。その国と危険な状態になったら、おんぼろ服で事に臨むのか」と批判。

キヨタニさん、軍服を海外から輸入するってことは世界でもありえないことではないと思うんですが、どうなんてしょう?
確かに国防関連品の国産重視という観点はある程度はあるだろうし、
仮想敵国の国防関連品輸入を避けることはあるかもしれないけど。「軍服を海外に依存するなんて話は世界中で聞いたことがない」と公言する人間が防衛大臣で大丈夫なんだろか?
2009年11月29日 10:37
>北沢俊美防衛相

この件に関しては本日ないし明日に書くつもりです。

まあ、戦車の件に関しては信じるものがあるならそれをお信じになられていれば宜しいのではないか思います。

この記事へのトラックバック

  • 「軍服海外調達『聞いたことない』」 北沢俊美防衛相の無知

    Excerpt:  北沢俊美防衛相が行政刷新会議の「事業仕分け」で、自衛隊の制服購入費が海外調達などによる縮減を求められたことについて  「軍服を海外に依存するなんて話は世界中で聞いたことがない。その国と危険な状態に.. Weblog: 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所  racked: 2009-11-29 11:23