オバマは白人である。

 さて、次期合衆国大統領となるオバマ氏ですが、彼は「黒人」なんでしょうか。アメリカのメディアも日本のメディアも「黒人初の大統領」と報道しております。それは正しくありません。我が国のメディアは、人々のものの見方をミスリードしています。

 白人と黒人のハーフですから、半分半分。黒人でもあり白人でもあるわけです。では何故「白人」とは報道されず「黒人」と呼ばれるのでしょうが。これはある意味人種差別ではないでしょうか(母親方にはチェロキー族の血も入っているという話もありますが)。


 
 例えば彼のおじいさんが白人で、両親とも黒人ならば白人の血は四分の一だけですから黒人と呼ばれても妥当だと思いますが、半分ならどちらでもいいような気がしませんか。因みにアクション俳優のチャック・ノリスにはチェロキー族の血が入っていますが、彼をインディアン(あるいはネイティブアメリカン)と呼ぶ人はいません。

 米国では黒人の血が少しでも入っていると「黒人」として差別されてきました。例え外見はほとんど白人でも、手のひらが赤いとか、爪が黄色いとか、黒人の特徴が少しでも認められれば差別の対象になってきました。

 逆に黒人に白人の血が少々混じっても「白人」とは呼ばれません。これは人種差別ではないでしょうか。

  
 アメリカの黒人はひと目でアフリカの黒人とは違います。見慣れれらば大抵わかります。
 かの国では奴隷としてつれてこられた黒人女性たちが白人のご主人様の慰みものにされてきたわけで、当然子供ができたりするわけです。ですから実はアメリカの黒人の多くは白人の血が混じっています。
 広い意味でいえば彼らは「白人」と呼べなくはないわけです。

 大統領選初期、「オバマ」はアメリカの黒人ではない、という声が一部からはありましたが、ようはそういうことです。奴隷の子孫ではなく、ポッとケニアからきた黒人と、白人の間に生まれた子供だ、「本流のアメリカの黒人ではない」という訳です。それはアメリカ人的には、ある意味正しいことです。

 つまりオバマ氏を「黒人」と書くのは正しくない。あるいは差別的です。
 本人が自分のアイデンティティを白人に求めるか、黒人に求めるのかは自由ですが、メディアや世間が「彼は黒人」と決めつけて呼ぶのは差別です。


 アメリカではそれが「常識」かもしれません。ですが人権に敏感な我が国のメディアが無批判かつ無意識にオバマ氏を「黒人」と呼ぶのはいかがなものでしょうか。

 我が国では「日本は単一民族」と発言すると大臣の首が飛びます。帰化した朝鮮人、アイヌなどはいますが、実質的には単一民族といっていいでしょう。その理屈ならば「鉄」とか「金」とか「水」も言えないはずです。世の中に純粋な物質はありませんから。金といってもなんらなかの不純物が入っています。
 同様に「我々日本人」とか「彼らアメリカ人は」とか発言もできなくなります。
 論理的に正しいことを左様に追及するのであれば、人間の会話は成立しなくなります。

 その文脈ならば同様に国民の中に一人でも違う民族、外国出身者が入ってればその国はアメリカ合衆国やベルギー、中国、南アフリカ、カナダ同様、「多民族国家」と呼ばなくてはなりません。またバチカンやモナコなどミニ国家を含めて世の中に「民族国家」なるものは存在しません。我が国が「単一民族国家」であるのは事実です。
 ところが大臣の首が飛ぶわけです。

 ならば50パーセント白人のオバマ氏を黒人と呼ぶ方が遙かに問題であり、犯罪的な差別です。そいういう発言をする政治家やメディアの経営者を全部首にすべきというが筋でしょう。



 ぼくが子供の頃、70年代はアメリカでもオーストラリアでも平然と人種差別が行われてきました。今でこそハリウッド映画では黒人スターがそこれそ綺羅星のようにいますが、少し前までアメリカでは人種差別が平然かつ当然のように行われていたこと。先の戦争で我々と戦ったアメリカは、そのころでもそういう人種差別の国家だったことを、若い世代は今一度知るべきです。

 ついでにいえばアメリカに帰化した日本人、南部陽一郎氏がノーベル賞を取ったら何で日本だけが「日本人」と呼ぶのでしょうが。彼はアメリカ人です。ノーベル賞選考委員会は彼をアメリカ人として発表しています。
http://nobelprize.org/nobel_prizes/physics/laureates/2008/
彼を「日本人」と呼ぶのは「不当表示」あるいは「偽装」ではないでしょうか。

 更に蛇足ですが、ノーベル賞を取ると自動的に文化勲章を授与するのはやめましょう。選考員会は自分たちには見識がなく、能無しで、外国の白人の旦那方の「権威」にひれ伏していると公言しているようなものです。
 そんなことだから文化勲章は大江健三郎ごとにきに安く見られるのです。
 いっそのこと文化勲章なんかやめてしまえばよろしい。


 さて、皆さん、オバマ氏は黒人でしょうか?



 アメリカが如何に阿呆で原理主義のしょうもない国か、この本を読むとよくわかります。

アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない (Bunshun Paperbacks)
文藝春秋
町山 智浩

ユーザレビュー:
あえて疑問点を みん ...
アメリカのドキュメン ...
読んで良かった読みや ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

ひろぽん
2008年11月11日 22:45
確かに二重基準っぽいというか手前味噌
というか、都合よく利用しているような
気がしますね。

ノーベル賞に関しては、“二重国籍”容認に
結び付けようとする議員もいるらしいですし。

ノーベル賞が思わぬ余波! 国籍法改正を検討 自民法務部会   (1/2ページ) - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/081010/stt0810101827007-n1.htm

ところで清谷さんは現在審議中の
国籍法改正に関してどう思われますか?
運用如何によっては、かなり危険な
ザル法だと個人的には思うのですが。
マスゴミ
2008年11月12日 06:16
マスゴミ的には「黒人初」の方がインパクトがあって宜しいかと。
従軍売春婦を「ジュウグンイアンフ」と訳すると読者の心理をくすぐる理屈です。
SNK22
2008年11月12日 07:41
<アメリカの黒人はひと目でアフリカの黒人とは違います。

自分はNBAバスケットが好きでよく見ていますが、確かにアメリカ黒人とアフリカから来た選手とは顔立ちが微妙に違うのがわかりますね。それと白人・黒人の混血の選手もいますが、アメリカ出身の黒人選手にはたまに随分と肌の色が白い黒人がいるのがわかります。オバマ氏もそうした選手に似た感じだなと思っていました。まあ、アメリカ黒人とアフリカ黒人は名前が全く違う言語なので大抵そっちですぐわかりますが。
エロ文脈ではない悲劇
2008年11月12日 17:59
似たような話に南米の先住民系も植民地統治してきた白人系の父系DNAがいっぱいあるって話しもありますね。そこで何が行われてきたのかは省略します。
シロ
2008年11月12日 21:22
アレクサンドル・デュマの父親は、ナポレオン配下の将軍で、白人と黒人の混血ですが、黒人扱いだったそうです。「一滴でも黒人の血が混じれば、黒人」という考えは、白人=純潔という思想が背後チラつきます。
白人
2008年11月12日 21:36
日本は単一民族国家でないし、オバマは黒人と白人の混血。黒人と呼ぶメディアを首にしましょう。

という結論でしょうか?だったら賛成です。


(ちなみに、何人か似たような発言しているなかで首になった大臣は一人だけだと思いますが。しかもその大臣はそれ以外の問題発言をされてましたね。)
レン場
2008年11月12日 22:43
そういえばタイガーウッズも黒人呼ばわりされるのに怒ってたような
血の一滴理論というものらしいです
SNK22
2008年11月12日 23:25
そういえば南アフリカでもアパルトヘイトを続けてきた白人支配層ですが、白人が移民してきた初期は白人女性が少なかったため黒人女性と性交渉する者が多く、純血な白人と信じてきた人でも黒人と混血している可能性が高いという説が勇気ある学者によって発表され、白人たちがパニックになったことがあったそうですね。名誉毀損だと怒り狂ったタカ派白人も多かったそうですが、別の学者がそんなに言うならDNA鑑定すればすぐわかる。やってみますか? と言ったところ鑑定を受けようとした白人は一人も現れなかったとか…。
レン場
2008年11月13日 00:03
実はアメリカには「one drop rule」と呼ばれる実にくだらない尺度が昔からあります。

「血の一滴ルール」です。これ、平たく言えば「黒人の血が一滴でも混じっていたらお前は黒人」という人種差別の根幹となっている古くさく非科学的なルールです。

へろ
2008年11月13日 01:07
ttp://abirur.iza.ne.jp/blog/entry/784126/
産経新聞の外務省兼遊軍担当の阿比留瑠比記者が
>元沖縄県副知事の尚弘子さんからこんな話を聞いたことがあります。彼女は昭和27年、フルブライト・プログラムの前身、ガリオア資金で米南部・ケンタッキー州のベリア大で学んだそうですが、当時、バスの前部は白人専用、後部は黒人用などと区別されていたと言います。
>彼女は仲のいい黒人のルームメイトがいたのですが、一緒にバスに乗ると、ルームメイトは後ろに座り、純粋な東洋人なのに肌が白かった尚さんは「お前は白い」と言われて前部に連れていかれ、一緒に座ることができなかったそうです。尚さんは「白人・非白人の区別も実はいいかげんなものだなと思った」という趣旨の感想を述べていました。私はこの話を聞きながら、「そんなものなのか。その程度のことがこんなに差別を生み、人々を苦しめてきたのか」と少し驚いた記憶があります。
マスゴミ
2008年11月13日 07:31
シロでもクロでもネズミを捕るネコはいいネコだそうですね。中国では。
abcd
2008年11月13日 22:01
そう言えば、こういうの深く考えた事がなかったな。
割合的に何%までなら「黒人」とか「単一民像」とか決めれるのかって。
シロ
2008年11月13日 22:49
アメリカのどこかの州では、32分の一黒人の血が混じっていると黒人という法があるときいたことがあります。そのため「白い黒人」も結構いるそうです。人種や民族について定義づけていくとキリがありません。
そういえば、素性を隠してナチスの親衛隊員になったユダヤ人もいたそうですよ。いい加減なものですねw
とーりすがり
2008年11月14日 00:20
>素性を隠してナチスの親衛隊員になったユダヤ人も

かの国ではゲルマン認定という力業がありましたし。
ころころ
2008年11月15日 03:12
アメリカの黒人は、アフリカの特定地域の特定民族の子孫らしいですね。
黒人奴隷を輸出したのは、支配している黒人の特定民族らしいですか。

ああ、豊臣秀吉などが天下を統一せず、
戦国時代が続き、
キリスト教を禁止できず、
宣教師師とキリスト教信者の横暴を止められなければ、日本人奴隷が長崎から大量に輸出され、南北戦争は、「黒人奴隷解放」でなく「日本人奴隷解放」を口実にした戦争になった可能性もあります。


シロ
2008年11月15日 23:38
豊臣秀吉が、宣教師を追放したのは、黒人を乗せた奴隷運搬船が日本に座礁した事件がきっかけです。
この事件で、豊臣秀吉は、こいつら危ないと判断したみたいですね。
とおる
2008年11月16日 11:37
> かの国では奴隷としてつれてこられた黒人女性たちが白人のご主人様の慰みものにされてきたわけで、

正に、性奴隷ですね。
へろ
2009年01月22日 05:10
そういや、主題から真っ向から対立するけど、
オバマを黒人と当てはめるとすると世界で始めて黒人が核兵器のスイッチを持つことになったなあ。
南アフリカでは黒人に核兵器のスイッチを持たせないために核兵器を廃止したとか言われたけど・・
a white
2009年05月04日 00:47
 
これ("オバマは白人である")は、 Caucasian か否かをどのように判別するかを理解できぬ者の戯言でしかない。 

この記事へのトラックバック