シビリアンコントロールと守屋次官とマスメディア

 昨今防衛省がらみの不祥事が相次いでバレております。守屋次官の商社との癒着、海自の給油量のごまかし、ミスの隠蔽、航海日誌の「処分」等々。

 まずシビリアンコントロールの観点から海自の責任は極めて大きいといえます。ですが、メディアが問題としない点があります。

 それは、他国と違い自衛隊(制服組)の上部に内局が君臨するというシステムです。多くの一部学者やメディア含めて、国民はこの「官僚統制」(この問題でこの言葉を使いはじめたのは恐らくぼくでしょうが、最近は随分とあちこちで使かわれているようです)こそがシビリアンコントロールと認識しております。
 
 が、これは世界的に見て極めて特異なシステムです。他国と違い、制服組の上に背広組が君臨しているということは、即ち背広組が制服組を管理する責任があるということになります。
またこのような不祥事が起こった背景にはこのような我が国特有の歪んだシビリアンコントロールが問題ではないか。防衛省のシビリアンコントロールの体制に問題があるのではないか。この視点での報道、あるいは評論が見受けられないのは不思議です。
 
 メディアがやっているのは現政権の責任論ばかりです。これは極めて近視眼的な報道であるといえます。問題の本質はもっと深いところにあります。

 さて、守屋元次官の件ですが、前にも申しましたようにずいぶん前から検察は動いていました。またライバルを次々に粛正した守屋氏およびその子飼いの連中のタチの悪さ、例えばK課長がセクハラ三昧で、夜な夜な青山赤坂界隈で、分不相応な「夜の帝王」的な遊びをしているとか洩れ伝わっています(本当はもっと色々面白い話をしっているのですが、差し障りがあるのでこれくらいにしておきます)。
 
 この手の話は外部にいるぼくのようなものよりも記者クラブの方々はよおくご存じのはずです。これに関する怪文書も多数出回っております。社会部あたりと組んで守屋氏子飼いの連中の動向を調べればあれこれ面白い話がでたはずです。

 ところが何故か記者クラブ加盟各社は問題を問題にしてきませんでした。田岡元帥のように守屋氏を擁護する人もおります。これは極めて不思議としかいえません。

 ぼくは石破氏との共著で「守屋次官がクーデターを起こしたら…」というような話を書きました。シビリアンコントロールの観点からは制服組を政治家から遠ざけている内局官僚を厳しく監視すべきであるとの趣旨からです。統幕長がクーデターを起こすより、次官がクーデターを起こす方がその権限からすればより高い可能性があります。


 遡れば内局官僚の多くは警察出身でした。いまでは随分と防衛省生え抜きも育っていますが。
 つまり我が国では警察官僚が、警察と自衛隊という我が国の二大暴力装置を支配し、かつ情報組織まで牛耳っていたわけです。これをメディアは何ら異常と思っていなかった。

 防衛省だけでありません。厚労省にしても国交省にしても社会保険庁にしてもとにかく政治家を騙そうとします。問題はひとり防衛省だけではなく、我が国の官僚のビヘイビアにあります。その意味では官僚の権限を制限しようとした小泉内閣の方針は正しかったと思います。

 メディアは文民統制とはなにかといった、もっと広い視点から眺め、その実現のためにために自分たちは何をすべきかということを自問すべきだと思います。

小池大臣 VS 守屋次官  2007/08/15
http://kiyotani.at.webry.info/200708/article_14.html

シビリアン・コントロールと警察庁  2007/09/16
http://kiyotani.at.webry.info/200709/article_12.html






画像


軍事を知らずして平和を語るな

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年10月23日 22:43
一連の事件で、内局官僚の力は、衰えるでしょうね。
へろ
2007年10月24日 03:14
>一連の事件で、内局官僚の力は、衰えるでしょうね。
不祥事を餌に肥えるのが日本の官僚の伝統だからなあ。
2007年10月24日 03:26
>不祥事を餌に肥えるのが日本の官僚の伝統だからなあ。

どうしたらいいんでしょうねー。
guest
2007年10月24日 06:43
守屋次官問題とは、軍事の近代化を推進が出来なかった、WW2時代の無能な大本営参謀と同一の無能構造が残っていることが問題なのだ。無人化/遠隔化/ネットワーク化/防衛の一部民営化/MIL→JIS化/遠隔越境制御技術の初段階
実験の重要性認識欠如等、更迭されたラムズ元国防総省長官の指摘や嘆きがよう解る。なによりも、品の悪い表現で、越境越後屋経済学と軍事機構とが、「非対称なる対立」を引き起こし、軍事機構側に、全く勝ち目が無い国際社会変化を認識する能力の欠如こそが、守屋問題なのだ。軍事官僚の無能もこの点にある。
いけ
2007年10月24日 07:45
事務次官はシビリアンじゃ無いですよね。
>自衛隊法第二条第5項
禿鷲
2007年10月24日 09:43
よく調べましょう。
日本人でシビリアンじゃないのは基本的に現役自衛官だけ。事務次官は自衛隊員だけど、自衛官ではありません。
いけ
2007年10月24日 20:13
自衛官=武官
事務次官=文官
大臣=文民
でしょ。
土門見人
2007年10月24日 20:59
よく理解しましょう。自衛官も内局も、正体は役人であって、コントロールされる側です。
土門見人
2007年10月24日 21:00
よく理解しましょう。自衛官も内局も、正体は役人であって、コントロールされる側です。
guest
2007年10月25日 05:48
>よく理解しましょう。       
ホワイトハウスの政治家も、軍人も、役人も、宗主国では、政産軍学共同体に、コントロールされることを。 植民地の政治家、官僚、軍人も、越境越後屋経済(世界規模で事業展開する企業群とその国際産業構造)に隷属していることを。国際社会の混乱で、手の平からこぼれ落ちるまでの利益と権益を手にしている者は誰ぞ? その影で、国家(幕藩)や、軍事の根幹を担う半導体研究に携わる大和新世代の年収が¥100万円以下となる矛盾した国際産業社会構造を。正に、国家が巨大無国籍企業群に隷属している証拠である。 国際労務上から、軍事機構を見るとこうなる。

 
禿鷲
2007年10月25日 15:38
本来は土門氏のいわれるとおりですが・・・。
シビリアンと聞かれれば、文民も文官も含まれますよ・・・。
ちなみに政府解釈では文民の対語は武人だそうです。
ななし
2007年10月27日 11:38
 中にカルトくさいコメントが
まぎれこんでいるな。まあそれはさておき、やはり利権争いだろう。

 腐っているにはわかってるんだが、一度汁を吸ったらやめられねいというなつで、沖縄利権、防衛族と防衛商社とのかねあい、いろいろあるね。

守屋だけの問題じゃない。守屋をえさにお金を懐に入れた大物政治家もいるわけだし、まあどろどろしているよ。

 これを深く暴いたらどてっぱらに穴があくんじゃないか。

この記事へのトラックバック

  • ここは酷いISOですね

    Excerpt: ISO崩壊 拾い読みしても大丈夫なように作ってあるので通し読みすると 同じ話が何回も出てきたり構成がくどかったりするのが難点 とはいえそれぞれの内容自体は非常に読みやすい バレンタインデーのチ.. Weblog: 障害報告@webry racked: 2007-10-26 04:06