清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 昨日、参院選の不在者投票を済ませてきました。

<<   作成日時 : 2007/07/25 10:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

 駅前の市役所の出張所で投票したのですが、意外に多くの人が来ていました。いいことです。

 通例ぼくは「確かな野党」共産党に投票することにしています。

 それは共産党が野党第一党になれば、さすがに政権与党も真面目に政治をやるだろうというややひねくれた考えからです。

 が、前回の衆院選では小泉自民党に投票しました。

 
 このブログでも自民党に投票するように皆さんに呼びかけました。それは自民党が大勝すると予想したからです。あまり選挙に行かない無党派層が選挙に行き自民党が大勝すれば、自分の投票によって政治が動くという実感を得られると考えたからです。

 斜に構えて政治への無関心であることが一番よくありません。

 で、予想通り(というかそれ以上に)自民党は歴史的な大勝をおさめました。まあ、総理が気兼ねなく8月に靖国に参拝できたのも大勝あったればこそでしょう。

 さて、今回自民に投票しました。それは、公務員改革を継続するには安倍内閣の継続がいいと思ったからです。
 
 外交面ではあれこれ不手際、特に慰安婦問題で不手際もありましたが、米国べったりではなくEUやNATOとの関係を強化するなど根本の所は評価できます。 

 まあだらしない閣僚が多数のお友達内閣は感心しません。ぼくは、松岡農相は極めて大きな禍根を残すとこのブログでも述べましたがその通りになりました。

 ですが、どの内閣でも100点満点はないわけです。安倍内閣は強行、数の横暴といわれながらも多くの法案を通してきました。
 社会保険庁の問題は誰が総理でもあんなものでしょう。
 麻生総理もいいと思いますが、ここで政権が交代すると混乱は免れず、官僚達の思う壺でしょう。

 では民主党はどうか。
 ぼくは年金の改革に関しては民主案は大筋で賛成ですが、具体論になると民主は弱いです。政権を取った場合(それが当面無理にしても)実行できるプランが提示されていない。

 しかも農政に関しては完全なバラ撒きです。農家の所得保障をするというのですから。バラ撒きで農業の競争力がつかないのはこれまでの結果が明確に物語っています。民主党が与党になったらぼくは農地を買って農家になります。大豆でも蒔いておいて、あとはほったらかし。時間は執筆やら他のビジネスに使います。
 
 何しろまったく収穫がなくても小沢センセイが税金で所得を補填してくれます。

 恐らく農業はヤクザの最大のしのぎになるでしょう。

 所詮金をばらまいて農村票を買おうという魂胆がミエミエです。

 
 まだ代案を出し、政策で争っていこうとした岡田・前原時代の方が真面目さが感じられました。

 しかも、民主党は否定はしますが、彼らの応援団は公務員の労働組合、特に就業時間中に選挙対策のための集会を開くような公務員の組合です。
 これでは公務員改革なんぞはできないでしょう。

 
 共産、社民は弱小のプロ市民系の候補と食い合いになるでしょうから議席を減らすのではないでしょうか。

 どこに入れるにしても大切な一票ですから皆さん大事に使いましょう。



http://kiyotani.at.webry.info/200609/article_25.html



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
参院選 不在者投票
参院選開票速報です!!ついに過半数争奪戦の審判が下されます!気になる参院選速報 口コミ噂情報集めました07参院選:期日前投票5万212人 22日現在大幅増、身近な争点に ...県選挙管理委員会は23日、第21回参院選(& ...続きを見る
参院選速報 口コミ噂情報
2007/07/30 11:49

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
>社会保険庁の問題は誰が総理でもあんなものでしょう。
菅直人が厚相だった頃、年金行政政策責任者として一体何をしてきたんだろうか?

>まだ代案を出し、政策で争っていこうとした岡田・前原時代の方が真面目さが感じられました。
本当に面白かった。憲法改正国民投票法審議も前原が代表なら、もっと面白くなっていただろうな。
へろ
2007/07/25 23:09
別に安部政権が100%グッドというわけではないでしょうし、もともと100点満点の政治など誰もできるわけがないのです。
そうした点を考慮せず、揚げ足取りとげひんなバッシングには辟易します。
どういう点が評価できるかあるいはできないか、多角的な側面からの考察がなく感情論に終始しているのがマスコミの政治感覚です。
安部政権をつぶせば、明日からでもネットカフェ難民がいなくなるかのような幻想を振りまくのはやめてほしいものです。
シロ
2007/07/26 11:34
 民主の支持基盤である敵に回す覚悟で年金問題を取り上げた長妻議員の態度には見上げたものを感じますが、民主党に年金改革ができるかといえば、それは無理でしょう。一議員にできるからといって、一党にできるとは限らないからです。長官を国会に呼べなくなるから社会保険庁の解体不可なんて、まるでふざけた反論。民営化した国鉄で、同じ問題が起きたのか?
 民主党が今一信用できないのは、寄せ集めなだけに、天下取りのためなら一線を越える滅茶苦茶な態度も平気で取る点にある。
土門見人
2007/07/27 23:04
キヨタニさんは比例には誰に投票しました? あえてキヨタニさんが書きそうとしたら「中山恭子」か「佐藤正久」くらいしか見当たらないけど。
へろ
2007/07/30 23:53
>さて、今回自民に投票しました。
キヨタニさんは自民に投票したとのことですが、比例には誰に投票しました? あえてキヨタニさんが書きそうとしたら「中山恭子」か「佐藤正久」くらいしか見当たらないけど。
へろ
2007/07/31 00:01
単に自民党と。
まあ、今回は判官贔屓です。
キヨタニ
2007/07/31 00:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
昨日、参院選の不在者投票を済ませてきました。 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる