ソープランドは売春窟か??ホストクラブのツケ払いをソープで返すのはNG???

ホストクラブのお客がツケを払えなくなり、ホストクラブの元経営者がその客に、
「どうやって 返すの。ソープに行ってもらうよ」
と迫り、ソープを紹介したそうです。
 で、これが違法であると、ホストクラブの元経営者とソープの経営者ら4名が逮捕されたそうです。

 報道では逮捕の容疑が職業安定法違反(有害業務の紹介)など、売春防止法違反などというものがありました。両方を併記していた報道はぼくの調べたところありませんでした。

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2007060500463
http://www.nikkansports.com/general/f-gn-tp0-20070605-208976.html

 売春防止法で逮捕だったら可笑しいですね。


 「被害者」の女性は、
「ホストのために3カ月で800 万円使った。売春はいやだったが応じざるを得なかった」
などと話しているとのことです。


 おかしいなあ、お風呂の中のセックスは自由恋愛のはずなのに…・

 天下の警察庁や厚生省が「あれは売春ではなく、入浴補助である。セックスしても自由恋愛」と認めており、業界団体には警察関係の方々が多数天下りしております。これが売春ならば歴代警察庁長官、国家公安委員会の委員長やら委員は切腹ものでしょう。

 是非とも容疑者のソープの経営者や業界団体はこの「被害者」を名誉毀損で訴えて欲しいものであります。

 よしんばソープが売春窟であるのならば、何故に公権力が今まで放置しておるのでしょうか。新宿三丁目や渋谷の渋谷宇田川町の交番はソープランドの前に建っているのに、毎日なにやっていたんでしょうね。

 単に職業安定法違反としてもですねえ、ソープは「有害業務」を行っていることになります。当局がそのような有害な商売を放置しておるのはこれまたけしからんと思うのですが。

 これが違法まがいのサラ金やら、連帯保証人でかぶった金額の取り立てならば被害者に同情もしますが、まあ、今回の「被害者」は自分の懐も弁えずにホストクラブで豪遊しておったわけで、天罰覿面というか、身から出た錆というか、不徳の致すところでしょう。
 
 被害者はおそらくサラ金などですでに借りまくって、もう貸してくれるところがなかったのでしょうなあ。

 で、さんざ、遊んでおいて「売春」などという苦役的な仕事は嫌だと。金銭観念なかったが、貞操観念はあったのでしょうか。

 これがソープでなくてファッションヘルスとかピンサロなら「売春」じゃなかったのでしょうか。これまた気になります。

 
 この件が警察沙汰になったは「被害者」が警察に泣きついたのでしょう。もし、買い物依存症みたいな病気であれば病院に行くべきですね。
 そうでないのであれば被害者面なんてしないことです。世の中舐めたらいけません。

 金がないなら男ならマグロ漁船と昔は言われていましたが、いまやマグロ漁船に乗っても儲からないそうです。
 ある意味、自力で返済ができる方法があるだけ女性の方が恵まれているわけです。女の自殺は男より少ないのはこれもまた一因ではないでしょうか。

 ソープの存在がグレーだからこういう「事件」がおこるわけで、やはり売春は合法化し、届け出制にして警察官僚の利権を排除すべきです。

 

この記事へのコメント

ソクラテス
2007年06月06日 00:36
 少なくてもかつては売春は合法だったわけですが、にしてもこの20歳の女性被害者づらしてますけど、金銭的にホストクラブの経営者が被害者で、この女性は被害者でもなんでもない、ただの盗人です。

ホストクラブに貢いだお金はすべて返すくらいの労働を強制させたいのですが、まあ法律上無理でしょうな。
ウルトラマン
2007年06月06日 18:50
ソープランドは好きですがやっていることは売春で、つまり売春婦です。
ほるほる
2007年06月07日 00:57
ツケということは、ただの小娘に800万円も貸したのと同じ訳です。

間抜けな回収方法しか考えられないホストクラブ経営者の自業自得。
無理矢理にでも借金を背負わせれば真面目に払ってくれるはず!なんていう一般人を舐めたことをする経営者は市場から退場してもらうのが世のため人のため。

払いきれない借金は踏み倒すという、たくましい考えを持った若い人たちが増えるのは日本の未来にとっても喜ばしいことだと思います。
匿名
2008年10月12日 01:55
ソープランドで働かせるために、つけを作らせるわけで・・・人間個人を更生させてください。悪いことは悪いこと。人は、とって食われる魚じゃないんです。

売春宿は作らせない、使わせない。そういう法律を作らないといけないのです。愛好者はほかに楽しみを見つけてください。お願いします。

この記事へのトラックバック