珍味が消えるか? フォアグラ生産禁止へ=強制飼育は動物保護法違反-イスラエル

 イスラエル政府は「フォアグラ」の生産を目的としたガチョウ強制飼育は動物虐待に当たるとして、こうした飼育を禁じる見通しだそうです。

 現在でも鴨のフォアグラは依然フランスが主要生産地です。実はガチョウの方が格上なんですが、ガチョウのフォアグラはフランスではビジネスとして成立しなくなり、イスラエルとハンガリーが主要生産国です。
 まあ、それ言ったら死ぬまで太陽の光をみないで、狭い所に押し込まれて生涯を終えるブロイラー大量飼育だって禁止すべきだと思いますが。 

 ですから今後フォアグラの価格が高騰する可能性があります。弟が昔サンプルとしてもちかえったフォアグラを散々喰いまくったことがありますが、あまり旨いものだとは思いません。まあ、高いレストランで食べればそれなりの味はしますが。個人的には敢えて食べようとは思いません。

 ところで、オーストラリアでは伊勢エビの人権じゃくて「海老権」を尊重するため、水から茹でるのは苦しむ時間が長いと法律で禁止されています。ですから熱湯にぶち込んで即座に殺す必要があります。また、活け作りなども禁止されております。

 ということは、オーストラリアのガチョウや鴨の「鳥権」を侵害するフォアグラなんぞというものは輸入禁止になっているのでしょうか。興味があるところです。
 
【エルサレム2日時事】(時事通信) - 10月3日7時0分更新
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051003-00000005-jij-int

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

nom
2005年10月04日 18:12
海老権は知りませんでした。
これを全ての生物に適用したらとんでもないことになりそうですね。
北極28号
2005年10月04日 20:29
この問題の厄介な所は、やはり各国、民族の
宗教倫理観をベースにしてしまっている、と言う点に尽きる気がします。あいつ等の瞳に微塵
も疑問の要素が無いんだもん。狂ってやがる(w
あと共通しているのは、バッシングの対象となる生物について、叩く方は基本的に食す習慣、文化が無い、と言う所でしょうか?

ちなみに私は好きです>フォアグラ
ソテーしたのをヒレステーキに乗せた日にゃ
ワインがボトル単位で胃袋に消えていきます。
更に言うとアンキモや烏賊のワタも大好きです
こいつ等があれば幾らでもハイボール&ポン酒
が進みます・・・健康の面では凶&強敵です(w
コ、コレステロールがああぁぁ!!
キヨタニ
2005年10月04日 21:50
確かに生の温製のフォアグラはぼくも嫌いではありませんが、ぼくはむしろ鴨のコンフィとか、山羊のローストあたりの方が好きですね。
ハイボールといえばフランス人は食前酒としてよく飲みますね。
 過食は避けご自愛ください。

この記事へのトラックバック