【PHOTO】杉並夏の教科書祭り-その2 頑張るちゃんねらー

 頑張るちゃんねらーと、物々しい警察の警戒態勢。先週左側から逮捕者が出たためか、多くの警官がでばって、厳戒態勢。  とは対照的な、脱力系のちゃんねらーたち。恐らく総数は70名を超える今回堂々たる第三勢力となった。
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

【PHOTO付き速報】現場にいってきました。杉並区、「つくる会」歴史教科書を採択!

 今日は早起きして遠足、じゃなかった教科書問題で揺れる、杉並区役所にいってきました。  区役所前ではすでに午前八時前から左翼系市民団体VSつくる会支援者が激しく宣伝合戦、スピーカーの性能では左翼有利。やっぱ、こういうの慣れているのね。途中からつくる会が盛り返してきた。    実は左翼団体の杉並区役所を人間の鎖で囲むのを更に囲もう…
トラックバック:4
コメント:24

続きを読むread more

勝手に結成-投票率8割台を目指す会

勝手に結成-投票率8割台を目指す会  わたくし、清谷信一はこのたびの衆議院選挙において「投票率8割台を目指す会」の結成を宣言いたします。  まあ、会の結成といっても具体的に何をやるわけでもないんですが、とりあえず、あらゆる手段をつかって、投票率を上げ、無党派層の声を国政に反映させようというものです。…
トラックバック:3
コメント:8

続きを読むread more

オマエはもう落選している-衆院選 「囚人と猛獣を戦わせるよう」小林興起氏会見

情けない、話ですですよね。   郵政民営化に反対した衆院東京10区選出の小林興起氏に対して、自民党はこの選挙区に小池百合子氏をぶつけるらしいということに対して「(古代)ローマの将軍が囚人を猛獣と戦わせるようなもの」とブツクサ言っているそうです。    つまり、ご自分がローマの奴隷、ライオンが小池百合子氏なのでしょう(実際、…
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

クズ教師を公立校から一掃すべし。素手で給食たべさせる 食べるの遅いと女性教諭-氷山の一角

 少し前に発覚した事件ですが、鳥取県湯梨浜町立東郷小学校の50代の女性教諭が7年間にわたって、給食時に食べるのが遅い児童らに素手で食べるよう強要していたことが判明、弁護士会は人権侵害であるとして、この教諭と同校校長、町教育委員会に警告書を送ったそうです。  児童の中にはPTSDになった子もいるそうです。  教育委員会はこういう職…
トラックバック:1
コメント:13

続きを読むread more

■船橋市図書館元司書、土橋悦子の所業と船橋市の大甘処分を月刊サイゾーで追求!■

 選挙もきまったし、世の中騒々しくなってきましたね。  さて、本8月19日発売の「月刊サイゾー」からぼくのコラムの連載が開始されます。  で、その第一弾が例の「船橋市西図書館『焚書』事件」、船橋市図書館の土橋本購入などをの追求です。市当局は勿論、土橋悦子を告発した中村みのる市議にもインタヴューを行いました。  また某政党か…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

フリーライターってどうよ?

 雑誌なんぞをみていると「フリーライター」なる職業を目にします。恐らくは「フリーランスのライター」を縮めたんでしょうが、ぼくはこの名前は嫌です。  ぼくは 「フリーライター」といわれると、必ずフリーランスです、と訂正します。それほど目くじら立てる必要ないじゃないか、と言われそうですが、フリーというのは自由と言う意味だけでなく、タダ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

効果ある嫌がらせ-ヘリ墜落1年でアドバルーン=米軍の特権逆手-沖縄国際大

 同大は10日、校舎の屋上から「NO FLY ZONE(飛行禁止区域)」と書かれたアドバルーンを揚げ、隣接する米軍普天間飛行場の早期返還を訴えたそうです。  誰が思いついたのか知りませんが、随分と面白い手段を考えたもんですね。実質的な防塞気球ですからねえ。  在日米軍は特例法で航空法の適用が除外されてますから、ヘリの飛び交う…
トラックバック:4
コメント:5

続きを読むread more

米が説教者とは皮肉 IAEAでイラン大使

 国際原子力機関(IAEA)緊急理事会で9日、イランのナセリIAEA担当特使が演説しました。  で 、「地球上で2度、核兵器の惨禍をもたらした唯一の国が原子力の分野で説教者の役割を自任しているのは「最もばかげた皮肉だ」と述べたそうです。    イランの核計画に反対する米国への当てこすりですね。    反核運動家は、東京裁判と連…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネズミは沈むフネから逃げ出す-その2 <社民党>副党首のベルク・カッツェ横光克彦氏が離党、民主党か

 今度の衆院選で大分3区から立候補予定の社民党前副党首の横光克彦氏センセイが、離党、民主党から出馬だそうで。まるでベルク・カッツェみたいですなあ。座右の銘は「志あくまで清く、動くこと烈風のことし」だそうで、今回は烈風だったのでしょう。  実際、今度の選挙で社民党が解体する可能性が高いでしょう。今度は土井たか子氏も苦戦するでしょう。…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

【最新更新:8/19撃沈数:4】コイツだけは落としたい。衆議院候補ネガティブリスト【漸次更新予定】

現在の撃沈数:4  理由は郵政反対、反日、不誠実、選挙違反を恥じないハレンチ野郎、公明党議員、無責任、無能、偽善・・・等々。要はあたしがムシのすかん連中です。  今回の選挙戦は我が国の行方を大きく変えるとことになると思います。普段選挙に行かない方々、特に給与所得者の方々は世の中を大きく変えるチャンスですぜ。  投票率が…
トラックバック:0
コメント:30

続きを読むread more

法の下の不公平:民主衆院議員の街頭演説、「うるさい」暴行で男を逮捕-でも警察は議員と運動員の違反は

 さすがに演説している政治家のマイクをひっつかむのはまずでしょう。  ところが、これをやったが議員側の人間だったら警察は動かないんです。法の下には代議士も一国民も平等なはずなんですけどねえ。  「弱者のための喧嘩術」でも書きましたが、ぼくは公明区議に私有地内で選挙運動やるなといったら運動員に羽交い締めにされました。  その翌日…
トラックバック:1
コメント:5

続きを読むread more

「子どもの本の出会いの会」元会長、現日本ペンクラブ会長井上ひさし氏への土橋悦子氏に関する質問状

 以下はぼくが会員である日本ペンクラブの会長である井上ひさし氏に対して出した船橋市職員であり、かつて井上ひさし氏が会長をつとめていた「子どもの本の出会いの会」が毎年選定する50冊の推薦図書「出会いの本50冊」の選考委員でもあった船橋市職員土橋悦子氏に関する質問状です。 質問状  以下の件に関して井上会長に質問があります。無論、以…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

何故かマスメディアが検証しない-西船橋「焚書」事件

 この事件、意外に取りあげているメディアが少ないのでぼくは非常に驚いております。  この問題は単に船橋ローカルの話ではなく出版、および表現の自由の保証、公務員の倫理、政治の在り方などの根元に関わる問題であると思うのですが、何故か追求するところが少ないんです。  「SPAPIO」 8/10号38ページで原告の代表である井沢元彦氏が…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

ヒロシマってそんなに偉いんですか?<黙とう>甲子園で広島代表校が提案、高野連が制止

夏の甲子園大会の開会式の練習時、広島代表の高陽東が午前8時15分の原爆投下時刻を前、他の48チームの選手たちに黙祷を提案して、日本高校野球連盟の関係者から止められて、同校ナインだけで黙祷したそうです。  激しく勘違いしてますね。高陽東の諸君。  確かに広島の原子爆弾の被爆は悲劇だったでしょう。ただ、第二次大戦で死んだのは広島…
トラックバック:1
コメント:23

続きを読むread more

「高度な自治」あり得ず チベット自治権拡大で中国

 中国チベット自治区政府の呉英傑副主席は4日、インド亡命中のダライ・ラマ14世が求めているチベットの自治権拡大について、「香港のような高度な自治はあり得ない」と述べたそうです。 歴史的にみてチベットは独立国だったわけです。それを中共が「侵略」し、自国の領土にたわけです。しかも徹底した弾圧を加ええて。で、漢人の入植者を大量に…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

西船橋図書館:土橋悦子:「焚書」事件 関連サイトなど

船橋市市議 中村みのる氏HP: http://www5a.biglobe.ne.jp/~minoru-n/ 西図書館大量廃棄問題を扱った新聞も掲載掲載されています(含む千葉版)。    何故か産経新聞だけ。他の新聞社はあまり関心がないのでしょうか? この事件の他、市議とNPOとの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<合成抗菌剤>中国産うなぎ加工品から検出 厚生労働省

 中国産養殖うなぎの加工品から、法令で食品の中に含んではならないと定める合成抗菌剤が検出、ただし極めて微量なので人体への影響はないとの発表したそうです。  これは国内でも養殖魚やら家畜やらで同様の問題があるんですが、あまり農水省は気にしていないようです。いけすで飼われている魚やら、養鶏場の狭いコラムに詰め込まれているニワトリなどに…
トラックバック:1
コメント:7

続きを読むread more

沈むフネからネズミは逃げる-東大法卒者農水省内定ゼロ

 これは朝日新聞5日付け朝刊の「東大法の出身者来年度入省ゼロ」という記事からです。  東大法卒といえば本邦では「エリート」の代名詞ですが、来年の農水省の内々定はゼロとなったそうです。  つまり入省しても将来旨みがない、と見切られたわけです。農協の全国組織の崩壊は歯止めがかからない。法人の農業参入も進む。省としてのプレゼンスは下が…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more