「ハウル」米出足イマイチ「映像は高く評価、でも物語がない」

「ハウルの動く城」が米国で公開中も興行面では苦戦中とのこと。 
 ぼくも見に行きましたが、あれは単なる「消化試合」だと思いました。老女になった主人公がいきなり若返ったりするんですが何の説明もなし。かといって監督がこだわるテーマも見えないし、お子さま向けの分かり易さもない。
何となく、過去の宮崎アニメのビジュアル的なイメージのパッチワークといった印象でした。

 さすが米国の評論は厳しい。シカゴ・サン・タイムズ紙の映画記者、ロジャー・エバート氏が「最近の宮崎作品と比べると期待外れ。おすすめできない」、ワシントン・ポ
 スト紙は「エンペラー(皇帝=宮崎監督のこと)は物語を持たない」という見出しで「物語が存在しないし、物語を進めようという意思もない」
 とまあ散々らしい。

宮崎監督はエコ爺ィに徹するか、どこか一点にフォーカスが当った作品をつくって欲しいものです。

 (産経新聞) - 7月4日14時56分更新
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050704-00000029-san-int

この記事へのコメント

truely_false
2005年07月04日 23:35
最初から、いつものように、ιょうι゜ょを描けばよかったのに。“外見は婆さん、中身はιょうι゜ょ”ってのは、キャラ的にムチャ(ことにカントクにとっては)な気がします。
キヨタニ
2005年07月05日 00:37
 宮崎アニメのエッセンスをてんこ盛りにしようとしたところが敗因では。
 テーマの絞り込みをするかエンタメに徹するかにしたほうが良かったでしょうね。

この記事へのトラックバック

  • ハウルの動く城 アメリカでの評価

    Excerpt: 「ハウルの動く城 アメリカでの評価」に関連するぶろぐ記事から興味深いものを選んで... Weblog: ブログで情報収集!Blog-Headline/enjoy racked: 2005-07-07 00:18
  • 海外動向

    Excerpt: Yahoo!ニュース『「ハウル」米出足イマイチ「映像は高く評価、でも物語がない」』 【日本で記録的なヒットとなったアニメ映画「ハウルの動く城」が米国で公開中だが、興行収入が思ったほど伸びず苦戦してい.. Weblog: ラノベ365日 racked: 2005-07-07 12:38