清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 陸自新型8輪装甲車開発の迷走の原因は装備庁と、陸幕。

<<   作成日時 : 2018/01/20 10:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 21 / トラックバック 1 / コメント 13

 防衛装備庁は陸自の国際平和貢献活動、島嶼防衛に対する対処などに対応するためとして、96式8輪装甲車の後継の8輪装輪装甲車、「装輪装甲車(改)」の開発を進めてきました。名称から誤解されそうだが96式装甲車の改良型ではなく、新規開発です。


 ところが既にぼくがブログで報じたように、問題があってコマツの工場に送り返されました。これは極めて異例のことです。装甲に問題があったということですが、それだけで予定が3年も遅れるでしょうか。
 ぼくは業界筋から路外踏破性能も問題だと聞いております。

 で、防衛装備庁も昨年12月26日のプレスリリースにおいて、「装輪装甲車(改)」の不具合を認めました。

 装備庁は不具合を「耐弾性能のばらつきの多い装甲板の使用や板厚不足があったため」としていますが、同リリースでは「該当不具合の改修等の必用な対応を試作品の受注企業である(株)小松製作所において行うと共に、量産化に向けて幅広い選択肢の中から最適な装備品の調達が可能となるよう代替案分析をおこなうこととなりました」とあります。

 これは他の候補も含めて再考すると読めます。

で、コメント欄でもご指摘の装備庁の新型装甲車の導入に関する公募がありました。


次期装輪装甲車の量産化に向けた最適な装備品の取得方法の検討に関する情報提供企業の募集について

http://www.mod.go.jp/atla/rfi.html

ア 装輪装甲車に関する研究、開発、製造等の実績を有する企業
イ 装輪装甲車の開発又は製造等に関する知識及び技術を有することを疎
明できる企業
ウ 日本国内において装輪装甲車の輸入・販売に関する権利を保有する企業
又は権利を獲得できる企業

イ、ウは外国メーカートや商社でしょう。
つまりコマツ案には大問題があり、輸入を含めて代案を考えるということでしょう。

ただ本命はMHIで、外国製は当て馬に使われる可能性がありますが、昨今の高価なアメリカ製装備による、予算の圧迫を考えれば輸入もありえるのではないでしょうか。あるいはライセンス国産ですが、これだと国産以上に高価になるでしょう。安普請のコマツ案と異なりますから。


今回の迷走の原因は装備庁と陸幕装備部にあります。
新型装甲車の総開発が50億円以下、メーカーの開発、試作が18億円以下なんて頭がおかしいだろうレベルの話です。

平成25年度 政策評価書(事前の事業評価)
には、以下のようにあります
http://www.mod.go.jp/j/approach/hyouka/seisaku/results/25/pdf/jizen_01_honbun.pdf

諸外国においては、既に実用化された装輪装甲車として、米国のストライカー等があ
るが、各種脅威からの防護力等の要求性能、コストに関して総合的な観点から比較検討
した結果、本事業の優位性が認められた。

本当に比較したのでしょうか。ストラーカー方が遙かに生存性が高いように思えます。
主要国の主力装甲車以上の防御力の装甲車を開発するならば、かなりのカネがかかります。
それは装甲だけでは無く、状況把握システムやナビゲーション、搭載するソフトウエアの開発も必用です。
それがそんなに安価にできるのでしょうか。

概ね日本の装甲車の価格は諸外国の同程度のものと比べて、3倍です。それは調達ペースが遅いこともあります。
であれば、輸入にしたほうが遙かに安く、早く調達ができます。

南ア、UAEやトルコのメーカーの製品も宜しいでしょう。率直に申し上げて、日本製より遙かに先進的で品質も向上しています。しかもなまじ国産にこだわらず、エンジンやトランスミッション、ネットワーク関連のコンポーネントなどは欧米一流メーカーのものを使用しています。
色眼鏡で見ずに広く世界に視野を広げるべきです。


率直に申し上げて事業評価は始めに国産ありきの単なる官僚作文であります。ぶっちゃけた話、嘘です。

技本時代から実証開発してきた、6×6の「軽量戦闘車輛システム」をベースに、2,300百億円かけて開発した方が、諸外国には適わないまでも、かなりいい線を行く装甲車が開発できると思います。

http://www.mod.go.jp/atla/research/ats2015/image/pdf/o1-9.pdf

こういう社内政治優先で、戦うことを想定しない、天下り優先のお仕事していると、戦争で負けますよ


■本日の市ヶ谷の噂■
陸自のAH−X(次期攻撃ヘリ)ではMHIがUH−60武装型、KHIがOH−1ベース、スバルがUH−X(B412)ベースの武装ヘリ型などやる気のない、残念な提案を本気で推しているとの噂。













テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 21
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
陸自 8輪装甲車トラブルの原因は陸幕の当事者意識の欠如
 既にご案内のように、防衛装備庁で作っている8輪装甲車(改)が不具合で工場差し戻しとなっています。 ...続きを見る
清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所...
2018/02/10 14:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
>>>装輪装甲車(改)

初めから大人しく三菱案を採れば、こんなゴタゴタにならずに済んだのに...。どのみち、即応機動連隊に機動戦闘車とともに配備するつもりなのでしょうから。それを何だのかんだのと屁理屈を並べてウダウダ言うから、進むものも進まず、この体たらくorz。



>>>AH-X

川崎案が一番、普通に思えますが例によってエンジンがアレなのでしょうね...。三菱とスバル案も大概、アレすぎて何もわざわざ、大金を掛けて開発するほどの物でも無さそうですが。でもこちらの案件も見事に外国製の機体は「比較検討した結果〜」てなことで、排除されちゃうのでしょうかね。
KU
2018/01/20 13:22
小松の「装輪装甲車(改)」試作車は、素人目に見てもダメだろうと思います。あんな腰高の車体じゃ、物理的に路外での安定感に欠けるでしょうし、シャーシは元々路外走行を重視していないNBC偵察車の流用で、それに陸上装備研究所の軽量戦闘車両システムチームが開発した耐爆車箱を乗っけただけのように見えます。
(昨年のシンポジウムのさいに、耐爆車箱は一足早く小松の試作車に採用されたと、説明員の人から聞きました。)

僕もそんな中途半端なことやるなら、軽量戦闘車両システムで基礎技術までこぎつけた、ハイブリッド動力&インホイールモーターの車体まで一気に飛躍したほうがいいと考えます。それなら、国産開発を継続する意味合いはあるでしょう。
ちなみに、このインホイールモーターのほうは、試作研究はいったん終了と聞きました。一応、基礎研究で物を完成させるところまでいったからですが、継続にならないのは、開発で組んでいる小松が「装輪装甲車(改)」のトラブルで手いっぱいだからと、説明員の方が思わずぼやいておりましたよ。
PAN
2018/01/20 16:23
陸自は装甲車を作るのが下手だな、といつも思います。
今回の計画は、開発費用と期間から見て、枯れた技術と汎用部品を用いて、装輪にしては高価過ぎると言われる96式の欠陥を克服するものと理解していました。
防弾性能とか、路外機動力とか、防衛省側はその辺が不満のようですが、そんな代物に、そういうの求めること自体問題ありではないかと思います。装輪装甲車にそういうのを求めるのは無理があるのです。
人命に関わるから装甲は絶対譲らん、と言うなら、装軌系の装甲車の新規開発を含めて、調達計画を考えるべきではないか、どうしても装輪が必要なら、御説のとおり、開発費用と期間は十分与えないと、防衛省の求める高度はものは出来ないのではないか、と考えます。無論、高性能の代償として調達価格高騰は甘受しないといけませんが。
なお、ブログ主様は海外製をご推奨のようですが、まともな製鉄業と自動車産業がある国が、このようなものを外国に発注するようではいけないと思います。税金が国内に還流するように考える、と言う事が重要だと思いますね。
のきん
2018/01/20 17:21
南スーダンやら何やら、実際に戦闘する可能性が出て来たので、今までのような天下り優先の選定だとヤバいと思ってるのでしょう。まあ、今ならパトリアAMV一択ですね。国産でやるなら機動戦闘車の車体を流用して造るべきでしょうが、パトリアAMVより良いモノが出来るとは思えません。
マリンロイヤル
2018/01/20 21:49
例の新型装輪装甲車、公開写真・動画を見た人の内盲目的な自衛隊信者以外は皆「あちゃあ、こりゃ失敗しそうだな」って思ったと思います。
で、案の定失敗作だったってオチでしたか。
これなら最初から三菱案を採用してた方が良かったのでしょうね、あちらの方が性能良さそうな外観でしたし。
PANさんが書いている通りいっその事高くなっても先進的な奴を採用するって方がまだ無駄銭にならずに済むと思いますね。
それにしてもAH-X、3つともアカン感じですね・・・
これどれを選んでも失敗濃厚な選択肢ですよ。
関係者には失礼ですがカレー味の・・・の選択肢に見えてきます。
真面目に選定するならほぼAH-1Zしか選択肢が無いと思いますがね。
予算があればアパッチ・ガーディアンが良いとは思いますが、オスプレイなんて馬鹿なものを押し付けられた陸自にはそんなお金は無いでしょうから。
八王子の白豚
2018/01/20 22:45
> 税金が国内に還流するように考える、と言う事が重要だと思いますね。

のきんさん、私は「現場の自衛隊員に使いやすくて壊れにくい兵器を与えること」「国民の血税が原資なのだから、費用対効果を常に考えること」この2点を優先すべきだと思います。
「税金の国内への還流」を優先するあまり、防衛官僚や自衛隊幹部が天下りした企業に法外な価格で受注し、挙句に所期性能を満たさず、しかも壊れやすく使いにくい低劣な兵器が現場に押し付けられる、防衛費が膨らむ、そんな事態は避けねばなりません。

> 陸自のAH−X(次期攻撃ヘリ)ではMHIがUH−60武装型、KHIがOH−1ベース、スバルがUH−X(B412)ベースの武装ヘリ型

シコルスキー社がS-97ライダーをベースにした攻撃ヘリを提案してくれるとすごく嬉しいのですが、防衛省が門前払いかなあ。あるいは、シコルスキー社が「どうせ当て馬にされるだけだから提案しません!」って、最初からAH−Xなんて眼中にないかも(汗)
被本塁打大王
2018/01/20 23:06
文谷氏が「イプシロン・ロケット開発や東京五輪は、日本全体としては無駄金で大損だけど、特定のセクターだけが儲かっている」ってブログで書いてますが、これって自衛隊の装備品調達にも当てはまる話ですよね。自衛隊幹部が天下りし、かつ自民党に献金している特定の企業と、ヨイショ仕事している軍事雑誌・軍事ジャーナリストが儲かっている。で、真面目に働いている納税者と現場の隊員がバカを見ると。

http://schmidametallborsig.blog130.fc2.com/blog-entry-1942.html
被本塁打大王
2018/01/20 23:23
よくよく考えてみたらMHIのAH-X案って、60Kベースじゃないんですね。やはりというか、陸には不評なのでしょうか?

>戦闘機部隊を大幅増強 宮崎にF35B有力 中国脅威に即応態勢 防衛省検討

http://www.sankei.com/smp/world/news/180121/wor1801210002-s1.html

なんて産経は書いていますが空自がすんなり、いずもでのF35運用に同意するでしょうか?
KU
2018/01/21 08:33
“>輸入にしたほうが遙かに安く、早く調達ができます。
>南ア、UAEやトルコのメーカーの製品も宜しいでしょう

これが言いたいだけだろシリーズ
ついでに6×6輪車のほうがマシ論、
そもそもあれは実証のための試作車両であるし6輪だし ”
名無し
2018/01/21 14:25
> なんて産経は書いていますが空自がすんなり、いずもでのF35運用に同意するでしょうか?

日頃から陸海空三自衛隊がしっかり連携・協力・調整していれば、FXでAを選定せずBを選定していたんじゃないですか?清谷氏も「最善はユーロファイター、どうしてもF-35を導入したいのならAでなくBで!」という意見でしたし。

「旧軍よりマシ」とは言うものの、現在の陸海空三自衛隊の縄張り意識の強さ、縦割りの弊害は座視できません。軍事に明るく、かつリーダーシップのある政治家が「統合軍化」「装備品調達の合理化」等をぶち上げてくれればよいのですが、現実にはヒゲ隊長みたいな「古巣の既得権擁護派」「日本会議シンパ」みたいな防衛族議員ばかり…
被本塁打大王
2018/01/21 15:53
攻撃ヘリ部隊を全廃し、F-35Bを導入するのがいい。
Anonymous
2018/01/21 20:19
本当に二進も三進もいかなくなれば、国産開発中止で中古ストライカーかなんかの輸入に落ち着きそうな気もしますね。
陸自UH-Xも結局412に落ち着きましたし、AAV-7も中古で買った経緯がありますから。


AH-Xに関していえば、既存のD型をE型仕様に改修するとともにAH-64Eを導入というのは提案としても無理だろう、と思われているのでしょうね。私としては412の武装ヘリ化でいいようにも思います。412と本格的な攻撃ヘリ(AH-64Eとか)で生残性に有意な差が出る状況が、あまりありえないように考えられますので。
ふきのとう
2018/01/22 05:21
インドネシアがライセンス生産しているベル412をベースに「Gandiwa」って戦闘ヘリを構想してるみたいだけど、韓国がCN-235輸送機とバーターでT-50練習機を売り込んだ時みたいに共同開発名目でAH-Xにできないだろうか
牛鬼
2018/01/29 23:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
陸自新型8輪装甲車開発の迷走の原因は装備庁と、陸幕。 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる