清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 自衛官の敵、大日本大政翼賛会産経新聞の野口裕之記者は頭がおかしいの?

<<   作成日時 : 2017/11/06 11:36   >>

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 7

野口裕之の軍事情勢】「自衛官の命」を心配する左派政治家たちよ、自衛官の胸に勲章がない不名誉をご存じか?
http://www.sankei.com/premium/news/161031/prm1610310003-n1.html

まずこのタイトルがアウトです。
自衛官に勲章を与えないシステムを続けてきたのは「左翼政治家」でjはなく、安倍晋三総理を含めた自民党(そして宗教結社のフロント政党の公明党)だわね。まあ、野口記者じゃなくて整理部がつけたんだろうけど。

文句があるなら「安倍のクズ総理!自衛官に勲章を与えないなど何事か!」とアレ首相を叱るべきじゃないかね?
野口さん、頭は大丈夫ですか。まあ、こんなキチガイポエム載せている産経新聞も問題ですけどね。しかも具体名を挙げているのは大江健三郎。しかも大江某とか書いているし。はっきり書けばいいでしょうに。こういうところが姑息ですよね。それに大江健三郎が国会議員だったなんてあたしゃ初めてしりましたけど、どこのパラレルワールドのお話ですか。


>「自衛官のリスク」を懸念する?のは、国防の重要性を認識し、防衛予算向上に尽力する保守系政治家ではない。激烈な敵火力と対峙する自衛官に、警察官と同じ武器使用基準を強要するサヨクほど「自衛官のリスク」を叫ぶ。大きなお世話だ。安全保障上の諸施策を世界常識に近づける動きを阻止すべく、自衛官の命を「盾」にする破廉恥はミエミエ。いっそノーベル賞作家・大江某のごとく、防衛大学校生は「現代青年の恥辱」と表現してくれれば「前時代の輩」で片付くが、今のサヨクは「中庸」「リベラル」を装うので始末が悪い。

これだもん。
へー、産経新聞は自衛官が不要に手足を失ったり、死んだりしてもいいんだ。なるほど、それを「美談」に仕立て上げて金儲けしたんだもんね。

> 旧知のI一等陸佐(当時)は2005年のイラク派遣を前に《遺言》を書く。《遺書》ではない。I氏の妻に言わせると、遺書とは確実な死が前提だという。《君たちが読む頃、私はこの世にはいない》の書き出しは、こんなふうに続く。

野口さん的にはこの旧知のI一等陸佐が手足を失ったり、視力を失ったり、死んでくれた方がよかったんじゃないの?愛国的美談の記事にできたからね。

自衛官が死傷したり、手足を失うことが産経新聞の利益だものね。


ぼくはこれまで自衛隊の衛生体制の不備を指摘し続けてきました。
どう考えても軍隊のレベルにはないわけです。お医者さんごっこのレベルです。

ところが安倍政権はそれを分かっていて、敢えてPKOでの駆けつけ警護を命じたわけです。
で、南スーダンの情勢がやばいと分かってからは、速効で部隊撤収を命じました。

これは当時防衛省の衛生問題の審議会の座長だった麻布病院の院長だった佐々木先生(現内閣府参与)もしてきて、その問題点をWILLでも寄稿しました。

防衛省の記者会見でも大臣や陸幕長に何度も質問をしました。
部隊の医官の充足率は2割を切り、薬剤官が売薬配っている駐屯地や基地が多いわけで、戦傷医療なんぞまったく手つかずです。

医療が弱い軍隊というのは戦争でも弱いのですよ。

ぼくが書いたこともあり、また産経新聞の題切らない民進党が動いたことあって、今年度から陸自のファーストエイドキットが多少マシになりました。

また、無線が通じない、稼働率も、装備率も低い話は大震災前から延々指摘し続けて、それが大震災で明らかとなって、多少改善しました。

また陸自のヘリ型UAVが大震災で一度も飛ばなかったこともぼくが指摘しました。その後予算は取得のための付いていないようです。


で、その間、産経新聞は何していたの?
ろくな取材も、記者会見でろくな質問もせずに、ひたすらウリナラマンセー、無敵皇軍的なクズみたいな提灯記事を書き散らしてきただけでしょう。
あなた方がいつ、我が国の国防の問題点や自衛隊の問題点を指摘したことがありますか。自衛隊の現状の向上に
寄与したことがありますか?

自衛隊の駄目な点まで無敵皇軍的な報道して褒め称えるから、現場にも、納税者にも危機感が芽生えず、問題点が認識されることはない。まるで無敵皇軍と国民を煽った戦前の朝日新聞みたい。産経が朝日を嫌うのは同族嫌悪でしょう。率直に申し上げて、自衛隊の弱体化を図っているとしか思えません。
まあ、なんだ。糖尿病患者にあなたは健康ですと酒と甘いものすすめているようなものです。


結局あなた方は自衛官の不幸を自分たちの金儲けのネタにしたいだけでしょう。
知能と教養が低いネトウヨをアジって、金儲けをしたいだけ。極左暴力集団とベクトルが違うだけで、同じレベル。

それを「愛国」「憂国」だと主張する。
愛国をネタに、国益を害することはむしろ売国でしょう。
もしかすると中国政府7からカネでも貰って記事書いているじゃないかと疑いたくなりますよ。


産経新聞の定義ならばぼくには愛国心は全くない非国民ですね。

ぼくは左翼政治家や文化人よりも、産経新聞の方が我が国の国益害し、自衛隊を弱体化させている元凶であるあると思いますけどね。自衛官とその家族は産経新聞の不買運動を起こすべきですよ。


別に商業出版ですから、儲けをだすなとか言うつもりはありません。儲けがでないと給料も払えないし、取材もできないでしょう。ですが、だからといって儲けのために国を弱体化させ、それを忠国だと主張するのは羊頭狗肉もいいところです。恥を知る人間にはできない所業です。文章は売ってもいいけど、良心とか愛国心を大安売りするのはどうかと思うよ。

本当に中国政府からカネもらっていませんか?


望月衣朔子さんの新刊です。
彼女も色々アレなところがありますが(笑)、武器輸出の問題や権力に臆せず、追求するところは「国士」であります。産経新聞は彼女の悪口を書いておりますが、政権の飼い狗のような新聞社より彼女の報道が遙かに国益にかなっているとぼくは思います。


新聞記者 (角川新書)
KADOKAWA
2017-10-12
望月 衣塑子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 新聞記者 (角川新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
PKOの時ぐらいまともな装備と編成だったら良いのですが、どうなのでしょうかねぇ。
BB
2017/11/06 11:55
きよさん たたきご苦労

これからも続けてね。

ただ、産経も、記者の出身校を調べてみたりだとかもよいのでは?

しょうもない与太記事を連発してるのも、出身偏差値や、理系文系のかたよりや、あとは最も需要な社内派閥抗争を、詳細にレポートした方が、よほど、国益にかなうのでは?


どうしようもない記者の質を惨状を書いてみては?

記事の足りなさを取り上げても、懲りることはないサラリーマンたちでしょう。
あとそういう購買者の経歴や年収だとか、そこらも疑問だけど。

きよさんも理系だしね。
aaa
2017/11/06 22:30
「激烈な敵火力」ってorz あまりにアレすぎて付いていけません。こんな記事を毎日のように見せられている購読者が一番、迷惑な気もしますが。



>米防衛装備品購入「拡充」と安倍首相

http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/166277

オスプレイだのグローバルホークだのAAV だのを追加購入しよう!なんて話になりそうな悪寒が(ry F-35(出来ればB型)やガーディアンとかを購入するなら、マシな方でしょうか。
KU
2017/11/06 23:32
自衛隊の人たちは新聞の中では産経を一番購読してそう。
しかし
2017/11/07 23:52
戦後ほとんどの期間で自民党が政権担当だった気がしますが、彼らに責任あるんじゃないんですかね?(;´Д`A
ラボーチキン
2017/11/08 12:26
 いつだって他人のせい。それが日本の政治のお約束。いつか愛国ごっこも誰かにやらされた、だまされたと絶叫するのでしょう。ご苦労なことです。哀れですね。
 国難突破選挙
2017/11/09 20:55
お邪魔します。

 山本七平が旧陸軍内で「気概演技」がはびこっていた事を書いていましたが、これもまた「仲間内で自分達が優位に立つ事だけを目的とした気概演技」なのではないかと思われます。マスコミの中では左翼・リベラルが優位を占めており、左翼・リベラルでは朝日とかに対して優位に立てないから、その反対をやっているだけなのでは。
ブロガー(志望)
2017/11/12 08:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
自衛官の敵、大日本大政翼賛会産経新聞の野口裕之記者は頭がおかしいの? 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる