清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 小池百合子を貶める、軍事音痴な週刊新潮の胡乱な記事

<<   作成日時 : 2017/10/07 11:05   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 14

10月12日号の週刊新潮では『「エコ戦車」がジョークだった「小池百合子」のスベる話』なる記事が掲載されています。

環境大臣当時の防衛庁での講演で小池氏が、
「突然ハイブリッド戦車やハイブリッド戦闘機はどうか」と言い出すので、制服組ともども呆れました。兵器は信頼性が必要で、地球に優しければよいというものではありません、とい防衛庁(当時)の幹部の話を紹介しております。

この話は当時話題になりましたが、その防衛庁幹部が軍事知識に疎い、うつけだったという話です。

戦闘車輌のハイブリッド化は当時既に研究が進んでおりました。キャンセルされましたが米陸軍のFCSと呼ばれる、装甲車輌を一新するプログラムでもハイブリッド方式が採用される予定した。いまでも装甲車両のハイブリッド方式に関する研究はなされています。例えば米国の防衛大手のLCはドイツのハイブリッド開発会社であるMM社を買収して研究開発を続けています。

それは第一に燃費が大きく向上する。減らした燃料分だけ、別な予算にお金を振り向けられます。更に米軍など外征型の軍隊では兵站、補給ルートの負担減となります。例えばイラク戦争などでは最前線の部隊まで燃料を届けるとなると、補給ルートを整備し、その途中に何カ所もデポを設営することになります。
しかも燃料を運ぶトラックの燃料も馬鹿にはならないほど消費されます。例えば100ある燃料が前線に届くまでに何割か減ってしまうわけです。その意味でもハイブリッド方式はメリットがあります。しかも水素の燃料電池車輌なんぞと異って、既存の燃料インフラをそのまま利用できます。
戦闘車輌(そして兵站車輌)のハイブリッド化は大きなメリットがあります。

またエンジンを切ってモーターで動かせば騒音を低減できるので戦術的なメリットもあります。


更に申せば、諸外国の海軍、例えば英海軍や英海軍などではタービンエンジンやディーゼルエンジンを発電機としたハイブリッド方式の推進機関が既に多く採用されております。
更に申せば海上自衛隊も採用しております。

自衛隊の艦艇は信頼性が低いんでしょうかね?

更に申せば、自衛隊や軍隊では兵站のミニマイズは大きな問題です。兵站に掛かる費用を削減できるのであれば、その分の国防予算を削減するか、あるいは国防予算の他の予算、例えばネットワーク化などに転用できます。それにハイブリッド方式が信頼性が低いという事実はありません。ハイブリッド方式が信頼性が低いのであれば、トヨタは世界中信頼性が低い車を売りつけて荒稼ぎしている悪徳企業ということになります。無論新しい技術にはリスクがつきものですが、それに挑戦しなければ軍事技術の発展もありません。それが嫌ならば、F-35なんぞ買わずに、未来永劫旧式化したF-4ファントムを後生大事に使えばいいではないですか。
こういうクズが防衛省では出世する傾向にありますが、それは国益を大きく害することとであり、こういうクズを防衛省から叩き出すべきです。

諸外国では戦闘機ではないにしろ、ディーゼル方式や電動式のヘリコプターなども開発が進んでいます。


件の防衛庁幹部恐らく内局の高官なのでしょうが、軍事技術に疎いくせに、自分は専門家であると根拠がない自身をもった悪い意味での内局官僚の典型でしょう。
こういう人権力だけあるが、無知蒙昧な役人が装備調達などに口をだすから、現場が混乱するし、自衛隊の装備が残念なものになる一因です。

記事のよるとこの人物は小池氏が防衛相に就任した時にハイブリッドカーではなく、防弾仕様の公用車に乗るべきだと進言したいう話ですから、容易に個人が特定できるでしょう。

この人物はもしかすると当時そのような軍事技術をしっていながら、敢えて小池氏を陥れようとして、週刊誌にネタを提供したという可能性もあります。いずれにしても行政の人間としてクズです。
希望の党は選挙が終わったときに、この人物を国会に招致して喚問すべきです。

ぼくは小池氏あるいは希望の党に対して肩入れするつもりはありませんが、このような過去の、しかも馬鹿にされたような記事を意図的に掘り起こして、選挙前のネガティブキャンペーンに使用するのであれば、それは品背下劣であり、連載されている藤原正彦氏ではないですが「週刊誌の品格」を著しく下げることになり、週刊新潮のメディアとして信頼性を自ら傷つける行為です。

たまにコメントする立場として敢えて苦言を呈しておきます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
この話を聞いて何となく思い浮かんだのが第二次世界大戦での石炭からの燃料生成の話とかですね。わが国では松根油とか、ヒマシ油のような国内で自給できるシロモノではあまりいい結果を出せなかった、程度の話ですが、一方でドイツがガソリン類似の燃料精製を実用化したことで軍用機、軍用車両を広く稼動させたのを考えると、エコと軍事の繋がりについてもう少し見方を変えた考え方もアリなのではないかとも思いますね。
ふきのとう
2017/10/07 18:53
世界で最初にグライダーで空を飛んだのは日本人なのに、最初に飛行機を作ったのはアメリカ人
世界で最初にレーダーの原理を発明したのは日本人なのに、最初に実戦にレーダーを投入したのはイギリス人
世界で最初に二足歩行ロボットを作ったのは日本人なのに、歩行型のロボット兵器の開発で最も進んでいるのは米軍
そして世界で最初にハイブリッド車を市場に投入したのは日本人なのに(以下略)
こういう独創的な人間を理解できないのが日本人ってやつなんですよ。何度同じことを繰り返したら気が済むのか。
ひゃっはー
2017/10/07 22:27
今の防衛省には誰もやったことが無いことをやる奴、つまり本田宗一郎みたいなのはおらん、というわけだ。毎日朝早くから夜遅くまで働いてて、何が楽しいんだろう。
ひゃっはー
2017/10/07 23:56
ヨーロッパである科学者が電線の上に磁石を置いて、電流を流したら磁石が動く実験をみんなの前でやったんですよ。そしたら、それを見ていたある人が「だから何なんだ」と言ったんですね。小池百合子の発言を笑った奴もそれと同じで、想像力や創造力というものが欠けてんだ。それに加えて軍事の知識も無いんですけどね。
ひゃっはー
2017/10/08 00:28
仰りたいことには賛同するもののハイブリッドはどうでしょうか?個人的にはマツダの様に高効率のエンジンを開発する方が効率的だとは思うのですが。特に国内運用のみで車両で遠征などしない陸自の場合は。もっともハイブリッド同様言うほど簡単では無いのですが、重いバッテリーを無駄に抱え込むハイブリッドよりは純エンジンの方が余計な重量とバッテリーの場所を取らないだけマシかと。ただエンジンで発電、モーターで駆動する方式を否定はしません。変速機も省けるしエンジンも持てる最高効率で駆動できるでしょうから省エネです。余った余計な電力は小型バッテリに貯めればダッシュや一時的なモーター駆動には使えるでしょうから。戦車はリッター1キロ位は走って欲しいですね。他の装甲車両も5割増で。
やれやれ
2017/10/08 01:13
技術の発展を予測するのは難しいです。例えばSSTにしても技術的には完成していましたが普及しなかったわけです。それはオイルショックだったり、騒音だったりが、経済性などが原因ですが技術的な原因ではなかった。つまり技術的な問題もさることながら、社会的な環境の変化によって、代わることもあるわけです。
件の防衛官僚が駄目なのは技術的に無知なだけではなく、兵站や経済性についても無知なことです。だから米軍の5倍十倍の値段払ってクズのような、信頼性の低い国産兵器を調達して何の疑問も感じないのでしょう。
キヨタニ
2017/10/08 10:23
車のハイブリッドはブレーキ時の熱エネルギーを電気エネルギーに変換してバッテリーに蓄電します。
よってストップアンドゴーの多い市街地で威力を発揮し、高速道路を淡々と走る場合は効果がなく、システムの重量増加をはじめコストも増加しますので、一般的にはメリットが無いと考えられます。
信頼性で言えば、構成するパーツが増加するので、理論的には低下する事も事実です。
通りすがり
2017/10/08 10:24
お邪魔します。
 「都政が」「東京オリンピックが」「築地・豊洲市場が」とか言えば、小池都知事「だけ」を悪者にできないからではないかと思います。
 後余談ですが文谷氏が新型護衛艦の左右の動力を別種の機関にする案を出しているのを見ました。
ブロガー(志望)
2017/10/08 11:42
この話をポルシェ博士に読ませてあげたいですね、きっと「ほら見ろ、俺の考えた『フェルディナント』や『マウス』は技術の方向性として正しかったんだ!」と小躍りして喜ぶと思いますよ。
あれってハイブリッド車そのものですから。
八王子の白豚
2017/10/09 12:33
将来的に例えば戦車砲や艦載砲を超電磁砲とかレーザーやビームにした場合、消費する電力が膨大なものになる事が予測されます。
今から高性能の電機システムを研究して現場が慣れていくのは必要でしょう。

個人的には液体火薬で砲弾を打ち出すシステムはどうなっちゃったんだろうって思いますが。
八王子の白豚
2017/10/09 12:40
>安倍首相の街頭演説日程、事前公表を再開

http://www.asahi.com/sp/articles/ASKBB3FSCKBBUTFK00C.html?iref=sp_pol_politics_list_n

身内ですら、ヤジられたくないから非公表にした、なんて認めちゃっていますねorz

そういえば陸自の共通車体をググってみたら、こんな記事が↓

>私的まとめ 陸自共通車体

https://togetter.com/li/1121361

89式FVの焼き直しですか···




>神戸製鋼データ改ざん 防衛装備品にも使用か

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171010/k10011173811000.html?utm_int=news_contents_news-main_004

>>「運用に直ちに影響はない」···何処かで聞いたようなセリフなんですが。

KU
2017/10/10 19:10
清谷さん

色々と大変でしょうが、次のエントリーを楽しみにしていますよ。
真の愛国者ゆりか
2017/10/13 21:44
もともとヨーロッパなんかは自動車のハイブリッドを非合理的とバカにしてたんですが、トヨタは化け物のような企業体力でプリウスを商品化し、結果的にハイブリッドのトレンドを自動車業界に作ってしまった。
合理主義では動かない部分も大きいのですから、そりゃ予測は難しいです。
abcd
2017/10/14 12:44
また週刊SPA!の「自衛隊が危ない!」シリーズがorz

>朝鮮半島有事の“武装難民”に自衛隊は発砲できない。不幸な事件がおこる前に···

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13746400/

自衛隊が前面に出たからといって、完璧に防げるわけでもないですしね...。てか、さすがに有事ともなれば海警行動は発令されるんじゃあ?
KU
2017/10/14 16:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
小池百合子を貶める、軍事音痴な週刊新潮の胡乱な記事 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる