清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 自衛隊はいつから人民解放軍になったのだ。

<<   作成日時 : 2017/06/29 10:31   >>

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 8

稲田朋美氏発言で“三重苦” 「とばっちりだ…」突然の後ろ矢、憤る自民候補 他党は「敵失で好機」
http://www.sankei.com/politics/news/170628/plt1706280048-n1.html

> 稲田朋美防衛相による「防衛省・自衛隊、防衛相、自民党としてもお願いしたい」との問題発言が、都議選の現場を直撃している。自民にとっては、学校法人「加計(かけ)学園」(岡山市)をめぐる文書問題や、豊田真由子衆院議員=離党届を提出=の暴行問題などに続く強烈な逆風要因。まさに“三重苦”の様相となり、自民候補陣営は「とばっちりだ」と怒りをあらわにする一方、他党関係者らはほくそ笑む。

>稲田氏は27日、板橋区での自民候補を応援する集会で発言、その後「誤解を招きかねない」と撤回した。しかし、影響は自民現職2人や都民新人2人など10人の候補で5議席を争う激戦の同区選挙区にとどまらず、都議選全体に飛び火しつつある。


稲田大臣の認識では自衛隊は政権与党である自民党の「党の軍隊」であるとの認識なのでしょう。そうであれば、中国共産党と人民解放軍と同じ、ということになります。


しかもこの方は、弁護士であり、法律には精通しているわけです。

単なる失言で、取り消せば済む問題ではありません。

ですが、安倍政権は稲田大臣の更迭すら行わない方針のようです。
そもそも、大臣以前、政治家としての資質を決定的に欠いています。


独裁国家の中国共産党と同じセンス、考え方を持った人間を、「暴力装置」である自衛隊を預けた安倍首相の任命責任は極めて大きく、これは安倍首相ご自身の進退にも関わる大問題です。

ああ、自民党では「暴力装置」はアカの言葉だ、26万人に自衛官はお目々キラキラで、国防のことだけを真剣に考えて、何の私心ももっていない、忠実なロボットのような集団であり、「実力組織」と呼べと強弁されているセンセイ方が多いんでしたね。
敗戦を終戦と言い換えたり、売春を援助交際と言い換えて、安心している手合いと同じレベルということです。軍隊はクーデターを起こすけども、完全無欠な自衛隊はその心配がない、と。
まったくどこまで世間知らずなんだか。この手のアレな成功、丸川などアレな政治家が安倍首相のお気に入りなわけです。その延長線上に稲田大臣の登用があったわけでしょう。
軍事組織をまるごと信用しろ、政治には彼らを監視も監督する必要無いのだいうのですから、他国の政治家が聞いたら驚くでしょうねえ。
こういう政治家としての教養のないのが、安倍首相であり、その取り巻きです。その手の脳が弱いけども右翼的な思想だけは強い連中を側近として重用してきたのが安倍首相です。まあ、自分より利口な奴を重用したくはなかったんでしょうけども。

ですから、首相の任命責任は極めて重たい。

このような自衛隊を党の軍隊、私兵と認識していることは、そのような国家感、政治観を持っているということであり、民主国家の政党、政治家としては完全に失格です。
でも、防衛記者クラブは記者会見で追求しないんでしょうけどね。


Japan in Depth に以下の記事を寄稿しました。

海自ヘリ選定巡る下克上と内局 その1
http://japan-indepth.jp/?p=34774
海自ヘリ選定巡る下克上と内局 その2
http://japan-indepth.jp/?p=34784
海自ヘリ選定巡る下克上と内局 その3
http://japan-indepth.jp/?p=34792





『キノコホテル創業10周年記念大実演会<サロン・ド・キノコ〜飼い慣らされない女たち>』
2017年6月24日 at 赤坂BLITZ

https://okmusic.jp/news/186265















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
あくまで個人的意見ですが、安倍の発言、振る舞いを見ていると中国共産党、或いは独裁政治に強いあこがれがる気がしています。プンプン臭うのです。稲田大臣の失言ニュースを見た時流石に呆れました。言い訳も論外の内容ですが毎度毎度こんなのが大臣で良いのかと、しかも弁護士ですよね。免許を返上して欲しい位です。愚痴はここまでにして別件ですが、ハクソーリッジと言う映画を見てきました。沖縄で活躍した米軍の衛生兵の話です。時代がWW2と古く緊急医療も今と比べればごく初歩的なのだと思いますが、手足を吹き飛ばされた後のファーストエイドがどの様に行われるか分かった気がします。清谷さんが常に指摘しておられた通りですね。しかも今の自衛隊は当時の米軍より劣る様ですね。モルヒネは確かに麻薬ですが鎮痛剤としてガンの終末医療でも普通に使用されています。先日末期ガンでなくなった友人も錠剤でお世話になっていました。緊急時、戦場での医療についてもっと考えないといけないと知りました。瀕死の兵士をできるだけ救う米軍と突撃を繰り返す日本兵の違いの対比もある気がします。衛生兵無しでは突撃できない様な台詞は極限状態に置かれた兵士の気持ちを代弁していると感じました。
やれやれ
2017/06/29 11:01
稲田大臣も自衛隊に「自民党に投票しろ」と命令したわけではないから、あんまり目くじら立てて騒ぐこともないと思うのですが。
ひゃっはー
2017/06/29 17:09
お邪魔します。
 近代国家の軍隊は時の政権と距離を置いています。そうでもしなければ最悪「政権交代=内戦」になりかねないからです。しかし自衛隊は中国、北朝鮮さらには朝鮮戦争と日本に共産主義が迫り来る中警察予備隊として発足しました。米軍他が朝鮮半島で戦っているさなかに日本で共産主義が台頭すれば、米にすればそれこそ退路を絶たれてしまうため、それを阻止する事が元々の目的だったのです。故に自体隊は通常の近代国家の軍と違って特定の政治勢力との距離は近いものになりました。要するに人民解放軍程露骨ではなくてもそういった傾向は元々のものなのです。問題は共産主義革命が現実の可能性としてあった60年安保の頃までなら兎も角、旧ソ連すら消滅した現代に於いても尚、出自を過去のものとして清算できなかった事ではないかと思われます。自民党他の中には今のリベラルをかつての革命勢力と同一視している人達がまだいるのかも。
ブロガー(志望)
2017/06/29 23:27
そのおかげかどうか、安倍首相の「獣医学部即時全国展開」発言がすっかり忘れさらてますね。こっちの方が大問題だと思いますが。
サラリーマン
2017/06/29 23:43
むしろ稲田を支持するでしょうな
ネットのミリオタはほぼ自民党支持者なんで
ミリオタなら
2017/06/30 08:38
日本の女性国会議員の比率は10〜15%程度なのに、男女共同参画と称して、無理矢理登用されてる人が多く、能力不足を露呈している。残念ながら、稲田氏もその一人だ。特に軍事分野は、知識不足の議員が男女問わず多い、何か見識を示せというのは、無理なんだろうと思います。
マリンロイヤル
2017/06/30 21:33
>「帰れ」コールに安倍首相激高=籠池氏も聴衆

http://www.jiji.com/sp/article?k=2017070100435&g=pol



>首相演説に「辞めろ」「帰れ」の声 都議選で初の街頭に

http://www.asahi.com/sp/articles/ASK715Q1DK71UTFK00C.html?iref=sptop_8_02

また、逆ギレですかorz
KU
2017/07/01 22:25
マリンロイヤルさんの意見に賛成です。
稲田氏は「日本初の女性首相」候補の有力な候補者とまで見られていた時期があり、己の後継者として育てたかった安倍首相も大臣経験を積ませて箔を付けてやろうという思惑があったのでしょう。
今回の失言でも徹底的に庇うつもりのようですし。
ただ、当人はそういう状況への驕りがあるのか防衛についての知見を増すための努力を怠っていた節が見られますね。
言動があまりにも軽率すぎます。
靖国参拝はまあ、やりたいなら別に構わないと思いますが、それ以外はそもそも国務大臣としてどうなんだろう?と思わされてしまうところが多くてちょっと微妙ですね。
八王子の白豚
2017/07/02 22:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
自衛隊はいつから人民解放軍になったのだ。 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる