清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS C-2 民間転用はヤルヤル詐欺だった。

<<   作成日時 : 2017/01/19 16:54   >>

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 11

川崎重工、空自向け新型輸送機の民間転用を断念
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/110879/011800541/?P=1


> 川崎重工業が防衛省向けに開発した新型輸送機「C2」の民間転用(スピンオフ)を事実上断念したことが「日経ビジネス」の取材で分かった。民間貨物機市場の開拓による量産効果を狙っていたが、商用化に必要な「型式証明」などを新たに取得するには莫大なコストが発生する恐れがあると判断した。型式証明の取得をめぐっては、三菱航空機の国産ジェット旅客機「MRJ」でも苦戦しており、事業化が大幅に遅れている。

C-2の民転なんてはじめから無理なのは分かっていた話です。
耐空証明・型式証明を取るならば開発と同時にやらなければ、ならなかった。そうでないとトンデモなくコストがかかります。初めからやっているMRJですらあれだけコストがかかっているわけです。
ところが川重はそれをやらずにきたわけです。今更耐空・型式証明とるなら数百億円はかかります。仮にC-2の調達数が30機としても、その儲けをすべてつぎ込み覚悟が必要でした。
しかも、それをやっても売れる保証はまったくありません。
防衛省におんぶにダッコで、喰っている事実上国営企業の川重の航空機部門がやるわけないでしょう

つまり、民間転用は初めから絵に描たモチだったわけです。こんなことは航空業界の人間なら誰でもわかる話です。
ところが自衛隊大好きの中学生レベルの軍オタならまだしも、首相官邸初め、経産省やら防衛省が世界に輸出と大宣伝をしてきました。
それもたちが悪いことに、天下り先の業界団体を使ってもっともらしいリサーチをしてきたわけです。
その原資は当然ながら税金を使ってです。出来もしないことがわかりきっているにも関わらず、国民のカネをつぎ込んで詐欺をおこなったようなものです。

それを対して、取材も検証もしないメディアが「絵に描いたモチ」があたかも本物のモチであるかのように宣伝しきたわけです。

「国産機、世界羽ばたく」なんて幼稚な夢を語って、自慰行為に励んでいただけです。

それを真に受けた頭の悪い蒙昧な愛国的な国産マンセー、自衛隊マンセー的なマニアが増長して、ネットでバイアスのかかった情報を垂れ流すから、余計に「待望論」が膨らんでいったわけです。


>「軍用機」としての海外輸出も簡単ではない
>民間転用を見送った以上、量産効果を狙うために最後に残るのが「軍用機」としての海外開拓の道だ。日本政府は2014年、防衛装備移転3原則を閣議決定し、条件付きながら防衛装備品の輸出を容認した。これを受けて川崎重工も既に、C2などの輸出チームを発足させた。目下、日本政府がニュージーランド政府などに輸出交渉を持ちかけている模様だ。

ペイロードが2倍以上で、しかもメーカーとしての信頼が高いボーイングのC-17が帰るお値段で、しかも不整地での運用もできない深窓の令嬢のようなお上品なC-2を誰が買いますかね?

どっかの島国の奇矯な空軍以外買わないでしょう。

常識的に考えれば、民間機を母体に開発されたたエンブラエルのKC390やらエアバスのA400M、LMのC130J、或いはイリューシンの輸送機をチョイスするでしょう。

しかも実はC-2の維持費は民間機と同じエンジンをつかっているにも関わらず、バカ高い。当初の予定を遥かに超えています。このためLCCは更に高いものになるでしょう。これも不利な条件です。

これは恐らくは、本来製造単価が上がっているが、それを素直に載せると財務省が認めない。だから維持費に乗っけたのではないでしょうか。ただでさえ跳ね上がったLCCが更に高いものになるのは必然です。海外の潜在顧客に、あれは自衛隊向けだけです。実際の運用費はもっと安くなりますと説明しますか?
こういうインチキをやって恥じない当局と、メーカーに羞恥心とか、良心とかないんでしょかね。こういう人たちが厳しい市場で商売できる能力もやる気もあるわけないでしょう。

軍オタはよく軍用機は極めて高度な技術が云々とか口泡飛ばしてまくし立てますが、三菱重工だって、「たがが民間機」のMRJであれだけ苦労をしているわけです。市場でお客様に買っていただく製品を作るのがいかに大変か、また日本の航空業界のレベルが以下に低かったか、防衛省相手の商売がいかにちょろいものだったか、三菱重工の関係者は身にしみてわかっていることでしょう。



C-2の調達数は約30機とありますが、財務省からダメ出しがでるんじゃないでしょうかね。
次の中期防でざっくり削られるのではないでしょうか。

しかも既存のC-130Hも老朽化しているからこれの更新も必要です。普段使いの輸送機とすればC-130の方が遥かに有用です。
既存のC130Hを遥拝にして全部C-2にする、というような胡乱なことを空幕考えるからもしれません。何しろ「おらが村の事情」最優先で、軍事的な整合性を無視する人たちですから十分にありえます。

ですが、それはコスト的に無理でしょう。1,2トンの貨物を輸送するのにC-2使えば費用対効果が悪すぎます。本来であれば輸送機の種類はC-130クラスと、もう一つ小さいサイズがあったほうが便利です。例えばC-2の調達を15〜20機でやめて既存のC-130Hを売却して、新たにC-130Jを20機、C27Jを10機とか調達すべきでしょう。
それに通常の輸送だけではなく、本来特殊作戦用の輸送機が必要不可欠です。それにC-2は向いていません。またオスプレイに給油するならば空中給油型の輸送機も必要です。

現在の体制では特殊作戦をまともに活用できません。世界の軍隊から物笑いのレベルです。
そういう「常識」がないから、C-2のような怪しげな、平時でしか使えない輸送機を開発、調達し、反面C-130Hやその更新はほったらかしにするんです。
輸送機のポートフォリオも示さずに、新しい玩具を一点買いしたいと、喚くのは子供と同じです。

いずれにしても装備品の輸出というバラ色の幻想を振りまくために、出来もしない軍用機の民転ができると言って、多額の税機を使って天下り団体に調査までさせてホラを吹いた政府の責任は極めて重く、悪質であります。これは民主党政権、自民党政権両方にいえることです。政治家の責任ってなんなんでしょうかね?それとも官僚に騙されていたけど、しりませんでした、とでもいうのでしょうか。

それを検証もしないで正負の引く三味線で踊って、無責任に「ウリナラマンセー」的な報道を続けてきたマスメディア、特に新聞の責任は極めて大きなものがあります。
記者クラブで口開けて会見をまっているだけで、専門知識もなく、能動的に取材をしないから、政府の手先のような原稿しか書けないのです記者クラブって本当に必要不可欠な組織ですね。政府にとっては。



朝日新聞のWEBRONZAに以下の記事を寄稿しました。
南スーダンで負傷した自衛隊員は救えるのか
戦死者、戦傷者を想定していない「軍隊」の危うさ
http://webronza.asahi.com/politics/articles/2017011700001.html



Japan In Depth に以下の記事を寄稿しました。
自衛隊、オスプレイの空中給油能力を活用? その1

http://japan-indepth.jp/?p=32558
自衛隊、オスプレイの空中給油能力を活用? その2
http://japan-indepth.jp/?p=32583






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 18
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
与野党もマスコミも、導入の必要について検証することは、この先も無いのでしょうね。何せ補正予算で正面装備を堂々と買おうとも、誰一人追及しないくらいですし。でも事故を起こそうものなら、全力で責任を追及するとorz


>自衛官はなぜ「トラック輸送」されるのか?【自衛隊貧乏伝説】

https://nikkan-spa.jp/1269380?display=b

相変わらず、「もっとたくさん予算を寄越せ!」の一点張り(>_<)。ムダな装備の導入を取り止めよう、とかいった発想は皆無のようです。
KU
2017/01/19 19:20
C2なんて軍用型もスペックが怪しいですしね(笑)
マリンロイヤル
2017/01/19 23:57
なぜCー2が開発されたのかわかっていないのはあなたですね…あれが特別意味のある機体だとは私も思いませんが、あなたもまた思い込みの中だけで記事を書かれている…知らなさ過ぎ…
エヌ
2017/01/21 11:25
青梅市在住のIPアドレス

106.187.58.223

匿名でしか悪口書けない人間のクズですね。
リアルな社会では発言もできず、ネットでコソコソかくれて悪口かくことしかできないなんて悲しい負け犬人生ですね(笑

キヨタニ
2017/01/21 14:26
元々この話が出てきた何年か前にP1とC2のコンポーネントを共用化して、民間機としても使えて調達数がかなり見込めて単価も下がるよ!とか言う虫のいい話はどこに消えていったんでしょう?
蓋を開けてみれば特段高性能な訳でもないのに世界一高級な少数生産の輸送機と、経緯を考えたらまあまあの性能の世界一高級な少数生産の対潜哨戒機が出来上がっただけですね。
最初からこうなるような気はしてましたが良い意味で予想を裏切って欲しかったので残念です。
陸自の車両もそうですが、何でファミリー化してまとめて買って単価下げようって努力をしないんでしょうね?
有事に調達を容易にするために、また防衛産業の維持のためにバカ高くて低性能でも国産出来る物はとにかく国産するんだ!という意見は分かりますが、そうでなくても微妙なわが国の財政状況を考えると、その姿勢には首を傾げざるを得ません。
ましてやそれを輸出しようなんざ正気を疑ってしまいます。

あ、記事とはあまり関係ないですがキヨタニさん、今回も誤字脱字が結構ありますよ。
前にコメントした方がおられましたが、PCの変換機能とか確認した方が良いんじゃないんですか?
八王子の白豚
2017/01/21 16:06
批判されたらIPアドレス晒す人初めて見ましたw
最近誤字多いからって八つ当たりするなよ、匿名が嫌ならもうネットやるな

俺も晒しますか?
XU
2017/01/21 20:01
<社説>海兵隊ヘリ不時着 防止策は普天間即事閉鎖だ

http://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-431357.html

民間ヘリが不時着しても、ぜひ「事故を無くすためには○×空港を即事閉鎖すべきだ!」と声高に主張していただきたいものですが(>_<)。いくら念入りに整備しても機械的なトラブルは完璧には防げないでしょうに・・・。地元の人達が不安になるのは理解出来なくもないですが、パイロットも含め、誰一人けが人も出なかったのも事実ですし。
KU
2017/01/22 06:31
事実無根の誹謗中傷は意見でも反論でもありません。

以下のような誹謗中傷を行う人間にぼくがなんの配慮をしなければならないんでしょうかね?
それをIPを変えて、他人に振りして自己弁護ですか。しかも顔を真っ赤にして書き込んだせいか、日本語の文法がおかしいですよ。人様の誤字脱字を笑っている場合ではないかと思いますが。

お望みの通りIPを公開しましょう。
119.148.255.186

文句があれば訴訟でもなんでも起こせば宜しい。

匿名に隠れて有りもしないことをでっち上げて悪口を書く人間のクズには人権などありません。


>自衛隊に来て飲み食いをたかっている清谷が、行事に参加させろとねじ込んで、準備作業をしている末端の隊員から愚痴を聞き出して垂れ流して得意になっている清谷が

根拠上がるならだしてみなさい。なんなら法廷でやりますか。
キヨタニ
2017/01/22 12:27
清谷さんへ

自衛隊で飲み食いしたい云々〜
事実無根の誹謗中傷している愚か者がいるんですね。
自衛隊にたかっても清谷さんにとって利益にならないし、 自衛隊に媚び売る理由や意味ないでしょう。
誹謗中傷している人物のプロファイリングすると自我がなく、他人・他の組織・権威に依存する。 強い者に憧れ、さも 自分がそうであるかをすり替える。嫉妬する。誰にも相手にされない社会性ゼロのチキン野郎です。 理論武装できるわけないでしょう。中身も脳みそも空っぽですから。まぁ反戦平和団体の方がまともです。自分なりのポリシーやアイデンティがありますから。 清谷さんがデタラメばかりの記事書いたら、石破先生が共作しないし、出版社から仕事こないでしょう。当たり前でしょう。いい加減な人間に仕事任せるほど世の中甘くありません。
元キャプテン
2017/01/23 17:49
民間型についてはやるやる詐欺どころかどこからそんな冗談が出るんだと言う思いです。C=2を設計する前から型式証明を取るつもりで開発しないと無理なのに。MRJですらあの体たらくですから。そもそもC=2自体謎でした。他に適当な輸送機が無かったのかも知れませんが今ならA400Mもありますね。航空産業を維持したかったのかも知れませんが個人的にはC-1の代用ができれば何でも良いと思っていました。C-17はより大きいですが価格が変わらないなら大は小を兼ねるでも良いしC-130Hの運用をしているんだからC-130Jでも良いと思ってました。なんせ配備数が少ないので独自開発する意味が分かりません。P-1との共通化部分も少ないし。
やれやれ
2017/01/26 09:39
過去に東日本大震災復興予算で防衛省がC-2を
ねじ込ませたのは背後に利権構造があったからだと思います。
防衛省の誰が予算にねじ込ませたのかを特定すれば
背任容疑も前提に該当者を徹底追及したいですね。
防衛産業関係者の話では性能が中途半端でC-17を採用した方が
良かったという意見が航空自衛隊にもあると仰っていました。
名無し
2017/05/09 23:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
C-2 民間転用はヤルヤル詐欺だった。 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる