清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 自衛隊「駆け付け警護」で死傷者がでたら内閣が飛ぶんじゃないかね?

<<   作成日時 : 2016/08/09 16:16   >>

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 21

>政府は、安全保障関連法に基づく「駆け付け警護」など自衛隊の新任務実施に向け、月
内にも訓練を開始する方針を固めた。陸上自衛隊が参加する南スーダンの国連平和維持活
動(PKO)で十一月に派遣予定の十一次隊への新任務付与を視野に入れる。近く訓練開
始について正式発表する見通しだ。政府関係者が七日、明らかにした。自衛隊は、十一次
隊として陸自第五普通科連隊(青森市)を派遣する方針。



自衛隊「駆け付け警護」など 月内にも新任務訓練
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201608/CK2016080802000111.html


駆けつけ警護、本当に始めちゃうんですですね。
恐らくアレ首相やら新しい愛国心に燃えた防衛大臣は、「自衛隊?軍隊なんだろう、本当は。法律変えたから戦闘やされてもOKだよね」と、いう程度の認識しかないんでしょう。

ところが軍隊と自衛隊との間には深くて大きな溝があるんですが、現場の実態を知らない人たちは気楽です。
で、官僚や制服組のご説明だけ聞いていると自衛隊はなんでもできると思ちゃうんでしょうが、彼らは政治家からで「できるだろう?キミタチ」といわれたらできないとは言えないわけです。

で、ことが起こると大騒ぎになって、誰かに詰め腹を切らせて終わりです。


ですが、駆けつけ警護ではそうはいかないでしょう。
実際に戦闘が起きて、手足を失ったり、視力を失った隊員がテレビに出て、自衛隊の衛生体勢の問題を訴えたりしたら世論は沸騰するでしょうね。映像の力は大きいですから。
また、死傷した隊員やその家族が訴訟を起こすでしょう。
であれば、まず政府は勝てないでしょう。

既にぼくは2年前から陸自の衛生特に個々の隊員がもつファースト・エイド・キットの不備と、法整備の不備による衛生部隊の能力の低さ、医官の不足などのあまりに杜撰な現状を報じてきました。

これに対して、中谷大臣も岩田陸幕長も問題はないと繰り返して主張し、陸自の衛生は米軍並みと回答してきました。ですが、その後若干後退して、多少不備は認めるようになりました。ですが、依然問題ないという態度は変わりません。

ですが、米軍だけではなく他国からも陸自の衛生は大きく遅れております。ヨルダン軍が15名に1人メディックをつけているのに、自衛隊は250名に1人です。メディックのできることも医師法などによって大きく規制されております。

陸自が隊員に教えているのは止血帯の使い方だけで、包帯の巻き方すら教えていません。

衛生部は頭と胴体はヘルメットやボディアーマーがるから怪我しないとか、ゲーム脳みたいなことを言っております。

そして交戦の現場から負傷者を後送すべき、装甲野戦救急車はゼロです。

仮に法的な問題があって、メディックがあれこれできないのであれば、現場の医官を増やすべきです。せめてPKO部隊などでは医官とメディックをペアで20名に1チームぐらいつければ宜しい。これならば法改正も必要ありません。
ところがこういうこともやりません。完全に思考停止です。

しかも部隊の医官の充足率は2割を切っており、インターンはゼロです。

衛生部や衛生学校の偉い人達をローテーションでPKOの現場で兵隊として派遣させるべきです。そうすれば、多少は現実が認識できるでしょう。

本来昨年の安保法制では安保関連法だけではなく、このような自衛隊を縛る法律や規制も併せて、緩和すべきでした。それをやらなかったのは政治の不見識と防衛省の当事者能力の欠如です。
これが「自衛隊様を暴力装置と呼ぶのは文民統制の危機だ」とか騒いでいた、自民党のセンセイ方の実態です。また安保法制に反対する野党もこういうところを突きません。それは現実を知らないからです。
素人レベルの無知同士が議論をしてまともな法改正ができますか。


ですから、安保法制さえ変えれば、自衛隊は戦えると政治家が安直に考えているわけです。
おまえら、一変鉄砲担いで前線に出てみるか、あぁ?とか言いたいところです。


この程度の人たちが憲法を改正するのは極めて危険です。
永田町の保守系のセンセイ方や「保守の論客」の方々は憲法さえ変えれば、バラ色の未来がくるかの如く夢をみていますが、それは単なる白日夢に過ぎません。

毎度申しておりますが、憲法を変えずとも変えられる規制や法律は多々あります。まずはそれから手を付けていかないと、いくら憲法を変えても現状は変えられません。

そんな「簡単なこと」ができない「お花畑」の改憲ボケの無能者が、まともな憲法改正なんぞできますか。

少なくとも自衛隊の現場を知る人間ならば、安保法制で法律変わったからキミら戦闘できるよね、問題ないよね?
というような胡乱な話はしません。それを知っていて戦場に自衛官を送り込むなら、それは人間としてたいへん大きな問題であると思います。

手足や視力を失った隊員、「戦死」した隊員の家族に、自分たちはベストを尽くしましたと、永田町や市ヶ谷の偉い人たちは胸を張って言えるのでしょうか。


IRONNAにいかの記事を寄稿しました。
安倍総理よ、憲法改正は「魔法の杖」ではない

http://ironna.jp/article/3795

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(21件)

内 容 ニックネーム/日時
自衛隊員は「ことに臨んでは危険を顧みず、身をもって専心責務の完遂に務める」と宣誓するんですよね。何で死人が出たぐらいで大騒ぎするのって話になりますよ。常時人殺しの訓練しておりゃ逆の立場もアリですよ。警察や消防が職務上殉職してもマスゴミガ大騒ぎしないのは当たり前田のクラッカーだからじゃないの。でも戦後初の我国の戦死者を待ち凝れているのはマスゴミと野党だけだと思いますがね。そりゃ毎年戦死者が自殺者の3万人を越えたら社会問題ですがね。中隊レベルが全滅しても、うろたえてはいけません中国が喜ぶだけですよ。
よくわからんのじゃが
2016/08/09 21:04
清谷様

アレなCEO=総理、口だけのCO=防衛大臣、バカな大将敵より怖い!無能な味方は敵より害をもたらす。私が以前主張した現実を知らない者は失敗する。
私は中学生や高校生に勉強を教える仕事しています。何が大切か?弱点を知ることです。そこが成績が上がるか下がるかの境目です。
永田町や市ヶ谷の偉い方は東大や防大を優秀な成績を修めた方々だっけ?
中学生や高校生より学習能力はあるはずなんだけど。
わたしみたいな田舎の普通高校しか出ていないボンクラでも中学生や高校生に勉強教えていますし、古巣の職場でも永田町や大本営の方々からみたら、奴隷以下・土方公務員の現場監督レベルでも駆けつけ警護したら、どうなるか予想つきます。
中学1年生が大学受験に挑むみたいなお話ですね。
青森の5連隊関係者の方々、連隊長は辞表。隊員は遺言状ですか。生命保険大丈夫かなぁ?紛争は免責事項でなかった? 保険会社も商売なので、あれこれ理屈こねて契約外です。残念ですが、保険金を支払うことができません!ということになりませんか?清谷さん。私の不確実な記憶だとスタントマンとかレーサーは事故死でも保険金下りないと記憶しています。間違ったらご免なさい。
派遣隊員の奥さんが、主人に辞めて転職してね!収入減っても路頭に迷うよりマシよ! という事態になってもおかしくありませんし、責められないでしょう。生命と生活掛かっていますから。
清谷さん、生命保険の観点から海外での武力紛争・テロで の補償について教えてください。
イラク空輸での池田さんの裁判の経過や現状についても教えてください。


元キャプテン
2016/08/09 21:13
お邪魔します。

 根幹には「死者に優しく、弱者に厳しい日本」というのがあるのではないかと思われます。それは旧軍だけではなく東日本大震災においてもそれは見られたと。昔からの怨霊信仰?というか「生者には『お前が折れさえすれば事は丸く収まるんだ』と言えても死者には言えない」からか、それとも「死者は何も言えないから、自らの思い入れを投入しやすい」からか。

 こんな事を言うのも何ですが、菅原道真のように犠牲になった隊員が"祟り神"にでもなって、お偉方に不幸でももたらさない限り、何も変わらないのではとも思ったりもします(死者に権力は無力なので)。
ブロガー(志望)
2016/08/09 23:12
正に暴挙と言っていいでしょうね。
マリンロイヤル
2016/08/10 00:00
人の生死に関わる大問題ですが、内閣は飛ばないと思いますよ。
何故ならわが国の大マスコミは、自衛隊マンセーと、自衛隊が本当の戦力になっては困る売国左翼に二種類しかいないからです。
従って例え死者が出ても、本当の問題点を究明する事は、どちらのタイプの大マスコミにも不都合ですので、適当な表面的批判と感情的議論でお茶を濁すでしょう。
X
2016/08/10 01:26
>>よくわからんのじゃがさん

隊員が「危険を顧みず」と宣誓したなら、国家はその「危険」を局限するべく打てる手はキチンと打つ義務があると思います。
今の政府も世論もその部分に余りにも無知・無頓着です。
隊員は組織の歯車かも知れませんが、だからといって使い捨ての消耗品ではないと思います。
きらきら星
2016/08/10 08:09
>「ことに臨んでは危険を顧みず、身をもって専心責務の完遂に務める」と宣誓するんですよね。

宣誓したから隊員の命を使い捨てにできるいう理屈にはなりません。
万歳突撃が何か役にたちましたか?

人命を軽視する軍隊ほど実は弱いのは戦史の示すところです。隊員に危険を冒させる任務をさせるのであれば自衛隊は相応の準備や対処が必要です。
キヨタニ
2016/08/10 12:10
対人地雷。その目的は相手をを殺すことではなく負傷させる目的だけのよくできた兵器ですな。こんな安価の兵器に振り回されては敵の思う壺ですよ。
旧日本軍やベトナム戦争時の映画では重傷者は処分されます。兵士として役に立たないから当然でしょう。人命を軽視するのはイカンとおっしゃいますが半身不随の障害者を大量生産して支えるのは一般国民ですよ。今でも違法な生活保護者の問題で納税者の腸を煮えくり返っているのに。そのための宣誓じゃないですか。ことに臨んではヘルメットをアメちゃん仕様にしろとか医薬品がどうのこうのと抜かすヤツは辞めさせたらいいんですよ。常に死に対する気持ちの整理だけはもって欲しいです。
備えあれば憂いなし
2016/08/10 19:51
「自衛隊の衛生体勢の問題を訴えたりしたら」
そんなことはありえないでしょう、自衛隊員がそう言ってもマスコミは衛生体制は無視して安保法制が悪いと絶対に言うでしょうマスコミは衛生体制には興味ありません、それで喜ぶのは清谷さんぐらいじゃないですか?
EX
2016/08/10 23:46
再びお邪魔します。

 個人の冒険とは異なり、軍隊にとって兵士・隊員の死傷は「戦力の低下・損失」です。「適当に集めた人間に鉄砲を持たせて戦場に立たせる」のでは無く、「それなりの資質や適性を持つ人間を選別し、訓練を施して戦力にしている」のですから、死なれたらそれらが一切「無駄」になってしまいます。近代軍は「最高司令官であっても組織の歯車の一つ」と「特定個人への依存度」を低下させましたが、「兵士の価値」まで低下させたわけではありません(敵兵を二人以上殺せるなら、味方兵士一人を殺す事も厭わないといった)。「人命を軽視する軍隊」は「リスクやコストをまともに管理しない・できない企業」と同じで、結果を出す事はできず、存続すら難しいかも知れません(一見華々しく見えても、実は失った方が大きい?)。

 後「粗末に扱われても尚その相手のために生命身体を惜しまない」というのは、神仏や聖人でない人間がそれをするとすれば、それは「依存」であり、依存状態にある人間に真っ当な判断や行動は期待できないのではないかと。
ブロガー(志望)
2016/08/10 23:53
>人命を軽視するのはイカンとおっしゃいますが半身不随の障害者を大量生産して支えるのは一般国民ですよ。今でも違法な生活保護者の問題で納税者の腸を煮えくり返っているのに。
生活保護の支出など、たかだか年間3兆円程度、ましてや不正受給など、その数%の数百億円以下です。そして自衛隊がアメリカ並に積極的に軍事活動を行い、毎年1000人程度の死傷者が出たとしても、それによる医療費や年金の増大は年間数千億円程度です。
それに対して、公共事業費は年間10兆円、医療費は30兆円、年金は50兆円で、大半が高齢者と田舎の住民のための支出です。
あなたの理論で行くなら、田舎の住民は勉強して東京の大学に行って東京の企業に就職しなかったのが悪いのだから、公共事業などで他人の税金を注ぐのは論外、十分な貯金が無く年金や健康保険に頼る高齢者は、バブルなど景気の良い時代を過ごして来たにも関わらず貯金していないのが自業自得、よって生活保護や自衛隊員の医療費よりも先に、その数十倍にものぼる年金や高齢者の医療費優遇や田舎の公共事業をカットすべきと言う話になるでしょう。
常に死に対する気持ちの整理をすべきは、将来世代にぶら下がって年金や健康保険や年金を食いつぶす人達の方じゃあ無いですかね?私はあなたと違って、自衛隊員も将来世代にぶら下がる人も等しく命は尊重されるべきだと思いますが。
X
2016/08/11 00:12
×さま
>生活保護の支出など、たかだか年間3兆円程度、ましてや不正受給など、その数%の数百億円以下です。

ほとんどの運転者は法定速度を守っている。スピード違反の検挙者は数パーセント以下であることが何より証明している。

〈備えあれば憂いなし〉さんの意見は暴論ですが
貴論のこの部分には賛同できませんね。

まぁそれはそれとして私は「ことに臨んでは危険を顧みず、身をもって専心責務の完遂に務める」と宣誓して身を挺じる者の生命・身体こそ最も尊重されるべきではないかと考えます。

私が幼い頃、都内の駅前や電車内に傷痍軍人を見かけることがありました。白い箱に小遣いを入れたこともあります。10円とかですが。しかし顔をしかめて目を背け「わあ気持ち悪い」とささやき合って通り過ぎるオジサンオバサンには殺意を感じたものでした。無論、今では傷痍軍人ビジネスに闇の部分のあったことも承知してはいますが。
のもんはん
2016/08/11 10:57
死人が出たら「英霊」に仕立てあげて礼賛し
批判に対しては「キサマ英霊を侮辱するか!」
と言って黙らせるいつかの時代が到来ですね
ある
2016/08/11 11:46
清谷様

戦死者や負傷者が出てもあなたの責任ではありません。清谷さんはジャーナリストとしてやれることはやりました。
最悪の結果を招くのは現実逃避する政治家や怠慢な自衛隊の高官でしょう。
真面目に働く、スキルを向上しようとする隊員をパージし、 18日に給料を貰うだけ、遊んでても給料貰えるんだ!自分のことしか考えないバカ共!存在することに意義がある!軍事研究を読んで勉強している陸士に、兵隊は頭は要らね、手と足さえあればいいと暴論を吐く陸曹、
仕事のことを考えないでパチンコ・風俗にハマる。仕事を若い衆に丸投げする老害、そんな輩に同情する値ありますか? 因果応報、天に唾吐いた報いじゃないですか。
仕事でも、成績不振の子供が門を叩いて教えを乞う。危機感を抱き、自己覚知したからですよ。このままでは行きたい高校や大学に行けない。なんとかしなくては?
自衛隊の場合は皆無です。子供の場合は、大人の教えざる罪です。しかし、自衛隊の場合は金を稼いでいる大人で、責任あるのでは?
どうぞ自衛隊マンセーな方々、批判・反論してください。受けて立ちますよ!
元キャプテン
2016/08/11 12:14
>防衛省が国産水陸両用車開発へ 米国製A A V7 より高性能化 日米共同開発も視野

http://www.sankei.com/smp/politics/news/160811/plt1608110006-s1.html

だったら始めからAAVなんざ買わないで、ヴァイキングとかブロンコ(英軍が全車、退役させるのでしたか。ならモスボールしたロングボウなどと一緒に買っちゃえば良いのに)を「繋ぎ」として導入すれば良かったのに。仮に共同開発するとなっても美味しいところは、全てあちらさんに持っていかれるのがオチでしょ。
KU
2016/08/11 12:35
>ほとんどの運転者は法定速度を守っている。スピード違反の検挙者は数パーセント以下であることが何より証明している。
>〈備えあれば憂いなし〉さんの意見は暴論ですが
貴論のこの部分には賛同できませんね。

実際に摘発に至った件数以上に不正受給があるはずだと言う事自体は、仰る通りです。
しかし、不正受給、所得隠し、利益誘導の類いは、高齢者の年金・健康保険、地方の公共事業などの方が、件数、金額、悪質性ともに大きいでしょう(年金などは管理する側の社会保険庁も大きな問題がありましたしね)。国家、納税者に与える悪影響と言う点では、こちらと比較すれば生活保護の不正受給など問題にならない事も、また事実です。
ある人がいたとして、その人がマッカーサーから戦後にタダ同然で貰った土地を先祖代々の土地と偽ってゴネて、公共事業で必要な土地の代金として巨額な税金をせしめる場合と、同じ人がゴネる土地も持たず単に生活保護を不正受給しているだけの場合とを比べれば、後者の方が倫理的悪影響も税金の負担も遥かに少なくてマシですから。
X
2016/08/11 13:07
生活保護の問題に細かい数字を持ち出したり、やれスピード違反がどうだのこうだのと訳の分からんことになっていますが、要は人の死に対する優先順位です。何故同じ国民の生命財産を守る警察や消防の殉職者は付加価値がないのに自衛官の戦死は訓練などの殉職者より付加価値が高いと判定すのはマスゴミです。キヨタニさんも関係者なので「やれホータイだの赤チンなどと」注目を浴びたいのはわかりますよ。でもね。人が犬を咬んだぐらいのことで内閣が飛ぶようなことを期待してはダメですよ。
この際、飲酒運転とか淫行など自衛官の不祥事だけではなく事故死や自殺などで紙面を埋め尽くして馴れさせて欲しいです。
トリアージ
2016/08/11 21:26
いよいよ、ですね。
さてさて、酷い事態になる前に武器使用の条件を緩和することや戦場医療の準備が出来るといいんですが・・・
アレ首相はやりたくないでしょうけど、現場の指揮官の判断に官邸からいろいろな茶々を入れないようにしてあげないと死体の山を築くかもしれませんね。
八王子の白豚
2016/08/12 02:05
イラク戦争は明らかに米国の勇み足でした。
誤った情報を元に準備不足の部隊を楽観論で押し出して、
その結果は散々。
十年以上経った今もISの台頭やらなんやらで後始末に苦しんでいる。
だけどホワイトハウスやペンタゴンの偉い人達も、米国議会の議員さん達も、
この失敗戦争の責任を誰も取っていないでしょう。
ブッシュ大統領が任期途中で「私の不徳のいたすところ」とか言って辞職したりはしない。
政府の中枢にいた人達で国損を与えた罪で懲戒免職を食らったとか懲役に行った人間は聞いたことがない。
共和党が大幅に議席を減らしたあげく解党したとかいうこともない。
責任を取らされるのはいつも現地に派遣される兵隊や現場レベルの指揮官だけ。
結局政府にしろ議会にしろ、軍隊を派遣できる立場の人間は戦争結果に責任を持たない。
そもそも米国民はそういう立場の人達に責任を負うことを求めない。
戦争結果について何の責任も負わなくて済むのなら、たいていの人間は戦争を決断出来る。
首都が占領され、占領軍に政府要人が軒並み逮捕されるというのなら話は別ですが。
そこまで深刻な事態にならないというのなら、無責任さこそが政府議会の戦争決断の大きな動機付けになると思います。

開戦で大事なことはッ♪タイミングにC調に無責任ッ♪
とぉかぁ〜くこの世は無責任♪戦地の兵隊さんはご苦労さンッ♪
きらきら星
2016/08/12 04:28
今までPKO等で公務員が何度も戦地で殉職していますが、一度も政府は倒れていません。
?
2016/08/15 15:49
あの〜、冷静に考えて生活保護不正受給とかスピード違反は駆け付け警護やPKOの問題に関係ないし、論点ずれていませんか?
あと他人事のように批評するのは無責任ではないでしょうか? 当事者・関係者になって想像して発言するか、経験ないから わからないと言った方がマシです。
私は幸か不幸かPKOに参加したことありません。しかし、参加した方から本音話や実態を聞く機会はありました。現役の頃、訓練でケガしたことありますし、運が悪ければ死んでもおかしくない危ないことを経験しました。特にレンジャー訓練で。
威勢の良いことを抜かす者ほど無責任で、行動力はありません。いわゆる口だけ大将です。批判は自由にどうぞ。その代わりレンジャー。それも空挺レンジャーや幹部レンジャーを完遂してからデカイこと抜かしてください。もの申してください。私も聞く耳持ちます。
元キャプテン
2016/08/16 08:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
自衛隊「駆け付け警護」で死傷者がでたら内閣が飛ぶんじゃないかね? 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる