清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 徳島新聞の見識は聖教新聞と同じ 頭の悪い平和主義者こそ社会と平和の敵である

<<   作成日時 : 2016/07/09 11:15   >>

ナイス ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 19

7月8日付 無人機共同研究 平和国家の名を汚すのか
http://www.topics.or.jp/editorial/news/2016/07/news_14679398547353.html


>にわかには信じられない話である。

>防衛装備庁が、イスラエルと無人偵察機を共同研究する準備を進めているという。既に日本、イスラエル両国の防衛・軍需産業に参加を打診しており、準備は最終段階になっているとされる。

>イスラエルはパレスチナ問題を抱え、アラブ諸国と敵対している国である。攻撃能力がないとはいえ、偵察機は戦闘で重要な役割を果たす。共同研究は、アラブ諸国を敵に回すことにならないか。強い懸念を抱かざるを得ない。


>関係者らによると、共同研究は、世界のトップレベルにあるイスラエルの無人機技術に、日本の高度なセンサー技術などを組み合わせるのが狙いだという。


これ本当に社説委員が本当に取材したんでしょうかね?この件に関してのニュースソースは限られておると承知しておりますが、そのソースに取材したとは思えません。
書いている内容は、ほとんど前にご案内した朝日新聞の記事から引用意外に目新しい事実もありません。「関係者によると」じゃなくて「朝日新聞によると」でしょうや。まずこの点で失格。ソースを粉飾したらならアマチュア以下です。

お説が正しいのであれば、イスラエルとの共同開発、多額の軍事援助を行っているアメリカは「アラブの敵」となっているはずですが、サウジはじめ多くのアラブ諸国はアメリカと同盟関係にあり、兵器もたくさん買っています。それらの中にはイスラエル製のコンポーネントが組み込まれているものも少なくありません。そこはアラブ側も「大人の事情」ということで騒ぎません。

そもそも既に我が国は、世界で最も軍事を使い、国際法上怪しげな戦争を多数起こしているアメリカから多量の武器を買い、さらには共同開発もおこなっています。
現実見ろよ、おっさん、てな、ところです(もしかするとおハバンかもしれませんね)

あまりにナイーブ、つまり世間知らずのおバカさんです。
平和、平和と唱えていれば平和になると思っているんでしょう。ですが、それは宗教です。まともに合理的な分析や取材も行わず、ドグマを信じろというのですから、カルト宗教です。つまり徳島新聞は聖教新聞と同じであります。


現実問題として国内だけで兵器を開発、生産するのはもう無理です。米国でもそれは同じです。
我が国の場合他国に輸出もしておらず、外国の実態を知ろうともしないので、役に立つかはかなり怪しげな装備ばかりです。それが概ね国際価格の3〜8倍で調達されています。
低パフォーマンスのできの悪い兵器を、極めて高額で買うことで国防が全うできるでしょうか?
それが平和主義でしょうか。
そのような税金の使い方が許されるのでしょうか。

他国とまともな共同開発を行い、ちゃんと使える装備を半額とか数分の一のコストで調達して、浮いたカネで少子化対策や社会福祉に使うほうが「平和国家」なんじゃないですかね、ダンナ?

他紙の記事をななめ読みして、中学生レベルの知識で因縁つけるのが徳島新聞の社説委員の仕事ですか。
簡単そうなのでぜひぼくを雇ってください。この程度の社説でいいなら足ですら書けそうです。これで給料もらっているなんて罪悪感ありませんか(笑


 実は同じような社説や記事が多いです。これはこの無人機の件が、近く国家安全保障会議(NSC)が最終判断するという情報が流れたからおっとり刀で、記事を横並びで書き散らしているわけです。悪しき記者クラブ制度の弊害です。

 ぼくはこの件を既に報じてきました。確か2年ぐらい前からです。その間あなたが方、新聞は何をしていたのでしょうか?
 いつも防衛省の記者クラブは軍事の素人ばかりで、単なる防衛省という役所の担当者に過ぎず、防衛省の記者会見では「大臣沖縄の感情をどう思われますか」とか情緒ばかり質問します。調査をして大臣や幕僚長が困る質問をつきつけるなんてことはしません。完全に慣れ合いです。

 しかもグローバルホーク導入の妥当性にも何ら述べておりません。ぼくは大臣の記者会見や予算のブリーフィングなどで、何度もグローバルホークの導入機数、そしてどのような部隊が運用するのかを聞きました。答えは機数も部隊も不明です。それで予算だけは要求する。こんなふざけたことが議会制民主主義の国でありますか。このことを聞いてもなんの疑問を持たないほど、防衛省記者クラブ諸氏の知識と感性は鈍麻しているわけです。

 で、無人機の共同開発がリークされると横並びで大騒ぎです。視野が非常に狭い。情報を追っていれば、この話の発端は高額で役立たずのグローバルホーク導入にあたって、それをなんとか補完しようというところから始まっていることが理解できたでしょう。
 
 それをやらずに普段は論説員室で鼻糞ほじっていて、で、こういう問題が起こった時だけ怒る振りをする。新聞離れが続くのは当然でしょう。

 どうせまともな質問もしないならば、防衛省その他役所の記者会見やら取材の機会を無能者が独占するのをやめて、専門のジャーナリストに開放してもらえませんかね?
 無論幅広い同社を対象とする一般紙と、ぼくら専門のジャーナリストは視点も質問も違います。新聞の質問を全く否定するわけではありません。ですが、専門知識を持った記者を排除することによって、メディア全体が極めて低レベルな情報しか得られない現在の記者クラブ制度はあまりにも弊害が多すぎます。
 これは国交省や財務省、厚労省など他の役所でも同じです。

 そのくせ普段排除しているくせに、何か問題が発生するとぼくら専門ジャーナリストののところに取材にくるわけです。なにかおかしいとは思わないのでしょうか。


 今回の件でも、ではグローバルホークは必要だったのか、という検証や税金の使い方という視点での報道が残念ながら朝日の記事を除いてほとんどありませんでした。問題適宜や取材をする基礎的な知識も、その気もないからでしょう。何のために多くの記者を抱えているのでしょうか。

 また武器輸出や世界の武器市場についても基礎的な知識や感覚がありません。月末に慌ててこの情報がリークされたで、やっつけで記事を書いているわけです。ですからユーロサトリにも取材に来なかった。
 
 単にイスラエル悪い国というステレオタイプのイメージを撒き散らしているだけです。それは情緒でしかありません。新聞記者の仕事は取材もせずに情緒で記事や社説を書くことですか?


 我が国の防衛政策が浮世離れして、世界から見て極めて異質であり、ナイーブなのは記者クラブという宿痾が粗存在しているからではないでしょうか。




ユーロサトリ2016のの記事は東京防衛航空宇宙時評で。
http://www.tokyo-dar.com/

an style=font-size:larger>Japan In Depth に以下の記事を寄稿しました。
信用できぬ防衛省行政事業レビュー その1
http://japan-indepth.jp/?p=28800
信用できぬ防衛省行政事業レビュー その2
http://japan-indepth.jp/?p=28818
信用できぬ防衛省行政事業レビュー その3
http://japan-indepth.jp/?p=28823

陸自装備の兵器調達センスは80年遅れ その1
http://japan-indepth.jp/?p=27766
陸自装備の兵器調達センスは80年遅れ その2
http://japan-indepth.jp/?p=27771
陸自装備の兵器調達センスは80年遅れ その3
http://japan-indepth.jp/?p=27775


東洋経済オンラインに以下の記事を寄稿しました。
東芝、国から迫られた「賠償金12億円」の顛末
防衛事業をやり続ける必要があるのか
http://toyokeizai.net/articles/-/111619
  
















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 20
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(19件)

内 容 ニックネーム/日時
精強深部?
ハープーン
2016/07/09 12:29
ご指摘ありがとうございます。
キヨタニ
2016/07/09 13:02
ここ10年くらいの「情報番組」とかでも、赤のボールペンやら蛍光ペンで線を書いたりした新聞をベニヤ板に張り付けた状態で読み上げるのが当たり前な光景になりましたもんね。あんなので給料を貰えるんだから良い御身分だなぁ、俺だって出来るじゃんw、なんて思いながら見ておりました。特定の案件で他人様を叩く時も謝罪する時も横並び。何時まで経っても変わりませんね。そんな有り様で「人殺しに使う兵器を共同開発するだなんて、とんでもない!」・・・どの口が言っているんだと。普段は自衛隊が何を買おうが開発しようが全力でスルー。でも余所様が騒いでいるならウチも尻馬に乗っかり叩いちゃえ、ですか?開いた口が塞がらないとは、こういうことなんでしょうかね。

KU
2016/07/09 20:43
今より若い頃、週刊誌などに「ある捜査関係者の話に」などの見出しを見ると執拗にデカに付きまとう記者の姿が脳内変換されていました。今はネットのおかげで捜査本部のトイレのお掃除オバチャンも捜査関係者であることが判明したわけでございます。今は自宅の常駐警備を強いるのですが、小学生の頃には新聞配達というマスコミ関係の仕事に携わった経験もございます。これは今でも自慢しています。
普遍性は便利
2016/07/09 21:19
お邪魔します。

 例の記事は、不安を煽っているように思われます。思えば日本は国連の場等でパレスチナに理解を示し、バングラディッシュの独立も早く承認したそうですが、今回バングラデッシュに貢献しに行った日本人が殺されました(政権が弾圧し、その政権を支援していたわけではないのに)。日本人には論理が無いので、「同調を求める」か「不安を煽る」しか無いのではないかと思われます(論理で事実を分析し、メリットデメリットを分析した上での判断ができない?)。
ブロガー(志望)
2016/07/10 09:58
地方紙のレベルの低さは中学生の学級新聞くらい酷いですからこれは仕方ないんじゃないんですか?
地域の情報であればまぁ、彼らも自分の足で集めた情報で記事を書くでしょうけど、国際的な情報は共同通信が配信したものや大手新聞社の記事(ぶっちゃけて言えば朝日新聞ですね)を引用という名のパクって記事を書くのが手っ取り早いんでしょう。

そう言えば以前千葉日報が「戦争体験者の話を聞く」というテーマでとある老人のとんでもない与太話を戦時下の秘話として取り上げていましたね。

http://www.chibanippo.co.jp/news/local/316751 

多少なりとも知識がある人ならすぐに与太話と気付ける話です。
元逓信博物館館長の肩書がある人の話なのでロクに裏付けもせずに掲載しちゃったんでしょうけど、記事は裏付けのあるものだけを掲載するべきですね。
八王子の白豚
2016/07/10 11:00
地方紙のレベルがどんなに低くても、
その地方では影響力が強く、
放置していいものではありません。
妄想竹
2016/07/10 19:57
清谷様へ


最近、映画64を鑑賞しまして、県警広報官と県警担当新聞記者との熱いバトルを感じました。新聞記者が元警察官・刑事だったら? と映画を見ながら考えました。警察の隠蔽体質はある程度、改善されるのではないでしょうか?実際、警視・警部クラスのミドル・オフィサークラスでも犯罪・警察ジャーナリストに転じた方もいます。
自衛隊でも同じではないでしょうか? 私の知っている方で 西方普通科連隊1期生の30代前半のジャーナリストがいますが、陸士しか経験していないので自衛隊の中枢や本質の知見がイマイチ足りない。自衛隊幹部出身の軍事ジャーナリストがいたら政策も少しはまともになるし、衛生学校みたいな腐敗は抑制できるのでないでしょうか?
ハッタリ利かないし、蛇の道は蛇です。 元幹部自衛官をジャーナリストに育成する手段を今後考えなければと思います。清谷さん意見を伺いたいです。
元キャプテン
2016/07/11 01:21
全般的なことを書くなら幹部の
3尉から2佐ぐらいがいいかもしれません。ですが例えば、兵站や、小火器とか個別の分野であれば下士官、あるいは下士官上がりの幹部などが適しているでしょう。みんながみんな何でも屋になる必要は無いだろうと思います。
キヨタニ
2016/07/11 13:25
清谷様へ

御指南に感謝申し上げます。やはり全般的なことが妥当だと思います。
人事、教育、編成、予算、兵站、装備の視点から問題点を列挙する。改善策を提示する。 中学生や高校生が読んで理解できる文書や用語を使いたいと思います。参考になるのは、ここが変だよ、自衛隊ですかね。
確かに幹部クラスの著書は皆無です。 将官か陸士のどちらかです。
横須賀地方総監の高嶋海将の武人の誉れという著書読みましたが、まぁノスタルジーというか自慢話で自己満足です。 やはり退官したので政策・組織の問題提起し、後輩が働きやすい環境にするのが先輩としての役目です。自衛隊の将官は自分の利益しか考えないチキンが多く、気骨ある方は絶滅しました。
元キャプテン
2016/07/11 13:42
最近、自衛官の倫理に疑問が出てきた…

飲み会強制、酒癖悪い、アホばっか、陰口多し、人が少ないとボヤいてるのに人を育てない、上司の支離滅裂ぶり…

他職種でもあるとはいえ、民間人からみたら、というか見せたら怒られるよ…

ドミニク
2016/07/11 22:53
ドミニク様

自衛隊を例えたら 、荒れた底辺ボンクラ高校です。つまり、目的・目標がない。進学校は大学合格、スポーツ校は大会優勝。自衛隊は国立フィトネスクラブ=訓練隊、国立介護施設=老兵介護、国営ブラック企業=パワハラ、幹部の過重労働。
何をやりたいのかわかりません。会社の目標は収益ですが、その手段として顧客獲得、事業拡大、シェア拡大等明確です。自衛隊は存在することに意義があるという案山子。専守防衛と書いて組織防衛と読む。
陸士のあなたにとって難しい問題ですが。もし、長く働く意思があれば幹部になり、中隊レベルで職場環境を変えてください。バカな先輩と距離を置き、リスペクトできる先輩を指標としてください。あなたの部隊にいるはずです。
あと幹部や上級陸曹等のオッサンになっても、若い衆にホラ紛いの武勇伝を吹かないでいただきたいです。若い衆からうざく思われますから。
防衛政策や防衛戦略は防衛官僚や将官の仕事なので、あなたはスキルの向上と 職場環境のことだけ考えてください。
以上先輩の説教終わり。
元キャプテン
2016/07/12 09:33
 古巣をDisることにご熱心なようですが、兵頭二十八が書くところの1980年代の武山の新隊員課程はもっと凄まじくて、新隊員の数割は元年少、やくざの子弟とか、自宅に電話のない極貧層の出身者まで仰山いた。しかし、その同期達と寝食を共にした兵頭は「日本人は最底辺といえども、決して捨てたものではないと確信した」と書いています。
 で、そういう連中から選ばれた不良のなれの果てが、阪神淡路やらカンボジアから始まって、今回の熊本地震まで営々と務めを果たし、今日では世論調査で日本で最も信頼される地位に、自衛隊を押し上げました。
 マイナス面だけ見れば、どんな組織だって叩けば埃の1トンや2トンは出て来るものです。警察や他の官公庁、企業だって、セクハラ・パワハラ、わいせつに職権乱用はあるものです。自衛隊が特殊でも、特別でもない。自浄作用を持つよう努力することは怠ってはならないが、そういう暗黒面があるからといって、組織全体をダメ扱いするのは、どうかと思います。(確かに師団長を務めた将官にまでもゲスがいるかも知れないが。)
英知の人・エイチマン
2016/07/13 00:25
英知の人エイチマン様

古巣をDISする云々・・・
あの他の業種・職業は信頼・信用で成り立っているんですよ!わかっていないなぁ。つまり、説明責任と結果責任ですよ。
うちの地方でもつい最近、偽装表示の肥料を販売した商事会社が民事再生法で倒産しました。市場から見放されて売り上げ激減、取引先から契約キャンセル、損害賠償、会社のイメージダウン。それが世の常ではないでしょうか?
清谷さんが経営している会社も同様ですし、ジャーナリストの仕事でも関係者から訴えられたり、刺されたりするリスクあるんですよ!
PKOや災害派遣で完遂、できて当たり前です。自慢でもなんでもありません。世間の方が聞いたら笑われます。
自衛隊は甘ちゃんです。だから清谷さんは痛烈に批判しています。小学生や中学生じゃあるまいし、まがりにも高校以上出ている大人の集団です。
あと他の職業や組織がドス黒いとか不祥事があるので自衛隊だけではないと開き直りと正当化するのはおかしいのではないでしょうか?完璧とか清廉潔白とはいかないまでも、同じ過ちを繰り返すのは学習能力・進歩がない証拠です。
サッカーの本田選手が自己否定から始まる、非難は関心があることだという名言があります。つまり彼は自分を律する、追い込むことができます。自衛隊員は本田選手までもいかなくても己を律する、追い込む資質を求められるのでは?
私は塾の先生の仕事していますが、塾に通っている生徒は自分の能力を高める、苦手科目を克服するために通っています。学力の差はあれど、向上心や危機感はあるのは共通しています。しかし、大半の自衛隊員はそれが欠如している。それが問題だ!
あなたは現役だと思いますが、何をやったのでしょうか? 退官した高官は後輩の利益の為に骨折りましたか?
元キャプテン
2016/07/13 11:24
国際価格と書くべき文章を国債と書いてある。
まず漢字を覚えてからジャーナリストと語って下さい
y&y
2016/07/22 14:36
 少々遅れた反論です。
>PKOや災害派遣で完遂、できて当たり前です。自慢でもなんでもありません。世間の方が聞いたら笑われます。
 はあっ?
 出来て当たり前のことが、できないからこの世は不祥事やスキャンダルで満ち満ちているのですよ。医者が医療過誤で患者を殺す。企業が粉飾決算を行って、それに税理士や監査法人が加担する。裁判所が冤罪判決を下す。新聞やTVがデマ報道を行う。役人が汚職を働く。弁護士や司法書士が顧客から預かった資産を横領する……こういった実例で、世の中は溢れているわけです。
 もし「できて当たり前のことが出来たら笑う」という一般人がいたら、私はその人物が世間知らずだと断言しますね。「出来て当たり前のこと」とは、実は難しいことなのです。
英知の人・エイチマン
2016/07/30 16:17
英知の人エイチマン様

反論のための反論します。
私、個人の資質・能力の話ではないのです。組織全体の体質・パフォーマンスを問題にしています。 人間そりゃ間違いをおかしますし、不祥事があります。
あの私は個人ではなく、組織の体質・文化を批判しています。清谷さんも組織を批判しています。 仕事を完遂して自慢するのはおかしくないですか?現役隊員も玉石混合なのはしっています。
元キャプテン
2016/08/03 23:31
英知の人・エイチマン様へ

追記
あなたは所詮、プロ意識のない、ただ柵の中で飯喰って、空気吸っているだけの旧態依然・思考停止のボンクラ隊員にしかすぎません。
なんで他の業界の不祥事やミスを引用し、正当化する思考過程が私には理解できません。じゃあなた他の方が悪さしているから、俺やっていいんだ!いい齢こいた大人の台詞ではありません。
衛生学校の悪態は民間企業や世間では 刑事告発、訴訟、損害賠償、不買、取引キャンセルされて当たり前です。あなたが挙げた事例で、失職・破門・訴訟になっています。あなたこそ世間知らずでは?
あなた退官して再就職したら、私の主張は当たり前と痛感します。柵の中の常識を振り回さないでいただきたい。
あなたは兵隊バカにしか過ぎません。是非、地本・補給処・病院・地方防衛局に転属して 民間の方から教わってください。退官後、職場や地域社会から孤立するのは目に見えています。
元キャプテン
2016/08/04 08:01
英知の人エイチマン様へ

私の働いている塾の指導方針は己の弱点を知ること!です。入会のときに学力診断テストを受け、弱点を分析し、弱点を克服するようプログラムを立案します。また、定期テストや模擬試験の見直し・検証します。
つまり、現実を見ろ!現実逃避するな!ということですよ。 そりゃ、苦手なことを指摘したり、テストの点数見られるのはどの子も嫌ですよ。それがやらないと進化しません。なぜなら同じ失敗を繰り返します。私は授業の都度、できる子できない子に関わらず 弱点・課題を明示します。清谷さんも同じことしているのでは? 現役のあなたにはDISするとしか思っていないでしょう。公認会計士の受験もあなたの弱点をわからず、見当違いや的はずれな勉強法をしていたのではないでしょうか?あなたの公認会計士の受験、経済センスの投稿文を読んでそんな印象持ちました。
元キャプテン
2016/08/07 09:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
徳島新聞の見識は聖教新聞と同じ 頭の悪い平和主義者こそ社会と平和の敵である 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる