清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 防衛大学不要論

<<   作成日時 : 2016/03/21 22:17   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 29

防衛大生の任官拒否が倍増 47人が意向
http://www.asahi.com/articles/ASJ3M54MWJ3MUTIL01T.html?iref=comtop_list_edu_n04

任官拒否がある程度でるのは仕方がないでしょう。
任官拒否ならば授業料や給料返納しろという話も毎度でますが、入る前に適性があるかどうかは
分からないし、また中にはいって自衛隊や防衛省の現状を見て失望する人もいるでしょう。また任官拒否ばかりが話題になりますが、途中で辞める学生も少なくありません。

ですから、彼らにかかったカネを返納しろというのは酷ですし、偏狭でしょう。
また費用返還を行うならば、その分リスクを感じて優秀な学生が受験しなくなる可能性もあります。
任官拒否がでるのは民主主義の軍隊の維持費との諦観が必要ではないでしょうか。

個人的にはあまり熱烈に国防意欲に燃えた、ある意味政治的に純粋なタイプばかりが入ることは
危険であると思います。


先日もコメント欄で、防大を廃止しろという主張がありましたが、実は同じことを主張される防衛省関係者は結
構おられます。幹部候補生学校だけでいいんじゃないの、と。

実際問題として防大をなくしても支障は無いのかもしれません。「士官学校」がなくなると体裁は悪いでしょうが、
むしろ防大の弊害の方が多いような気がします。


最近は多少まともになったようですが、防大は理系遍重であり、文系的な教養に欠ける人が多いように思えます。このためか、諸外国の将校に比べて、将校に必要な教養、広い視野が欠けているように思える人が多いように思えます。

これは個人的な経験ですが、一般大から幹部候補生学校に行った人の方が、思考が柔軟であり、勉強熱心です。
自衛隊では海外の専門誌を読むと「マニア」と呼ばれて変人扱いされますが、「マニア」は大抵一般大卒、ある
いは兵隊から大学に進んだ幹部に多いようです。
対して防大出の幹部=将校には「軍事研究」ですら目を通していない、軍事情報に無関心な人が少なからずおります。
外国の「競合他社」の情報に無関心で、自分の使っている装備と、自衛隊内の社内政治と人事にしか興味が無い。また自ら教養を高めるための読書もしない。

このような人たちはえてして思考が硬直的、教条的であり、自分の組織に疑問を持ちません。
ですが、それは将校としての教養や専門知識、そして能力に欠るということです

例えばトヨタの経営幹部あるいはその候補が、VWやGMはもとより、日産やマツダの動向に全く興味がなく、アサヒ芸能しか読まないというようなことがあるでしょうか。そういう人もいるでしょうが、出世はしないでしょう。でも自衛隊ではこのタイプが出世するわけです。

また防大出の人たちは「防大○○期」ということに過剰にこだわります。初対面で防大何期ですと自己紹介する人もいます。中の人達にとっては人事考査の要なのでしょう。そして防大での人間が、一般大出の幹部よりも出世するのが当然という思いがあります。
ですが、外部の人間にとっては防大何期などどうでもいいことです。この手の人達は得てして「軍事研究」でも人事情報が掲載される「市ヶ谷レーダーサイト」のページしか読まない傾向があります。
防大出が、一般大出に優先してところてん式に出世するシステムは硬直的で人事考査の宿痾であります。

これが専門知識と一般教養に欠ける、すなわち将校の資質に欠ける幹部を量産しているような気がします。

防大は「士官学校」とは言いつつも、3年までは一般大と対してカリキュラムは変わりません。体育系の部活が強
制されることぐらいでしょう。

例えば防大の規模を半分に減らして、半分は一般大出の将校を採用する。あるいは防大と幹部候補生学校を統合し、防大とし、防大の5年目に現在の一般大出の学生を編入するような形で、すべて「防大出」にしてはいかがでしょうか。
また大学に米国のROTCのような予備役将校養成課程のようなシステムを作ってそこから、将校採用のシステムを作るのもよろしいのではないでしょうか。また女性の枠をもっと増やすことも検討すべきです。
防大純粋培養よりも、より多様な人材ソースから将校を養成し、柔軟な思考力と専門知識への知的好奇心の強い将校を育成する方策を探るべきではないでしょうか。

そのような改革ができないのであれば、防大を廃止するのもひとつのあり方だと思います。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 25
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(29件)

内 容 ニックネーム/日時
 防大には、当時の吉田茂総理が、陸海軍が対立して足を引っ張り合った苦い経験から、幹部教育を統合しなければならないという強い考えを持って設立を進めさせた経緯があります。その効果は、昨今統合任務部隊の編成が多く見られるようになった状況により、やっと現れるようになったと思えます。終戦内閣の総理鈴木貫太郎海軍大将が、江田島を訪れた時井上成美校長に「海兵教育の真価が現れるのは50年後だよ。」と語ったように、軍学校教育の価値が問えるようになるには、通常の学校より長い期間が必要だと考えるべきでしょう。
 防大の理系・文系路線についても、理系で学んだ人でも人文系の知識が問われるところで活躍している例もありますので、理系だからどうだとは必ずしも言い得ないと思います(勿論、絵に描いたようなコチコチもおるでしょうが……)。
 一般学重視・防衛は二の次という教育体系も18歳から軍事学中心の教育をやって、軍事オンリーの単細胞を量産した陸士・海兵教育への反省だそうですが(意図して、そういう教育にしたのです。)。
 女子学生については、えーと、入れ始めた当初にはいろいろと生々しいエピソードがあったようですが(とてもネットには公開できないような話が……)、それはまぁ、何時かの機会に。(今でもあるかも知れませんけど。何しろ、若い男女が狭い空間でくっ付いているんですから。)
英知の人・エイチマン
2016/03/21 22:45
(純粋って)バカのことだよ。
これは「うぬぼれ刑事」というドラマの中での長瀬智也のセリフなのですが、なるほどと感心いたしました。まあ、私も何度も言われたことがあるのですが(笑)
ひゃっはー
2016/03/21 22:50
明治や早稲田なんかから自衛隊幹部になる人もいますし、防大を廃止しても代わりの学生はなんとかなると思いますね。

2016/03/22 00:01
清谷様へ

防大不要論を唱えている私ですが、私が高校生の頃防大を不合格になった嫉妬から主張したわけではありません。主張するには根拠があります。その事例として。
私の幹部候補生学校の区隊長である今年定年のある3佐=部内幹候出身の事例です。現在、組織改編の業務を丸投げされ、放置プレイした防大出身の3佐の尻拭いとそれを監督しない防大出身の2佐の隊長、定年前の老兵を酷使・依存しているこのザマ、恥ずかしくねぇのかとヤキ入れたくなりますよ!師匠の3佐は家庭に問題を抱え、片道60キロ掛けて通勤、睡眠時間2〜3時間、体重は50キロをきるくらい激やせしているそうです。おいおいどこぞのブラック企業かよ。民間企業であればクビか更迭です。
また、ある高射群長は酔っぱらって老人宅に侵入し、婆さんを投げ飛ばし、高射学校に幽閉犯罪犯しても年収1千万円以上、情報本部の2佐は16年間単身赴任手当を不正受給し、減給処分。道義的責任を取らない、犯罪者を波紋しない。防大の卒業生は殺人・強盗・放火以外の軽犯罪ではクビになりません。つまり犯罪者を擁護し、大企業並の給料を国家予算から出しています。そして防大保険金詐欺事件と後輩虐待事件です。責任をとって辞任した職員はいません。ましてや大隊首席指導官の2佐は膿を出すため、マスコミに全てを公開しようとしたら、飛ばされました。 たちかぜ事件の艦長はまだ現役でいます。あれだけ世間から叩かれても辞任はしていません。このザマで防大を廃止にしろとの声が上がらないのが不思議です。また、こんな人材が組織のトップになればガバナンスやコンプライアンスなんか成り立つわけがなくブラック企業になるのは小学生でもわかります。防衛大学校でなく亡国大学校だ!牟田口とか東條英樹や辻とかの敵より怖い馬鹿な大将を量産をするのではないでしょうか。私はそんな予感がします。
元キャプテン
2016/03/22 01:07
清谷様へ

多様性のある人材の登用には意義ありません。20代の社会人や20代の自衛官をもっと多く幹部に採用したら組織は活性化します。プロパーは組織の問題点をわかり、改革しようとする志があります。また社会人は第3者の視点で客観的に組織を観察できます。プロパーの若手と外部の若手がコラボすれば組織は硬直化せず、良い意味でライバルとなり補完関係となります。自衛隊にも民間感覚が湧きます。私は高卒のプロパーでも師団長・旅団長、駐屯地司令の連隊長になれる機会を与えるべきで、陸士上がりの将官は士気を高揚し、末端とのコミニュケーションが図れると思います。
高卒は能力は低いとは偏見です。私の叔父は高卒ですが地銀の常務執行役員をしていますし、私の住んでいる町長も高卒の町役場職員からのプロパーです。大企業でもツタヤやアイリス大山、カレーのここ壱番屋の社長も高卒です。故に高卒でも師団長や旅団長務まりますよ。そうなったら地本のおっさんなんか高校生に、君もがんばればミシュラン三ツ星cccになれ、閣下と呼ばれるよとホラなしで勧誘できます。
現場をよく知っている人間がトップになるのは自明の理でしょう。どうでしょうか清谷さん。
元キャプテン
2016/03/22 01:30
一般大学に士官候補課程を設置すれば、それでいいと思います。女性の幹部なんて大反対です、日本には馴染まないと考えます。
マリンロイヤル
2016/03/22 02:16
清谷様へ

昭和末期〜平成初期バブル期の任官拒否が80人〜90人階級でいうと将補〜2佐まで、現在の高級幹部で任官拒否のおかげで将官になったり、駐屯地司令の1佐になれたり棚からぼた餅で任官拒否は優秀な人材が多かったと、その当時卒業した小隊長からお聞きしました。現在、駐屯地司令の連隊長をやっていますが。
あと当時の小隊長は希望して入学するのは1割りで大半は難関大学に落ちた、家が貧乏だから。国防意識や軍事に興味があるのは高校からストレートに入隊した者が防大生より多いと仰っていました。 エリートの意識はそんなもんなんですよ!
元キャプテン
2016/03/22 09:05
文民統制の誤解釈はようやく是正されつつあるようですが、制服組内の防大統制はむしろ悪化していませんか?防大出が一般や部内より軍人として優秀なんてとんでもない。ただの学閥支配でしょう。これでは志ある優秀な一般大学生(学費、生活費自己負担で4年やってきた)は応募しなくなり組織は更に硬直化していくと思います。すでにその兆候は各所に現われて来ていると思いますが、我が国では九条カルトかゼロ戦・大和バンザイの両極端以外の報道・評論が全く不足していますよね。何ででしょうか。
いつも読むだけでしたがコメントさせてもらいました。
のもんはん
2016/03/22 10:05
逆に専門教育・専門訓練に徹すべきだと思う。
防衛大に限らず日本の教育全般に言えますが、三文知識の詰め込み教育は実社会で殆ど役に立たない知識ばかりです。現実社会で死ぬまで1度も使わずじまいの暗記教育が問題の根源で、それを各人の適正に合った実際に役立つ実学教育に変えないことには何も変わらない。柔軟性も暗記教育の頭でっかちより、身を持って経験する実学の方が伸びると考える。中学から授業の大半は、実学選択科目にしたらいい。飯の種になる技術を選択するか、文化芸術的なものを選択するか、生徒に決めさせる。

もっとも日本国民も、国を司る政治家も、人材育成や教育に関心がなく変わりそうもありませんがね。
とむら
2016/03/22 10:42
私が防大廃止論を主張するのは高校時代、防大を不合格になった嫉妬ではありません。根拠があるからです。その事例として、私の師匠である定年前の3佐は防大卒の幹部に仕事や不良債権処理を丸投げされ、いつ過労死するか心配です。その不良債権は防大卒の佐官の怠慢・放置プレーです。いや〜、職務怠慢とか犯罪犯してもクビならず大企業の社員並みの給料貰えていい御身分ですね。民間だったらクビになるのにションベン刑、おとがめなし大日本帝国軍と同じですね。それでガバナンスやコンプライアンスが成り立つわけもなく、若い隊員は示しがつくどころか、上の言うこと利かないでモラルハザードしてもおかしくないですよ。
それに保険金詐欺、後輩虐待事件で学校幹部は辞任した者はいない。そりゃ学生も腐るでしょう。ましてや10%以上任官拒否して国費を無駄にしています。以上のことから存在理由はなく、廃校にして学校法人に売却するなり、横須賀市に移譲して得た金を国庫に入れた方が国益になります。
元キャプテン
2016/03/22 11:31
私の20年間の勤務で防大卒の幹部を分析・分類してみました。1 権威・官僚主義タイプ
階級こそ絶対、出世第一主義、高級幹部に多いでしょう。性格は硬く、人を見下し、イエスマンしか耳を傾けないジャイアン気質
2 専門家・学者タイプ
開発畑に多く、技術高級課程=TAC出身者、とか幹部学校、防衛研究所、研究本部、防大の教官・研究員、専門分野には強いが実務や運用はまるっきりダメ。
3 小役人・子幕僚タイプ
保身、責任回避、前例踏襲陸幕や総監部によくいる2佐クラスの幕僚
4 はみだしものタイプ
出世レースから外れ、年取っても3佐、定年前に2佐に昇任。仕事はできないタイプかできるタイプに別れる。高卒の出世頭と変わらないポスト。仕事より家族、趣味、再就職に熱心。仕事は給料を貰うためと割りきっている。隊員から慕われ、同調され、ある意味同期内では良識・常識を備わり、退官しても継続的に働いています。副長タイプに多い。
4 突然変異タイプ
自衛隊に愛想付き・失望し、転職して活躍するタイプ
由井宇宙飛行士や村井宮城県知事、中谷防衛大臣、宇都代議士そんな感じですね。
元キャプテン
2016/03/22 13:52
幹部候補生学校が、防大卒半年・一般大卒1年間が、いつの間にか両者同じく1年間となった。バイトしたり代返で単位とって卒業した人と、防大でシゴカレタ人と、結局三尉任官は同じ。
その後の差は出世にしか現れず。
将校として、軍人として差があるのかどうかは国民には皆目見当つかず。

士官学校としての防大は廃止してもいいかもしれませんが、国内「唯一」の軍事研究機関・教育機関として、学費を取り、自衛官になることを目指さない「大学」に変えても良いんじゃないでしょうか。
「外国と違い日本の大学では軍事を学べない」などという声がウヨ界隈からよく上がりますからね。「軍事学」に人気があり、一般社会でも活かせるという実績が出れば、他大でも講座を設けるところが出てきますって(笑
山羊
2016/03/22 14:38
なるほど。
ただ、数字が上がってないのはぬるいと思うけど。
廃止論が出てきてるのはかなり過激かも。
カリキュラムがぬるいのも問題か。
防大出てすぐに候補生学校というのも知らなかったけど。
だったら厳しく防大生を鍛えるか。1000人ほど入校させて、500人ほどが卒業というところにするか。辞めたいヤツはやめてくれ、というスタンスではないでしょう。それじゃ、給与を支給してるというのに見合わないのでは。
どうするか。
aaa
2016/03/22 20:31
清水様
はじめまして。
海上自衛隊一般幹部候補生の採用試験を控えた大学4年生のはるみちと申します。
私もROTCのような制度があればいいと常々思っておりました。残念ながらそのような制度は無いため、代替的な活動として、学生の傍ら予備自衛官をさせていただいております。
予備自衛官ですので、常備自衛官の訓練と比較すると質も量も圧倒的に不足しておりますが・・・

はるみち
2016/03/22 22:52
防大○○期です。という自己紹介に関するエピソードを紹介します。
昔、私の父が自衛隊の父兄会の関係で地方の1コ連隊基幹の駐屯地へ見学に行きまして、御挨拶に駐屯地司令・連隊長へ訪問しました。そうしたら連隊長の第一声は私は防大○○期の△△1佐です。
うちの父ドン引きしました。そして足を組んで腕組し、上から目線で語りはじめ、父兄は50代、60代で連隊長より一回り人生の先輩です。
うちの父はぶちきれて、お前、何様のつもりだ!お前、いつから経営者になったんだ!店長の分際で!年上の人間に対する態度か!40過ぎて出迎えすることも知らないのか!と怒りまくりました。地本長にも苦情言ったそうで、それ以来自衛隊の見学会や行事は参加していません。 防災訓練の打ち合わせの目的で同僚小隊長と市役所に行った際、市役所の防災担当職員への自己紹介の際、同僚小隊長は防大○○期の□□2尉です。とトチ狂ったこと抜かし、私はあまりにも酷いので足を踏みました。帰り際にお前馬鹿か!学歴や階級は相手に関係ねぇだろ!
所属、役職、氏名さえ言えばいいだろうが!と怒りました。
社交上、ビジネスとして所属、役職、氏名だけでいいし、○○商事 営業課長の△△です。常識から。
あの有名な田母神さんも自身のホームページで私は良い人です。最初の自己紹介が自画自賛ですからね。良い人なら会計責任者から刑事告発されるわけないだろとツッコミ入れたくなりますよ!あっやばい、前職の大先輩だった。これは失敬、失敬
元キャプテン
2016/03/22 23:06
お邪魔します。

 「井の中の蛙」を作らない事を目指したはずが、結局は「井の中の蛙」しか作れなかったというわけで。

 軽井沢バス事故に関してある路線バス会社の社長は「かつてはトラックの運転手の中で無事故無違反の者をバス運転手にしていた(今は競争激化による消耗で人材が育ち難いとの事)。」といった事を言っていました(何十人もの生命身体を預かる以上当然?)。現代は多くが高校大学へ行く時代ですから、いっそ大学どころか民間から有能な人材を引き抜くようにしても良いかも知れません。尤も政治家(議員)も元々は(秀才である官僚に対抗するために)そうだったのかも知れませんが、今は二世・三世という「周囲との人間関係次第」という人間が多くを占めるようになりました。こういう人間は官僚にとっては「赤子の手をひねる」ようなものかも。
ブロガー(志望)
2016/03/22 23:33
まあ、洋の東西問わず軍人さんや軍人モドキさんは勲章の数とか海軍風にいうハンモックナンバーに至上の価値を置く傾向がありますね。
特にわが国ではその傾向が旧軍・自衛隊共に強いようで。
まあ、平時の自慢できるものが少ない軍人のステータスと割り切って許容すべきなんでしょうかね?
八王子の白豚
2016/03/23 01:26
はるみち様

海自の幹部を目指しているのですか。近々の課題は採用試験をクリアすることですね。
あと覚悟する件ですが、自衛隊のおっさん、1曹、曹長、准尉、佐官はアル中、ハッタリ、キチガイ、サディストが多く、若手幹部はいじめられて自殺する方は一定数存在します。なにせ星の数より飯の数だ!と力説しますからね。士や若手の曹でもチンピラ、ゴロツキもいます。荒れくれ者の世界です。ガデン系と体育会系をコラボした職場です。あなたやっていく覚悟ありますか?
なにせ40過ぎたベテランが拳銃自殺を図ったり、一家心中を試みたりしていますからね。あと同期から聞いた話ですが、連隊長ねパワハラで20代後半の若手幕僚が自殺した話も聞きました。やっていく自信や覚悟がなければ違う仕事を選択するか、一般隊員から入隊し、自信がついてから幹部候補生を受験する選択肢もあります。幹部候補生から入隊したいなら、採用決定後、永平寺とか比叡山の荒行を経験したり、五反田のSMクラブでドMつまり奴隷君を体験して江田島へ入校すればやっていける自信がつくのではないでしょうか。当初、自衛官に必要なのは体力でなく、いじめられるのに耐える能力つまりドMに徹することです。レンジャー訓練はSM倶楽部と荒行をコラボしたものです。幹候はプチレンジャーみたいなものです。
元キャプテン
2016/03/23 13:35
元キャプテン様

貴重なご意見ありがとうございます。
私の性格としては悪口、嫌み等何か言われても真に受けず聞き流せるタイプです。
とはいうものの、経験がないのに幹部候補生学校卒業後に「3尉」という地位を与えられることに不安がないわけではありません。
幸いなことに、一般隊員として入隊すれば一般幹部候補生試験の年齢上限が緩和される措置があるため、元キャプテン様のおっしゃる通り、一般曹候補生として数年経験を積んだのちに幹部候補生の試験を受けるのも検討してみます。
はるみち
2016/03/23 21:40
 いや、SMクラブではのうて、
『魁!男塾』か『押忍!空手部』の方が近いでしょう。
英知の人・エイチマン
2016/03/23 21:51
時折拝見し勉強させていただいております。
初投稿にして横レス失礼します。

>元キャプテン様
ほぼ全ての記事にコメントされており、熱心な読者でいらっしゃることがうかがえますね。
しかし、部隊生活における苦々しい体験談も時として参考になりますが、私怨が入り過ぎたコメを頻繁に列挙されるのもいかがなものでしょうか。
むしろ、本気で古巣のブラック面を告発したければ、清谷様の個人ブログのコメント欄よりも、社会○評社辺りに持ち込まれる方がいいと思います。(個人的には思想が合いませんが…)
なお、私は自衛隊に対するOBを含む外部からの厳しい批判や内部告発は、あって然るべきだと考えてます。
私もかつて○○上司から行き過ぎ指導、パワハラ、イジメ、嫌がらせの類で相当追い詰められましたよ。
世話になった先輩方に迷惑かけるのがイヤで公益通報しなかったヘタレですが、いつの日か何らかの形でお返しして差し上げるつもりです。(黒笑)

>はるみち様
大学生のうちに予備自でトレーニングを積んで一般幹候を受けるのはいいですね。
滑り止めで一般補生と練習員も受けておくのもよいでしょう。
怒られても真に受けず、必要な点だけ汲み取って聞き流せれば、それは十分に若手自衛官の素質アリです。(笑)
少なくとも、同期以外は全員追い詰め役の防大や高工校と比べれば、抜け道はいくらでもありますよ♪
磯のフジツボ
2016/03/23 23:48
英知の人・エイチマン様へ

自衛隊は魁男塾は教育隊限定です。昔はそんな硬派なノリですが、マゾnサドのスパイラルです。大体、威張り散らす上級幹部は若い新人の頃、いじめられていました。虐待する親が子供時代に虐待を受けたのと変わりません。また学校の運動部と同じく3年生が引退すると2年生が暴君となり、1年坊をいじめるのと同じ構造ですね。あと体育会系ではなく、男の醜い嫉妬が渦巻く男の大奥、ビートたけしの映画のアウトレイジに近い感じです。女の腐ったのが多くなりました。
元キャプテン
2016/03/24 00:45
磯のフジツボ様
社会批評社にはすでに持ち込みました。書籍の一部分にもなっています。
報復ですか。泉一成さんの事件ですが、いじめられた元部下の計略らしい噂です。私が小隊長時代の師団長でした。私も杖で頭を叩かれたことはありました。まぁ、昔堅気の職人の親方ですが。むしろ部隊長や幕僚クラスは結構やられていました。報復ですがビートたけしの映画のアウトレイジみたいな暴力的なことはしないようにしてください。刑務所に住むことになりますので。興信所を使い、弱味を握り、マスコミへ報道し、職と地位を失わせるのが効果的です。清谷さんに教えを乞うたらどうでしょう。小学生の頃、先生からいじめられた恨みを30年近く考えたそうなので。くれぐれも暴力はやめてください。世間からチンピラだ!ゴロツキだ!としか思われませんから。
元キャプテン
2016/03/24 01:06
桃太郎のいない男塾、高木主将のいない空手部と言ったほうがわかりやすいと思います。
きらきら星
2016/03/24 10:30
報復をお考えならば拙著「弱者のための喧嘩術」をご参照ください。ネット関連の記述は古くなっていますが、それ以外はいまでも充分に役に立つと思います。
キヨタニ
2016/03/24 11:58
きらきら星様へ
その例えに同感します。よく世間は熱血学園ドラマとかスポーツ根性ドラマのようなイメージを浮かべます。体育会系のノリはなくなったんじゃないですか。私がペイペイの頃まででしょう。
私がペイペイの頃、いましたしたよ。勝新太郎みたいな兵隊ヤクザとかガデン系の親方みたいな怖いおじさんが。口より手が早いけど面倒見がいい。現代だったら間違いなく暴力沙汰で訴えられますが。先輩から聞かされました。昭和の時代にヤクザの経営している暴力バーでぼったくられて、集団でヤクザの組事務所に殴り込みに行かされたり、部隊間で集団乱闘したり。まぁ兵隊の本質はゴロツキですから。まぁ昔は喧嘩することは元気があってよろしい!と奨励されていましたから。
元キャプテン
2016/03/24 13:14
清谷様へ

私も弱者のための喧嘩術を注文し、参考とさせていただきます。清谷さん、小学校時代いじめた担任の先生を30年間の時間を掛けて報復したのはすごいですね。私もよく周囲から執念深いとか蛇みたいな粘着質とか言われてますが清谷さんには敵いません。でも、加害者?は大抵自覚がなく、エゴ丸出しのタイプが多いです。
3〜4年前に離婚裁判を巡り、奥さんの弁護士宅に旦那が日本刀をもって侵入し、弁護士が斬り殺された事件がありました。またつい最近札幌でも旦那が奥さんの実家に包丁を持って殴り込みし、義母を刺し殺し逃亡した事件もありました。男の嫉妬は女の嫉妬よりもえぐいです。自分もそうならないよう気を付けます。
元キャプテン
2016/03/24 17:05
清谷様へ

三宿・衛生学校の次は小原台・防衛大学校の追求ですね。
赤旗でも元防大生の暴行・虐待の実態が掲載されていました。保険金詐欺、虐待、集団レイプまぁこんな不祥事を起こし、誰も責任取らない、辞めない。
トップが腐れば学生も腐ります。また、そんな環境で教育受けて組織のトップになったら、とんでもないことが起きるのは火を見るより明らかです。私は国民・納税者はもっと怒り厳しい視線で見る必要があります。
清谷さん、防大にメスを入れてください。防衛省・自衛隊のお偉いさんは清谷さんを憎み、殺意を持っている人もいるかもしれません。それは逆恨みで、まじめに仕事していれば記事になることはありません。公の仕事をしている者は世間から厳しいチエックを受けますし、高い倫理観を求められます。現役の隊員でもあなたを支持・応援をしてくれる方もいますし、結果として組織の健全化と国益になっています。
だから私はコメントしています。
元キャプテン
2016/03/26 21:37
資質も訓練(内的自発的なものも。プロ同様)も
必要、ってとこだと思います。

かんたんに言っちゃえば、元プロさんを
防大合格させてないのが、ちょっとカバー悪いんですが、それよりも、

A、独軍のいちばん戦争うまい師団長は
炭鉱夫が徴兵されて戦争うまくてSS機甲師団の師団長になったヒト。パンツァーなんとかってヒト。

B、わかりやすく、2士上がりで、向いてるやつを
師団長、高級参謀、作ってしまった方がいい。
少年工科で師団長とか別にふつう。防大行ってるのだから官僚主義打破的な意味は無い

C、同様に、一般大出でぴかいちが居た場合、
機会を逃さず、幕僚長にしてしまった方がいい。
単純な官僚主義打破策。

まあ、官僚主義が国を滅ぼす歴史の繰り返しだから、東洋の場合。
防大出側こそ、上記の企画を主導すべき。
まあ、イレギュラーはありうるから、その辺の主導に期待。

ひとり戦車隊長でぴかいち居たはずだけど、
さすがに幕僚長までは無理だったみたいですね。
けど、わかりやすくやれるチャンスはそうそう無いので、政策的な意味でも、やっちゃわないと。
最終的には、敵との実戦ですから。
どのくらい未来か?なんてのは関係無い。
将軍なんてのはプロスポーツ選手と同じ
2016/12/04 07:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
防衛大学不要論 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる