清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS F-35 FACO、ロッキード・マーチンの若造にひとり1億円払う必要あるのかね?

<<   作成日時 : 2016/03/18 16:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 21 / トラックバック 1 / コメント 12

 巷は戦闘機の実証機、X2の話が盛り上がっておりますが我が国が戦闘機なんぞ作れるんですかね。

 採用されたF-35Aにしても、予定されている2個飛行隊の戦力化のタイムテーブルも、総額も不明です。
 どんぶり勘定以前の問題です。調達完了、戦力化は極端な話50年先でもいいと、防衛省も空自も言っているわけです。であればそもそも中国の脅威ってなによ、ということになるでしょう。

 まともに戦闘機の調達すらできない組織に次期国産戦闘機の開発や調達計画を策定し、然るべきコストで、然るべき時期に戦力化できるものでしょうか。大変に不安になります。何しろ、市ヶ谷と永田町にいるのは時間と予算の総額という観念がない人たち、つまり当事者意識が薄く、当事者能力が低い人達ばかりです。
この異常さを指摘し、水を指す人たちは出世できず、排除されます。

 国産新戦闘機マンセー!!と大喜びしている場合じゃないと思います。

 さて、そのF-35Aの国内生産ですが、事実上のアッセンブリー生産で、国内で生産される部材はごく少数で、技術移転もありません。そのくせコストだけはバカ高くなります。
 その原因の一つはFMSで、米国防省のみかじめ料が入るからでもありますが、色々な経費について防衛省が米国側とまともに交渉してこずに、言われたママを払っているからです。

 本来これらの費用に関しては契約前に詰めておくべきでした。ところが何もしないで、採用決定し、契約した後にあれこれ要求されて、それを言われるままに払っているわけです。

 例えば、ロッキード・マーチンから派遣されているテクニカルアシスタンスと呼ばれる連中が10数名、20代の若造などもおりますが、平均ひとり1億円を払っております。彼らの住まいはトヨタの役員と同じ高級マンションです。

 まるで大英帝国の植民地当時のインドの本国の役人並みの待遇です。
やっていることはステルス塗装やら最終組立のチェックなどですが、日本側がブラックボックスを開けたり、秘密を暴かないようにするお目付けやくでもあり、MHIの連中を顎でこき使うわけです。こういってはなんですが囚人が自ら刑務官をやっているようなものです。

 無論この金額には彼らの滞在費やサラリー、手当、ロッキード・マーチンの儲け、米政府の手数料などが含まれております。が、これに関してコストがリーズナブルか否かの検証はされていないようです。まあ、言われるままに払っているわけです。良く輸入品は高いという人がおりますが、買い手としての立場を利用して、値段の交渉せずに言われたまま払えばそれは高くなるのは道理でしょう。

 因みにグローバルホークの案件で派遣されているノースロップ・グラマンのテクニカルアシスタンスは一人頭平均7千万円ぐらいです。

 実質的にFACOは我が国に殆どメリットをもたらしません。日本の納税者の税金を使って、米国のためにF-35Aの整備施設を作ってやったようなものです。つまりは思いやり予算みたいなものです。そして技術移転もなく、単に輸入よりも高いコストでF-35Aを調達することにもなっております。
米国からすればお客というよりもいいカモでしょう。

 しかもこういうコストを防衛省はすべて公開しているわけじゃありません。F-35Aの調達は極めて不明瞭会計です。
 本来こういうコストはF-35A調達決定に先立って試算し、輸入の場合と比較して、また他の候補の機体と比較してその優位性を議会に説明するべきです。

 ところがそのような手続きは取られておりません。国会もほとんどめくら判です。

 いつも申しておりますが、予算と人事こそ文民統制の根幹であります。その根幹が我が国では極めて怪しいと言わざるを得ません。その一因は報道談合組織である記者クラブが記者会見をはじめ防衛省の情報を独占しているから、まともな軍事報道関係者がしめだされているので、情報が明らかにならないことでしょう。

 本来払わなくともよろしいF-35Aに対するコストを何百億円、へたをすると何千億円も払うよりも保育園を充実させ、待機児童を減らすことがよほど国益になるのではないでしょうか。

 FMSは以前からコストが高い上に、お役所仕事で執行が遅い、また問い合わせをして返事が来ないという批判があります。よく言われる輸入装備批判の多くは実はFMSのことだったりします。
 であれば、できるだけFMS、つまり米国装備を排除するべきではないでしょうか。

 またFMSにしてもデリバリーやコストをもっと交渉し、迅速に安く実行させるべく交渉をすべきです。ところがその交渉能力が日本にないのであれば、米国製装備をできるだけ排除するというのも一つの方法でしょう。
 ぼくが先のFX選定でユーロファイターを推していたのは、これも大きい理由でした。アメリカに対して交渉カードを得ることは装備調達のコスト低減に必要不可欠です。

 本来F-35Aの調達にしても、周辺諸国、特に中国の空軍力増大に対する対抗策だったはずです。であれば、いつまでに戦力化するかの計画を納税者に対して明確に説明すべきです。
 ところが森本元防衛大臣以下防衛省は、F-35Aの戦力化はいつでもいい、それが伸びるならばF-4EJの飛行時間を減らして地上でおいておけばいいということです。そうすればいくらでもF-35Aの戦力化を先延ばしできると。ですが、それは空軍ではなく、空軍博物館の発想です。

 それは換言すれば中国の脅威は存在しない、あるいは無視してF-35Aの調達自体が目的化していることになります。いずれにしても当事者意識の欠如以外の何物でもありません。

こういうところで無駄金使っているから、バンカーの整備とか兵站とかがお留守になっております。

 経済観念もなく、単に米空軍と同じ玩具がほしいだけというでは「空軍」失格ではないでしょう。繰り返しますが、こういう人たちまともな戦闘機が開発、調達できるかどうか常識があれば疑いたくなるのは普通ではないでしょうか。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 21
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
軍事音痴の首相がアメリカ様の歓心を買うために、不要な米製兵器を買うのが国防か。
 アメリカの「ぼったくり兵器」の押し売りに、ノーと言えない防衛省 http://gendai.ismedia.jp/articles/-/51802 ...続きを見る
清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所...
2017/05/20 20:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
シルビア・アンダーソンさんが亡くなったそうです。
合掌
ひゃっはー
2016/03/18 20:04
F-35は、あの機体サイズにウェポンベイという組み合わせに、そもそも無理があるように思います。
ロシアのPAK-FAがF-22とほぼ同サイズなのは、ウェポンベイ付の戦闘機の最適なサイズが、その辺にあるからではないかと。
高い金払っても、訓練用を除くと、普段使えるのは30数機。
飛行後の簡易な整備と、一定周期の大きな整備。
同時に飛ばせるのは10数機でしょう。
日本の周辺状況を考えると、圧倒的に数が足りない。
そしてF-4の退役を先延ばしにしている間に、F-15の退役が迫って来ます。
対露、対中でスクランブルを繰り返しているF−15の寿命は、
あとどれくらい残っているのでしょうかね?
張子の虎にウンザリ
2016/03/18 20:43
週刊朝日3月18日号にも関連記事が出ていましたね。

ガネット
2016/03/18 21:19
日本は開発費を負担してませんから、その分は必ずボッタくられるでしょうね(笑)
マリンロイヤル
2016/03/18 23:01
お邪魔します。

 対応する対象が「現実の脅威」ではなく、「中国に島とかを取られない」といった「不安」だからではないかと思われます。「安心して下さい、最新兵器がありますよ」といった形で。対象が「現実」であれば、「限られた人、モノ、金及び時間でどこまで対応するか」が「当然」ですが、不安といった「心情」にはそういったものはありません。

兄が中学受験全敗、弟にどうさせればいいか
親として気を付けるべきこととは?
<http://toyokeizai.net/articles/-/107149>

清谷様も寄稿されている東洋経済の記事ですが、「余りにもマイナス思考すぎ」というのは相談者の夫も言っているのではないかと思います。「その時その場の不安」で頭が一杯の相談者には「子供がどう思うか」「子供の将来」など目に入らないのでしょう。「心情に対応する」とはそういう事です。「砲弾を運ぶトラックを動かす燃料がありません⇒フィリピン人どもをこき使って運べばいいだろう」になるのです。

 後戦闘機に関して言えば、求められているのは「現実の機体」などではなく「その気になれば優秀な戦闘機が作れないはずはないという思い込み」なのでは。
ブロガー(志望)
2016/03/18 23:33
正直言いますと、F-35でもA型は要らないけどB型は欲しいです。で、DDHに積んで飛ばすと(>_<)。それはともかく買うなら買うで、何も国内での製造に拘らず完成品を輸入する形でも良かったと思いますけどね(ロングボウにも言えることですが)。エアラインの機体も官公庁や民間のヘリも、それで困らずにいるわけですし。やたらと国内生産に拘るのは酷使様と防衛省くらいじゃないですか?
KU
2016/03/19 13:02
で、結局タイフーンでもスーパーホーネットでもいいから確実に間に合ってお値段も勉強してくれる機体を買っておけばよかったって話に落ち着くような気がしますね。
高性能ではあっても運用環境も高度なグローバルホークがかなり高い買い物になっている現状、F35がそれ以上の買い物になるのは馬鹿でも想像できることです。
空自は数が確保できなくてもいいから高価なオモチャがほしい、っていうおバカな組織なのを再確認させられる記事でした。
あ、3自衛隊全部その傾向がありましたね(笑)
八王子の白豚
2016/03/19 13:29
今となれば、物になるタイフーンやスーパーホーネットで良かったかも。

2016/03/19 17:38
清谷様

F-35はイギリス、イタリアなども導入していますが、ヨーロッパ各国でも不評なのでしょうか。日本では、なかなか導入国の評価が伝わってこないもので‥
ブリンデン
2016/03/20 13:00
再びお邪魔します。

 「数では中国には勝てないから、ユーロファイターやF18"程度"では"不安"だ。ステルス機であるF35(本当はF22)なら『一方的にやる』事が可能かも」というのもあるのかも知れません。尤も「ステルス機で一方的にやる事が可能なのか」「ステルス技術で中国にキャッチアップされないのか(米と同レベルとまではいかなくても)」「そもそも中国が日本に大規模(かつてのB29による空襲のような)に航空侵攻する可能性はどれくらいなのか」「F35を戦力化がいつまでにどれだけ可能か」といった問題がありますが。
ブロガー(志望)
2016/03/20 18:35
>防衛省研究助成 技術基盤強化へ産学と連携を

http://www.yomiuri.co.jp/editorial/20160320-OYT1T50142.html

こうした取り組みは、どんどん拡げて欲しいですね。
KU
2016/03/21 12:35
連投、失礼します。
>陸上自衛隊の将来装甲戦闘車両について!

http://blog.livedoor.jp/corez18c24-mili777/archives/46594825.html


>英国陸軍の新型AFV装甲戦闘車両「AJAX」を公開・・・最新のデジタルモデリングを採用!

http://blog.livedoor.jp/corez18c24-mili777/archives/47044567.html


原型はGDELSのASCOD2でしたよね。陸自の89式装甲戦闘車他の後継も、コレで良いかもと思いましたが。
KU
2016/03/21 12:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
F-35 FACO、ロッキード・マーチンの若造にひとり1億円払う必要あるのかね? 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる