清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 

アクセスカウンタ

zoom RSS 軽減税率と記者クラブ 権力者の靴の先を舐めて自己の経済利益を確保するのが「新聞」の役目か?

<<   作成日時 : 2015/12/18 16:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 5

なぜ新聞に軽減税率が必要なのですか?
http://www.pressnet.or.jp/keigen/qa/

>Q:なぜ新聞に軽減税率が必要なのか?
 A:ニュースや知識を得るための負担を減らすためだ。新聞界は購読料金に対して軽減税率を求めている。読 者の負担を軽くすることは、活字文化の維持、普及にとって不可欠だと考えている。



 でも今回の軽減税率の対象は、「週に二回以上配達される新聞」だけです。
 主にキヨスクなどで売られている夕刊紙や週に一回配達は「新聞」ではないようです。

 雑誌やウエッブサイトなどは活字文化に貢献していないとでもいうのでしょうか。
右から左に当局のリリースと発表を右から左に流す新聞に「活字文化の維持」なんてできるわけがないでしょう。

 
 この主張によれば宅配されている新聞こそが活字文化を担っているのだ、という主張になりますが、そんなことをまともに信じているバカは新聞社内部にもいないでしょう。
 
 だいたいその趣旨ために諸外国では書籍や雑誌も低減税率が適用されております。新聞協会はそのことも述べずに、諸外国ではあたかも諸外国では宅配新聞だけが低減税率の適用を受けていいるかのような印象操作まで行っています。しかもそういう国々の多くは間接税が17から20%以上です。しかもインボイス方式を導入している国が多い。
「たかだが」10%に過ぎない我が国に消費税で低減税率を、特に宅配新聞に限って導入している国がどれだけありますか。

 
 軽減税率に関して新聞宅配にこれが適用されることが決まるまで新聞と、新聞と関係の深いテレビは軽減税率の問題点は持もちろん、この件に関する報道が極めて限定的でした。

 低減税率に関する報道をしてこなかったのは記者クラブ制度と同じで、新聞が報道組織ではなく、当局との談合と慣れ合いで経済的利益を得るのが目的の組織だと告白しているようなものです。

 つまり安倍首相のご機嫌を損ねないようにして、おこぼれを頂戴するためでしょう。良い年した大人として情けないと思いますが、これが自称報道機関の実態です。

 無論新聞と言えでも、完全に中立は無理です。
 経営の安定のためには広告が必要ですが、そうなれば広告主に配慮は一定のするでしょう。道楽で出している同人誌以外の商業誌では中立の維持が難しい。
 であるから、あれこれ努力をするわけです。新聞社でいえば、旅行会社やら不動産業をやるとか子会社を作って副収入をえることもその一つです。
 
  
 ところが宅配をやっている新聞は安倍首相の前に膝まづいて、彼の靴の先を舐めてしまったわけです。
 ネベツネ氏が、安倍首相の靴をペロペロ舐めている図を想像してください。おぞましくも浅ましく、醜悪ではありませんか。
 目先の小銭で矜持を政権に売るのが「ジャーナリズム」らしい。

 今後、新聞社に対する反対行動も起こる可能性があるでしょう。抗議して新聞の購読を止める人もいるでしょう。読売旅行社や朝日カルチャー・センターなどの新聞社の子会社を使うことを辞める人もでるでしょう。あるいは新聞社が大家であるプランタン銀座やら数寄屋橋のマリオンなどの商業施設での買い物を止める人もでてくるでしょう。


 今回の目先の小銭に転んだ新聞は、将来大きな損害を出すでしょう。
 それはいまだ新聞は信用できると思ってい人たちにすら、「新聞は利己的で信用出来ない媒体だ」と知らしめたことです。
 信用を得るためには長い時間がかかりますが、今回の一件で新聞社は信用を失いました。これを回復するには容易なことではありません。特に社内でこのような政府との野合に反対していた社員たちとってはとんでもない迷惑でしょう。

 そして新聞不信がつのって、定期購買が減り、さらなる新聞不振へと繋がることでしょう。




「新聞軽減税率」、テレビ各局「コメントなし」ずらり 新聞は「恥ずかしくて触れたくない」?
http://www.j-cast.com/2015/12/16253401.html


橋下市長、新聞の軽減税率で記者を問い詰める 読売は沈黙、日経しどろもどろ...
http://www.j-cast.com/2014/11/21221521.ht


新聞への軽減税率適用をめぐり産経編集委員が「新聞がないと政権批判できない」と強弁 安倍機関紙がどの口で…
http://lite-ra.com/2015/12/post-1792_2.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
私の田舎に100歳になるジャーナリストが存命です。元朝日新聞記者で、20代の若い頃は戦争報道の仕事をしていました。映画 連合艦隊 指令長官 山本 五十六 に登場する若手記者= 玉置 宏役のモデルになった方です。大本営発表や政府・軍部に加担し、世論をミスリードして敗戦になった懺悔として、反戦運動や反権力に力を注いだ方です。
その方はジャーナリストは権力者に加担してはならない、反骨精神を持たなければならないというのが口癖でした。
ペンは剣より強しという諺があるようにマスコミは第4の権力としての影響力があります。 権力と癒着するのは職業倫理とかプライドとかないんですかね?
いつから日本の新聞社はプラウダ、人民日報、労働新聞になっちゃんたでしょうか? 共産圏の報道機関に成り下がった気がしてなりません。青臭い理想論ばかり言っていますが!
元キャプテン
2015/12/18 20:11
>海外での邦人救出、陸自が装甲車隊・・・テロ想定

http://spi.yomiuri.co.jp/servlet/view?PAGE_ID=00018921&NEWS_ID=wU1qdXZpqQz&GROUP_ID=00000018

記事中で触れられている「国内企業が開発中の車両」というのは、装輪装甲車(改)のことでしょうか?
KU
2015/12/18 20:39
お邪魔します。

>ネベツネ氏が、安倍首相の靴をペロペロ舐めている図を想像してください。おぞましくも浅ましく、醜悪ではありませんか。

 「自分達は特別な存在だから優遇されるのが当たり前」とでも思っているのではないでしょうか。首相の父の安倍晋太郎(故人)と同世代ですから、「親(世代への)孝行」とでも思っているのでは。「庶民相手の売文業者」がよほど嫌なのでしょう。

 「他者の目には自分はどう映るのか」といった客観性を持てない人間は、トップにもジャーナリストにも向かないと思います。
ブロガー(志望)
2015/12/18 22:53
聖なる教えのほうが東京とか大阪とか中京というローカルなスポーツ情報※よりも知識が得られるわけですな。
※一応宅配もしているけど、普通は駅かコンビニで買うと思うので。

ドトールの持ち帰りと店内ではどうのとか、モスでセットを買ったが飲み物だけ店内で飲んだ場合はとか枝葉末節なことばかりニュースにしていることが知性なのかどうかもわかりません。

消費税の課税割合の結果だけど、宅配8%、それ以外10%という一物二価を認めるなら、いっそ、販売価格自由化のきっかけ、販売店選択自由化をしてほしいものです。

0.00001%だけ評価するとしたら、新聞協会加盟社だけとか言わなかったことだけ。
ふとん
2015/12/19 00:00
新聞は死にましたね。
新聞はここ10年くらいろくに読んでない私が言うべきではないのでしょうが、たまに見たときに「おっ」と思わせる記事がないのもまた事実です。
記者の勉強不足も目立ちますし、新聞社の再編を促すきっかけになるかもしれませんね。
八王子の白豚
2015/12/20 23:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
軽減税率と記者クラブ 権力者の靴の先を舐めて自己の経済利益を確保するのが「新聞」の役目か? 清谷信一公式ブログ  清谷防衛経済研究所 /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる